WordPress 5.9.3 メンテナンスリリース

以下は、Jb Audras が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.9.3 Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.9.3 がリリースされました!

このメンテナンスリリースでは、コアに関する9つのバグフィックスとブロックエディタに関する10のバグフィックスが行われています。

WordPress 5.9.3 は、ショートサイクルのメンテナンスリリースです。次のメジャーリリースはバージョン 6.0 となる予定です。

WordPress 5.9.3 は、WordPress.org からダウンロードするか、ダッシュボード → 更新にアクセスし、「今すぐ更新」をクリックしてください。

バックグラウンドでの自動更新に対応しているサイトでは、すでに更新作業が開始されています。

詳細については、リリース候補の投稿で Trac と GitHub の両方の変更点の完全なリストを参照するか、HelpHub でバージョン 5.9.3 の変更履歴を確認してください。

感謝と称賛を !

5.9.3 のリリースは Jb Audras と George Mamadashvili によって主導されました。

また、Sergey Biryukov によるミッションコントロールに感謝します。

WordPress 5.9.3 の実現にご協力いただいたすべての方に感謝します:

Aki Hamano, Alex Stine, aliakseyenkaihar, Anton Vlasenko, binarymoon, Carlos Bravo, Colin Stewart, David Baumwald, Dion Hulse, George Mamadashvili, glendaviesnz, Greg Ziółkowski, ironprogrammer, Iulia Cazan, Jb Audras, Joe Dolson, Joen A., Jorge Costa, jsnajdr, Marius L. J., Nick Diego, Paul Biron, Peter Smits, pgpagely, Rafi Ahmed, Richard B. Kreckel, Robert Anderson, Rufus87, Sergey Biryukov, Tor-Bjorn Fjellner, Tonya Mork, Abha Thakor, Oliver Juhas, そして Weston Ruter

WordPress 5.9.2 セキュリティとメンテナンスのリリース

以下は、Jb Audras が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.9.2 Security & Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.9.2がリリースされました !

このセキュリティおよびメンテナンスリリースでは、3つのセキュリティ修正に加え、1つのバグ修正が含まれています。このリリースはセキュリティリリースですので、直ちにサイトを更新することをお勧めします。また、WordPress 3.7 以降のすべてのバージョンも更新されています。

WordPress 5.9.2 はセキュリティとメンテナンスのためのリリースです。次のメジャーリリースはバージョン6.0です。

WordPress 5.9.2 は WordPress.org からダウンロードするか、ダッシュボード > 更新 メニューで 今すぐ更新 をクリックして更新できます。

自動バックグラウンド更新がサポートされたサイトではすでに更新のプロセスが始まっているでしょう。

より詳しい情報は、Trac の変更点の完全なリストを参照するか、または 5.9.2 の HelpHub ドキュメンテーションページを確認してください。

感謝と称賛を !

5.9.2のリリースは Jb Audras がリードし、Jorge Costa がパッケージの更新、Sergey Biryukov がミッションコントロール、そして David Baumwald がバックポートコミットを担当しています。

上記のリリースメンバーに加え、WordPress 5.9.2 の実現に協力してくださったすべての方に感謝します:

Alan Jacob Mathew, Alex Concha, André, Anton Vlasenko, David Baumwald, ehtis, Jb Audras, Jorge Costa, Peter Wilson, Sergey Biryukov, Tonya Mork, そして ironprogrammer

ピアレビューをしてくれた @davidbaumwald@sergeybiryukov に感謝します。

WordPress 5.9.1 メンテナンスリリース

以下は、Jb Audras が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.9.1 Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.9.1 が利用可能になりました。

今回のメンテナンスリリースでは、コアとブロックエディタの両方で82件のバグを修正しました。

WordPress 5.9.1 は短いサイクルでのセキュリティとメンテナンスのリリースです。次のメジャーバージョンリリースは 6.0 になります。

WordPress 5.9.1 は WordPress.org からダウンロードするか、ダッシュボード > 更新 メニューで 今すぐ更新 をクリックして更新できます。

自動バックグラウンド更新がサポートされたサイトではすでに更新のプロセスが始まっているでしょう。

より詳しい情報は、リリース候補の投稿にある Trac と GitHub 上の変更点の完全なリストを参照するか、または 5.9.1 の HelpHub ドキュメンテーションページを確認してください。

感謝と称賛を

5.9.1のリリースは、Jb Audras と George Mamadashvili が担当しました。

ミッションコントロールを担当した@sergeybiryukov には特に感謝しています。

WordPress 5.9.1 のリリースにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

(翻訳者より: 日本語版では貢献者全員の名前を載せることができませんので、オリジナルの英語版リリース告知をぜひ参照してください。)

WordPress 5.9 Josephine

以下は、Matt Mullenweg が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.9 Josephine」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


Joséphine へようこそ !

