WordPress 2.8.1

以下は、2009年7月9日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.8.1」を訳したものです。本文内のリンク先はすべて英語ページです。

WordPress 2.8.1 日本語版をダウンロード


WordPress 2.8.1 は多くのバグを修正し、プラグイン管理画面のセキュリティを強めています。コア・セキュリティ・テクノロジーから、一部のプラグインによって追加される管理画面が権限のないユーザーによって表示でき、その結果、情報の漏洩する可能性があったことが報告されました。すべてのプラグインにこの問題に対する脆弱性があるわけではありませんが、安全のため2.8.1にアップグレードすることをお勧めします。

その他、2.8以降の変更点については、以下の要約を読むか、すべての変更をこちらでご覧ください

  • 一部のテーマにて、2.8では動作しない方法で get_categories() 関数を呼び出している問題に対応。テーマ修正の必要性をなくした
  • ダッシュボードを読み込む際にメモリー不足のためにページが完全に表示されないことがあったため、ダッシュボードのメモリー使用量を軽減
  • 自動アップグレードが完了しなかった場合のクリーンアップで誤ってファイルを削除してしまう問題を修正
  • 圧縮に関する問題によりリッチテキストエディターが読み込まれない問題に対処
  • 明示的な権限チェックを行わないプラグインに対するセキュリティを強化
  • 権限グループ名の翻訳を修正
  • wp_page_menu() でデフォルト表示をページタイトル順ではなくユーザーの指定したメニュー順序に修正
  • アップロードエラーのメッセージの間違いを修正
  • 一部の IE ユーザーに発生していた自動セーブのエラーを修正
  • プラグインエディタのスタイルバグを修正
  • SSH2 ファイルシステムの要件を更新
  • デフォルトの送信方法を cURL に差し戻し
  • mbstring.func_overload に関する問題を修正するため、翻訳ライブラリを更新
  • インラインスタイルサニタイズを厳格化
  • メニューのセキュリティを強化
  • ブラウザー不適合のためコードハイライトの利用を中止
  • RTL レイアウトを修正

WordPress 2.8.1 リリース候補1

以下は、2009年7月7日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.8.1 Release Candidate 1」を訳したものです。RC1日本語版も公開済みです。日本語表示の不具合等がありましたら、フォーラム » バグ報告と提案までお知らせください。


2.8.1 まであと一歩です。本日公開のリリース候補(RC)1が完成版の公開にむかう最終ステップになります。ぜひRC1をダウンロードしてベータ2からの違いを確かめてください。さらに興味があれば2.8.1で修正されるチケットをのぞいてみてください。WordPressのテストにご協力いただき、ありがとうございます。

2.9 メディア機能のアンケートに投票を!

以下は、2009年7月7日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「Vote for 2.9 Media Features」を訳したものです。本文内のリンク先はすべて英語ページです。


先週の水曜日、コア開発チームと多くの貢献開発者が IRC の #wordpress-dev チャンネルに集まりました。このチャットの目的は、現在開発フェーズに入りつつあるバージョン2.9に含める機能について話し合うことでした。2.9ではメディア関連の機能(訳注: 画像・動画・音声他のファイルアップロードや管理など)に集中することを計画してきており、予想通りメディア関連の機能についての話題が大半を占めました(*注)。

ユーザーからの大きな割合を占めているリクエストは、メディア関連の多機能化/高機能化についてのものです。私たちはこのため、今後もしっかりとした足場となり続けられるようなメディア処理を改善の基盤を次のバージョンで築く事に決めました。この流れに従い、優先して開発する機能を決定する必要があります。

以下が皆さんに投票していただきたい機能です(優先順ではなく原文のアルファベット順です)。

(訳注: 投票フォームは英語のみのため、参考になるよう原文の機能名称も添えています)

メディアフィルターの追加 (Additional Media Filters): 現在のアップローダーでは、パソコンからファイルをアップロードしたり、画像の URL にリンクしたり、メディアライブラリの画像を選択したりできます。この新機能は、メディアライブラリ画面やポップアップのタブに、最近使ったファイル、一番よく使うファイル、お気に入りにマークしたファイルなどの条件をもとにフィルターをかけることができるようにするものです。

画像の基本編集 (Basic Image Editing): 画像のトリミング、サイズ変更、90度のローテーションをできるようにする機能です。

メディア設定の改善 (Better Media Settings): メディア設定画面にある初期設定の数を増やし、アップロードの都度に必要な設定のみ上書きできるようにします。

