WordPress 5.0 ベータ 2

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.0 Beta 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.0 ベータ 2 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.0 ベータ版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択 ) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 5.0 は11月19日のリリースを予定しており、手助けを必要としています。ベータ 1から修正した大項目がこちらになります。

ブロックエディター

プラグインのブロックエディターを最新バージョンに更新しました。こちらには新しい Format API、embed の改善、様々なバグの修正を含んでいます。

メタボックスには少しバグがあり、ブロックエディターでまったく表示されなかったので、修正して完成させました。

国際化

JavaScript の翻訳ファイルの登録と読み込みをサポートしました。

Twenty Nineteen

Twenty Nineteen レポジトリが活動の中心地となっており、大量のマイナーバグの一掃と主要な追加は以下の通りです。

  • ページのフッターにウィジェットエリアができました。
  • モバイル端末に対してナビゲーションのサブメニューが実装されました。
  • カスタマイザーに、テーマカラーとアイキャッチ画像のフィルターを変更するオプションが追加されました。

その他のすべて

REST API にはたくさんのバグ修正とパフォーマンスの改善がされています。PHP 7.3 の互換性も向上しています。


We’re fixing the bugs:
All the ones you’ve reported.
Some that we’ve found, too.

WordPress 5.0 ベータ 1

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.0 Beta 1」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.0 ベータ 1 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。既存のテストサイトを使用する場合は、Gutenberg プラグインをバージョン4.1に更新してください。

WordPress 5.0 ベータ版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択 ) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 5.0 は11月19日のリリースを予定しており、手助けを必要としています。数週間のうちにできる限り多くのバグを見つけられるようにテストが必要な大項目がこちらになります。

ブロックエディター

新しい Gutenberg ブロックエディターはデフォルトの投稿エディターです。

ブロックエディターはモダンで、メディアを駆使した編集体験を提供します。コードを一行たりとも書くことなく、柔軟で美しいコンテンツを作ることができ、ブロックエディターが提供するモダンなプログラミング API に没頭できます。

WordPress 5.0 をインストールする前でも、こちらでブロックエディターを試すことができます。

もちろん、この変化に対する準備がまだできていないかもしれないことも認識しています。もしそうだとしたら、Classic Editor プラグインをインストールすれば、WordPress 5.0 にアップグレードした後も、慣れ親しんだエディターをデフォルトのままにすることができるでしょう。

Twenty Nineteen

ブロックエディターと一緒に、ブロックエディターの提供する新機能を活かすことができる、Twenty Nineteen と呼ばれる新しいデフォルトテーマもあります。

Twenty Nineteen については紹介記事でより詳しく知ることができ、GitHub repository で開発の過程を追うことができます。

デフォルトテーマ

もちろん、美しく新しいデフォルトテーマをリリースして、これまでの古いテーマのすべてをそのままにはできませんでした。はるか Twenty Ten まで遡り、新しいブロックエディターが似合うように、すべてのデフォルトテーマを更新しました。

手助けするには

英語以外の言語を話せますか ? WordPress を100以上の言語に翻訳するお手伝いをしてください。 既知の問題: ブロックが非ラテン文字を含む場合に、ブロックオートコンプリートが失敗します。プラス記号でブロックを追加すればうまくいき、このバグは Gutenberg 4.1 プラグインで修正されます。 🙂

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧も見ることができます。


Minor bug fixes
Add up one by one by one
Then you change the world

WordPress 4.9 リリース候補 2

以下は、Weston Ruter が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.9 Release Candidate 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9 の2つ目のリリース候補 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

リリース候補 (RC) とは、ほぼ完成ということを意味していますが、数千万人のユーザーや数千個のプラグインやテーマが存在するため何か見落としているということもありえます。WordPress 4.9 を11月14日 (火) (今からちょうど1週間ほど) にリリースしたいと思っていますが、そのためにはあなたのヘルプが必要です。まだ 4.9 をテストしていないのなら、今がその時です。

WordPress 4.9 をテストするには WordPress Beta Tester プラグインを使うか、ここから RC 版 (zip) をダウンロードしてください。

