WordPress 5.3 リリース候補

以下は、Francesca Marano が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.3 Release Candidate」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.3の最初のリリース候補が公開されました。

これは WordPress 5.3の公開に向けての重要な節目にあたるものです。「リリース候補」とはつまり、新しいバージョンは公開可能なレベルにまで仕上がっているのですが、とはいえ何百万というユーザーが何千ものプラグインやテーマと組み合わせて使うワイルドな環境にこれから放り込もうというのですから、何か見落としがないかさらにしっかり検証する必要があるということです。WordPress 5.3は今のところ今年の11月12日に公開の予定です。でもそのためにはみなさんの助力が必要です。まだ5.3を試していないなら、今がその時です!

WordPress 5.3リリース候補をテストするには次の二通りの方法があります:

WordPress 5.3の中身は?

WordPress 5.0で導入されたブロックエディターを WordPress 5.3でさらに拡張、洗練させます。新しいブロック、さらに直感的な操作感、それからアクセシビリティの向上が含まれます。エディターの新機能によってデザインの自由度が高まり、レイアウトとスタイルの選択肢が増えて、サイトの外観はもっとコントロールしやすくなります。

今回のリリースでは新テーマ Twenty Twenty も登場。デザインの柔軟性が高くブロックエディターとの統合も万全です。

加えて、WordPress 5.3は開発者が日付とタイムゾーンをより信頼性のある方法で扱うことを可能にし、今年の後半にリリースが予定されている PHP 7.4上でも正しく機能するよう見直しが図られています。

プラグインとテーマ開発者のみなさんへ

WordPress 5.3であなたのプラグインやテーマをテストして、問題なければ readme ファイルの Tested up to バージョンを5.3に更新してください。もし互換性の問題が見つかったらサポートフォーラムに投稿してください。そうすれば最終公開の前に解決できるかもしれませんから。

主要な変更点についてのより詳細な情報が載っている WordPress 5.3フィールドガイドはまもなく公開の予定です。

協力者募集中

英語以外の言語を話す方へ: WordPress の翻訳にご協力ください! このリリースは5.3リリーススケジュールにおける翻訳対象語句ハード凍結ポイントに到達済みです。

「これはバグじゃないかな?」と思ったら、サポートフォーラムの Alpha/Beta コーナーまで投稿してください(訳注: 日本語版フォーラムの場合は開発版コーナーまで)。バグの再現に役立つレポートを書くのが苦にならないなら WordPress Trac にレポートを上げてください。Trac では既知のバグを検索することも可能です。

WordPress 5.2.4 セキュリティリリース

以下は、Jake Spurlock が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.2.4 Security Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.2.4が利用可能になりました! このセキュリティリリースでは6件のセキュリティ問題が修正されています。

このバージョン5.2.4で修正されたバグは WordPress バージョン5.2.3以前のバージョンで影響を受けます。まだ5.2にアップデートしていないユーザーのために WordPress 5.1以前のバージョンでもアップデートが利用可能です。

セキュリティアップデート

  • 格納型XSS(クロスサイトスクリプティング)がカスタマイザー経由で追加される可能性の問題を発見した Evan Ricafort に感謝します。
  • 認証されていない投稿を表示する方法を見つけて開示した J.D. Grimes に感謝します。
  • JavaScriptをスタイルタグに挿入する格納型XSSの作成方法を発見した Weston Ruter に感謝します。
  • Vary: Origin ヘッダーを介して JSON GETリクエストのキャッシュをポイズニングする方法にハイライトを当てた David Newman に感謝します。
  • URLの検証方法でサーバーサイドリクエストフォージェリを発見した Eugene Kolodenker に感謝します。
  • 管理画面のリファラーバリデーションに関連する問題を発見した WordPress セキュリティチームの Ben Bidner に感謝します。

