WordPress 5.3 リリース候補

以下は、Francesca Marano が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.3 Release Candidate」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.3の最初のリリース候補が公開されました。

これは WordPress 5.3の公開に向けての重要な節目にあたるものです。「リリース候補」とはつまり、新しいバージョンは公開可能なレベルにまで仕上がっているのですが、とはいえ何百万というユーザーが何千ものプラグインやテーマと組み合わせて使うワイルドな環境にこれから放り込もうというのですから、何か見落としがないかさらにしっかり検証する必要があるということです。WordPress 5.3は今のところ今年の11月12日に公開の予定です。でもそのためにはみなさんの助力が必要です。まだ5.3を試していないなら、今がその時です!

WordPress 5.3リリース候補をテストするには次の二通りの方法があります:

WordPress 5.3の中身は?

WordPress 5.0で導入されたブロックエディターを WordPress 5.3でさらに拡張、洗練させます。新しいブロック、さらに直感的な操作感、それからアクセシビリティの向上が含まれます。エディターの新機能によってデザインの自由度が高まり、レイアウトとスタイルの選択肢が増えて、サイトの外観はもっとコントロールしやすくなります。

今回のリリースでは新テーマ Twenty Twenty も登場。デザインの柔軟性が高くブロックエディターとの統合も万全です。

加えて、WordPress 5.3は開発者が日付とタイムゾーンをより信頼性のある方法で扱うことを可能にし、今年の後半にリリースが予定されている PHP 7.4上でも正しく機能するよう見直しが図られています。

プラグインとテーマ開発者のみなさんへ

WordPress 5.3であなたのプラグインやテーマをテストして、問題なければ readme ファイルの Tested up to バージョンを5.3に更新してください。もし互換性の問題が見つかったらサポートフォーラムに投稿してください。そうすれば最終公開の前に解決できるかもしれませんから。

主要な変更点についてのより詳細な情報が載っている WordPress 5.3フィールドガイドはまもなく公開の予定です。

協力者募集中

英語以外の言語を話す方へ: WordPress の翻訳にご協力ください! このリリースは5.3リリーススケジュールにおける翻訳対象語句ハード凍結ポイントに到達済みです。

「これはバグじゃないかな?」と思ったら、サポートフォーラムの Alpha/Beta コーナーまで投稿してください(訳注: 日本語版フォーラムの場合は開発版コーナーまで)。バグの再現に役立つレポートを書くのが苦にならないなら WordPress Trac にレポートを上げてください。Trac では既知のバグを検索することも可能です。

WordPress 5.3 ベータ 3

以下は、Francesca Marano が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.3 Beta 3」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.3 ベータ 3 がリリースされました。

このソフトウェアは今なお開発中のものです。実運用中のサイトでの使用はおすすめしません。どうぞテスト用のサイトを立ち上げて新バージョンの機能をお楽しみください。

WordPress 5.3 のベータ版をテストするには次の二通りの方法があります:

WordPress 5.3の正式リリースは2019年11月12日を予定しており、それまでに皆さんの手助けが必要になりますのでぜひご協力ください。

ベータ1ベータ2のテストに協力してくださったみなさんから寄せられたフィードバックのおかげで、60件を超えるチケットをクローズすることができました。

いくつかのハイライト

  • これまでの5.3ベータリリースで導入された管理インターフェイスの変更についての修正と改善。
  • ログイン画面の表記についての変更。(#43037)
  • メディアアップロードモーダルにおけるアクセシビリティ上の改良。(#47149)
  • 画像操作に関するエラー対応の仕方についての変更。(#48200)
  • MediaElement.js が4.2.6から4.2.13へ更新。(#46681) また、スクリプトのローディングはフッター内で行われるように復帰。この修正は2年前に生じた不具合に対してのもので、その点でも注目すべきかもしれない。(#44484)
  • REST API のメディアエンドポイントを更新し、アップロードの再開を可能に。(#47987)

これらに加えて、ベータ3では一貫性と洗練のための細やかな変更を REST API に対して行いました。コメント編集時の権限チェックの改良、投稿タイプコントローラーのエッジケースにおけるキャッシュ処理の修正などが含まれますが、とりわけ重要なものとして、/wp/v2/search エンドポイント使用の際に _embed 変数を使って投稿の完全なデータにアクセスすることを可能にしたことが挙げられます。

開発者向けのお知らせ

WordPress 5.3には洗練された開発体験を実現するための改良が多数含まれています。Make WordPress Core ブログを購読して開発者向けのお知らせをチェックしましょう。あなたのプロダクトに影響がある変更についての有益な情報が得られるかもしれません。

協力者募集中

英語以外の言語を話す方へ: WordPress の翻訳にご協力ください!