先週 リリース候補 1 をリリースして以来、20ちょっとの変更を加えました。4.9 の変更点について詳しくは、ベータ 1ベータ 2ベータ 3ベータ 4リリース候補 1 のブログ投稿をお読みください。リリース候補 2 で特にテストしていただきたいエリアは以下です。

  • カスタマイザーのテーマインストール
  • カスタマイザーの予約公開
  • カスタマイザーテーマ切り替えのライブプレビュー

開発者の皆さん、ご自分のプラグインやテーマを WordPress 4.9 でテストし、Readme の「Tested up to」のバージョンを 4.9 に更新してください。互換性の問題を発見した場合は、私たちが最終リリースの前に解決できるようサポートフォーラムに投稿するのを忘れないで下さい。何かを壊してしまうことがないよう、私たちは懸命に努力しています。コア開発ブログ4.9 開発者ノートをまとめたフィールドガイドをぜひお読みください。

英語以外の言語をご存知でしたら、WordPress を100以上の言語に翻訳するためにご協力ください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿してみてください。皆さんからのご報告をお待ちしています。再現可能なバグレポートを書くことに抵抗がないようでしたら、WordPress Trac で報告してください。また、既知の問題はこちらで見つけられます

今週の俳句は @melchoyce によるものです。

We squashed all the bugs 🐛
But uh, if not, let us know
Also, test your stuff

WordPress の最新バージョンを引き続きテストしていただき、ありがとうございます。

WordPress 4.9 リリース候補

以下は、Mel Choyce が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.9 Release Candidate」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9 のリリース候補 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

リリース候補 (RC) とは、ほぼ完成ということを意味していますが、数千万人のユーザーや数千個のプラグインやテーマが存在するため何か見落としているということもありえます。WordPress 4.9 を11月14日 (火) にリリースしたいと思っていますが、そのためにはあなたのヘルプが必要です。まだ 4.9 をテストしていないのなら、今がその時です。

WordPress 4.9 をテストするには WordPress Beta Tester プラグインを使うか、ここから RC 版 (zip) をダウンロードしてください。

先週 ベータ 4 をリリースして以来、30近い変更を加えました。4.9 の変更点について詳しくは、ベータ 1ベータ 2ベータ 3ベータ 4 のブログ投稿をお読みください。

開発者の皆さん、ご自分のプラグインやテーマを WordPress 4.9 でテストし、Readme の「Tested up to」のバージョンを 4.9 に更新してください。互換性の問題を発見した場合は、私たちが最終リリースの前に解決できるようサポートフォーラムに投稿するのを忘れないで下さい。何かを壊してしまうことがないよう、私たちは懸命に努力しています。開発者向けの詳しいフィールドガイドは、コア開発ブログで近日中に公開予定です。それまでは、4.9 の開発者ノートをお読みください。

英語以外の言語をご存知でしたら、WordPress を100以上の言語に翻訳するためにご協力ください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿してみてください。皆さんからのご報告をお待ちしています。再現可能なバグレポートを書くことに抵抗がないようでしたら、WordPress Trac で報告してください。また、既知の問題はこちらで見つけられます

今週の俳句は @pento によるものです。

this is halloween 🎃
scary, spooky, candy day 👻
rc1 is sweet 🍬

WordPress の最新バージョンを引き続きテストしていただき、ありがとうございます。

WordPress 4.9 ベータ 4

以下は、Mel Choyce が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.9 Beta 4」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9 ベータ 4 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。WordPress 4.9 をテストするには、WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

バージョン 4.9 の変更点について詳しくは、ベータ 1 のブログ記事をご覧ください。ベータ 1 以来、ベータ 2 では、70個の変更を、ベータ 3 では、92個の変更を加えました。ベータ 4 では、バグ修正と新機能の仕上げを中心に80個の変更を加えました。

英語以外の言語をご存知でしたら、WordPress を100以上の言語に翻訳するためにご協力ください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿してみてください。皆さんからのご報告をお待ちしています。再現可能なバグレポートを書くことに抵抗がないようでしたら、WordPress Trac で報告してください。また、既知の問題はこちらで見つけられます