脆弱性を非公開で開示してくれたすべての報告者のみなさんに感謝します。WordPress サイトが攻撃される前にそれらを修正する時間ができました。

詳細については Trac で変更箇所の全リストを参照するか、バージョン5.2.4のドキュメントページをご覧ください。

WordPress 5.2.4はショートサイクルなセキュリティリリースです。次のメジャーリリースはバージョン5.3になります。

WordPress 5.2.4をダウンロードするか、もしくはダッシュボード更新と進み、今すぐ更新するをクリックしてください。自動バックグラウンド更新をサポートしているサイトは、すでに自動更新がはじまっています。

上記のセキュリティ研究者に加えて、WordPress 5.2.4に貢献したすべての人に感謝します。

Aaron D. Campbell, darthhexx, David Binovec, Jonathan Desrosiers, Ian Dunn, Jeff Paul, Nick Daugherty, Konstantin Obenland, Peter Wilson, Sergey Biryukov, Stanimir Stoyanov, Garth Mortensen, vortfu, Weston Ruter, Jake Spurlock, そして Alex Concha

WordPress 5.3 ベータ 3

以下は、Francesca Marano が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.3 Beta 3」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.3 ベータ 3 がリリースされました。

このソフトウェアは今なお開発中のものです。実運用中のサイトでの使用はおすすめしません。どうぞテスト用のサイトを立ち上げて新バージョンの機能をお楽しみください。

WordPress 5.3 のベータ版をテストするには次の二通りの方法があります:

WordPress 5.3の正式リリースは2019年11月12日を予定しており、それまでに皆さんの手助けが必要になりますのでぜひご協力ください。

ベータ1ベータ2のテストに協力してくださったみなさんから寄せられたフィードバックのおかげで、60件を超えるチケットをクローズすることができました。

いくつかのハイライト

  • これまでの5.3ベータリリースで導入された管理インターフェイスの変更についての修正と改善。
  • ログイン画面の表記についての変更。(#43037)
  • メディアアップロードモーダルにおけるアクセシビリティ上の改良。(#47149)
  • 画像操作に関するエラー対応の仕方についての変更。(#48200)
  • MediaElement.js が4.2.6から4.2.13へ更新。(#46681) また、スクリプトのローディングはフッター内で行われるように復帰。この修正は2年前に生じた不具合に対してのもので、その点でも注目すべきかもしれない。(#44484)
  • REST API のメディアエンドポイントを更新し、アップロードの再開を可能に。(#47987)

これらに加えて、ベータ3では一貫性と洗練のための細やかな変更を REST API に対して行いました。コメント編集時の権限チェックの改良、投稿タイプコントローラーのエッジケースにおけるキャッシュ処理の修正などが含まれますが、とりわけ重要なものとして、/wp/v2/search エンドポイント使用の際に _embed 変数を使って投稿の完全なデータにアクセスすることを可能にしたことが挙げられます。

開発者向けのお知らせ

WordPress 5.3には洗練された開発体験を実現するための改良が多数含まれています。Make WordPress Core ブログを購読して開発者向けのお知らせをチェックしましょう。あなたのプロダクトに影響がある変更についての有益な情報が得られるかもしれません。

協力者募集中

英語以外の言語を話す方へ: WordPress の翻訳にご協力ください!

「これはバグじゃないかな?」と思ったら、サポートフォーラムの Alpha/Beta コーナーまで投稿してください(訳注: 日本語版フォーラムの場合は開発版コーナーまで)。バグの再現に役立つレポートを書くのが苦にならないなら WordPress Trac にレポートを上げてください。Trac では既知のバグを検索することも可能です。

WordPress 5.3 ベータ 2

以下は、Francesca Marano が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.3 Beta 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.3 ベータ 2 がリリースされました。

このソフトウェアは今なお開発中のものです。実運用中のサイトでの使用はおすすめしません。どうぞテスト用のサイトを立ち上げて新バージョンの機能をお楽しみください。

WordPress 5.3 のベータ版をテストするには次の二通りの方法があります:

WordPress 5.3の正式リリースは2019年11月12日を予定しており、それまでに皆さんの手助けが必要になりますのでぜひご協力ください。

ベータ1のテストに協力してくださったみなさんから寄せられたフィードバックのおかげで、45件を超えるチケットをクローズすることができました。

いくつかのハイライト

  • ブロックエディターまわりの改良は継続中。
  • Twenty Twenty のバグ修正。
  • 5.3ベータ1で導入されたインターフェイス変更におけるアクセシビリティ関連のバグ修正と改良:
    • 管理インターフェイスまわりの対応を継続
    • 後方互換性に関する問題の削減
    • 管理画面とブロックエディター間の一貫性を向上
    • テキストズーム管理を改善
  • コメントでの rel="ugc" 属性値のサポート (#48022)

開発者向けのお知らせ

WordPress 5.3には洗練された開発体験を実現するための改良が多数含まれています。Make WordPress Core ブログを購読して開発者向けのお知らせをチェックしましょう。あなたのプロダクトに影響がある変更についての有益な情報が得られるかもしれません。

協力者募集中

英語以外の言語を話す方へ: WordPress の翻訳にご協力ください!

「これはバグじゃないかな?」と思ったら、サポートフォーラムの Alpha/Beta コーナーまで投稿してください(訳注: 日本語版フォーラムの場合は開発版コーナーまで)。バグの再現に役立つレポートを書くのが苦にならないなら WordPress Trac にレポートを上げてください。Trac では既知のバグを検索することも可能です。

WordPress 5.3 ベータ 1

以下は、Francesca Marano が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.3 Beta 1」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.3 ベータ 1 がリリースされました。

このソフトウェアは今なお開発中のものです。実運用中のサイトでの使用はおすすめしません。どうぞテスト用のサイトを立ち上げて新バージョンの機能をお楽しみください。

WordPress 5.3 のベータ版をテストするには次の二通りの方法があります:

WordPress 5.3の正式リリースは2019年11月12日を予定しており、それまでに皆さんの手助けが必要になりますのでぜひご協力ください。リリースまでの数週間の間にできる限り多くのバグを発見し修正できるよう、いくつかの特に重要なテスト項目をここに列挙します。

ブロックエディター: 新機能と改良点

Gutenberg プラグインの12回のリリースで加えられた変更が WordPress 5.3にマージされます。つまり、わくわくするような新機能が山ほどあるということです。

これらはそのほんの一部です:

  • グループブロックとグループ化操作
  • カラムブロックの改良 (幅のサポートとパターン)
  • テーブルブロックの改良 (テキスト揃えのサポート、ヘッダーとフッターのサポート、色設定)
  • ギャラリーブロックの改良 (インライン画像の並び替え、キャプションのサポート)
  • 区切りブロックの改良 (色設定のサポート)
  • 最新の記事ブロックの改良 (抜粋のサポート、本文)
  • リストブロックの改良 (インデント並びにインデント戻しのショートカット、リスト番号の開始値と逆順並びのサポート)
  • ボタンブロックの改良 (リンクターゲットのサポート、枠線の角丸表示)
  • アニメーションと細かなインタラクション (ブロックの移動、ドロップダウン、その他数々の小さなアニメーションによる UX の向上)
  • アクセシビリティナビゲーションモードの導入。ブロック内容には踏み込まずにキーボードを用いてブロック間の移動を行うことが可能に。
  • ブロックスタイルバリエーション API

その他にもたくさんの改良が加えられましたが、とりわけ重要なものを挙げると:

  • データモジュール API の改良 (useSelect/useEffect)
  • ブロック挿入時のヘルプパネル
  • 拡張性: DocumentSettingsPanel
  • スナックバー通知
  • タイプライター風の操作感
  • 数々のアクセシビリティ関連の問題を修正

リリースごとのすべての機能についてはそれぞれのリリース投稿を参照してください: 6.5 6.4 6.3 6.2 6.1 6.0 5.9 5.8 5.7 5.6 5.5 5.4