5.9「Joséphine」をご紹介します。世界的に活躍したジャズシンガー、Josephine Baker にちなんで名付けられた、最も汎用性の高い WordPress の最新版がリリースされました。こちらからダウンロードするか、ご自分のダッシュボードから直接アップデートしてください。

Josephine Baker は生涯にわたって公民権運動に取り組んできましたが、ジャズバンドのさまざまな楽器が混ざり合って一つの曲になるように、すべての人が共に調和して生きることができると信じていました。お気に入りの音楽サービスのプレイリストをオンにして、「You are the greatest love」、「Sans Amour」、「Love is a Dreamer」など、彼女の有名な演奏を楽しみながら、この新しい WordPress の機能を発見してください。


フルサイト編集がやってきました。

WordPress 管理画面で、サイト全体をコントロールできるようになりました。

Twenty Twenty-Two をよろしくお願いします。

そして、WordPress 史上初のデフォルトブロックテーマにご挨拶を。これは単に新しいデフォルトテーマというだけではありません。WordPress のテーマを扱うためのまったく新しい方法です。

ブロックテーマは、配色やフォントの組み合わせ、ページテンプレートや画像フィルターなど、幅広いビジュアルの選択肢をサイトエディターから直接選ぶことができます。そのため一ヶ所で、Twenty Twenty-Two を組織の他の資料と同じルック&フィールにすることも、サイトの外観を別の方向に変えることも可能です。

Twenty-Twenty-Two テーマは、WordPress 5.9 でインストールされています。これは WordPress 5.9 でインストールされたもので、インストールされた他のテーマと一緒に見ることができます。

あなただけの絵の具箱が待っています

Twenty Twenty-Two は、フルサイト編集用に作られた唯一のテーマではありません。さらに多くのブロックテーマがテーマディレクトリにあり、その数は今後も増える予定です。

これらの新しいテーマを使用する場合、カスタマイザーはもう必要ありません。代わりに、サイトエディター内にあるスタイルインターフェースのすべての力を利用できます。Twenty Twenty-Two と同様にサイトのルック&フィールをそこで構築し、作業に必要なツールを実際に手に取るような流れるようなインターフェイスで使用できます。

ナビゲーションブロック

ユーザー体験の要であるサイトナビゲーションブロックの登場です。

新しいナビゲーションブロックでは、常に表示されるレスポンシブメニューか、ユーザーのスクリーンサイズに合わせて表示されるメニューかを選ぶことができます。しかも、その選択は記憶されます。5.9では、このブロックはメニューをカスタム投稿タイプとして保存し、データベースに保存されます。

さらなる改良とアップデート

ブログを書くのが好きですか? 新しいパブリッシングフローにより、より多くのことを、より速く伝えることができるようになりました。

より優れたブロックコントロール

WordPress 5.9では、新しいタイポグラフィーツール、柔軟なレイアウトコントロール、スペーシングやボーダーなどの細部のコントロールが可能になり、見た目だけでなく、細部にまで気を配ることができるようになりました。

パターンの力

WordPress パターンディレクトリには、時間を節約したり、サイトの機能性を高めたりするために作られた、さまざまなブロックパターンがあります。これらは自由に編集することができます。テーマのヘッダーやフッターに何か違うものが必要ですか? 数回のクリックで、新しいものと交換できます。

パターンエクスプローラーでは、ほぼ全画面表示で細部まで見ることができるため、パターンを比較してユーザーが必要とするものを簡単に選ぶことができます。

刷新されたリストビュー

5.9のリストビューでは、コンテンツをドラッグ&ドロップで好きな場所に配置することができます。複雑なドキュメントの管理も簡単になりました。シンプルなコントロールを使って、サイトを構築する際にセクションを展開したり折りたたんだりすることができ、ブロックに HTML アンカーを追加することで、ユーザーがページ内を移動するのに役立ちます。

より良いギャラリーブロック

ギャラリーブロック内のすべての画像は、イメージブロックで扱うのと同じように扱うことができます。

ギャラリーのすべての画像を異なるスタイルにしたり、1つか2つを除いてすべて同じスタイルにしたりできます。また、ドラッグ&ドロップでレイアウトを変更することもできます。


開発者のための WordPress 5.9

子テーマの Theme.json

5.9 では、theme.json が子テーマに対応しました。つまり、ユーザーはコードを一行も書かずに、WordPress 管理画面上で子テーマを作成できるということです。

こちらの開発ノートに詳細が記載されていますので、ご覧ください。

ブロックレベルのロック

block.json の設定に lock 属性を追加するだけで、パターン内の任意のブロック (またはいくつかのブロック) をロックできるようになり、パターンの残りの部分はユーザーがコンテンツに合わせて自由に使えるようになりました。

1つのブロックに複数のスタイルシート

ブロックごとに複数のスタイルシートを登録できるようになりました。これにより、ブロックはマークアップが要求するスタイルのみを読み込み、スタイルシート全体を読み込むことはありません。詳細はこちらの開発ノートをご覧ください。

リファクタリングされたギャラリーブロック

上述のギャラリーブロックの変更は、ほぼ完全なリファクタリングの結果です。ギャラリーブロックの機能を使ってプラグインやテーマを作ったことがありますか? この開発ノートを必ず読んでください。互換性のために必要なことが書かれています。


5.9の新機能についてもっと知る

5.9を使ってみたいけど、どこから手をつけていいかわからないですか? Learn WordPressシンプルなサイトデザインに関する無料コースをご覧ください。短いハウツービデオチュートリアルや、WordPress 5.9 の新機能に関するリソースなど、さまざまな学習教材が用意されており、今後もさらに充実した内容が予定されています。


さらなる詳細はフィールドガイドをご覧ください!