Beta 4 at last,
RC 1 draws ever near.
Let’s make it bug-free.🐛🚫

WordPress 4.9 ベータ 3

以下は、Weston Ruter が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.9 Beta 3」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9 ベータ 3 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。WordPress 4.9 をテストするには、WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

バージョン 4.9 の変更点について詳しくは、ベータ 1 のブログ記事をご覧ください。ベータ 1 以来、ベータ 2 では、70個の変更を、ベータ 3 では、92個の変更を加えました。特筆すべき新しい変更は次となります。

  • プラグイン/テーマエディターのファイル表示がスクロール・開閉可能なツリー形式になりました。#24048
  • 2.2 から 4.2 にアップグレードされた MediaElement.js の後方互換性が改善されました。#42189
  • カスタマイザーでポストスタブ(ナビゲーションメニュー項目、ホームページ、投稿ページなど)を作成し、予約公開、または、下書きとして保存する時、これらのカスタマイザーで作成されたポストは、管理画面では「カスタマイズの下書き」と表示され、公開前、また、自動公開前に編集することができます。#42220
  • Safari におけるいくつかの問題を残し、カスタマイザーのテーマ検索とインストールのバグ修正 (#42215#42212) が行われました。
  • Gutenberg インストール有効化のコールアウトがダッシュボードに追加されました。#41316
  • カスタマイザーのメニューのユーザビリティが改善されました。#36279#42114

英語以外の言語をご存知でしたら、WordPress を100以上の言語に翻訳するためにご協力ください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿してみてください。皆さんからのご報告をお待ちしています。再現可能なバグレポートを書くことに抵抗がないようでしたら、WordPress Trac で報告してください。また、既知の問題はこちらで見つけられます

Many refinements
Exist within this release;
Can you find them all?

WordPress 4.9 ベータ 2

以下は、Mel Choyce が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.9 Beta 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9 ベータ 2 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。WordPress 4.9 をテストするには、WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

バージョン 4.9 の変更点について詳しくは、ベータ 1 のブログ記事をご覧ください。ベータ 2 では70個の変更を加えました。

英語以外の言語をご存知でしたら、WordPress を100以上の言語に翻訳するためにご協力ください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿してみてください。皆さんからのご報告をお待ちしています。再現可能なバグレポートを書くことに抵抗がないようでしたら、WordPress Trac で報告してください。また、既知の問題はこちらで見つけられます

Let’s test all of these:
code editing, theme switches,
widgets, scheduling.

WordPress 4.9 ベータ 1

以下は、Jeffrey Paul が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.9 Beta 1」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9 ベータ 1 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。WordPress 4.9 をテストするには、WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 4.9 は11月14日にリリースされる予定ですが、そのためには皆さんの協力が必要です。私たちはサイトのカスタマイズが更に簡単に行えるよう作業をしてきました。今後の数週間、皆さんにテストしていただき、できる限り多くのバグを見つけておきたい項目は次となります。

  • カスタマイザー変更の下書き保存 (#39896) と予約保存 (#28721)。チェンジセットの保存、もしくは、予約保存を行うと、ユーザーがカスタマイザーを開いた時に、保留されている変更点が読み込まれます。変更点を破棄し最終公開状態にリストアするためのボタンが提供されます(チェンジセットの新しい「リニアモード」。これに対し、フィルターで有効化される「ブランチモード」では、ユーザーがカスタマイザーを開く度に新規の空のチェンジセットから始まります。)。
  • ログインしていなくても変更点がフロントエンドで閲覧できるフロントエンドプレビューリンクをカスタマイザーに追加 (#39896)。
  • 自動保存リビジョンをカスタマイザーに追加 (#39275)。
  • 新しいテーマ検索機能をカスタマイザーに追加 (#37661)。
  • 4.8 のメディア、画像のウィジェットに続き、ギャラリーウィジェットを追加 (#41914)。
  • テキストウィジェットでショートコードをサポート (#10457)。
  • テキストウィジェットでメディアの追加をサポート (#40854)。
  • テキストウィジェット含む、投稿コンテンツ外での oEmbeds のサポート(#34115).
  • 動画ウィジェットで YouTube、Vimeo 以外のプロバイダーの動画をサポート (#42039)
  • カスタマイザーにおける新規メニュー作成フローの改善 (#40104).
  • テーマ変更時のメニューとウィジェットマッピングの改善 (#39692).
  • プラグイン個別の有効化・無効化権限 (#38652)。
  • エラー発生時に勝手に無効化されることのない、プラグインとテーマ PHP ファイル編集のサンドボックス化。PHP の編集が致命的なエラーを起こした場合、ロールバックして、ユーザーにエラー修正と再保存の機会を与えます (#21622)。
  • 管理画面でウィジェットが正しく保存された時はその旨を、変更が保存されていない状態で画面移動しようとした時は確認ダイアログを表示 (#23120, #41610)。