「これはバグじゃないかな?」と思ったら、サポートフォーラムの Alpha/Beta コーナーまで投稿してください(訳注: 日本語版フォーラムの場合は開発版コーナーまで)。バグの再現に役立つレポートを書くのが苦にならないなら WordPress Trac にレポートを上げてください。Trac では既知のバグを検索することも可能です。

WordPress 5.2 RC2

以下は、Josephaが書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.2 RC 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.2 の2つ目のリリース候補が利用可能になりました !

WordPress 5.2は5月7日 (火) にリリース予定ですが、そのためには皆さんの手助けが必要です。まだバージョン5.2を試していないなら、今がその時です。

WordPress 5.2リリース候補版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグインを使うか、ここから RC 版 (zip) をダウンロードしてください。

WordPress 5.2についての詳細は最初のリリース候補の投稿を御覧ください。(日本語)

このリリースには最終的なアバウトページのデザインが含まれます。また、次の修正が含まれています:

  • リカバリーモード通知メールの正しい翻訳 (#47093)。
  • マルチサイトでのサイトヘルス機能の改善 (#47084)。

プラグイン・テーマ開発者の方へ

WordPress 5.2でプラグインとテーマをテストし、readme ファイルの「検証済み最新バージョン」を 5.2に更新してください。互換性の問題を発見した場合は、最終リリース前に解決できるようにサポートフォーラム (英語版) に投稿してください。

大きな変更の詳細に触れた、開発者向けの5.2フィールドガイドも公開しています。

協力するには

英語以外の言語を話す方は、WordPress を100言語以上に翻訳するのにご協力ください !

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています。もし再現可能なバグ報告を書ける場合は WordPress Trac に報告してください。既知のバグ一覧はこちらで見ることができます。


It’s the start of May
and the release is coming.
We all give a cheer!

WordPress 5.2 リリース候補

以下は、Josephaが書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.2 Release Candidate」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.2の最初のリリース候補版がご利用いただけるようになりました。

これは、WordPress 5.2のリリースが近づいている今、重要なマイルストーンです。「リリース候補版」とは、新しいバージョンをリリースする準備はできたものの、多くのユーザーと数千個のプラグイン・テーマが存在するため、何か足りないものがある可能性もあるということを意味しています。WordPress 5.2は5月7日 (火) にリリース予定ですが、そのためには皆さんの手助けが必要です。まだバージョン5.2を試していないなら、今がその時です。

WordPress 5.2リリース候補版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグインを使うか、ここから RC 版 (zip) をダウンロードしてください。

WordPress 5.2に含まれるのは?

前回のリリースに引き続き、WordPress 5.2ではさらに設定問題や致命的なエラーを特定、修正するためのより強固なツールを提供しています。クライアントを手助けする開発者であれ、ご自分のサイトのみを管理する方であれ、これらのツールは必要なときに正しい情報を手に入れる助けになるでしょう。

サイトヘルスチェックツールと PHP エラープロテクションツールはまったく新しい機能で、もしサイトのプラグインやテーマに関する問題を発見しても安心させてくれます。また、ダッシュボードで使用できるアイコンの更新や、支援技術を使用するすべてのユーザーに対する新しいアクセシビリティへの対応などもあります。

プラグイン・テーマ開発者の方へ

WordPress 5.2でプラグインとテーマをテストし、readme ファイルの「検証済み最新バージョン」を 5.2に更新してください。互換性の問題を発見した場合は、最終リリース前に解決できるようにサポートフォーラム (英語版) に投稿してください。

大きな変更の詳細に触れた、開発者向けの5.2フィールドガイドも公開しています。

協力するには

英語以外の言語を話す方は、WordPress を100言語以上に翻訳するのにご協力ください。このリリースが、5.2リリーススケジュールにおけるハードストリングフリーズ (文字列が確定したポイント) のタイミングとなります。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています。もし再現可能なバグ報告を書ける場合は WordPress Trac に報告してください。既知のバグ一覧はこちらで見ることができます。


Howdy, RC 1!
With tools this interesting,
I can hardly wait.