WordPress フィールドガイドの最新版をご覧ください。詳細な開発者ノートへのリンクを含む多くの有用な情報が掲載されており、皆様の WordPress での構築をサポートします。WordPress 5.9 フィールドガイド

開発チーム

WordPress 5.9 のリリースは、マット・マレンウェグがリードし、非常に熱心なリリースチームがサポートしました。

WordPress 5.9 には、624人の寛大なボランティア貢献者の努力も反映されています。Trac の370のチケットGitHub 上での1900以上のプルリクエストでコラボレーションが行われました。

2linctools, Aaron D. Campbell, Aaron Jorbin, Aaron Robertshaw, abesell132, Abha Thakor, acosmin, Adam – WPMU DEV Support, Adam Bosco, Adam Morgan, Adam Silverstein, Adam Zielinski, Addie, Adil Ali, aduth, Aezaz Shekh, Ahmed Chaion, ajotka, Akash Soni, Akira Tachibana, Alain Schlesser, Alan Jacob Mathew, Alex Concha, Alex Lende, Alexandru Vornicescu, alexeydemidov, Alexis Lloyd, alexstine, AlGala, allilevine, almendron, Amanda Riu, Anand Upadhyay, André, Andrea Fercia, Andrei Draganescu, Andrew Nacin, Andrew Nevins, Andrew Ozz, Andrew Serong, André, Andy Fragen, Andy Peatling, Andy Schmidt, andynick, Angelika Reisiger, Anjana Vasan, Ankit K Gupta, Ankit Panchal, Anne McCarthy, Anthony Burchell, Anthony Eden, Anthony Ledesma, Anton Vlasenko, Antonis Lilis, arena, Ari Stathopoulos, Arthur Chu, Ashfame, Ayesh Karunaratne, baelx, Bartlomiej, Beatriz Fialho, Beau Lebens, Beda, Benachi, benitolopez, Benjamin Denis, Benjamin Gosset, benjamin.anakena, Bernhard Reiter, bgardner, bijayyadav, BinaryKitten, Birgir Erlendsson (birgire), bobbingwide, Boone Gorges, Brad Jorsch, Brad Parbs, Bradley Taylor, Brandon Kraft, bravokeyl, Brennan Goewert, Brian Richards, bronsonquick, Bruno Ribaric, Brylie Christopher Oxley, Caleb Burks, calebwoodbridge, carepsules, Carike, Carlos Bravo, Carlos Garcia, Carolina Nymark, cdyerkes, Ceyhun Ozugur, Chad, Chiaki, Chintan hingrajiya, Chip Snyder, Chloe Bringmann, Chouby, Chris Klosowski, Chris Van Patten, chriscct7, Christian Tamayo, Christina Workman, Christopher Churchill, clucasrowlands, Colin Stewart, Collieth Clarke, Collins Agbonghama, Copons, Corey, Cory Hughart, Courtney Robertson, craigfrancis, Crisoforo Gaspar, critterverse, Csaba (LittleBigThings), Dávid Szabó, Daisy Olsen, Damon Cook, Dan Farrow, Dan Soschin, Daniel Bachhuber, Daniel Post, Daniel Richards, Daniel Shaw, danieldudzic, Daniele Scasciafratte, darerodz, Daria, Daschmi, datagutten, datainterlock, Dave Page, David Anderson, David Baumwald, David Biňovec, David Calhoun, David Gwyer, David Herrera, David Kryzaniak, David Mosterd, David Rozando, David Ryan, David Smith, davidwebca, Debabrata Karfa, Deepak Lalwani, Denis Yanchevskiy, Dennis Snell, Dhanendran, dhusakovic, DiedeExterkate, Dilip Bheda, dingo-d, Dion Hulse, dlt101, Dominik Schilling, donmhico, Donna Botti, dontgo2sleep, Doug Wollison, dpegasusm, Dr. Ronny Harbich, dratwas, Drew Jaynes, drosmog, dustinrue, ecotechie, ehtis, EkoJR, Ella van Durpe, Emmanuel Hesry, empatogen, Enchiridion, Enej Bajgorić, Enrique Sánchez, erayalakese, Eric Malalel, Erick Hitter, Erik, etoledo, Evan Mullins, Fabian Kägy, Fabian Todt, Faisal Alvi, fedepia, Felipe Elia, Felipe Santos, Felix Arntz, Florian TIAR, FPCSJames, fperdaan, Francesca Marano, Francesco, fullofcaffeine, Gal Baras, Garrett Hyder, Gary Jones, Gary Pendergast, gazchap, generosus, Gennady Kovshenin, George Hotelling, George Mamadashvili, George Stephanis, Gerardo Pacheco, Gilbert Pellegrom, Glen Davies, goldsounds, Govind, Grant M. Kinney, Greg Rickaby, Greg Ziółkowski, Guillaume TURPIN, Héctor Prieto, Hans-Christiaan Braun, haosun, Hareesh, Hasanuzzaman, Hauwa Abashiya, Haz, Henry Wright, herbmiller, Herm Martini, Herre Groen, hilayt24, hirofumi2012, Hitendra Chopda, Hossein Farahani, htmgarcia, Hudson Atwell, Hugh Lashbrooke, hugod, Ian Dunn, ianhayes94, ianmjones, Ignat Georgiev, Igor Benic, ilovecats7, infected, Ipstenu (Mika Epstein), Isaac, Isabel Brison, ismaeld, J.D. Grimes, Jack Reichert, Jake Spurlock, jakub.tyrcha, Jam Viet, James Huff, James Koster, Jan Thiel, janw.oostendorp, Jason Johnston, Jason R. Johnston, Javier Arce, Javier Casares, Jay Upadhyay, Jean-Baptiste Audras, Jean-Philippe, Jeff Bowen, Jeff Ong, Jeffrey Paul, Jenny Dupuy, Jeremy Felt, Jeremy Herve, Jeremy Scott, Jeremy Yip, Jesús Amieiro, Jesper van Engelen, Jessica Lyschik, Jignesh Nakrani, Joe Dolson, Joe McGill, joegasper, Joel James, Joen Asmussen, John Blackbourn, John Espiritu, John Godley, John James Jacoby, john zenith, JohnRDOrazio (CLPTE), Jonathan Bossenger, Jonathan Desrosiers, Jonny Harris, Jono Alderson, Joost de Valk, Jorge Costa, Jos Klever, Joseph Dickson, Josepha Haden, Joy, jsnajdr, JuanMa