アイコンプロジェクトの投票結果

以下は、2008 年 11 月 17 日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「The Results of Project Icon」を訳したものです。以下のリンク先はすべて英語のページとなっています。


コミニュティによる投票が行われ、票が集計されました。35%の得票率をもってアイコンプロジェクトにて勝利を収めたのは、エントリー ID 「BD (左上の画像)」をデザインしたベン・ダンクル氏です。ベン、おめでとう! 2位の座を獲得したのは「VS (右下の画像)」(ヴェレナ・セーゲルさん) でしたので、プロフィール画面から選択できるオプションカラーパレットには彼女のアイコンセットを追加したいと思います。

私たちが RC1 に向けて準備を進めている間に、ベンとヴェレナはそれぞれのアイコンのいくつかに修正を加えていく予定です。その中で、両セットに統一のメタファーを使用し、色つきの「オン」状態アイコンや h2 ヘッダー用の大きいサイズのアイコンを作成してもらいます。

たくさんのすばらしい選択肢からアイコンを選ぶ機会があったことに対し、心から感謝するとともに、参加してくれたデザイナーさんたちに改めてお礼を言いたいと思います。そして、各アイコンセットを比較する時間を取って投票に参加してくださった 3,700 人の皆さん、どうもありがとうございました。

Q.18 どのセットを 2.7 の基本アイコンとして使うべきだと思いますか?
アイコンセット名 投票数 得票率
BD 1285 35%
VS 1080 29%
GB2 424 11%
OSD 376 10%
LS 300 8%
GB1 235 6%

BD および VS の大幅なリードから、投票者の皆さんがこの2つをたいへん気にいったことがはっきり見て取れます。

Q.20 2位を選ぶならどのセットですか?
アイコンセット名 投票数 得票率
VS 916 27%
BD 647 19%
LS 522 16%
OSD 488 14%
GB2 462 14%
GB1 331 10%

Verena Segert's blu iconsQ20 は記入必須項目ではなかったため数百人の方は解答されませんでしたが、解答してくれた方 (3,336 人) の意見により、1位として人気のセットは2番手としても同様に人気があることが改めて確認できました。これにより審査員は、人気のセットを採用するという決断を容易に行うことができました。

他のオプションに比べて圧倒的に支持された各アイコンのメタファーをいくつかご紹介します。

  • ダッシュボード: 1333 人 (40%) が家のアイコンを最適なメタファーとして選びました。私たちも同意しています。ベンとヴェレナはアイコンを修正することになります。
  • メディア: 2097 人 (65%) が、ベンのセットにあったカメラと音符のアイコンを選びました。私たちもこれがとても気に入っています。ヴェレナもこのアイディアを取り入れてアイコンを修正する予定です。
  • プラグイン: 1682 人 (53%) が、アウトレットプラグのアイコンを選びました。ベンとヴェレナのアイコンもこれでした。

  • ツール: 1581 人 (49%) がツール二つがセットになったアイコンが一番気に入ったと解答しました。ベンとヴェレナはこのアプローチで再デザインします。

ということで、以上が投票結果です。もうすぐ、2.7 をインストールしたあなたのサイトに新しいアイコンが登場します。

(訳注: 原文ではここにあった全5エントリーの詳細は略しています。詳しくは原文のページでご覧ください)

今後アイコンデザイナーが必要という方には、短い締め切りに間に合わせてすばらしい作品を提出してくれたアイコンプロジェクトの参加者を大いにおすすめします。短い期間のプロジェクトでしたが、彼らと仕事ができてとても良かったです。

ここでまとめてみると…

  1. コンテストに通ったベン・ダンクルさんとヴェレナ・セーゲルさんのアイコンを WordPress 2.7 RC1 に含める
  2. カスタムアイコンセットをアップロードできるようなプラグインを誰か開発するべき (採用されなかった参加者も、こういった目的用にアイコンをリリースしてくれるかも?)
  3. 2.7 は着実に完成へと向かっていますが、まだまだパッチへのヘルプを募集しており、特に IE6 対応用のものが必要です! (リリース状況報告の投稿には書きませんでしたが、事実です)

この実験に参加してくださった皆さん、本当にありがとう。私たちと同じくらい、皆さんも楽しんでくれたことを祈っています。最後にもう一度、ベンとヴェレナ、おめでとう!