WordPress 5.2 ベータ 3

以下は、Jonathan Desrosiers が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.2 Beta 3」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.2 ベータ 3がリリースされました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.2ベータをテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグインを使うか (「最新版ナイトリービルド」を選択)、ここから ベータ 版 (zip) をダウンロードしてください。

WordPress 5.2は4月30日にリリースされる予定です。そこにたどり着くために私たちにはみなさんの助けが必要です。ベータ2を試した皆さんからのテストやフィードバックに感謝します。あれから40のチケットがクローズされました。主な変更とバグの修正をご紹介します。

  • 新しいサイトヘルス機能は改善され続けています。
  • サポートしていないバージョンの PHP 上で動いているサイトではプラグインがアップデートされなくなりました。(#46613)
  • サイトがリカバリーモードで動いている場合、それがより明確になりました。(#46608)
  • 集中ボタンがクラッシクエディターでのキーボードナビゲーションを妨げないようになりました。(#46640).
  • 支援技術により管理バーサブメニューでのアナウンスがより良くなりました。 (#37513).
  • WordPress メールの件名がより一貫性を持つようになりました。 (#37940).
  • 個人データのエクスポートはユーザーデータのダウンロードが完了したときだけ表示されます。( #44644).
  • アクセシビリティをさらに改善しました (#35497#42853).

PHP の最低バージョンのアップデート

重要なお知らせ: WordPress 5.2ベータ2から、WordPress が必要とする PHP の最低バージョンが5.6.20になります。もし PHP の古いバージョンで運営している場合は 、WordPress 5.2 が正式にリリースされる前にアップデートすることを強くおすすめします。

開発者の方へ

WordPress 5.2 は、WordPress を開発する体験をより洗練されたものにするための変更を数多く含んでいます。遅れないようにするため、Make WordPress Core ブログ を購読し、皆さんのプロダクトに影響を与えうるアップデートや変更に関する開発者向け文章に特別な注意を払っておいてください。

協力するには

英語以外の言語を話す方は、WordPress を100言語以上に翻訳するのにご協力ください。 ベータ 3 リリースが、5.2 リリースサイクルにおけるソフトストリングフリーズ (文字列がおおむね確定したポイント) のタイミングとなります。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています。もし再現可能なバグ報告を書ける場合は WordPress Trac に報告してください。既知のバグ一覧はこちらで見ることができます。


Would you look at that
each day brings release closer
test to be ready
.

WordPress 5.2 ベータ2

以下は、Gary Pendergastが書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.2 Beta 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.2 ベータ 2がリリースされました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.2ベータをテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグインを使うか (「最新版ナイトリービルド」を選択)、ここから ベータ 版 (zip) をダウンロードしてください。

WordPress 5.2は4月30日にリリースされる予定です。そこにたどり着くために私たちにはみなさんの助けが必要です。ベータ1を試した皆さんからのテストやフィードバックに感謝します。あれから100のチケットがクローズされました。主な変更とバグの修正をご紹介します。

  • Emoji 12のサポートを追加しました!
  • 新しい wp_body_open() テンプレートタグ (と、それに付随するwp_body_open アクション) により、テーマ (そしてプラグインも) から <body> 開始タグ直後にコンテンツを追加できるようになりました。 (#12563)
  • ダイナミックブロックコンテンツで余計なパラグラフタグが間違って表示されないようになりました。 (#45495)
  • サイトヘルスチェックの画面でバグの修正、微調整、パフォーマンスの向上が行われました。
  • クラッシュプロテクションがプラグインの編集を妨げないようになりました。(#46045).
  • カスタムエラーハンドラーが正しく読み込まれるようになりました。 (#46069).

