WordPress 2.5 公開前の機能紹介

以下は、2008年3月18日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「2.5 Sneak Peek」を訳したものです。スクリーンショット画像は原文をご覧下さい。


カスタマイズ可能なダッシュボード、複数ファイルアップロード、ビルトインされたギャラリー、ワンクリックでできるプラグインのアップグレード、タグ管理、デフォルトのグラバター機能(アバター表示)、全文フィード、読み込み速度のスピードアップ。いかがでしょう、もしこういった機能に興味があるのだったら、WordPress 2.5 はあなたにぴったりのリリースかもしれません。このアップグレードにはかなり長い間準備期間を経てきましたが、ようやくその魅力の一部をご紹介する準備ができました!

ここ数ヶ月、WordPress の管理画面を根本的にリデザインするために Happy CogJeffrey ZeldmanJason Santa Maria、そしてLiz Danzico と協力してきました。その結果、ご利用されるみなさんがWordPressとやりとりするための新しい方法を完成させることができました。ベテランユーザーの方のためには見慣れた部分を残しつつ、すべての方によりよい利用体験をしていただけるようになりました。これはただ外装のペンキを塗り直したような表面的な改善ではありません。ソフトウェア自体のことは無視して創造的な作業に打ち込めるように、見た目だけではなくて内容の系統的な整理方法についても考え直したのです。

これから追加される機能のうちいくつかをご説明します。

ダッシュボード

ダッシュボードの一番大切な目的は、ブログの現況について素早くお知らせし、管理画面での次のステップへ誘導することです。利用者の皆さんにインタビューした際、多くの方はダッシュボードを完全に無視していることを知りました。ここにある役に立つ情報が、複雑すぎるデザインにほとんど隠されてしまっていたのです。

新しいダッシュボードは、目前の一番大切なタスクに焦点をあてています。公開済み、または公開予定記事の概要、最近のコメントや被リンク情報、ブログ関連の統計、そして WordPress の更新情報やニュースなどです。お好きな RSS フィードを追加したり、情報の見え方をカスタマイズすることで、あなたの WordPress の使い方にダッシュボードをぴったり合わせることができます。

ナビゲーション

今までの WordPress 管理画面のナビゲーションは、慣れたユーザーの方でさえも迷わせてきました。新デザインでは、ナビゲーション中のオプションを半分にまで減らし、主要機能(投稿、投稿&ページ管理、ブログデザイン編集、コメント管理)と二次的機能を分けました。こうすることによって、必要なことだけを表示し、 使い手にとってもっと心地よいペースで情報が提供されるようになります。必要な機能は今まで通り存在しますが、さらに上手に整理されているのです(新しい WordPress ユーザーにとってはとくにそう感じられるでしょう)。

投稿

投稿画面は WordPress の管理画面のうち、非常に頻繁に使われる部分です。今までも必要な機能はちゃんとあったのですが、オプション項目の数は書き手を圧倒してしまっていました。新投稿画面では、一番よく使う機能の情報だけを表示するようになります。

投稿を非常に簡単にするため、最もよく使われる項目のみが表示され、追加オプション項目は必要になるまで隠されています。新管理画面は投稿を書く際の自然なフローを予測した作りになっており、さらに、前回利用した投稿環境を思い出してくれるという洗練された機能も兼ね備えています。新しいリッチテキストエディターは、便利なフルスクリーンモードまであります。これを使えば、周りに気を散らさず投稿の執筆に専念できます(個人的に一番気に入っている機能です)。

管理

管理ページもリデザインし、統一化しました。ページ、投稿、メディア、コメントの管理すべてに、よく似た一貫性のあるインターフェースを使用するようになります。この変更により、今までよりもすばやく、上手にブログができるようになると思います。

また、ダッシュボードに新しい色を使うことで、新鮮で軽い雰囲気になったことに気づいていただけたかもしれません。 もし古い管理画面がどうしても使いたいという方は、個人設定の画面で「クラシック」カラーを選んで、昔の青い画面を取り戻すこともできます(さらにこれはプラグインで上書きできるので、新しいカラースキームを簡単に追加・共有できます)。

頻繁にブログのバックアップをとっていて、新しいコードのテストを通じた開発への協力に興味があるという方は、WordPress 2.5 RC1 をダウンロード(訳注: リンクは英語版。RC1 日本語版はこちらからどうぞ)してインストールしてください。そして、テスター用メーリングリスト(英語)に参加して、発見したバグを報告してください。

また、新しい管理画面へのご意見、考え、文句、賞賛、その他いろいろなフィードバックも知りたいと思っています。このために特別なメールアドレスを作成しましたのでご利用ください。2.5-feedback@wordpress.org(英語の意見のみ)

ソフト自体は完成して安定状態にあり、今日にでもリリースすることは可能です。しかし、一般の皆さんへ公開する前に、広い層の方からのフィードバックを受け入れたいと思っています。数日間フィードバックを受け付けた後、最終リリース日を設定する予定です。個人的に、私も待ちきれません!