以下、いつも通り開発者にとってエキサイティングな変更も用意されています。

  • CodeMirror エディターが、テーマ・プラグインエディター、カスタマイザーのカスタム CSS、カスタム HTML ウィジェットに追加されました。機能の統合には、保存前にエラーを捕捉するリンター、プラグインでエディターをインスタンス化できる新しい API も含まれています (#12423)。
  • カスタマイザーに CodeMirror インスタンスを加えて拡張可能なコードエディターコントロールを追加 (#41897)。
  • カスタマイザーに、グローバルな通知エリア (#35210)、パネルとセクションの通知機能 (#38794)、全画面オーバーレイ通知機能 (#37727) を追加。
  • カスタマイザーの日時コントロール修正 (#42022)。
  • カスタマイザー JavaScript API ユーザビリティの改善 (#42083, #37964, #36167)。
  • カスタマイザー基本コントロールにコントロールテンプレート機能を追加 (#30738)。
  • tax クエリーの変換時に WP_Term_Query を使用 (#37038)。
  • データベース: MySQL サーバーの IPv6 ホスト接続サポートを追加 (#41722)。
  • Emoji: PHP の Twemoji 互換修正 (#35293)。RSS フィード、メールでの emoji テスト。
  • I18N: Plural_Forms クラスを追加 (#41562)。
  • メディア: MediaElement.js を 4.2.5-74e01a40 にアップグレード (#39686)。
  • メディア: デフォルトのキャプションで max-width を使用 (#33981)。デフォルトテーマでは問題はありませんが、この変更が他の既存テーマで予期せぬ問題を招かないか確認する必要があります。
  • メディア: カスタマイザーで重複したカスタムヘッダーの切り詰めを軽減 (#21819)。
  • メディア: 動画作成日時をメタデータに保存 (#35218)。様々な種類の動画でのテストにご協力ください。
  • マルチサイト: get_site_by() の追加 (#40180)。
  • マルチサイト: get_site_by() を使用することで get_blog_details() を改善 (#40228)。
  • マルチサイト: サイト切り替え時の権限グループの初期化を改善 (#38645)。
  • マルチサイト: 異なるサイトでのユーザー権限グループの初期化が不正確であった問題の修正 (#36961)。
  • REST API: セッティングとメタで複雑なデータ構造の登録をサポート。
  • REST API: スキーマ検証と無害化でオブジェクトをサポート (#38583)。
  • 権限グループ: 言語ファイルのインストールと更新のための権限を追加 (#39677)。
  • SWFUpload を削除 (#41752)。
  • ユーザー: メールアドレスの変更にメールでの確認リンクのクリックを要求 (#16470)。
  • コアとユニットテストは PHP 7.2 に完全互換となりました。

4.9 に含まれる主要な変更がどんなものか詳しく知りたい方は、4.9 タグのついた開発ブログの投稿を読んでみてください。または、すべての変更箇所のリストを参照してください。開発者からの情報はこれからもやって来ますので目を離さないでいてください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧も見ることができます。

Happy testing!

