メニュー、MU 統合、パッチスプリント!

投稿日: 投稿者: カテゴリー: Development

以下は、2010年2月23日に Jane が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Menus, the Merge, and a Patch Sprint!」を訳したものです。本文内のリンク先はすべて英語ページです。


3.0 開発サイクルからのレポート

メニュー

WooThemes カスタムナビゲーションを WordPress コアに入れる件についてたくさんブログが書かれていますので、公式に告知するべき時期だと思っています。私たちは、バージョン 3.0 のユーザー向けのメイン機能として、サイトのナビゲーションメニュー管理システムの改善を含めたいと考えました。

現在、メニューの取り扱いはとても面倒です。固定ページ ID を使ったり、テーマによってはカテゴリーを使ったりする必要があります。私たちはメニューシステムに、ウィジェット管理画面のように簡単なドラッグ&ドロップ機能があればいいなと思いました。さらに、固定ページ・カテゴリー・リンクをメニューに含めることができて、並べ替えやサブメニューも利用でき、特定のページやカテゴリーをメニューから除外しやすくできればというように考えました。

私たちがこの機能について話しあっている頃、WooThemes がカスタムナビゲーションシステムの告知をしました。彼らのサイトの紹介動画を見ていたら、このシステムがコアに求めていることをほとんどカバーしていることに気づきました。そこで、WooThemes の制作者にコアへの貢献をしてくれないかと連絡しました。

もう耳にしたかもしれませんが、これはうまくいって、最初のパッチが投稿されました。まだコードの編集が少し必要ですが、これは現在実装中です。Woo のメニューをコアに導入するという決断は、もともと計画していた 3.0 の機能フリーズ期限の直前に起こりました。そこで、この追加を可能にするため期限を2週間先に延ばすことにしたのです。現時点では、3.0 のリリースは5月前半を予定しています。2週間延びたぶんだけの価値はあると思っています。

個人的に、この件がうまくいったことについてとても嬉しく思っています。なぜなら、これは商用テーマやプラグイン作者がコアに貢献することによってお互いにメリットがあるということの証明となるからです。コアへの導入により、さらに多くの人が基本的な機能のコードへの貢献や改善を行うことができるようになりました。WooThemes はその成果を利用し、商用テーマのお客さんのために引き続きイノベーションを行えます。WooThemes にとっては非常に大きな自慢の種になりますし (これで、もっと多くの利用者を獲得できることは間違いないでしょう)、コア開発者は車輪の再生産を行うことなく、よくできたメニューシステムを取り入れられます。そして、世界中の WordPress ユーザーはみんなその恩恵を受けられます。他のプラグインやテーマ開発者もこういった Woo の行動をきっかけに、コア開発を競争の場ではなくコラボレーションの場として見てくれるようになればと願っています。

MU 統合

昨年の WordCamp サンフランシスコで告知された通り、WordPress と WordPress MU のコードベースが統合される予定です。これは 3.0-alpha バージョンですでに実装されており、現在バグ修正や画面の整理を行っています。

現在シングルインストール版の WordPress を使っている場合、バージョン 3.0 へのアップグレードを行っても複数サイトのネットワークを運営するための新しい画面が表示されることはありません。WordPress MU を使っている場合、アップグレード後には一部のインターフェースのラベルが変わったことに気づくかもしれませんが、アップグレードは通常通り、大変ではないはずです。もし新規に WordPress をインストールする場合は、設定時に一つのサイトを作るか複数のサイトができるようにするか選択するだけなので、とてもシンプルです。シングルインストール版を複数サイト対応版に変更したい場合は、そのためのツールを用意します。

ということで、統合について不安だった方はカモミールティーでも飲んでリラックスしてくださいね。ご心配なく、大丈夫です。:)

パッチスプリント!

では、これからは?新しい機能フリーズの期限は、2010年3月1日 (月) です。つまり、この日以降は改善項目や機能を新しく追加することはありません。そして、気持ちを切り替えてバグをつぶし、すでにコアにある機能を修正することだけに集中していきたいと思います。

これが何を意味しているかというと、3.0 マイルストーンの Trac チケットでパッチやパッチのテストが必要なものをできるだけ早くクローズするにはそれまでしか時間がないということです。みなさんの協力をお待ちしています!これから UTC (協定世界時) 3月1日午後5時 (日本時間3月2日午前2時) までに、Trac へ行って手を貸してください。もしわからないことがあったら、irc.freenode.net の #wordpress-dev コア開発チャンネルに入れば、他のフレンドリーなコア貢献者が答えてくれるかもしれません。

「メニュー、MU 統合、パッチスプリント!」への9件のフィードバック

  1. ピンバック: MU 統合 | koji blog
  2. WordPress初心者ですが,楽しそうなニュースに期待感が高まります。

    「翻訳」で,気になった点があります。

    ◎車輪の再生産を行うことなく

    これは,下記表現の訳のようですが,

    without having to reinvent the wheel

    reinvent the wheel はイディオムで「既にできているものを作り直す,(わかりきっていることに)むだに時間を費やす」という意味です。

  3. >既にできているものを作り直す,(わかりきっていることに)むだに時間を費やす

    それを一般的に「車輪の再発明/生産」と言います。

  4. >青嵐さん

    そうですね、確かに直訳なのですが、IT系の人は「車輪の再生産」という言い回しをよくするし、それが何を指しているかと言う共通理解があると思うのであえてこちらを選びました(とくに、今回は内容的に技術者向けの投稿でもあるので)。
    コメントありがとうございます。

    > kz さん

    ありがとうございます。

コメントは停止中です。