パフォーマンス向上の継続的な取り組み

ブロックエディターチームの取り組みの結果、特大サイズの投稿 (~ 36,000 語、~ 1,000 ブロック) のローディング時間を WordPress 5.2 と比べて1.5秒短縮することに成功しました。

新しいデフォルトテーマ: Twenty Twenty

最新のデフォルトテーマ、Twenty Twenty が WordPress 5.3 から導入されます。

この洗練された新テーマは、今夏 WordPress.org テーマディレクトリにて公開された WordPress テーマ、Chaplin をもとにして作られています。

ブロックエディターを完全にサポートする Twenty Twenty により、あなたのメッセージに最適なデザインを見つけることができるでしょう。

管理画面の改善

デザインチームとアクセシビリティチームの協働により、Gutenberg のスタイルが wp-admin インターフェイスの幅広い領域に移植されました。両チームは 5.3 のベータサイクルを通じてこれらの取り組みを継続していきます。アクセシビリティにまつわる諸問題の解決、フォーム入力項目やボタンの色コントラストの改善、エディターと管理画面の間の一貫性、現代的な WordPress カラースキームの実現、より良いズーム管理など、今回の両チームによる成果は多岐に渡ります。

特大サイズ画像も取り扱い可能に

最適化されていない最高画質の写真データをスマートフォンからアップロードすることは以前であれば容易ではありませんでした。WordPress 5.3ではアップロード中にエラーが発生した場合の途中からの再開や、より大きなデフォルト画像サイズがサポートされます。ブロックエディターから追加された画像はあらゆるプラットフォーム上で最適に表示されるようになります。

アップロードしながら自動的に画像を回転

EXIF の方向データに基づいて天地が正しく表示されるよう画像の自動回転処理が行われるようになります。この機能が初めて提案されたのは実に9年も前のことです。このように修正が WordPress に取り込まれるまで時間がかかることもありますから辛抱強く待つことも必要です。

サイトヘルスチェック

5.3で導入された改良により、サイト上のトラブルシューティングを要する領域についてそれを見つけ出し問題点を理解することがより容易になります(「ツール」->「サイトヘルス」メニューページ参照)。

管理者メールアドレスの検証

管理者メールアドレスとして登録されているアドレスが現在でも有効なものかどうか確認するよう、管理者としてログインした際に定期的に通知を受けることになるでしょう。これにより、メールアドレスに変更があったために意図せずサイトから締め出されてしまう危険をわずかでも小さくすることができます。

開発者向け

時間/日付コンポーネントの修正

日付とタイムゾーンをより信頼性の高いやり方で扱うことが可能になります。日付と時間を扱う新しい API 関数が多数導入され、統一されたタイムゾーン取得や PHP との相互運用性の向上、また多数のバグ修正を伴って大きく改良されました。

PHP 7.4 との互換性

今年後半にリリースされる PHP 7.4への対応に向けて、WordPress コアチームは精力的に準備を進めています。WordPress 5.3における変更点のいくつかは廃止が決まっている機能を捨て互換性を確保するためのものです。可能であればこのベータリリースを PHP 7.4上でテストして、すべての機能が期待通りに動作し、新たな警告表示が出ないことを確認してください。

開発者向けのその他の変更点

これから数週間の Make WordPress Core ブログを注意して読んでください。5.3に関連した変更についてのさらに詳しい情報が掲載されるはずです。

次は

WordPress 5.3の開発過程でこれまでに400件を超えるチケットが解決されました。大量のバグ修正と改良により WordPress のユーザー体験はより滑らかなものになります。

協力者募集中

英語以外の言語を話す方へ: WordPress の翻訳にご協力ください!

「これはバグじゃないかな?」と思ったら、サポートフォーラムの Alpha/Beta コーナーまで投稿してください(訳注: 日本語版フォーラムの場合は開発版コーナーまで)。バグの再現に役立つレポートを書くのが苦にならないなら WordPress Trac にレポートを上げてください。Trac では既知のバグを検索することも可能です。