WordPress 5.1 ベータ 3

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.1 Beta 3」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.1 ベータ 3 がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.1 ベータ版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 5.1 は2月21日にリリース予定です。そのためには、皆さんのご協力が必要です。

サイトヘルスチェック

WordPress 5.1 でもともと予定されていた機能の一つである PHP エラー保護ハンドラーは、WordPress 5.2 を目標とするよう変更となりました。実装において、潜在的なセキュリティ問題が発見されたためです。開発チームは安全ではないコードをリリースするリスクを取るよりも、WordPress 5.1 からこの機能を取り除くことを決めました。#46130 での作業は、セキュリティ上の懸念の解決に向けて順調に進展しています。この件をフォローしたい方は、チケットをご覧ください。

その他の変更

このリリースではいくつかの軽微なバグも修正しています。以下はその一部です。

  • TinyMCE をバージョン 4.9.2 に更新 (#46094)。
  • ブロックエディターのバグを数個修正 (#46137)。
  • クラシックブロックとクラシックエディター間での異なる挙動をいくつか修正 (#46062#46071#46085)。
  • リンクに rel 属性を追加する際、値が空にならないようにしました (#45352)。また、カスタマイザーの変更に伴い、期待通りに動作するようにしました (#45292)。

開発者の方へ

WordPress 5.1 は、WordPress を開発する体験をより洗練されたものにするための変更を数多く含んでいます。皆さんに最新情報をお届けするために、リリースサイクルを通して Make WordPress Core ブログ開発者向け文章を公開していきます。このブログを購読し、これからの数週間 WordPress 5.1 で知っておくべき変更の詳細情報を受け取りましょう。

協力するには

英語以外の言語を話す方は、WordPress を100言語以上に翻訳するのにご協力ください。ベータ 2 リリースが、5.1 リリースサイクルにおけるソフトストリングフリーズ (文字列がおおむね確定したポイント) のタイミングとなります。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています。もし再現可能なバグ報告を書ける場合は WordPress Trac に報告してください。既知のバグ一覧はこちらで見ることができます。


In just a few weeks
WordPress Five-One will be here.
Your testing helps us!

WordPress 5.1 ベータ 2

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.1 Beta 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.1 ベータ 2 がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.1 ベータ版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択 ) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 5.1 は2月21日にリリース予定です。

ベータ 1 以来110件を超えるチケットがクローズされました。その多くはドキュメンテーションとテストスイートの改良です。主な変更点とバグ修正は次のとおりです。

  • サイトヘルスプロジェクトに関する改良とバグ修正がいくつか行われました。
  • プラグインがブロック属性の値を上書きすることができるよう pre_render_block および render_block_data フィルターを導入 (#45451、開発者向け文書は近日公開)。
  • get_template_part() が、テンプレートファイルが見つかり、読み込まれたかどうかを示す値を返すようになりました (#40969)。
  • 開発者が誤った REST API エンドポイントを登録すると、通知がトリガーされるようになりました (関連する開発者向け文書)。
  • 投稿を一括編集しても、誤って投稿フォーマット形式が変更されることがなくなりました (#44914)。
  • Twemoji を最新バージョン11.2.0 (#45133) に更新。
  • 「カスタムフィールド」メタボックスを有効化できないバグを修正 (#46028)。
  • post__inpost_parent__inpost_name__in における orderby の値の扱いを標準化 (#38034)。
  • 言語パックを更新する際、古い言語パックがディスクスペースをいっぱいにするのを防ぐため、正常に削除されるようになりました (#45468)。

開発者の方へ

WordPress 5.1 は、WordPress を開発する体験をより洗練されたものにするための変更を数多く含んでいます。皆さんに最新情報をお届けするために、リリースサイクルを通して Make WordPress Core ブログ開発者向け文章を公開していきます。このブログを購読し、これからの数週間 WordPress 5.1 で知っておくべき変更の詳細情報を受け取りましょう。

協力するには

英語以外の言語を話す方は、WordPress を100言語以上に翻訳するのにご協力ください。ベータ 2 リリースは、5.1 リリースサイクルにおけるソフトストリングフリーズ (文字列がおおむね確定したポイント) のタイミングとなります。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています。もし再現可能なバグ報告を書ける場合は WordPress Trac に報告してください。既知のバグ一覧はこちらで見ることができます。

WordPress 5.0.3 メンテナンスリリース

以下は、 Jonathan Desrosiers が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress WordPress 5.0.3 Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.0.3 がご利用いただけるようになりました。

5.0.3 は37のバグ修正と7つのパフォーマンス向上を含むメンテナンスリリースです。このリリースで最もフォーカスしたのは、新しいブロックエディターの微調整と、再発したものを含めたバグの修正でした。

こちらが注目点のうちのいくつかです。

すべての変更点のリストは Trac のチケットリストチェンジログ、または Make WordPress Core ブログテクニカルサマリーをご覧ください。

WordPress 5.0.3 をダウンロードするか、ダッシュボード → 更新と 進み、今すぐ更新するをクリックしてください。自動バックグラウンド更新をサポートしているサイトは、すでに自動更新がはじまっています。

WordPress 5.0.3 に貢献した皆さんに感謝いたします。

Aaron JorbinAlex ShielsallancoleAndrea FerciaAndrew NevinsAndrew OzzBirgir Erlendsson (birgire)bobbingwideCsaba (LittleBigThings)David BinovecDavid HerreraDominik Schilling (ocean90)Felix ArntzGary PendergastGerhard PotgieterGrzegorz (Greg) ZiółkowskiJb AudrasJobJoe McGillJoen AsmussenJohn BlackbournJonathan DesrosierskjellrlaurelfulfordMarcus KazmierczakMilan DinićMuntasir MahmudNick HalseypanchenPascal BirchlerRamananRiad BenguellaRicky Lee WhittemoreSergey BiryukovWeston RuterWilliam Earnhardt.