メディア一括インポート API (Bulk Media Import API): プラグインやインポーター(訳注: 他ブログからの引っ越しに使う WordPress のツール)によってメディアファイルの一括インポートを行えるようにする API を開発します。

カスタム画像サイズ (Custom Image Sizes): サムネイル、中サイズ、大サイズという決まった寸法の代わりに、各サイズの最大寸法を設定できるようにします。

埋め込みの簡易化 (Easier Embeds): 例えば YouTube ビデオなどのサードパーティのコンテンツを埋め込みやすくします。Viper’s Video Quicktags プラグインのようなものです。

メディアアルバム (Media Albums): (投稿内に含めるギャラリーではなく)フォトストリーミング機能のついたスタンドアロンの写真アルバムを作成・編集できるようにします。

メディアメタデータ (Media Metadata): メディアファイルに対してカテゴリーやタグを指定できるようにします。

フォトストリーミング (Photostream): 単に(ギャラリーとしてのグループ化ではなく)時系列順に画像を表示する、Flickr のようなフォトストリーミング機能を追加します。

投稿サムネイル (Post thumbnails): 投稿・記事・抜粋と共に表示する画像を選べるようにします。

メディア UI の改善 (Revised Media UI): アップローダーのインターフェースをリデザインし、メディアファイルの編集をよりシンプルでユーザーフレンドリーなものにします。

これはそんなに長くないアンケートで、必須項目は最初の質問(一番取り入れて欲しい機能の選択)のみです。2番目の質問では、11の提案機能に全体的な優先度をつけることができます。3番目の質問では、1から11のスケールで11の機能の優先度のランク付けができます。それから追加の提案が書き込めるテキストボックスがいくつかあり、以上でアンケートは終了です。

このアンケートは無記名式で、今週いっぱい(日本時間7月11日朝9時まで)投票可能です。

今すぐ投稿!

このアンケートの結果は、2.9でどの機能に焦点を当てるか開発者が決めるのに利用されます。2.9に予定されている機能の一覧は、優先度を決定した後、今月末にこのブログでご紹介する予定です。

決定プロセスは、さまざまな機能のコーディングを行うする開発者が何人いるかによって大きく影響されるはずですので、もし WordPress の開発に貢献しようと思ったことがあるのだったら、参加する良いタイミングです。開発者チャットは、毎週水曜日 9PM UTC(日本時間木曜午前6時)に IRC チャンネル(irc.freenode.com #wordpress-dev)にて開催されています。

*注: メディア機能以外に話題になったものは、技術的な理由により将来のバージョンに先延ばしされたか、又は賛成多数により投票の必要なく 2.9 のロードマップに承認されました。

テーマも GPL ライセンス

以下は、2009年7月2日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「Themes are GPL, too」を訳したものです。本文内のリンク先はすべて英語ページです。


もし WordPress がひとつの国家だったなら、その権利章典は GPL ライセンス になるでしょう。なぜなら、GPL は私たちの基本的な自由を保護してくれるからです。

WordPress.org をクリーンに保ち、WordPress のライセンスに完全に準拠していて法的に問題ないものだけを推進するよう、私たちはいつも最善を尽くしてきました。しかし、しばらくコミュニティにおいて、テーマにも(我々がいつも当然だと考えていたとおり) GPL が適用されるのかどうかという疑問がありました。

この点をはっきりさせるため、僕は世界的に秀でた GPL の専門であるソフトウェア・フリーダム・ロー・センターに連絡しました。彼らは WordPress のコードとコミュニティをじっくり見て、公式な法的意見を提供してくれました。一言でいうとこうです、「WordPress テーマの PHP コードは GPL でなければならないが、画像や CSS は GPL でもそうでなくてもよい」。

マットさんへ

ソフトウェア・フリーダム・ロー・センターに WordPress(PHP で書かれた GNU GPL v2 ライセンスの CMS)の派生物としてのテーマの状況を明確にするためにご連絡いただきました。

https://wordpress.org/wordpress-2.8-RC1.tar.gz にて提供された WordPress 2.8 リリース候補版1(RC1)について、詳しい調査を行いました。この リリース候補版に同梱されている “classic” および “default” テーマは、さまざまな PHP、CSS ファイル、そして任意に仕様できる画像ファイルのディレクトリを含んでいます。PHP ファイルには HTML マークアップと WordPress 関数への PHP コールがあわせて含まれています。PHP コードにはループや条件文などのロジックもいくつかあります。

WordPress は起動ののち、テーマが利用するための情報を用意する各種ルーチンを実行します。通常的な利用の場合、この後コントロールが PHP の include() 関数によってテーマパッケージファイル内の HTML・PHP テンプレートへ転送されます。これらのテンプレートファイルの PHP コードは、クライアントへ渡すテンプレートを埋めるためにはじめに用意された情報に依存しています。

