今月の WordPress: 2018年3月

以下は、Hugh Lashbrooke が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「The Month in WordPress: March 2018」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください。


重要な新しいマイルストーンと、プラットフォームとしての WordPress のいくつかの大きな改善があった先月は、プロジェクトにとって重要な月でした。3月の間に何が起こったのかを知りたい方は、この記事をご覧ください。


WordPress が Web 全体の30%で使われるようになりました

過去15年間、WordPress の人気と利用率は着実に増加し続けてきました。今月、W3Techs が WordPress が Web 上のサイトの30%以上を占めると報告したことで、その成長は大きなマイルストーンを迎えました。

この割合は W3Techs が Web 上のトップ1000万サイトを審査した結果に基づいて決定されており、WordPress のプラットフォームとしての人気と柔軟性の強力な指標となっています。

WordPress をさらに成長させるために手助けをしたい方は、参加・貢献 (日本語コンテンツ) してみましょう。

WordPress 専門用語集の公開

WordPress マーケティングチームはこのところ、WordPress 用語の包括的な用語集の作成に精力的に取り組んできました。これは、プロジェクトの新規参加者の理解を助けるためのものです。

用語集は、こちらにあり、オフラインでも簡単に参照できるダウンロード可能な PDF もあります。

このリソースを公開することは、プロジェクトにあまり慣れていない人が WordPress に簡単にアクセスできるようにするための全体的な取り組みの一環です。マーケティングチームを助けたい場合は、チームブログをフォローし、Making WordPress Slack グループの #marketing チャンネルに参加できます。

WordPress でのプライバシーへのフォーカス

オンラインプライバシーは先月、さまざまな間違った理由でニュースとして取り上げられていました。そのような動きは、GDPR コンプライアンスチームがコミットメントをさらに強化することにつながりました。同チームは、サイト所有者がプライバシー基準を向上できるようにするため、WordPress コアの強化に引き続き取り組んでいます。

このチームの仕事とさらに広範なプライバシープロジェクトは、4つの領域にわたっています。サイト管理者が自分のサイトについての必要な情報を収集するツールの追加、プライバシーを考慮したプラグインガイドラインの検討、WordPress コアのプライバシー基準の強化、オンラインプライバシーのベストプラクティスに重点を置いたドキュメントの作成です。

プロジェクトに参加するには、ロードマップを読み更新情報をフォローしパッチを提出しMaking WordPress Slack グループの #gdpr-compliance チャンネルに入ってください。オフィスアワー (相談時間) は、水曜日の 15:00 UTC です。


さらに読む

  • WordPress ファウンデーションは、コミュニティが去年いかに成長したかを示す2017年のアニュアルレポートを公開しました。
  • WordCamp US の日程が発表されました。このフラッグシップ的 WordCamp イベントは、今年の12月7日から9日の間、テネシー州ナシュビルで行われます。
  • WordPress 4.9.5 が4月3日にリリースされました。詳細はこちら
  • 多くの改善を含む Gutenberg のバージョン 2.5 が先月リリースされました。Gutenberg は、WordPress コアに同梱予定の新しいビジュアルエディターです。
  • バーチャル WordPress カンファレンスの「WordSesh」が今年7月に再び開催される予定です。

次回の「今月の WordPress」に含めるべき記事があれば、こちらからお知らせください

WordPress 4.9.5 セキュリティ・メンテナンスリリース

以下は、Aaron D. Campbell が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.9.5 Security and Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9.5 がご利用いただけるようになりました。これは WordPress 3.7 以降のすべてのバージョンに対するセキュリティ・メンテナンスリリースとなります。今すぐにサイトの更新を行うことを強くおすすめします。

バージョン 4.9.4 以前の WordPress は、3つのセキュリティ問題の影響を受けます。コアチームの継続的なセキュリティ強化の取り組みにより、4.9.5 では、次の修正が実装されました。

  1. デフォルトで localhost を同じホストとして扱わない。
  2. SSL が強制されている場合に、ログインページのリダイレクトに安全なリダイレクトを使用する。
  3. ジェネレータータグでバージョン文字列が正しくエスケープされていることを確認する。

これらの問題について、連携したセキュリティ情報開示を実践してくださった報告者、WordPress セキュリティチームの xknownNitin Venkatesh(nitstorm)、WordPress セキュリティチームの Garth Mortensen に感謝いたします。

WordPress 4.9.5 では、その他25個のバグが修正されました。特筆すべきは、以下となります。

  • キャプションショートコードで以前のスタイルが復元されました。
  • タッチスクリーンデバイスでクロッピングがサポートされるようになりました。
  • エラーメッセージなどの文字列がより明解となるよう更新されました。
  • アップロード中の添付ファイルのプレースホルダーの位置が修正されました。
  • REST API JavaScript クライアントのカスタムノンス機能が、コードベース全体で一貫したものとなりました。
  • PHP 7.2 との互換性が向上しました。

4.9.5 で修正されたすべての問題の詳細情報を知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください

WordPress 4.9.5 (日本語版) をダウンロード、または、「ダッシュボード」 → 「更新」へ行き「今すぐ更新」をクリックしてください。自動バックグラウンド更新をサポートするサイトでは、すでに自動更新が始まっています。

WordPress 4.9.5 に貢献してくださったすべての方に感謝いたします:

1265578519, Aaron Jorbin, Adam Silverstein, Alain Schlesser, alexgso, Andrea Fercia, andrei0x309, antipole, Anwer AR, Birgir Erlendsson (birgire), Blair jersyer, Brooke., Chetan Prajapati, codegrau, conner_bw, David A. Kennedy, designsimply, Dion Hulse, Dominik Schilling (ocean90), ElectricFeet, ericmeyer, FPCSJames, Garrett Hyder, Gary Pendergast, Gennady Kovshenin, Henry Wright, Jb Audras, Jeffrey Paul, Jip Moors, Joe McGill, Joen Asmussen, John Blackbourn, johnpgreen, Junaid Ahmed, kristastevens, Konstantin Obenland, Laken Hafner, Lance Willett, leemon, Mel Choyce, Mike Schroder, mrmadhat, nandorsky, Nidhi Jain, Pascal Birchler, qcmiao, Rachel Baker, Rachel Peter, RavanH, Samuel Wood (Otto), Sebastien SERRE, Sergey Biryukov, Shital Marakana, Stephen Edgar, Tammie Lister, Thomas Vitale, Will Kwon, and Yahil Madakiya.