WordPress 2.7 ベータ 3

以下は、2008 年 11 月 15 日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.7 Beta 3」を訳したものです。訳文中のリンクはオリジナル英語版のベータです。

2.7 ベータ 3 日本語版も準備できましたので、お試しください。


みなさんに楽しんでテストしてもらうために、WordPress 2.7 ベータ 3 をリリースしました。 ベータ 2 からの変更点をいくつか挙げます (合計では 160 以上の変更がありました):

  • スタイルの改善と改良を多数
  • 管理関連の通知をすべてページタイトル下に表示するようにした
  • PHP 通知の修正
  • ダッシュボードウィジェットの設定が正しく保存されるようにした
  • メニューの修正
  • クイック編集を新デザインに
  • カノニカルフィード URL を修正
  • Walker を修正
  • Hello Dolly をアップデート
  • プラグインインストーラをアップデート
  • 多数のフォントをアップデート
  • ログインのロゴをアップデート
  • 投稿モジュールの「下書き保存」と「プレビュー」ボタンの位置を入れ替え
  • MS Office 2007+ ファイルフォーマットのファイルアップロードのサポート
  • ユーザーがアップロードの権限が無いときにメディアアップロードボタンを表示しないように
  • ドメイン名のカノニカルリダイレクトでは、 yes-www もしくは no-www のどちらかのみ行う (訳注: ホストの設定に基づき、ドメイン名に常に www を含めるか除外するかを判断してリダイレクトする)
  • Shiftクリックでのチェックボックスの範囲選択機能を改善
  • 新規ユーザー追加ページを別ページに
  • タグサジェストでタグのみをサジェストするように (他のタクソノミー語句はサジェストしない)
  • ユーザーに投稿公開権限がない場合、クイック投稿に「レビュー待ちとして送信」を表示する
  • 非公開投稿/ページとパスワードで保護された投稿/ページの設定を公開モジュールの新しい「公開範囲」セクションに追加

すでにベータ 1 もしくはベータ 2 をインストール済みなら、メニューの「Tools」->「Update」からベータ 3 にアップデートできます。もしこの自動アップグレード機能がうまくいかないときや 2.7 ベータを初めて試す場合は以前のようにダウンロードしてアップグレードしてください。
(訳注:現段階では、日本語版ベータで自動アップグレード機能を利用すると wp-content ディレクトリ以外が英語版の最新ベータにアップグレードされます)

2.7 ベータ 3 をダウンロードする。

WordPress 2.7: アイコンプロジェクト

以下は、2008 年 11 月 13 日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.7: Project Icon」を訳したものです。以下のリンク先はすべて英語のページとなっています。


ベータ版をリリースしたばかりの頃、2.7 の管理画面で使用するカスタムアイコンを作成するのに興味があるデザイナーさんがいないかどうか、このブログで WordPress コミュニティの皆さんに対する呼びかけを行いました。その結果世界中から10数人のアイコンデザイナーの方たちが返事を送ってくれたため、より多くの人が参加でき、皆さんが新しいアイコンの見た目に対して投票することができるよう、この課題をコンペ形式にすることにしました。

一人のデザイナーによる仕事ではなくコンペ形式にすることに決定すると、半分ほどのボランティアデザイナーの皆さんは辞退を表明しました。残りのデザイナーさんたちにはそれぞれ、提案するスタイルに基づいた2つのアイコン (投稿およびリンク) を送ってもらいました。この段階で WordPress のビジュアル・スタイルからかけ離れすぎたアイコンを提出した数人の候補者には、参加してくれたことに感謝し、コンペからおりてもらいました。他のデザイナーさんたちには提出物への感想を伝え、1週間ほど後に残りのメニューおよび投稿編集画面のリスト表示・抜粋表示切り替え用のアイコンセットを完成してもらいました。一名を除くすべてのデザイナーさんが完成品を送ってくれたので、最終的には5セットが揃いました。