PHP の最低バージョンのアップデート

WordPress 5.2ベータ2から、WordPress が必要とする PHP の最低バージョンが5.6.20になります。もし PHP の古いバージョンで運営している場合は 、WordPress 5.2 が正式にリリースされる前にアップデートすることを強くおすすめします。

開発者の方へ

WordPress 5.2 は、WordPress を開発する体験をより洗練されたものにするための変更を数多く含んでいます。遅れないようにするため、Make WordPress Core ブログ を購読し、皆さんのプロダクトに影響を与えうるアップデートや変更に関する開発者向け文章に特別な注意を払っておいてください。

協力するには

英語以外の言語を話す方は、WordPress を100言語以上に翻訳するのにご協力ください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア(日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています。もし再現可能なバグ報告を書ける場合は WordPress Trac に報告してください。既知のバグ一覧はこちらで見ることができます。


The wonderful thing
about betas, is betas
are wonderful things.

WordPress 5.2 ベータ1

以下は、Josephaが書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.2 Beta 1」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.2 ベータ 1がリリースされました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.2 ベータ版をテストする方法は2つあります:

WordPress 5.2は4月30日にリリースされる予定です。そこにたどり着くために私たちにはみなさんの助けが必要です。今後数週間でできるだけ多くのバグを見つけることができるよう、以下にテストすべき重要項目の一部を挙げました。

ブロックエディター

WordPress 5.1以降、ブロックエディターのパフォーマンスが大幅に向上し、大量の投稿の読み込み時間が35%短縮され、キーを押す時間(入力時の反応の速さ)が半分になりました。

アクセシビリティも向上し続けています。ブロックエディターは、ブラウザの縮小モーション設定をサポートします。投稿URLのスラッグはより良いラベルとヘルプテキストを持っています。ランドマークをナビゲートするキーボードのフォーカススタイルは、より明確で一貫性があります。さまざまな新しい会話メッセージがあり、スクリーンリーダーの動作をより便利にするために既存のメッセージが調整されています。

いくつかの新しいブロックを追加しました。

  • RSSブロック
  • Amazon Kindle埋め込みブロック
  • 検索ブロック
  • カレンダーブロック
  • タグクラウドブロック

これらのブロックを追跡し、必要なものだけを表示するために、ブロックのオンとオフを切り替える新しいブロック管理ツールがあります。

ブロック管理モーダル

私たちは常に既存のブロックにも取り組んでいます。ブロックエディターには何百ものバグフィックスと改良がほどこされました。グーテンベルグプラグインリリースでそれらについてもっと読むことができます:4.9、5.0、5.1、5.2、および5.3。

WordPress モバイルアプリ

ブロックエディターはウェブサイトだけのものでもありません。WordPress モバイルアプリには現在、実験的なバージョンの組み込みのブロックエディターが含まれています。これはまだ開発中ですが、今すぐ試すことができます。

サイトヘルスチェック

サイトヘルスチェックは、WordPress エコシステム全体の安定性とパフォーマンスの向上を目的とした進行中のプロジェクトです。

このプロジェクトの最初のフェーズ(当初は WordPress 5.1を目標としていました)が WordPress 5.2には含まれています。初めに WordPress が問題のあるコードをキャッチして一時停止するので、ダッシュボードにログインして問題が何であるかを確認できます(#44458)。以前は、ファイルにFTPでアクセスするか、ホストに連絡する必要がありました。

また、ダッシュボードに新しいヘルスチェックツールを追加しています。 ツールメニューにアクセスしてヘルスチェックをクリックすると、サイトの速度とセキュリティを向上させるのに役立つ情報が得られます。

PHP バージョンバンプ

このリリースでは、WordPress がサポートされる PHP の最低バージョンを5.6に引き上げます。この変更に準備ができているかどうかを確認するため、WordPress 5.2では必要に応じて警告が表示され、PHP のバージョンをアップグレードする手助けをします。