WordPress 2.3.3

WordPress 2.3.3 がリリースされました。

日本語版は以下からダウンロードできます。

以下は WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.3.3」を訳したものです。


WordPress 2.3.3 は緊急のセキュリティリリースです。ユーザー登録が有効になっていると、とても巧妙なリクエストによって有効なユーザー権限を持つ者なら誰でも同一ブログ上の他のユーザーの投稿の編集ができてしまうという不具合が、XML-RPC の実装に見つかりました。このセキュリティ上の不具合の修正に加え、2.3.3 ではいくつかのマイナーなバグを修正しています。もしセキュリティ問題の修正だけに興味があるのなら xmlrpc.php の修正版をダウンロードして、既存の xmlrpc.php に上書きしてください。そうでなければ、修正を含んだリリースをダウンロード (英語版) (日本語版) してください。

また、WP-Forum プラグイン に脆弱性が見つかり、現在激しく悪用されています。もしこのプラグインを使用しているのなら、ただちに削除して作成者からのアップデートの提供をお待ちください。

セキュリティについて言えば、強度のあるパスワードを使用し、定期的に変更するようにしてください。たとえ WordPress やプラグインを最新に保っていてもパスワードの変更を検討してください。

WordPress 2.3.2

WordPress 2.3.2 がリリースされました。日本語版は以下からダウンロードできます。

以下は WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.3.2」を訳したものです。


WordPress 2.3.2 は、下書きが漏洩してしまう可能性のあるバグを修正する緊急のセキュリティリリースです。2.3.2 ではまた、データベーステーブル構造の情報が明らかになってしまうかもしれないエラーメッセージをいくつか表示しないようにし、XML-RPC と APP の実装でいくつかの情報の漏れを制限して止めるようにしました。これらの情報流出からブログを守るため、すぐにでも 2.3.2 をダウンロード (英語版) してください。(訳注: 2.3.2 日本語版をダウンロード)

小さなおまけとして、2.3.2 ではカスタムな DB エラーページを設置できるようにしました。カスタムテンプレートを wp-content/db-error.php に置いてください。WordPress とデータベースとの接続に問題が発生すると、デフォルトのエラーメッセージの代わりにこのページが表示されるようになります。

2.3.2 の変更点の詳細は、修正されたバグの一覧や 2.3.1 から 2.3.2 の変更を参照してください。

このリリースでは、特に協力してくれた Alex Concha に感謝します。

WordPress 2.3.1

以下は、2007年10月26日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.3.1」を訳したものです。


WordPress 2.3.1 がご利用いただけるようになりました。2.3.1 は、2.3 シリーズにバグフィックスとセキュリティ面の変更を加えたものです。2.3.1 では、20個のバグが修正されています。主なものは、以下の通りです。

  • Windows Live Writerタグへの対応。
  • WordPress のアドレスとブログのアドレスが別になっている場合、ログインがおかしかったバグを修正。
  • タクソノミーDBクエリーの高速化。とくにタグの共通クエリについて。
  • リンクインポート機能の修正。

残念ながら、バージョン 2.3 でセキュリティ関連の問題がいくつか発見されました。Janek Vindにより、register_globals が有効なPHPの設定の場合のクロスサイトスクリプティング(XSS)問題が発見されたため、2.3.1 へアップグレードすることをおすすめします。

2.3 から 2.3.1 へのすべての変更点は、trac にてご覧いただけます.

2.3.1 をダウンロードページ(訳注: 英語版)からダウンロードし、お楽しみください。

(訳注: 日本語リソース等は「日本語リソース案内所」からどうぞ)

WordPress 2.3.1 リリース候補 1

以下は、2007 年 10 月 24 日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.3.1 Release Candidate 1」を訳したものです。


WordPress 2.3.1 の準備が間もなく整います。正式なリリースの前に皆さんが確認できるよう、リリース候補を作成しました。2.3.1 では 20 以上のバグを修正しています。主な修正は次の通りです。

  • Windows Live Writer のタグのサポート
  • WordPress のインストール場所とブログのアドレスが違う場合のログインに影響を与えていたバグの修正
  • タクソノミーデータベース (訳注: カテゴリーやタグで使用されるデータベース) のクエリー、特にタグの横断クエリーをより速く
  • リンクインポータの修正

詳細は正式なリリースアナウンスでご説明します。それまでは、RC1 をダウンロードして、2.3 であなたを悩ましていたバグが修正されているか私たちにお知らせください。もし 2.3 からの修正されていないバグを見つけたら、チケットを作成してください。そうすれば最終的な 2.3.1 のリリースの前にその問題に対処することができます。

WordPress 2.3

以下は、2007年9月25日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.3」を訳したものです。


WordPress バージョン2.3(コードネーム:デクスター)の公式リリースを発表でき、とてもうれしく思います。このリリースにはデフォルトでのタグ機能サポート、更新お知らせ機能、URL処理の改善などが含まれています。コードネームの由来は、偉大なるテナー・サキソフォンプレーヤー、デクスター・ゴードン氏に由来します。開発チームはみんな、このリリースを世に出せることを誇りに思っています。新しい開発スケジュールロードマップのもと、2度目のリリースを予定通りに行うことができたことにも満足しています。より速く、重要な機能を備えた WordPress をユーザーに提供するという大規模な実験はうまくいっているようです。今回の新機能ひとつひとつについて個別にブログ記事を書くこともできるくらいなのですが、なるべく簡潔にまとめてみます。 「WordPress 2.3」の続きを読む→