WordPress 4.5 リリース候補 2

以下は、Mike Schroder が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.5 RC2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.5 リリース候補の第2弾 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

リリース候補 1 をリリースして以来、91個の変更を加えました。

リリース候補 (RC) とは「私達としては完成していると思うが、数千万人のユーザーと数千個のプラグインやテーマが存在している以上、何かを見逃している可能性がある」ということを意味しています。WordPress 4.5 を4月12日 (火)にリリースしたいと思っていますが、そのためにはみなさんの助けが必要です。

まだバージョン 4.5 をテストしていない方には、今がチャンスです。

バグを見つけたと思った場合はサポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。既知のバグはこちらで確認できます。

WordPress 4.5 をテストするには、WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

4.5 の新機能については、ベータ 1ベータ 2ベータ 3ベータ 4 のブログ記事をご覧ください。

開発者の皆さんへ。ご自分のプラグインやテーマを WordPress 4.5 でテストし、来週になる前にプラグインの Readme 内で Tested up to (最新の対応バージョン) を 4.5 に更新してください。皆さんが互換性の問題を発見した場合、何も壊したくはないので、最終リリースの前に問題を解決できるようサポートフォーラムに投稿してください。

翻訳者の皆さん、About ページを含め文字列は完全にフリーズされました。ぜひ翻訳を進めてください。

リリース候補 1 以降の注意すべき変更は以下のとおりです。

  • REST API インフラストラクチャー内でデータのエスケープを正規化。REST API インフラをお使いの場合は、この変更についての記事をご覧ください
  • ウィジェットインスタンスのカスタマイザー設定が、ウィジェットインスタンス自体の登録より少し後に登録されるように修正。詳細は #36431 を参照。
  • カスタムロゴ機能と Twenty Fifteen / Twenty Sixteen での画像切り抜きに関する各種の問題を修正。

コア開発ブログをフォローするのをお忘れなく。4.5 リリース向けの「フィールドガイド」もご用意しています。

It’s great fun to test
Enjoyment in another
Release Candidate

コントリビューターウィークエンド: Global WordPress Translation Day

以下は、Josepha が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「Contributor Weekend: Global WordPress Translation Day」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください

国内でもオンラインイベント、オフラインイベント (東京、京都、男木島、福岡)が開催される予定です。イベント開催または参加をご希望の方は、WordBench.org の記事で詳細をご覧ください。


Global WordPress Translation Day (世界的 WordPress 翻訳の日)  は、WordPress プロジェクトの Polyglots チームが運営するコントリビューター・イニシアチブです。この一日は、WordPress を現在使える160言語のうちのいずれかに翻訳したいという新しいコントリビューターの手助けをするために設けられました。

Global WordPress Translation Day

Global WordPress Translation Day は、4月24日 (日) の 0:00 UTC (協定世界時、日本時間で同日の午前9時) にスタートし、すべてのタイムゾーンをカバーするため24時間続きます。

何をするのですか ?

  • ライブトレーニング: 24時間、ライブストリームでチュートリアルを開催します。さまざまな言語で、WordPress の翻訳やコードを翻訳可能にする方法などについて話します (30分〜1時間。一般的な方法や、その言語特有の指示など) 。国際化のセッションは英語で行われます。セッションは、WordPress の翻訳や国際化のエキスパートが担当します。スケジュールはサイトでご確認ください。
  • ローカル開催のオフライン翻訳コントリビューターデイ: コントリビューターが各地に集まり、顔を合わせて翻訳を行います。
  • ローカル開催のオンライン翻訳コントリビューターデイ: 一定の時間、オンラインで翻訳チームが新しいコントリビューターのオリエンテーションをしたり、文字列の翻訳を行います。

もし地域で勉強会を開いている方は、コントリビューターデイを開催してみませんか。

このイニシアチブについて詳しく読み、イベント運営者として登録しましょう (訳注: 日本でのイベント開催をご希望の方は、前述の WordBench.org の記事もご覧ください)。

英語しか話せなくても参加できますか ?

英語だけしか話せなくても、イギリス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカなどの異なるロケールもあります。 英語には世界中にたくさんの変化形があり、これらについて理解し、ユーザーにとってオプションを選択することがなぜ重症なのかをライブセッションで学ぶこともできます。

質問がある場合

Polyglots チームとイベント運営者が 英語版 Slack の #Polyglots チャンネルにいます。みんな、親切に助けてくれるはずです (訳注: 日本語版コミュニティの WordSlack #translate チャンネルもご利用ください) 。

WordPress 4.5 リリース候補

以下は、Mike Schroder が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.5 Release Candidate」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.5 リリース候補 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

