WordPress.org

ニュース

WordPress 6.1 リリース候補版 1

WordPress 6.1 リリース候補版 1


以下は、Dan Soschin による WordPress.org 公式ブログの記事 “WordPress 6.1 Release Candidate 1 (RC1) Now Available” を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.1 リリース候補版 1 が公開されました。ダウンロードし、テストしていただけます。

これは 6.1 のリリースサイクルにおける一つの重要なマイルストーンです。すでにリリースできる水準の完成度にはありますが、正式なリリース期日までの時間を使って最終確認をできるようコミュニティに検証対象を提供する目的で作られるのがこの「リリース候補」と呼ばれるバージョンです。WordPress は何千ものプラグインやテーマと相互に関係する複雑な生態系であるので、新しいバージョンに何か見落としがないか隅々まで検証することは極めて重要な工程であり、またそれには WordPress コミュニティの多くの方々からの協力が必要になります。

WordPress 6.1 の正式版リリースは3週間ほど先の2022年11月1日を予定しています。

このバージョンの WordPress ソフトウェアは未だ開発段階にあるものです。本番運用中の重要なウェブサイトへのインストール、実行、テストの実施はリスクが大きいので絶対に避けてください。テスト専用のサーバーを立ち上げてその上でテストを実施することが推奨されます。

WordPress 6.1 リリース候補版 1 をテストするには以下の三通りの方法があります:

  • 方法その1: WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する (「最前線」チャネルと「ベータ / RC のみ」ストリーム設定を選択) 。
  • 方法その2: こちらからベータバージョンの zip ファイルを直接ダウンロードする。
  • 方法その3: WP-CLI を利用してテストする:
    wp core update --version=6.1-RC1

6.1 リリースサイクルに関する追加情報もご利用ください。

これからの数週間、Make WordPress Core ブログの 6.1 関連の開発者ノートにさらなる変更についての詳細が掲載されるのでチェックしてください。

WordPress 6.1 RC1 での変更点

ベータ 2 以降、約100件の項目が対処され、2022年5月の WordPress 6.0 以降では、合計で2,000件を超える更新が行われました。

WordPress 6.1 は、今年の1月と5月にそれぞれリリースされたバージョン 5.9 と 6.0 に続く、2022年の3番目のメジャーリリースです。

エンドユーザー向けの WordPress 6.1 の注目の変更

  • 10種類のユニークなスタイルバリエーションで構成されたデフォルトテーマ (詳細)
  • より多くのブロックにさらに多くのデザインツールを追加 (詳細)
  • テンプレートのエクスペリエンステンプレートオプションを拡張、改良
  • より直感的なドキュメント設定
  • 引用とリストブロックを改良し、インナーブロックをサポート
  • 様々なブロックのプレースホルダーをより崩れにくく改良
  • 新しいモーダルインターフェイスと環境設定の改善
  • ナビゲーションブロックの自動選択とフォールバック機能、メニュー管理の簡素化
  • ワンクリックですべてのインナーブロックにロック設定を適用
  • ブロックテーマの検出機能の向上
  • アクセシビリティに関する更新 (60件以上のチケットを解決)
  • パフォーマンスに関する更新 (25件以上のチケットを解決)

開発者向けの WordPress 6.1 の注目の変更

  • あらゆるテーマを更にパワーアップできる外観ツールへのオプトイン
  • スタイルシステムの新しいイテレーション
  • あらゆる投稿タイプにスターターパターンを追加 (詳細)
  • 新しい制約付きオプションやレイアウトオプションの無効化機能など、レイアウトオプションの進化
  • コンテンツロックパターンを追加し、キュレーションの選択肢を強化
  • クエリーループブロックのサポートを拡張
  • クラシックテーマでブロックベースのテンプレートパーツを使用可能に (意見募集中)
  • theme.json データのフィルタリング (詳細)
  • Fluid タイポグラフィによるレスポンシブ性の向上 (意見募集中)
  • ボタン、見出し、キャプションなど、ブロック内の要素を theme.json でスタイル設定可能に

この投稿に記載されているすべての機能は、最終リリース前に変更される可能性があることにご注意ください。

プラグインとテーマ開発者のみなさんへ

プラグインとテーマの開発者のみなさんは WordPress 6.0 RC1 に対してテストを開始してください。問題なく動くようであればそれぞれの readme.txt の Tested up to ヘッダーを 6.1 に更新してください。互換性の問題が見つかった場合はサポートフォーラムで詳しい情報を共有してください。11月1日の最終リリースに先立って問題を解消できるようご協力をお願いします。

翻訳にご協力ください

WordPress の翻訳にご協力ください。この RC1 リリースをもってバージョン 6.1 の翻訳語句は凍結され、通常これ以上の変更が行われることはありません。

テストに協力するには

WordPress の開発過程においてリリースの安定性を高める上でテストの実施が非常に重要になります。テストに協力することはまたプロジェクトへの大きな貢献にもなります。ベータリリースのテストにこれまでに参加したことがない方には、まず最初の一歩を踏み出すための足がかりとしてこちらの詳細なガイドが役に立つでしょう。

問題に遭遇したかもと思った時は、まずサポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに報告をしてください。再現可能なバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac への報告をお願いします。既知のバグの一覧も Trac で閲覧可能です。

バグのない WordPress を保つために – テストにご協力ください

WordPress の開発過程においてリリースの安定性を高める上でテストの実施が非常に重要になります。テストに協力することはまたプロジェクトへの大きな貢献にもなります。ベータリリースのテストにこれまでに参加したことがない方には、まず最初の一歩を踏み出すための足がかりとしてこちらの詳細なガイドが役に立つでしょう。

テストは、今回ならびに将来の WordPress リリースが可能な限り安定して問題のないものになることを確かにする上で不可欠な過程です。そして、テストは誰でも参加が可能です。WordPress コミュニティのメンバーであるあなたの協力が大きな支えになります。

今回のようなリリースのテストについてもっと知りたいなら、Make Core のテストについての呼びかけを参照してみてください。Making WordPress の Slack ワークスペース内の公開チャンネルで議論に参加することもできます。

問題に遭遇したかもと思った時は、まずサポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに報告をしてください。再現可能なバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac への報告をお願いします。既知のバグの一覧も Trac で閲覧可能です。

現時点での最新メジャーリリースである WordPress 6.0 の公開より後にリリースされた Gutenberg の機能について調べたい場合は、以下の What’s New In Gutenberg 投稿を参照してください。14.114.013.913.813.713.613.513.413.313.213.1


RC1 の俳句

Languages abound
Test today, releases soon
Freedom to publish


この投稿に協力してくれた @webcommsat に感謝します。