Garrido, juanruitina, Juhi Saxena, Juliette Reinders Folmer, Junaid Bhura, Junko Nukaga, Justin Ahinon, Justin DoCanto, Justin Tadlock, K. Adam White, KafleG, Kai Hao, kallookoo, Kalpesh Akabari, kaneva, Kapil Paul, Kelly Choyce-Dwan, Kelly Hoffman, keoshi, Keramot UL Islam, kero, Kerry Liu, Kevin Fodness, keyur5, Kharis Sulistiyono, Kjell Reigstad, Knut Sparhell, Koen Van den Wijngaert, Konstantin Obenland, Konstantinos Xenos, kurudrive, kwisatz, Kyle Nel, KZeni, lalitjalandhar, laurelfulford, Laxman Prajapati, leemon, leogermani, Liam Gladdy, liammitchell, Linkon Miyan, linux4me2, Loïc Antignac, Loran A. Rendel, Lucas Karpiuk, lucasw89, lucatume, Luis Felipe Zaguini, Luke Carbis, Luke Cavanagh, luovalabs, lynk, M Asif Rahman, Madalin Gorbanescu, Madison, Maggie Cabrera, Mai, Malae, malthert, manfcarlo, Manisha Makhija, Manzoor Wani, Marco Ciampini, Marcus Kazmierczak, Marek Hrabe, Marin Atanasov, Marius L. J., Mark-k, Mary Baum, Mateus Machado Luna, Matias Ventura, Matt, Matt Chowning, Matt Mullenweg, Matt Wiebe, mattoakley, Max, MaxD, Maxime Culea, mclaurent, MEDUSOR, Meg Phillips, Meher Bala, Mel Choyce-Dwan, mgol, Micah Wood, Michael Adams (mdawaffe), Michael Beckwith, Michael Burridge, Michael Nelson, Michal Czaplinski, Michel – xiligroup dev, Miguel Fonseca, mikaelmayer, Mike Jolley (a11n), Mike Schroder, Milan Dinić, Milana Cap, Minal Diwan, mirka, mjaschen, mjulian7, mmxxi, moch11, Mohammad Rockeybul Alam, moto hachi, mqudsi, mreishus, mrjoeldean, mtoensing, Muhammad Arslan, Muhammad Faizan Haidar, Mukesh Panchal, Musab Shakeel, Mustaque Ahmed, Nadir Seghir, Nalini Thakor, Namith Jawahar, Naoko Takano, NateWr, Ned Zimmerman, NettSite, Nicholas Garofalo, Nick Diego, Nick Halsey, nickcernis, Nico, Nidhi Jain, Niels Lange, Nik Tsekouras, Nikhil Chavan, nlpro, ockham, Olga Gleckler, Oliver Campion, Omar Alshaker, Omar Reiss, opr18, Outzen Larkin, Ov3rfly, ovann86, ovidiul, Paal Joachim Romdahl, Pablo Honey, page-carbajal, palmiak, Pankaj Mohale, Pascal Birchler, Patrick B, Paul Bearne, Paul Biron, Paul Bunkham, Paul Kevin, Paul Schreiber, Paul Von Schrottky, Paulo Pinto, pbking, Pedro Mendonça, pepe, Peter Wilson, Petter Walbø Johnsgård, Phil Johnston, Philip Jackson, Pierre Gordon, Pieterjan Deneys, Piotrek Boniu, Pooja Derashri, powerbuoy, praem90, Pramod Jodhani, Presskopp, presstoke, procodewp, psealock, psufan, pwtyler, Rachel Baker, Radixweb, Rahul Mehta, ralucastn, Ramon Ahnert, ramonopoly, ravipatel, Rehan Ali, Renatho (a11n), retrofox, Riad Benguella, Rian Rietveld, Rich Tabor, Richard Foley, richards1052, Rick Curran, Rishabh Budhiraja, Riyadh Ahmed, rmartinezduque, Robert Anderson, robertght, robtarr, Rodrigo Arias, Rohan Rawat, Rohan Sharma, Ronak Ganatra, Roxy Kohilakis, Ruslan, rviscomi, Ryan Welcher, S Page, Sébastien SERRE, Sören Wrede, Sabbir Hasan, Sabri Bouchaala, Safirul Alredha, Samir Shah, Samuel Wood (Otto), Sandip Mondal – a11n, Sanket Chodavadiya, Sarah Norris, sarayourfriend, Sathiyamoorthy V, savicmarko1985, Sayedul Sayem, Scott Buscemi, scribu, scruffian, Sean McMillan, Sebastian Pisula, Segayuu, Sergey Biryukov, Sergio Cinos, SergioEstevao, Shaharyar Afzal, shaunandrews, Shazahanul Islam Shohag, shimon246, Shital Marakana, Shiva Poudel, siddharth, Siddharth Thevaril, siliconforks, simonhammes, Siobhan, Siobhan, sirreal, sjlevy, skunkbad, Smit Rathod, snapfractalpop, Sourov Roy, spytzo, ssergei, stacimc, Stefano Minoia, Stefanos Togoulidis, Stephen Bernhardt, Stephen Edgar, Stephen Rider, Steve Dufresne, Steve Henty, stevegs, Storm Rockwell, Sybre Waaijer, Synchro, szaqal21, Taco Verdonschot, Takahashi Fumiki, Tammie Lister, Tara King, Tarei King, Tellyworth, terraling, Terri Ann, Tetsuaki Hamano, theMikeD, Thierry Muller, Thijs Hulshof, Thimal Wickremage, thisiswilliam, Thomas Patrick Levy, timlappe, Timothy Jacobs, titsmaker, tjcafferkey, tmatsuur, TobiasBg, tobifjellner (Tor-Bjorn Fjellner), Tomek, Tomoki Shimomura, Tony G, Tony Tahmouch, Tonya Mork, Toro_Unit (Hiroshi Urabe), Torsten Landsiedel, Tracy, Travis Northcutt, tubys, Tung Du, twstokes, Udit Desai, umesh84, Utpol Deb Nath, Venkat Raj, versusbassz, verybg, Vicente Canales, Viktor Szépe, Vishit Shah, Vlad T, Vondelphia.com, vortfu, wb1234, WebMan Design | Oliver Juhas, Wes Theron, Weston Ruter, WFMattR, Will Skora, William Earnhardt, williampatton, wojsmol, woodyhayday, wp_kc, wpnomad a11n, wpweaver, Yagnik Sangani, Yui, Yvette Sonneveld, Zebulan Stanphill, そして zoiec

