WordPress.org

ニュース

WordPress 6.6 ベータ 3

WordPress 6.6 ベータ 3


以下は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.6 Beta 3」の翻訳です。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.6ベータ3がリリースされました。ダウンロードして、テストをお願いします。

この WordPress ソフトウェアのベータ版は開発中です。ベータ版の WordPress を本番環境やミッションクリティカルなウェブサイトでインストール、実行、テストしないでください。深刻なエラーが生じる可能性があります。

代わりにローカルサイトやテスト環境に、以下の4つの方法のどれかでインストールしてください。

プラグインWordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する。設定では「最前線」チャンネルと「ベータ / RC のみ」ストリームをそれぞれ選択します。
直接ダウンロードベータ3版の zip ファイルをダウンロードして WordPress ウェブサイトにインストールする。
コマンドライン次の WP-CLI コマンドを実行する。wp core update --version=6.6-beta3
WordPress Playground6.6 Beta 3 WordPress Playground インスタンスを使用する。ブラウザで直接ソフトウェアをテストできます。おそらく最も簡単な方法で、個別のサイトやセットアップは必要ありません。クリックするだけで起動します !
WordPress ベータ3をテストする4つの方法

WordPress 6.6の最終リリース日は2024年7月16日を予定しています。今後5週間、ベータ版とRC版のテストにご協力いただくことは、最終リリースを安定した、パワフルで直感的なものにするために必要不可欠です。

問題をみつけたら

問題に遭遇したと思ったときは、まずサポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに報告をしてください。再現可能なバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac への報告をお願いします。既知のバグの一覧も Trac で閲覧可能です。

ベータ期間中は脆弱性報告報奨金が2倍に

WordPress コミュニティは未発表のセキュリティ脆弱性の報告に対する報奨金をスポンサーしています。6月4日のベータ1から6月25日に予定されている最終のリリース候補版 (RC版) までの期間、この報奨金は2倍になります。報告は HackerOne のページならびにセキュリティ白書に記載のセキュリティプラクティスとポリシーに沿った責任ある情報公開手順に従って適切に行なってください。

開発は続く

WordPress 6.6の新機能をキャッチアップ: 6.6のハイライトについてはベータ1の告知を参照してください。

WordPress 6.6 ベータ3には、ベータ2のリリース以来、エディタに関する50以上の更新とWordPressコアに関する39件のチケットが含まれています。

各ベータのサイクルはバグ修正に焦点を当てており、テストを通じた皆さんの支援によりさらに多くの修正が進められています。以下のリンクから、ベータ2以降に対応したすべての問題の技術的な詳細を閲覧できます。

ベータ期間は、テスト中に見つかったバグを修正することがすべてです。

あなたはテーマ制作者ですか ? テストのフィードバックにより、スタイルバリエーションの提供方法が変更されました。

ベータ1では、テーマのスタイルバリエーションのプリセットを作成すると、ユーザーが異なるバリエーションを組み合わせられるよう自動的に、色のみ、タイポグラフィのみのフルセットオプションが生成されました。

ベータ3では、テーマは自動的にこれらのオプションを生成しません。代わりにテーマ制作者はシンプルなオプションセットを提示して、ユーザーをより満足する結果に導くようガイドできます。背景の詳しい根拠については、こちらのディスカッションをご覧ください。

WordPress への重要な貢献に改めて感謝します !

Props to @meher, @rmartinezduque, @atachibana, @mobarak コラボレーションとレビューに対して。

ベータ3の俳句

Beta ends at 3
One more week, then comes RC
When we freeze the strings!

ベータは3で終わり
もう1週間、次にRC版
それは文字列をフリーズするとき !