このバージョンの WordPress に基づいて考え、またこれらのテーマがサードパーティによって WordPress に追加されたことを考慮すると、私たちは「提示されたテーマやそれに大部分が似ているテーマは、WordPress ソフトウェアの派生物とみなされる要素およびそうではない作品を含んでいる」という意見です。特に、CSS ファイルや “default” テーマの画像ディレクトリに含まれるものは、WordPress コードとは分離しているといえるでしょう。一方、WordPress のコードと混じり合って影響を受ける PHP や HTML コードは、WordPress の派生物といえます。

WordPress テーマにおいて、CSS ファイルと画像は Web サーバーから純粋なるデータとして提供されます。WordPress 自体はこれらのファイルを無視 [1] します。CSS や画像ファイルは純粋なデータとしてサーバーによって読み込まれ、 そのままユーザーに送信されており、WordPress インスタンスをまったく通過しません。CSS や画像は 容易に広範な HTML ドキュメントによって使用する事ができ、WordPress とまったく関係がないさまざまなソフトウェアが読み込んだり表示したりできます。このことから、これらのファイルは WordPress コードとは別の作品です。

PHP 要素をひとまとめにして考えると、これらは明確な WordPress の派生物です。テンプレートは include() 関数によって読み込まれます。コンテンツは PHP スパース配列 が処理するために、WordPress の他の部分とともに(また、完全に他と見分けのつかない形で)メモリ内の WordPress コードと組み合わされます。PHP コードは多くの WordPress 関数およびスパースへのコールと、アクセスする WordPress 関数 やその回数を指定する最小限のロジックとコントロールから成り立っています。これらは WordPress の派生物です。なぜなら、すべての部分が呼び出される WordPress 関数によって定義されているからです。PHP テンプレートは著作品としてWordPress と組み合わせ、さらに拡張するためだけに設計されています。

提示された2つのテーマでは、HTML 要素が PHP と混じり合っています。テーマを通じて PHPファイル に散りばめられたこれらの HTML スニペットは、PHP コードに非常に依存性の高い形態のデータを作成するため、その派生物といえます。

結論として、提示された WordPress テーマは WordPress の著作権の元にあるコードの派生物を含んでいます。それぞれ独自の作品である画像、CSS、PHP ファイルをまとめたこれらのテーマは、全体的を GPL ライセンスにする必要はありません。むしろ、PHP ファイルは GPL ライセンスの要件に制約されるが、画像や CSS はそうではないと言えます。サードパーティのテーマ開発者は、希望するなら制限付きの著作権を適用することができます。

最後に、WordPress の著作権に制限されない合法な WordPress テーマを作成することも可能ということを言っておきます。しかしそのようなテーマはこのソフトを有益なものにしている WordPress 関数をまったく使わないものである必要があります。

敬具
ジェームス・ヴァスリー
ソフトウェア・フリーダム・ロー・センター

[1] ひとつだけ例外があります。WordPress は管理画面のテンプレート選択機能でプレビューを作成する際に CSS および画像ファイルを使用しています。しかしこのケースでも、CSS・画像ファイルは WordPress 関数を呼び出すことはなく、PHP コマンドとして扱われたり、その他の WordPress データ構造を改変することはありません。これらのファイルはデータとして読み込まれ、画像を作成し、ミニチュア版の Web ページをユーザーに表示するだけです。

画像や CSS が GPL であることは法的には必須ではありませんが、これらがなければかなりテーマに制限ができてしまいます。CSS や JavaScript のまったくない WordPress を想像できますか?この理由により、WordPress.org では今まで通り 100% GPL ライセンスであるか、GPL に互換性のあるライセンスのものだけをホスティングします。100% GPL テーマを作成し、それに関わるサポートやサービスを提供している人たちをたたえるため、GPL 商用サポートテーマを紹介する新しいページを公開しました。

コミュニケーション改善の試み: イベントカレンダー、Twitter アカウント

当サイトのトップページに WordPress イベントカレンダーおよび @jawordpressorg Twitter アカウントへのリンクを追加しました。

WordPress イベントカレンダー

各地の WordBench 勉強会やオープンソース・PHP 関連のカンファレンス、セミナーなど、WordPress ユーザーの皆さんに興味を持っていただけるようなイベントを掲載していく公開カレンダーです(XMLiCal)。