リリース日までに、71 のロケールが WordPress 5.9 の 90% 以上を自国語に翻訳しました。コミュニティの翻訳者たちは、さらに多くの翻訳を目指して懸命に作業しています。205 の言語で WordPress を利用できるようにしてくださった皆様に感謝します。

サポートフォーラムに参加しているコミュニティボランティアの皆さんにも感謝します。世界中の人々の質問に答えてくださっています。2003 年の最初のリリースからこれまでのリリースの成功は、サポートコントリビューターの方々の努力に負うところが大きいのです。

WordPress への貢献に興味をお持ちの方は、簡単に詳細を知り、参加することができます。Make WordPress に集まったさまざまなチームを見て、コア開発ブログで最新の計画を確認してください。

WordPress 5.9 RC 3

以下は、Chloe Bringmann が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.9 RC 3 」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.9 の3つ目のリリース候補版 (RC3) が公開されました!

WordPress 5.9を素晴らしいリリースにするために、これまでにテストやバグ報告にご協力いただいた皆様に感謝いたします。WordPress 5.9のリリースは、あとわずか1週間後の2022年1月25日を予定しています。まだ間に合いますので、ぜひご協力ください! RC2がリリースされてから2つのバグが発見され、修正されました。Gutenberg でも14件のバグが修正されました。さらに今日も Gutenberg での修正が行われています。

リリースのテスト

WordPress 5.9リリース候補のテストは、次の3つの方法で行うことができます。

オプション 1: WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する(「Bleeding Edge」チャンネルと「Beta/RC Only」ストリームを選択)。

オプション 2: ベータ版をここから直接ダウンロードする (zip)。

オプション 3: 大文字小文字を区別しないファイルシステム上で WP-CLI を使用してベータ版 1、2、3、4、またはRC1もしくはRC2からアップグレードする場合は、以下の順でコマンドを実行してください。

コマンド1:

wp core update --version=5.9-RC3

コマンド2:

wp core update --version=5.9-RC3 --force

RC3のテストの皆さんのご協力は不可欠です。より多くのテストが行われれば、より安定したリリースとなり、ユーザーや開発者、そして WordPress コミュニティ全体にとって体験がより良いものとなります。

RC2リリースをテストし、フィードバックをいただいたすべての貢献者に感謝します。バグをテストすることは、すべてのリリースを磨き上げるための重要な要素であるだけでなく、WordPress に貢献するための素晴らしい方法でもあります。