Without your testing,
we might hurt the internet.
Please help us find bugs.🐛

WordPress 4.8.2 セキュリティ及びメンテナンスリリース

以下は、Aaron D. Campbell が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.8.2 Security and Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.8.2 が利用可能になりました。これは以前のすべてのバージョンに対するセキュリティリリースですので、直ちにアップデートすることを強くおすすめします。

バージョン4.8.1以前では以下のセキュリティ問題があります:

  1. $wpdb->prepare() が潜在的なSQLインジェクションを引き起こす予想外の安全ではないクエリを作成する可能性があります。WordPressコアは直接的にはこの問題の影響を受けませんが、プラグインやテーマが間違って脆弱性を生み出すことを防ぐための強化措置を追加しました。Slavcoによって報告されました。
  2. クロスサイトスクリプティングの脆弱性がoEmbed検知で見つかりました。WordPressセキュリティチームの xknown によって報告されました。
  3. クロスサイトスクリプティングの脆弱性がビジュアルエディタに見つかりました。Sucuri SecurityのRodolfo Assis (@brutelogic)によって報告されました。
  4. ファイルのzip展開コードにディレクトリトラバーサルの脆弱性が見つかりました。Alex Chapman (noxrnet)によって報告されました。
  5. クロスサイトスクリプティングの脆弱性がプラグインエディタに見つかりました。陈瑞琦 (Chen Ruiqi)によって報告されました。
  6. オープンリダイレクトがユーザとタームの編集画面に見つかりました。 Yasin Soliman (ysx)によって報告されました。
  7. カスタマイザーにディレクトリトラバーサルの脆弱性が見つかりました。WordPressセキュリティチームの Weston Ruter によって報告されました。
  8. クロスサイトスクリプティングの脆弱性がテンプレート名に見つかりました。 Luka (sikic)によって報告されました。
  9. クロスサイトスクリプティングの脆弱性がリンクモーダルに見つかりました。Anas Roubi (qasuar) によって報告されました。

適切なプロセスに則った報告に感謝します。

上記セキュリティ問題に加え、WordPress 4.8.2では4.8リリースシリーズに対して6件の修正を含んでいます。詳細はリリースノート、もしくは変更点リストを参照してください。

4.8.2をダウンロードするか、ダッシュボードの更新で「更新する」をクリックしてください。自動バックグラウンド更新をサポートしているサイトではすでにWordPress4.8.2への更新のプロセスが進んでいるはずです。

4.8.2に貢献してくださったすべての方に感謝します。

SSL への移行

以下は、Matt Mullenweg が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Moving Toward SSL」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


私たちは今、大きな岐路に立っています。2017年には、WordPress がホスト上で HTTPS を利用できるようにする機能を実装する年になるでしょう。よりスムーズなユーザーエクスペリエンスを実現するためには JavaScript が必要不可欠であることと同じく、パフォーマンスや SSL にはよりモダンな PHP バージョンは重要です。

SSL とは基本的に、ブラウザとサーバー間の接続が暗号化されていることを意味します。 SSL は以前は実装が難しく、高価だったり遅かったりすることがよくありました。モダンブラウザと、Let’s Encrypt のようなプロジェクトの驚くべき成功は、サイトを保護するための証明書を取得することをすばやく、無料にしてくれました。私たちは、これはすべてのホストがデフォルトでサポートしなければならないものだと考えています。「スノーデン以後」の時代ではなおさらです。また、Google は検索エンジンのランキング要素として SSL を重要視しており、暗号化されていないサイトに対して Chrome で警告を発し始めるでしょう。

まず、2017年初頭に、アカウントでデフォルトで SSL 証明書を提供するホスティングパートナーのみを奨励・宣伝するようにします。その後、どの機能が SSL の恩恵を最大限に受けられるのか評価を始め (例: API 認証)、SSL が存在する場合にのみそれらを有効にするようにします。

これとは別に、PHP7 のパフォーマンスの向上は非常にすばらしいと考えています。新バージョンの実現に向けて協力した皆さんに拍手を送ります。私たちは、ホストが来年作成する新規アカウントに PHP7 をデフォルトで使用していくかどうかについても評価対象にしていきたいと思っています。