WordPress 5.1 ベータ 1

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.1 Beta 1」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.1 ベータ 1 がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.1 ベータ版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択 ) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 5.1 は2月21日にリリース予定です。今後数週間でできるだけ多くのバグを見つけることができるよう、以下にテストすべき重要項目の一部を挙げました。

サイトヘルスチェック

「サイトヘルスチェック」は、WordPress エコシステム全体の安定性とパフォーマンスの向上を目的とした進行中のプロジェクトです。このプロジェクトの最初のフェーズは WordPress 5.1 に含まれています。今までにはなかった機能で、WordPress が問題のコードをキャッチしてそれを一時停止するので、管理画面にログインして問題が何かを確認できます (#44458)。以前は、FTP でログインするか、ホスティングサービスに連絡する必要がありました。

さらに2019年4月には、WordPress がサポートする最低 PHP バージョンを5.6に引き上げる予定です。お使いの環境がこの変更に対応しているかどうかを確認するため、WordPress 5.1 では警告を表示し、必要に応じて PHP のバージョンをアップグレードするお手伝いをします。

開発者向け変更

  • Cron システムをより簡単にカスタム cron ハンドラーに置き換えられるようになります (#32656)。
  • PHP-FPM で cron を起動すると、長時間の cron ジョブであっても接続への応答をすぐに返します (dev note)。
  • WP_DEBUG_LOG でカスタムのログ置き場を設定できるようになります (#18391)。
  • wp_blogmeta テーブルの導入 (#37923)。
  • WP_Meta_Query での meta_key 比較に LIKE サポートを追加 (#42409)。

WordPress 5.1 では360以上のチケットが閉じられています。WordPress の体験をスムーズにするのを助ける、多数の小さなバグ修正と改善が含まれます。

5.1 について開発者が知っておくべきその他の変更の詳細については、今後の数週間 Make WordPress Core ブログ (dev-notes タグがついています) をチェックしてみてください。

協力するには

英語以外の言語を話す方は、WordPress を100言語以上に翻訳するのにご協力ください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア(日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています。もし再現可能なバグ報告を書ける場合は WordPress Trac に報告してください。既知のバグ一覧はこちらで見ることができます。

WordPress の1ヶ月: 2018年12月

以下は、Aditya Kane が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「The Month in WordPress: December 2018」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


12月は、新機能、大きなイベント、そして重要な発表があり、WordPress コミュニティにとって節目となる月でした。


WordPress 5.0 のリリース

12月6日に WordPress 5.0がリリースされました。このリリースには、待望の新しいブロックエディターがデフォルトの編集エクスペリエンスとして含まれます。自分のサイトでクラシックエディターを使い続けることを選択したユーザーもいますが、多くのサイト運営者はすばやくこの最新バージョンにアップグレードしました。

同じ月の間に2つのセキュリティ・メンテナンスリリースが行われました。最新のアップデートでは、パフォーマンスと安定性を大きく高めました。

新バージョンの WordPress には新デフォルトテーマ Twenty Nineteen も同梱されています。このテーマは、ブロックエディターの使い方を強調するようにデザインされました。

WordPress コアの開発に参加したい方は、コアチームのブログをフォローし、Making WordPress Slack グループの #core チャンネルに参加してください。

Gutenberg フェーズ2

Gutenberg の次の段階がウィジェットを始めとして決定されつつあります。これによって、ユーザーによるサイトのカスタマイズがより簡単になるでしょう。フェーズ2は、Gutenberg プラグインへの機能追加を通して行われます。

WordPress 管理画面の未来をつくる開発に参加したい方は、コアチームのブログをフォローし、Making WordPress Slack グループの #core チャンネルに参加してください。

2019年の9個のプロジェクト

WordPress の共同創始者マット・マレンウェッグは、2019年のプロジェクト9の概要を説明しました。ナビゲーションメニュー用のブロックの作成、既存の全ウィジェットのブロックへの移植、Trac 上の未解決チケットに取り組むためのトリアージチームの形成など、さまざまです。

また、既存ウィジェットをブロックに移植するための状況更新をメル・チョイスが投稿しました。

WordCamp US 2019 日程の発表

WordCamp US 2019が2019年11月1日から3日までの間ミズーリ州セントルイスで開催されます。年間を通して最も大きいイベントの1つであり、マット・マレンウェッグによる毎年恒例の “State of the Word” スピーチも行われます。


さらに読む

次回の「今月の WordPress」に含めてほしい記事があれば、こちらから提案してください。