PHP 最低必須バージョンの変更

以下は、Aaron Jorbin が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Minimum PHP Version update」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


今月末に WordPress 5.2 のリリースを予定していますが、それと同時に PHP の最低必須バージョンを更新します。WordPress には、PHP 5.6.20 以降が必須となります。

WordPress 5.1 から、PHP バージョン 5.6 以下を使っているユーザーの方にはダッシュボードに PHP の更新を助ける情報を含む通知が表示されています。以来、WordPress 統計情報で、より新しいバージョンの PHP を利用するユーザーの増加が確認できるようになりました。

古すぎるバージョンの PHP を使っているユーザーに表示される通知

PHP をアップグレードすべき理由 PHP をアップグレードすべき理由

お使いのサーバーでサポート対象外バージョンの PHP が稼働している場合、 WordPress 更新ツールは WordPress 5.2 をサイトに提供しません。WordPress を手動で更新しようとした場合、作業は失敗するでしょう。最新の WordPress 機能を使い続けたい場合は PHP をより新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

PHP を新しいバージョンにアップグレードする際、WordPress としては推奨バージョンである PHP 7.3 への更新をおすすめしています。PHP internals チームは、最新バージョンがこれまで最速となるようすばらしい努力を重ねてきています。これはつまり、アップグレードを行うことでサイト運営者・訪問者の両方に対してサイトのスピードを改善できるということです。

このパフォーマンス強化はまた、サイトのホスティングに必要なサーバーの数を減らせるということも意味しています。PHP をアップグレードすることは、サイト運営者であるあなたに朗報なだけではなく、Web 上のサイトの1/3を占める WordPress がこれまでよりも少ない電力を要するため、地球にも優しいということでもあります。

トップ ↑

PHP のアップグレード方法 PHP のアップグレード方法

新バージョンの PHP にアップグレードするために手助けが必要な方は、詳しいドキュメンテーションを利用できます。リンク先のページには、ホスティングサービス (レンタルサーバーなど) へサポートを依頼するために送るメッセージのサンプルも含まれます。多くのホスティングサービスも、各自に特化した PHP をアップグレードする方法についての情報を公開しています。

トップ ↑

現在は PHP 5.6、近々 PHP 7 以降へ 現在は PHP 5.6、近々 PHP 7 以降へ

今回、2010年以来初めて WordPress の PHP 必須バージョンを上げることになりますが、これが2019年最後の変更とはならないかもしれません。WordPress コアチームは、年末に PHP 7 以降を最低必須バージョンにすることも視野に入れつつ、最新バージョンの PHP がどれくらい採用されているかを観察していく予定です。

PHP のバージョンアップをして、今後 WordPress のバージョンを更新できるように備えましょう !