開発者の皆さんへ

  • プラグインがサポートする PHP の最低バージョンを指定できるようになったため、ユーザーのサイトを壊す危険を冒さずに安全に開発方法を現代化することができます。(#40934)
  • sodium_compat ライブラリを追加しました。これは、PHP 7.2で追加されたSodiumベースの暗号化ライブラリに対する下位互換性を提供します。 (#45806)
  • ダッシュアイコンの新しいリリースがあります。WordPress ダッシュボードアイコンフォントです。利用できる新しい25のアイコンがあります! (#41074)
  • アクセシビリティを向上させるために get_search_form() にラベルを渡せるようになりました 。(#42057)

WordPress 5.2ではこれまでに130個のチケットがクローズされ、WordPress の操作性を円滑にするための多数の小さなバグ修正と改良が行われています。

5.2 について開発者が知っておくべきその他の変更の詳細については、今後の数週間 Make WordPress Core ブログ (dev-notes タグがついています) をチェックしてみてください。

協力するには

英語以外の言語を話す方は、WordPress を100言語以上に翻訳するのにご協力ください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア(日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています。もし再現可能なバグ報告を書ける場合は WordPress Trac に報告してください。既知のバグ一覧はこちらで見ることができます。


With each new release,
bearing multiple betas;
We fix, then we fly.

PHP 最低必須バージョンの変更

以下は、Aaron Jorbin が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Minimum PHP Version update」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


今月末に WordPress 5.2 のリリースを予定していますが、それと同時に PHP の最低必須バージョンを更新します。WordPress には、PHP 5.6.20 以降が必須となります。

WordPress 5.1 から、PHP バージョン 5.6 以下を使っているユーザーの方にはダッシュボードに PHP の更新を助ける情報を含む通知が表示されています。以来、WordPress 統計情報で、より新しいバージョンの PHP を利用するユーザーの増加が確認できるようになりました。

古すぎるバージョンの PHP を使っているユーザーに表示される通知

PHP をアップグレードすべき理由

お使いのサーバーでサポート対象外バージョンの PHP が稼働している場合、 WordPress 更新ツールは WordPress 5.2 をサイトに提供しません。WordPress を手動で更新しようとした場合、作業は失敗するでしょう。最新の WordPress 機能を使い続けたい場合は PHP をより新しいバージョンにアップグレードする必要があります。

PHP を新しいバージョンにアップグレードする際、WordPress としては推奨バージョンである PHP 7.3 への更新をおすすめしています。PHP internals チームは、最新バージョンがこれまで最速となるようすばらしい努力を重ねてきています。これはつまり、アップグレードを行うことでサイト運営者・訪問者の両方に対してサイトのスピードを改善できるということです。

このパフォーマンス強化はまた、サイトのホスティングに必要なサーバーの数を減らせるということも意味しています。PHP をアップグレードすることは、サイト運営者であるあなたに朗報なだけではなく、Web 上のサイトの1/3を占める WordPress がこれまでよりも少ない電力を要するため、地球にも優しいということでもあります。

PHP のアップグレード方法

新バージョンの PHP にアップグレードするために手助けが必要な方は、詳しいドキュメンテーションを利用できます。リンク先のページには、ホスティングサービス (レンタルサーバーなど) へサポートを依頼するために送るメッセージのサンプルも含まれます。多くのホスティングサービスも、各自に特化した PHP をアップグレードする方法についての情報を公開しています。

現在は PHP 5.6、近々 PHP 7 以降へ

今回、2010年以来初めて WordPress の PHP 必須バージョンを上げることになりますが、これが2019年最後の変更とはならないかもしれません。WordPress コアチームは、年末に PHP 7 以降を最低必須バージョンにすることも視野に入れつつ、最新バージョンの PHP がどれくらい採用されているかを観察していく予定です。

PHP のバージョンアップをして、今後 WordPress のバージョンを更新できるように備えましょう !