1週間前にベータ 4 をリリースして以来、49個の変更を加えました。リリース候補 (RC) とは「私達としては完成していると思うが、数千万人のユーザーと数千個のプラグインやテーマが存在している以上、何かを見逃している可能性がある」ということを意味しています。WordPress 4.5 を4月12日 (火)にリリースしたいと思っていますが、そのためにはみなさんの助けが必要です。

まだバージョン 4.5 をテストしていない方には、今がチャンスです。

バグを見つけたと思った場合はサポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。

WordPress 4.5 をテストするには、WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

4.5 の新機能については、ベータ 1ベータ 2ベータ 3ベータ 4 のブログ記事をご覧ください。

開発者の皆さんへ。ご自分のプラグインやテーマを WordPress 4.5 でテストし、来週になる前にプラグインの Readme 内で Tested up to (最新の対応バージョン) を 4.5 に更新してください。皆さんが互換性の問題を発見した場合、何も壊したくはないので、最終リリースの前に問題を解決できるようサポートフォーラムに投稿してください。

開発ブログをフォローするのをお忘れなく。ここで、引き続き 4.5 向けの開発者向けノートを公開していっています。

Free as in Freedom
It is WordPress 4.5
Also free as in beer

WordPress 4.5 ベータ 4

以下は、Mike Schroder が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.5 Beta 4」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.5 ベータ 4 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。WordPress 4.5 をテストするには、WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

4.5 の新機能については、ベータ 1ベータ 2ベータ 3 のブログ記事、さらに make/core 上の詳しいフィールドガイドをご覧ください。これは WordPress 4.5 向けに計画されたベータの最後のバージョンで、来週リリース候補版を予定しています。

ベータ 4 に含まれる修正の一部は以下のとおりです。

  • Twitter のモーメントおよびタイムラインからの埋め込みに対応 (#36197) 。
  • Imagick 使用の HHVM への対応を改善するためのさらなる変更。HHVM 環境での画像リサイズ、回転をテストしてください (#35973) 。
  • インラインリンク機能の微調整 (#33301#30468) 。
  • スペース無しで3個以上のダッシュ記号 (---) をつなげた場合 <hr> に変換するエディターショートカットに対応。ユーザーに対する最善のショートカットを検討する時間を確保するため、太字および斜体のテキストパターンは削除され、4.5 には含まれなくなりました (#33300) 。
  • SSL 環境でのレスポンシブ画像向けの修正。SSL (特に http/https 混合環境) のテストをお願いします (#34945) 。
  • 入れ子になっている IIS での WordPress インストールにおいてのリライトルールの動作を許可 (#35558) 。
  • 各種バグ修正。先週の間に約100件の変更を行いました。

バグを見つけたと思った場合はサポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧も見ることができます。

Happy testing!

Llegamos al fin
del tiempo pa’ beta
¡Pruébalo Ahora!

WordPress 4.5 ベータ 3

以下は、Mike Schroder が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.5 Beta 3」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.5 ベータ 3 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。WordPress 4.5 をテストするには、WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

4.5 の新機能については、ベータ 1ベータ 2 のブログ記事、さらに make/core 上の詳しいフィールドガイドをご覧ください。ベータ 3 に含まれる修正の一部は以下のとおりです。

  • 多数のテーマロゴサポート (#33755) に関する修正。同梱の Twenty Fifteen 対応 (#35944) など。
  • テーマインストールプレビューツールへのレスポンシブプレビュー追加 (#36017) 。
  • HHVM での Imagick サポート (#35973) 。
  • strip_meta() によって作成者、著作権、ライセンス、画像方向情報が失われないよう、IPTC、XMP、EXIF プロフィールをホワイトリストに追加 (#28634) 。
  • wp_normalize_path() での Windows シェア/DFS ルートサポート追加 (#35996) 。
  • 新規インストールがデフォルトで、WordPress.org API に依存せずシークレットキーと salt をローカルで生成するよう変更。 インターネットに接続できない環境での WordPress のインストールをぜひテストしてください (例えば 🛳✈️🛰) (#35290) 。
  • REST API への OPTIONS  リクエストが Allow header を返すように変更 (#35975) 。
  • twemoji.js をバージョン 2 に更新 (#36059) し、IE11 での絵文字互換を追加 (#35977) 。
  • 各種バグ修正。先週の間に100件以上の変更を行いました。

バグを見つけたと思った場合はサポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧も見ることができます。

Happy testing!

Beta one, two, three
so many bugs have been fixed
Closer now; four, five.

WordPress 4.5 ベータ 2

以下は、Mike Schroder が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.5 Beta 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.5 ベータ 2 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。WordPress 4.5 をテストするには、WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

4.5 の新機能については、ベータ 1 のブログ記事をご覧ください。

バグを見つけたと思った場合はサポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧も見ることができます。

Happy testing!