協力するには

WordPress 5.9 の機能テストへの協力 – この投稿では、テスト環境を構築するためのガイド、テスト可能な機能のリスト、そして実施中に見つけたフィードバックの提出方法についての情報を提供しています。

英語以外の言語が話せますか? WordPress の100言語を超す翻訳にご協力ください! すでに翻訳に携わっているすべての方に感謝します。

開発者や機能の背景に興味のあるみなさんは、フィールドノートでより多くを知ることができます。また、5.9の開発サイクルとタイムラインもご覧いただけます。

バグを見つけた場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに投稿してください。

再現可能なバグのレポートが書ける方は WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧を確認できます。

この記事の編集を手伝ってくれた @cbringmann, @webcommsat, @psykro,@marybaum, @chanthaboune, @davidbaumwald, そして @hellofromtonya に感謝します。

WordPress 5.9 RC 2

以下は、Jonathan Bossenger が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.9 RC 2 」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.9 の2つ目のリリース候補版 (RC2) が公開されました!

“リリース候補 (Release Candidate)” とは、新バージョンのリリース準備が整ったことを意味します。何千ものプラグインやテーマがあり、何百万人もの人々がソフトウェアを使用する方法に違いがある中で、何も見落とされていないかをコミュニティがチェックするのにこのリリース候補版が役立ちます。

WordPress 5.9を素晴らしいリリースにするために、これまでにテストやバグ報告にご協力いただいた皆様に感謝いたします。WordPress 5.9のリリースは、あとわずか2週間後の2022年1月25日を予定しています。まだ間に合いますので、ぜひご協力ください! RC1がリリースされてから、6つのバグが発見され、修正されました。Gutenberg からは13件のバグがバックポートされました。

リリースのテスト

WordPress 5.9リリース候補のテストは、次の3つの方法で行うことができます。

オプション 1: WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する(「Bleeding Edge」チャンネルと「Beta/RC Only」ストリームを選択)。

オプション 2: ベータ版をここから直接ダウンロードする (zip)。

オプション 3: 大文字小文字を区別しないファイルシステム上で WP-CLI を使用してベータ版 1、2、3、4、またはRC1からアップグレードする場合は、以下の順でコマンドを実行してください。

コマンド1:

wp core update --version=5.9-RC2

コマンド2:

wp core update --version=5.9-RC2 --force

RC2のテストの皆さんのご協力は不可欠です。より多くのテストが行われれば、より安定したリリースとなり、ユーザーや開発者、そして WordPress コミュニティ全体にとって体験がより良いものとなります。

RC1リリースをテストし、フィードバックをいただいたすべての貢献者に感謝します。バグをテストすることは、すべてのリリースを磨き上げるための重要な要素であるだけでなく、WordPress に貢献するための素晴らしい方法でもあります。

協力するには

WordPress 5.9 の機能テストへの協力 – 参加方法をご紹介するガイドです。

英語以外の言語が話せますか? WordPress の100言語を超す翻訳にご協力ください! リリース候補版1は 5.9 リリーススケジュールにおける翻訳語句のハードフリーズ(凍結)ポイントでもあります。すでに翻訳に携わっているすべての方に感謝します。

開発者や機能の背景に興味のあるみなさんは、フィールドノートでより多くを知ることができます。リリースが最終段階に進むにつれ、さらに開発者向けのノートが追加される予定です。また、5.9の開発サイクルとタイムラインもご覧いただけます。

バグを見つけた場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに投稿してください。

再現可能なバグのレポートが書ける方は WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧を確認できます。

この投稿の最終確認をしてくださった @psykro@webcommsat@hellofromtonya@audrasjb@cbringmann@marybaum に感謝します。

WordPress 5.8.3 セキュリティリリース

以下は、Jonathan Desrosiers が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.8.3 Security Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


今回のセキュリティリリースでは、4件のセキュリティ修正が行われています。セキュリティリリースですので、直ちにサイトを更新することをお勧めします。WordPress 3.7 以降のすべてのバージョンも更新されています。

WordPress 5.8.3 は短いサイクルでのセキュリティリリースです。次のメジャーリリースはバージョン 5.9 で、すでにリリース候補の段階に入っています。

WordPress 5.8.3 に更新するには、WordPress.org からダウンロード、または、「ダッシュボード」→「更新」にアクセスして「今すぐ更新」をクリックしてください。

自動バックグラウンド更新がサポートされているサイトでは、すでに更新プロセスが開始されています。

セキュリティ更新

4つのセキュリティの問題が、3.7 から 5.8 までの WordPress のバージョンに影響を与えています。まだ 5.8 に更新していない場合は、3.7 以降のすべての WordPress バージョンも、以下のセキュリティ問題の修正のために更新されます (特記事項除く)。

  • 投稿スラッグを通じた保存 XSS の問題を開示してくれた SonarSource の Karim El Ouerghemmi と Simon Scannell に感謝します。
  • マルチサイトインストールにおけるオブジェクトインジェクションに関する問題を報告してくれた SonarSource の Simon Scannell に感謝します。
  • Trend Micro Zero Day Initiative と協力して WP_Query の SQL インジェクション脆弱性を報告してくれた GiaoHangTietKiem JSC の ngocnb と khuyenn に感謝します。
  • WP_Meta_Query に SQL インジェクションの脆弱性があることを報告してくれた WordPress セキュリティチームの Ben Bidner に感謝します (バージョン 4.1~5.8 のみ対象)。

