貢献者集まれ!コミュニティサミット 2012

投稿日: 投稿者: カテゴリー: Community, Events

以下は Jane Wells が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Calling All Contributors: Community Summit 2012」を訳したものです。


毎年、WordPress コア開発チームは一緒に作業し、次の1年間の WordPress のビジョンについて話しあうために1週間合宿を行っています。年に一度しかないイベントは他にもありますが、この合宿は私のお気に入りです。誤解しないで欲しいんですが、もちろん WordCamp や地域の WordPress ミートアップ(訳注: 日本には、WordBench のローカルグループも各地にあります)に行くのも大好きです。しかし、コア開発者合宿で共同作業をして物事を片付けるのに集中したり、とても能力の高い開発者たちが一同に揃う機会を経験したりというのは他のイベントとはまた違ったものがあります。今年は単なるコア開発者合宿を計画するのではなく、もう少し幅広い貢献者・コミュニティサミットを考えています。

コアへのコード貢献のみが WordPress プロジェクトへの協力ではありません。テーマレビューチームサポートフォーラム日本語フォーラムリンク)ボランティア、ドキュメンテーション日本語ドキュメンテーションリンク)執筆者、プラグイン管理者、コミュニティイベント運営者、翻訳者、その他色々なところで活発な協力が行われています。それぞれのチームは長い間隔離されすぎていたため、最近チーム同士をもっとつなげられるような努力を始めました。貢献者グループ間のコミュニケーションを促進する目的で各チームが代表者を選びました。この代表者たちが、10月末にジョージア州タイビーアイランドで行われるサミットの中心となります。このイベントは WordCamp とはまったく違うものです。コワーキング、アンカンファレンス、プロジェクトリーダー間のディスカッションを組み合わせた招待制のイベントとなります。

貢献チーム代表者たちが共同作業できるように一同に集まるだけではなく、(まだ)上記のカテゴリーに属していないコミュニティのメンバーを含めるのも大事なことだと思います。WordPress ベースのビジネスで成功している方々、人気のプラグインやテーマ作者、WordPress を意外かつ興味深い方法で活用している人たちにも来てもらうべきだと考えています。とはいえ、コア合宿の魅力のひとつは少人数で行われることにより、誰もが発言できてお互いの話をじっくり聞けるというところにもあります。このような種類のイベントは初めてなので、WordPress のエコシステムを反映するような人々やビジネスをうまくミックスしつつ、あまり大規模にしすぎないようにと思っています。そこで、みなさんにお願いがあります!

AdaCamp の参加者や jQuery カンファレンスのスピーカーのように席に制限のある他のイベントにヒントを得て、サミットに出席する人やビジネスをアンケートで募集したいと思います。自薦も可能です(注1)。さらに10人まで他の人を推薦できます。また、個人名が分からなくても WordPress をベースにしたビジネスを10個まで推薦することもできます。例えばテーマ提供サービスやホスティング会社など、このサミットに参加すべきだと思うものがあれば、従業員の名前を探さなくてもかまいません。この推薦方式を行うことで、コミュニティに影響を与えている人たちを見逃すことがないようにと思っています。

推薦アンケートは5月22日まで行い、その後結果の分析を行います(注2)。6月に招待状を送り、8月と9月に計画を立て、10月にサミットを開く予定です。イベントの一部をストリーム放送したり録画して WordPress.tv 上で共有できればと思っています。このアンケート後コミュニティの活動がより活発になった個人やビジネスがあれば、招待状を追加するかもしれません。これからもっと協力していこうと思っている人も、どうぞよろしくお願いします!

注1: 上記のカテゴリーにあてはまっていたり、ユニークな視点をお持ちでしたらぜひ自薦してください。このイベントでいろんな人と会うのが楽しそうだから行ってみたい、という方は、ご遠慮ください。このイベントは作業をするためのもので、それぞれが独自の考えを持ち寄ってきてくれることを期待しています。

注2: 私とコミュニティボランティアで結果をフィルターし、最も推薦された個人やビジネスおよび興味深いユニークな推薦者をまとめたリストを作成します。このリストを、サミット計画委員会(各チームの代表者)がレビューし招待状を送る人を決定します。