追加・編集したいイベントがある場合は、お問い合わせフォームからご連絡ください。追加申請について詳しくは、イベントカレンダーのページをご覧ください。

Twitter アカウント

WordPress に関するお知らせなどをつぶやいています。当ブログの更新情報も流していますので、ぜひフォローしてください。

その他の改善の試み

これらは、先日ブログやフォーラムで意見を募った、日本語圏コミュニティでの情報伝達やコミュニケーションの改善を図るための試みの一部です。その際にいただいた声をもとに、他にも以下のようなサイトや配付パッケージの改善を行いました。

  • サイト管理者へのお問い合わせフォームを設置(注: 使い方やサポート関連の質問用ではありません
  • サイトのトップナビゲーションメニューからフォーラム・ドキュメンテーションへのリンクを追加
  • 「このサイトについて」ページにプロジェクトへ協力するための情報リンクを掲載
  • WordPress 日本語版パッケージの readme ファイルに日本語ドキュメンテーションへのリンクを追加

今後も WordPress およびコミュニティへのご意見、ご協力をよろしくお願いします。

WordPress 2.8.1 ベータ 2

以下は、2009年6月26日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.8.1 Beta 2」を訳したものです。

日本語版も公開済みです。日本語表示の不具合等がありましたら、フォーラム » バグ報告と提案までお知らせください。


2.8.1 ベータ2をテストしてもらう準備ができました。ダウンロードして、ベータ1からの変更点を確認し、2.8.1で修正された全チケットをレビューしてください。特に、プラグイン開発者には、ベータ2に対するテストを行い、不具合があれば私たちに知らせてくれることを強く推奨し、お願いしたいと思います。ベータ2での目立った変更は以下の通りです。

  • ユーザー権限の訳を修正しました。
  • wp_page_menu() が、デフォルトでページ名ではなくユーザーが指定したメニューに従って並べ替えられるように修正しました。
  • アップロードエラーメッセージの報告を修正しました。
  • 一部の IE ユーザーに起こっていた自動保存エラーを修正しました。
  • プラグインエディターのスタイル問題を修正しました。
  • SSH2 ファイルシステムの要件を更新しました。
  • デフォルト解析に再び Curl を使用するように切り替えました。
  • mbstring.func_overload の問題を防ぐために翻訳ライブラリを更新しました。

WordPress をテストしてくれてありがとうございます。

WordPress 2.8.1 ベータ 1

以下は、2009年6月21日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.8.1 Beta 1」を訳したものです。日本語版は現在準備中です。

追記:2009年6月21日 23:47

日本語版を作成しました。日本語表示の不具合等がありましたら、フォーラム » バグ報告と提案までお知らせください。


私たちは2.8の最初のメンテナンスリリースの作成を開始しました。2.8.1は2.8で明らかになったいくつかのバグを修正します。今日は2.8.1の最初のベータ版をリリースします。ダウンロードしてこれまでのバグが修正されていることを確認してください。ベータ 1で修正されている重要な問題のいくつかを次に挙げます。

  • テーマによっては、2.8で get_categories() の呼び出しに失敗していました。2.8.1ではこの問題に対処していて、そうしたテーマを修正する必要はありません。
  • ダッシュボードのメモリー使用量を減らしました。ダッシュボードの読み込み時にメモリーを使い果たし、その結果、ページが不完全になる場合がありました。
  • アップグレードの失敗を片付ける時に、自動アップグレード機能がファイルを誤って削除しないようにしました。
  • 圧縮機能の問題のせいでリッチテキストエディターが読み込まれなくなる問題に対処しました。
  • パーミッションを厳格にチェックしていないプラグインから保護するために、追加のセキュリティ機能を導入しました。

2.8から2.8.1 ベータ 1への自動アップグレードを利用したい場合は、ナイトリービルドの説明 (英語) に従ってください。WordPress のテストにご協力いただき、ありがとうございます。

2.8への自動アップグレードを行う際の注意事項

先日リリースしました WordPress 2.8 への自動アップグレードの際に、サーバー上のファイルが削除される現象が報告されています。報告によると、この問題が発生した場合にはサーバー上の WordPress 以外のファイルも削除されるとのことです。

原因が解明されるまでは手動によるアップグレードをお薦めします。
2.8 にバグがあることが確認されました。このバグが修正されるまでは自動アップグレードは行わず手動によるアップグレードを行ってください。
WordPress 2.8 日本語版のダウンロード