非公開で脆弱性情報を開示してくださった報告者の皆様に感謝いたします。これにより、セキュリティチームは、WordPress サイトが攻撃される前に脆弱性を修正することができました。これらの修正を WordPress に実装してくれた WordPress セキュリティチームのメンバーにも感謝します。

詳細については、バージョン 5.8.3 の HelpHub ドキュメントページをご覧ください。

(訳注: 貢献者セクションは、原文を参照してください。)

WordPress 5.9 RC 1

以下は、webcommsat AbhaNonStopNewsUK が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.9 RC 1」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.9 の最初のリリース候補版 (RC1) が公開されました!

WordPress 5.9 のリリースに邁進しているコミュニティにとって重要なマイルストーンを達成するためにご協力いただいた皆様に感謝いたします。

“リリース候補 (Release Candidate)” とは、新バージョンのリリース準備が整ったことを意味します。何千ものプラグインやテーマがあり、何百万人もの人々がソフトウェアを使用する方法に違いがある中で、何も見落とされていないかをコミュニティがチェックするのにこのリリース候補版が役立ちます。

WordPress 5.9のリリースは2022年1月25日を予定しています。あと3週間しかありませんが、まだ間に合います! ぜひご協力ください。

リリースのテスト

WordPress 5.9リリース候補のテストは、次の3つの方法で行うことができます。

オプション 1: WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する(「Bleeding Edge」チャンネルと「Beta/RC Only」ストリームを選択)。

オプション 2: ベータ版をここから直接ダウンロードする (zip)。

オプション 3: 大文字小文字を区別しないファイルシステム上で WP-CLI を使用してベータ版 1、2、3、または 4 からアップグレードする場合は、以下の順でコマンドを実行してください。

コマンド 1:

wp core update --version=5.9-RC1

コマンド 2:

wp core update --version=5.9-RC1 --force

RC1のテストの皆さんのご協力は不可欠です。より多くのテストが行われれば、より安定したリリースとなり、ユーザーや開発者、そして WordPress コミュニティ全体にとって体験がより良いものとなります。

ベータリリースをテストし、フィードバックをいただいたすべての貢献者に感謝します。バグをテストすることは、すべてのリリースを磨き上げるための重要な要素であるだけでなく、WordPress に貢献するための素晴らしい方法でもあります。

WordPress 5.9 の機能テストへの協力 – 参加方法をご紹介するガイドです。

WordPress 5.9リリース候補版には何が含まれていますか?

これは2022年の最初のリリースであり、昨年からの5.9に向けた作業を継続しています。最新のブロックエディタが搭載されており、コアでのフルサイト編集の最初のバージョンとなります。

また、WordPress 5.9は開発者の体験をより洗練されたものにします。最新のアップデート情報や、ソフトウェアを継続的に改善するためにコミュニティがどのように活動しているかを知るには、Make WordPress Core ブログを購読してください。特に、開発者ノートのタグでは、あなたの製品やソフトウェアの使用方法に影響を与える可能性のある変更について最新の情報を得ることができます。

プラグインとテーマの開発者

プラグインやテーマを WordPress 5.9 でテストし、readme ファイルの「Tested up to」のバージョンを 5.9 に更新してください。互換性の問題を発見した場合は、サポートフォーラムに投稿してください。最終リリースまでにボランティアや開発者が問題解決に協力します。

WordPress 5.9 フィールドガイドはまもなく公開される予定です。このガイドでは主な変更点をより詳しく説明しています。

協力するには

英語以外の言語が話せますか? WordPress の100言語を超す翻訳にご協力ください! リリース候補版1は 5.9 リリーススケジュールにおける翻訳語句のハードフリーズ(凍結)ポイントでもあります。すでに翻訳に携わっているすべての方に感謝します。

バグを見つけた場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに投稿してください。情報をお待ちしています!再現可能なバグのレポートが書ける方は WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧を確認できます。

この投稿を作成してくださった @webcommsat、最終確認をしてくださった@marybaum @hellofromtonya @audrasjb @davidbaumwald @estelaris @cbringmann に感謝します。

WordPress 5.9 ベータ 4

以下は、Jonathan Bossenger が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.9 Beta 4 」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.9 ベータ 4がテスト用に公開されました!

この WordPress ソフトウェアのバージョンは開発版です。このバージョンを本番サイトで実行することはお勧めしません。代わりに、テストサイトでの試用を検討してください。これにより新しいバージョンをテストすることができます。

WordPress 5.9 ベータ 4をテストするには、次の3つの方法があります。

オプション1: WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する (「Bleeding edge」チャンネルと「Beta/RC Only」ストリームを選択)。

オプション2: ベータ版をこちらから (zip)直接ダウンロードする。

オプション3: 大文字小文字を区別しないファイルシステム上で WP-CLI を使用してベータ3からベータ4にアップグレードする場合は、以下の順でコマンドを実行してください。