It’s peer pressure time
Testing: all cool kids do it
Help find ALL the bugs!

コントリビューターウィークエンド: 1時間動画チャレンジ

以下は、Jen が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Contributor Weekend: One-Hour Video」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


2回目の世界的コントリビューターウィークエンドの時がやってきました。今回は動画チームにフォーカスをあてることにしました。今月のチャレンジは2回めということで2つの参加オプションを用意しました。チャレンジの概要は (動画の長さが合計) 1時間以上の WordCamp 動画に対して作業を行うということです。字幕をつけるか、動画ファイルを編集してWordPress.tv にアップロードできるよう準備することができます。

動画チームへの貢献のすばらしい点の一つは、すべての作業が WordCamp のプレゼン動画の視聴を含むため多くを学ぶことができるということです。字幕付けの重要なニーズは2つあり、すべての WordCamp 動画を聴覚に問題がある方や音声トラックを聞くことができない方に対してアクセシブルにすることと、他の言語を話す方が (一部のケースでは字幕翻訳後に) 動画を視聴できるようにすることです。

このチャレンジは2016年2月27日 (土) から28日 (日) にかけて行われ、その後動画チームのメンバーによりレビューされます。このチャレンジを楽しんでいただけた場合は、ぜひ動画チームに参加してください。参加方法はこちらです

先月の取り組み

1月には初めてのコントリビューターウィークエンドを行い、サポートフォーラムにフォーカスしました。このチャレンジには73人の方が参加し、そのうち10人が20以上の正しい回答を未解決のサポートスレッドに投稿しました。チャレンジを通過した10名の方は以下のとおりです。Harris Anastasiadis、Ahmad Awais、Takis Bouyouris、Phil Erb、Eric Gunawan、Jackie McBride、Diana Nichols、Kostas Nicolacopoulos、Juhi Saxena、Sarah Semark。これらの皆さん、そして参加したすべての皆さん、ご協力本当にありがとうございました。ひとつひとつの回答が誰かの手助けになります。このコントリビューターウィークエンドの期間中、すばらしいボランティアの方々が800件のサポートスレッドに回答をし、サポートフォーラムの「未返信」ページは28ページから7ページに縮小しました。これは、すべての参加者がその一部となった驚くべき成功だと思います。

ということで、今週末の1時間動画チャレンジへの参加方法をご覧いただき、来月の投稿でまた素敵なご報告ができるようぜひ協力してください🙂

WordPress 4.5 ベータ 1

以下は、Mike Schroder が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.5 Beta 1」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.5 ベータ 1 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。WordPress 4.5 をテストするには、WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 4.5 は4月12日にリリースされる予定ですが、そのためには以下に挙げた作業中の内容を皆さんの協力によりテストしていただくことが必要になります。

  • カスタマイザー内でのサイトのレスポンシブ・プレビュー(#31195) – モバイル、タブレット、デスクトップのコンテキストでサイトがどのように表示されるか、外観に変更を加える前に確認できます。
  • テーマロゴサポート (#33755) – カスタマイザー内でのテーマロゴへのネイティブサポート。
  • インラインリンク編集 (#33301) – ビジュアルエディター内でリンクをインライン編集することでよりスムーズなワークフローを実現。
  • エディターショートカット追加 (#33300) – code 用の `..` や 太字用の **..** といった数個の新しいショートカットを含めます
  • コメント承認の改善 (#34133) – レンダリングされたフォーマットのプレビューを含む、コメントを承認する際のエクスペリエンスを改善。
  • 画像生成の最適化 (#33642) – 画像サイズをより効率的に生成し、Imagick でのカラープロファイルを保持しつつ不要なメタ情報を削除することで、見た目の品質をほぼ保持しつつサイズを最大50%削減。

また、開発者の方に詳しく見ていただける変更もあります。

  • 選択的再読み込み (#27355) – カスタマイザープレビューの一部をリアルタイムで行うための包括的なフレームワーク。テーマとプラグイン作者には、特にこの選択的再読み込み対してウィジェットのテストを行うことをおすすめします。また、これは最終的に 4.5 ではオプトインの機能になる可能性があることもお伝えしておきます。
  • Backbone と Underscore を最新版に更新 (#34350) – Backbone は 1.1.2 から 1.2.3 に、Underscore は 1.6.0 から 1.8.3 に更新されました。重要な変更についてはこちらの投稿をご覧ください。
  • 埋め込みテンプレート (#34561) – 埋め込みテンプレートは複数のパーツに分割され、テンプレート階層を使ってテーマが直接上書きできるようになりました。
  • 新しい WP_Site クラス (#32450) – マルチサイトを管理する際の、よりオブジェクト指向に寄ったアプローチ。
  • スクリプトローダー (#14853#35873) – インライン JavaScrpit を含めるための wp_add_inline_script() を導入。これは、CSS での wp_add_inline_style() の動作に似ており、スクリプトのヘッダー・フッター依存に対するサポートを改善します。

4.5 に含まれる主要な変更がどんなものか詳しく知りたい方は、4.5 タグのついた開発ブログの投稿を読んでみてください。またはすべての変更箇所のリストを参照してください。

バグを見つけたと思った場合はサポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧も見ることができます。

Happy testing!

