PHP 4 と MySQL 4 のサポート停止のご案内

投稿日: 投稿者: カテゴリー: Announcement

以下は、2010年7月23日に Mark Jaquith が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「PHP 4 and MySQL 4 End of Life Announcement」を訳したものです。


WordPressでの私たちのアプローチは、常に一般的なサーバー構成で WordPress を実行できるようにすることです。ユーザーが自分たちの貴重なコンテンツのホストを選択する際に柔軟性を持たせたいと私たちは考えていて、そのために WordPress はほぼどこでも動作するようになっています。しかし、Webホスティングプラットフォームは時間の経過とともに変化し、それにより WordPress の動作要件を再検討できることが時折あります。今もまた、そういった時期です。読者のみなさんはこの投稿のタイトルを見て、おそらく「PHP 4と MySQL 4のサポートの終了を発表する準備がついに整った!」と考えたのではないかと思います。

まず最初に、開発者が本当に気にしていることをアナウンスしましょう。2010年後半リリース予定の WordPress 3.1は、PHP 4をサポートする最後の WordPress のバージョンになります。

2011年上半期リリース予定の WordPress 3.2 では、PHP の動作要件の最低バージョンが 5.2 に引き上げられます。なぜ 5.2 なのか?それは WordPress ユーザーの大半が使用しているからであり、PHP 5がこれまでのリリースわたって大幅に改善されているからです。また、今年リリース予定の Drupal と Joomla の次のバージョンがサポートするPHPの最小バージョンでもあるからです。

数字もやっと、そして強く、この動きを後押ししています。バージョン 5.2 未満の PHP で動いている WordPress の割合は11パーセントほどです。そしてそのほとんども PHP 5.2 をサポートしているホスト上にあります – ユーザーは単にホスティングのコントロールパネルで設定を変更して、5.2 を有効にする必要があるだけです。最新の WordPress (もしくは Drupal、あるいは Joomla) をサポートするためには PHP をアップグレードする必要があることにホスティング業者が気づくにつれ、この割合が減っていくと私たちは信じています。

それほどエキサイティングではないニュースとしては、WordPress 3.1 以降にMySQL 4 のサポートを停止する予定です。MySQL 4 で運用している WordPress ユーザーは 6% 以下です。WordPress 3.2 での MySQL の必要最低バージョンは5.0.15になります。

ホスティング環境がこれらの要件を満たしていない場合、ユーザーは WordPress を3.2にアップグレードすることができなくなります(内蔵アップデータがアップグレードを防ぎます)。お使いのホスティングがどのバージョンを提供しているのかを調べるため、私たちはヘルスチェックプラグインを作成しました。手動でダウンロードするか、私が手早く作った便利なプラグインインストールツールを使ってみてください。いまのところ、「ヘルスチェック」プラグインは WordPress 3.2 が動作するかどうかだけを判定します。将来のリリースでは、サーバーと WordPress に関する有益なあらゆる種類の情報を提供しますので、お見逃しなく!

要約: 2010年後半にリリース予定の WordPress 3.1 は、PHP 4と MySQL 4をサポートする最後のバージョンのWordPressになります。2011年前半にリリース予定の WordPress3.2 では PHP 5.2 以上、MySQL 5.0.15以上が必要になります。ヘルスチェックプラグインをインストールして、準備が整ったか確認してみましょう!

15 thoughts on “PHP 4 と MySQL 4 のサポート停止のご案内”

コメントは停止中です。