コマンド 1:

wp core update --version=5.9-beta3

コマンド 2:

wp core update --version=5.9-beta4 --force

いまのところ5.9の正式リリースは2022年1月25日を予定していて、それまであと僅か5週間です。皆さんのテストへのご協力は不可欠です。より多くのテストが行われれば行われるほど、リリースの安定性が高まり、ユーザーや開発者、そして WordPress コミュニティ全体にとってより良いエクスペリエンスになります。

ハイライト

ベータ3以降、20件のバグが修正されました。ベータ4では、以下のような変更点があります。

  • 付属テーマ: Twenty Twenty-One テーマの CSS ルールの重複を修正しました (#53605)。
  • カスタマイザー: カスタマイザー内からブロックテーマに切り替えられるようになりました (#54549)。
  • テーマ: WordPress 5.9 未満のバージョンでブロックテーマをプレビューしようとするユーザーへのガイダンスを提供するようにしました (#54575)。
  • REST API: get_theme_item メソッドでフィールドパラメータに反しないようにしました (#54595)。
  • エディター: ブロックパターン: インサーターに “Featured” カテゴリとパターンがない問題を修正しました (#54623)。
  • ログインと登録: ログイン画面の言語ドロップダウンを無効にできるフィルターを追加しました– (#54675).

ご協力いただけること

テストをしてください !

バグを見つけるためのテストは、ベータ版のリリースに磨きをかけるための不可欠な作業です。これはまた、WordPress に協力するための素晴らしい方法でもあります。 

バグを見つけた場合は、サポートフォーラムの Alpha/Beta エリアに投稿してください。再現可能なバグのレポートが書ける方は WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグも確認できます。

質問がありますか ? いくつかの答えはこちらに。

今後数週間、Make WordPress Core ブログの情報に注目してください。これらの項目を詳細にカバーする5.9関連の開発者ノートが公開されます。

これまでのところ、貢献者の皆さんにより WordPress 5.9にて 326件のチケット修正と108件の新機能、機能強化が行われました。テストを通じた皆さんのご協力により、さらに多くのバグ修正が予定されています。

この投稿記事を手伝ってくれた @cbringmann, @psykro@hellofromtonya@marybaum@webcommsat, @audrasjb, @cbringmann, @costdev そして @meher に感謝します。

State of the Word 2021 基調講演の日本語字幕動画とハイライト

以下は、Anjana Vasan が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「Highlights from State of the Word 2021」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


(字幕が英語の場合、歯車アイコンで日本語に切り替えられます)

WordPress 共同創設者であるマット・マレンウェッグによる恒例の基調講演 ”State of the Word 2021” が、米国時間12月14日に行われました。このハイブリッド形式イベントは、ワクチン接種の証明を持った少数の観客を招いてニューヨーク市にて行われました。マット氏いわく、「飛行機、電車、車で来場した人がいた」とのことでした。また、ライブイベントまで足を運ばなかった方々も、世界各地からライブ配信を視聴しました。

このイベントは WordPress コミュニティにとって心躍る時間であり、長らく開催されていなかった対面式の WordCamp がスペインのセビリアで開催されたことも、この場で祝福しました。

WordPress.tv でも録画をご覧いただけます (訳注: 日本語字幕あり。字幕書き起こしテキストはこちら)。

多くの Meetup 勉強会主催者が世界中でこの基調講演のウォッチパーティーを開催しました。11カ国で26のウォッチパーティーが開催され、計300人以上の方が参加表明をしました。

これまでの “State of the Word” と同様、今年もマットは幅広いトピックをカバーしました。WordPress の過去、現在、そして未来にスポットライトを当て、コントリビューターの増加、翻訳、最近のリリースマイルストーン、教育イニシアチブなど、さまざまな話題を取り上げました。

また、WordPress 5.9 の特徴であるフルサイト編集、ブロックパターン、グローバルスタイルオプション、画像コントロール強化などのデモを皆さんにご覧いただきました。

マットはこの場を使って、多言語のネイティブサポートやリアルタイムな共同サイト編集など、WordPress のロードマップを再確認しました。また、新機能の開発やテスト、普及や教育など、さまざまな取り組みを通じて、誰もがWordPress の進歩に貢献できることにも注目を促しました。

さらに、「WordPress のようなプログラムは、より多くの人が使えば使うほど良くなる」と、オープンソースソフトウェアが改良されていく方法を強調しました。

エネルギッシュなプレゼンテーションの締めとして、Web3、企業の M&A (吸収合併)、オープンソースソフトウェアの成長とサポートなど、幅広いトピックを取り上げました。

マルチメディアを活用した1時間のプレゼンの後、マットはインタラクティブな質疑応答セッションを行い、事前に寄せられた質問や、ライブストリームやスタジオの視聴者からの質問に答えました。

イベントの模様は上記の公式録画でご覧いただけます。 また、Twitter で #ILoveWP タグを使ってストーリーを共有したり、#StateOfTheWord でイベントの反応をチェックすることもできます。

この記事のレビューと編集に協力してくれた @dansoschin さん、ありがとうございます。


動画字幕の翻訳にご協力いただいた @mimitips @atachibana @h84m さん、どうもありがとうございました。

字幕の間違いなどがあった場合は、WordSlack#docs チャンネルでお知らせください。Amara.org 上で直接編集もできますが、修正を動画に反映するにはご連絡ください。