A wonderful day
is one that brings new WordPress
Four Five Beta One

WordPress 4.4.2 セキュリティとメンテナンスのリリース

以下は、Samuel Sidler が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.4.2 Security and Maintenance Release」を訳したものです。

WordPress 4.4.2 日本語版は、こちらからダウンロードいただけます。

誤字脱字誤訳等ありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.4.2 が利用可能になりました。これは以前のすべてのバージョンに対するセキュリティリリースですので、ただちにサイトを更新されることを強くおすすめします。

WordPress 4.4.1 以前のバージョンは以下の2つの問題の影響を受けます: Ronni Skansing の報告による、あるローカルの URI に対する、サーバーサイドリクエストフォージェリの脆弱性と、Shailesh Sutharの報告による、オープンリダイレクト攻撃です。

責任をもって公表してくれた二人の報告者に感謝いたします。

上記のセキュリティの問題に加えて、WordPress 4.4.2 では、4.4 と 4.4.1 から 17個のバグが修正されています。詳細な情報はリリースノート変更の一覧をご確認ください。

WordPress 4.4.2 をダウンロードするか、ダッシュボード → 更新に進み、「今すぐ更新」をクリックしてください。自動バックグラウンド更新をサポートしているサイトでは既に WordPress 4.4.2 への更新が始まっています。

4.4.2 に貢献いただいた皆様に感謝いたします。

Andrea Fercia, berengerzyla, Boone Gorges, Chandra Patel, Chris Christoff, Dion Hulse, Dominik Schilling, firebird75, Ivan Kristianto, Jennifer M. Dodd, salvoaranzulla

コントリビューターウィークエンド: サポートフォーラム

以下は、 Jen が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Contributor Weekend: Support Forums」を訳したものです。

訳注: 現在のところ、この週末に日本語フォーラム独自の活動を行う予定はありませんが、ボランティア回答者としての協力をしてみたい方はぜひ日本語版ドキュメンテーションもご覧ください。

1月29日編集: WordPress 日本語コミュニティにおける非公式な取り組みとして、日本語 Slack チャットでのフォーラムボランティアによる質問受け付けなどが行われます。詳細は、Okamoto Hidetaka さんによるこちらのフォーラム投稿をご覧ください。


WordPress 初の世界的コントリビューターウィークエンドを来週末 (1月30日〜31日) に行います。皆さんにぜひ参加していただきたいと思っています。

現在活動中のコントリビューターの多くは、WordCamp におけるコントリビューターデイや地元の WordPress Meetup (訳注: 日本での WordBench などのコミュニティ勉強会にあたるもの) イベントで WordPress への貢献・参加をスタートしました。しかし、そのような機会が今までになかった人もいるため、似たようなリアルタイムのサポートや集団力学を提供できるオンラインの経験を作ろうと考えました。1日だけのイベントではなく週末を通して「チャレンジ」と称した作業を行うことで、世界中の WordPress ユーザーが煩わしい時差に悩まされることなく参加できるようになっています。各チャレンジは、対面式のコントリビューターデイと同様に、数時間で完了できるように設計されています。

初開催のコントリビューターウィークエンドはサポートチームにフォーカスします。サポートチームは、サポートフォーラム (日本語版) や IRC でボランティアとして時間を費やし、WordPress の質問に回答して他のユーザーに手を貸している人たちです。2日の間、フォーラムモデレーターはオンラインで新しいコントリビューターを助け、必要に応じて質問に答えます。今月のチャレンジは「20個の質問」というもので、(挑戦することを選んだ場合の) ミッションは、週末の間にフォーラムで20個のサポート質問に回答して WordPress ユーザーを助けてあげることです。

1人で参加することもできますし、地元の勉強会などで一緒に参加することを見つけてもよいでしょう。オフラインで一緒に作業をするのは楽しいので、できれば誰かを集まれる人たちを探してみるのをおすすめします。実際に集まるのが難しい場合でも、オンラインで参加者とつながることができます。どちらのやり方であっても、これは WordPress プロジェクトに貢献しつつ他の人を助けることができるすばらしい機会です。

興味があるという方は、こちらで詳細をご覧ください (リンク先は英語) 。

来週お会いできるのを楽しみにしています !