WordPress 5.1 リリース候補2

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.1 RC2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.1 の2つ目のリリース候補版がご利用いただけるようになりました。

WordPress 5.1は2月21日 (木) にリリース予定ですが、そのためには皆さんの手助けが必要です。まだバージョン5.1 を試していないなら、今がその時です。

WordPress 5.1リリース候補版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグインを使うか (「最新版ナイトリービルド」を選択)、ここから RC 版 (zip) をダウンロードしてください。

WordPress 5.1 での変更について詳しくは、最初のリリース候補版の投稿をご覧ください。

このリリースには、最終的な「WordPress について」のページデザインが含まれます。また、以下の修正も含みます。

  • 新規 WordPress インストールがデータベース接頭辞を正しく設定しない問題 (#46220)。
  • ブラウザーの開発者ツールを開く際に発生する HTTP エラー (#46218)。
  • レガシーなメディアダイアログにおけるページ送りリンクの誤ったスタイル (#41858)。
  • Ajax を通して読み込まれたコメントで「返信」をクリックした際にコメントフォームが読み込まれない問題 (#46260)。

プラグイン・テーマ開発者の方へ

WordPress 5.1 でプラグインとテーマをテストし、readme ファイルの「検証済み最新バージョン」を 5.1 に更新してください。互換性の問題を発見した場合は、最終リリース前に解決できるようにサポートフォーラム (英語版) に投稿してください。

大きな変更の詳細に触れた、開発者向けの5.1フィールドガイドも公開しています。

協力するには

英語以外の言語を話す方は、WordPress を100言語以上に翻訳するのにご協力ください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています。もし再現可能なバグ報告を書ける場合は WordPress Trac に報告してください。既知のバグ一覧はこちらで見ることができます。


WordPress Five Point One:
It’s so slick, shiny, and new.
Lands in a few days!

WordPress 5.1リリース候補

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.1 Release Candidate」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.1 の最初のリリース候補版がご利用いただけるようになりました。

これは、WordPress 5.1 のリリースが近づいている今、重要なマイルストーンです。「リリース候補版」とは、新しいバージョンをリリースする準備はできたものの、多くのユーザーと数千個のプラグイン・テーマが存在するため、何か足りないものがある可能性もあるということを意味しています。WordPress 5.1は2月21日 (木) にリリース予定ですが、そのためには皆さんの手助けが必要です。まだバージョン5.1 を試していないなら、今がその時です。

WordPress 5.1リリース候補版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグインを使うか、ここから RC 版 (zip) をダウンロードしてください。

WordPress 5.1に含まれるもの

アーチー・ベル & ザ・ドレルズにインスパイアされた WordPress の2019年のフォーカスは “tighten up (引き締めること)” で、WordPress 5.1はまさにそこに注力しました。

セキュリティとスピードを考慮して、このリリースでは WordPress 初のサイトヘルス機能を導入しています。WordPress を動かすプログラミング言語である PHP の古くなったバージョンを使っているサイトの管理者に通知を表示し始めます。

さらに、新しいプラグインをインストールする際に、WordPress のサイトヘルス機能はプラグインがサイトと互換性のないバージョンの PHP を必要としているかどうかをチェックします。そうである場合は、プラグインをインストールすることができなくなります。

新しいブロックエディターは WordPress 5.0での導入以来、改善され続けています。最も重要なこととして、WordPress 5.1はエディター内のパフォーマンスが大幅に向上しています。エディターの起動が少し早く、入力がよりスムーズに感じられるようになるでしょう。今後の WordPress のリリースではさらに多くの機能とパフォーマンスの改善が予定されており、Gutenberg プラグインで確認できます。

プラグイン・テーマ開発者の方へ

WordPress 5.1 でプラグインとテーマをテストし、readme ファイルの「検証済み最新バージョン」を 5.1 に更新してください。互換性の問題を発見した場合は、最終リリース前に解決できるようにサポートフォーラム (英語版) に投稿してください。

大きな変更の詳細に触れた、開発者向けの5.1フィールドガイドも公開しています。

協力するには

英語以外の言語を話す方は、WordPress を100言語以上に翻訳するのにご協力ください。ベータ 2 リリースが、5.1 リリースサイクルにおけるハードストリングフリーズ (文字列が確定したポイント) のタイミングとなります。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています。もし再現可能なバグ報告を書ける場合は WordPress Trac に報告してください。既知のバグ一覧はこちらで見ることができます。


This is my release
candidate. There are many
like it. This is mine.