7/12 追記
2.8.1 ではこの問題は修正されています。

WordPress 2.8日本語版リリースのお知らせ

7/12 追記:
2.8.1 では、下記の自動アップグレード問題は解決済みです。

6/13 追記:
自動アップグレードについては不具合が報告されています。詳細が判明するまで、手動アップグレードを行うようにしてください。さらに詳しくは、2.8への自動アップグレードを行う際の注意事項をご覧ください。
また、その他のアップグレード・インストール時のトラブルシューティングについては、フォーラムの固定トピックも参考にしてください。


WordPress 2.8の日本語版をリリースしました。

ダウンロード:

アップグレード:

2.8の更新箇所などについては “テーマとウィジェットに彩りを与える2.8のリリース” を参照してください。また、英語版と日本語版との違いについては “WordPress | 日本語 » WordPress 日本語版について” を参照してください。

2.8 英語版へすでにアップグレードを済ませている場合、再度ローカライズ版アップグレードのお知らせが管理画面に表示されますので、必要に応じてアップグレードしてください。

もし日本語版に訳の不具合などがありましたら、WordPress › フォーラム » バグ報告と提案までお知らせください。

——
WordPress 日本語版作成チーム

テーマとウィジェットに彩りを与える2.8のリリース

6/13 追記:
自動アップグレードについては不具合が報告されています。詳細が判明するまで、手動アップグレードを行うようにしてください。さらに詳しくは、2.8への自動アップグレードを行う際の注意事項をご覧ください。
また、その他のアップグレード・インストール時のトラブルシューティングについては、フォーラムの固定トピックも参考にしてください。


以下は、2009年6月11日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「2.8 Release Jazzes Themes and Widgets」を訳したものです。日本語版は現在準備中ですので、少々お待ちください。 日本語版もリリースしました。

以下のうち、とくに注釈がないリンク先は英語のサイトとなっています。


WordPress の最新バージョン、「ベイカー」がダウンロード可能になった日本語版ダウンロードリンク)ことをお知らせでき、とてもわくわくしています。2.8はとてもきちんと完成した WordPress リリースの代表とも言えるもので、テーマ、ウィジェット、タクソノミー、全体のスピードが改善されています。790個以上のバグを修正しました。このリリースは、有名なトランペット奏者であり歌手でもあるチェット・ベイカー(リンク先は日本語)に敬意を表して名付けました。こちらに、この新リリースの全体をカバーした短いビデオを用意しました。

https://videopress.com/v/Pu3T4X8l

2.8を使って最初に気づくのは、ちょっとした変更があちこちに見受けられる以外には、見た目には2.7ととても似た感じだということです。しかし、よく見てみるとその変更点に気づくでしょう。

主な新しい改善点

まず何より最初に、2.8はいままでよりもずいぶんスピードアップしています。WordPress がスタイルシートとスクリプトをどう扱うかを変更しました。

これまでのバージョンのコアファイルおよびプラグインアップデート機能は大きな成功をおさめたので、同じ機能をテーマにも持ってくることにしました。WordPress 管理パネルから移動することなく、テーマディレクトリをブラウズして、クリックひとつでテーマをインストールできるようになりました。

管理パネルからテーマやプラグインファイルを編集することがある人は、CodePress エディターのありがたさがわかるでしょう。今まではプレーンなエディターでしたが、これにより構文強調表示が可能になりました。また、編集中のファイル内の文脈に基づいた関数ドキュメンテーションへ、エディターすぐ下のリンクから移動できます。

今までにウィジェットを使ってイライラした経験があるなら、このリリースはそんなあなたに救いの手をさしのべてくれるでしょう。ウィジェットのインターフェースを完全に設計し直し (これは2.7に間に合わなかった点です)、ウィジェットをすばやく編集したり、同じウィジェットを複数追加したり、使っていないウィジェットの設定を保存しておくことができるようにしました。また、開発者のみなさんは、ウィジェット作成のためのよりクリーンで堅牢な API を使えるようになりました。

最後に、すべてのページに含まれた新しい表示オプションをよく見てみてください。これは、上部右側にあるタブのことです。例えば、ワイドモニターをお使いなら、ウィジェット表示を初期設定の2カラムではなく4カラムに設定できます。他のページでは、1ページあたりに表示する項目の数を変更できます。

さらにもっと!

180以上の新しい機能・変更・更新・改善の一覧を、Codex でご覧ください (訳注: 同ページの日本語訳)。見ているだけで疲れそうに長いリストですよね!

将来のこと

私たちはすでにこの先のバージョン2.9や3.0のことを考え始めています。メディアの取り扱い改善、依存チェックの改良、テンプレートやテーマのバージョン管理、そしてもちろん先日の WordCamp サンフランシスコで告知した、WordPress と MU の統合も楽しみにしていてください。