ということで、ここで方向性を決定しなくてはなりません。投票ページでは、各アイコンセットそれぞれに、実際のアイコンとデザイナーによる紹介、そして主要開発者の感想を表示します。5セットすべてを吟味したあと、WordPress 2.7 に最もぴったりだと思うビジュアル・スタイルのセットに投票してください。その後、個別のアイコンに対する投票を続けてもらいますので、あるセットのアイコン画像が気に入っているけど他のスタイルが好き、と言う場合は、そのアイコンのメタファー(象徴として使われている絵柄)を変更するよう投票することができます。また、アンケートを通じて、全体的な感想を述べられるようにもなっています。投票がすべて終わったら、コメントおよび票を集計し、最終的な選考を行います。

選択の際に留意すること:
13個のアイコンを作るのに、1週間というのは十分な時間ではありません。選ばれたセットはさらに洗練されたものにするために修正を重ねる予定で、一部のアイコンは入れ替えを行うかもしれません。コンペに向け、すべてのアイコンをグレースケールにしてもらうようにお願いしました。選ばれたデザイナーさんには、「オン」の状態および画面ヘッダー向けの大きなサイズもデザインしてもらいます。 (コンペ用に) これだけ多くのアイコンの複数の状態をデザインしてもらうのは負担が大きいと思ったのです。

準備はできましたか?では、アイコンアンケートをどうぞ!すべてのタイムゾーンの方が参加できるよう、投票はこの投稿 (訳注: 元になった英語版の投稿) が公開されてから48時間のあいだ有効となります (ベータ 3 にアイコンを含めたいとも考えているため)。

2.7 のリリース日についてのお知らせ
ベータ 3 に近づくにつれ、Trac へのチケットが引き続き増え続けており、IE6 での正しい表示をするために大変な思いをしており、アクセシビリティを高めるための必要性が目に見えてきています。もしあなたが WordPress を愛していて、けっこうな腕のコーダーで、アイコンデザイナーさんのように自分も協力をしたいとお考えでしたら、これらの取り組みのいずれかにパッチと言う形で貢献することを考えてみてください。現在ある Trac チケットをさっそく拾って作業を始めるか、#wordpress-dev IRC チャンネルでどんな手伝いが必要なのか尋ねてみてください。

WordPress 2.7 ベータ 2

以下は、2008 年 11 月 6 日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.7 Beta 2」を訳したものです。訳文中のリンクはオリジナル英語版のベータです。

追記:(2008 年 11 月 9 日)

2.7 ベータ 2 日本語版も準備できましたので、お試しください。


WordPress 2.7 ベータ 2 が準備できました。 ベータ 1 からの変更点の要約は次の通りです。

  • アップロードボタンが表示されないことがある問題を修正
  • コメントのない投稿でダッシュボードの JS が壊れ、いくつかの UI 要素で固まってしまう問題を修正
  • ダッシュボードの最近の下書きモジュールで正しく時刻が表示されない問題を修正
  • 自動保存のさまざまな問題を修正
  • ページ編集画面でページを削除するとその削除したページにリダイレクトされる問題を修正
  • TinyMCE のデフォルトプラグインの翻訳読み込みを修正
  • ユーザー編集一覧にアバターを追加
  • 翻訳文字列をいくつか追加
  • バリデーションエラーをいくつか修正
  • PHP の警告と注意をいくつか修正
  • 自動アップグレード中のファイルアクセス権の矛盾を処理
  • より国際的なテキストに調和するように投稿ボックスのレイアウトを変更
  • ページ編集一覧で最後のページのクイック投稿を修正
  • IE での表示オプションを修正
  • タグクラウドからのタグの選択を修正
  • 特定のホストでの Rewrite ルールを修正
  • ページの読み込み時にアップデートを毎回確認しないようにしました
  • 投稿ボックスのドロップをより簡単にしました
  • プレビューの修正
  • RTL の修正
  • 壊れた wp-mail を修正
  • プラグインアップデートとインストールを修正
  • 内容に応じたヘルプタブの機能を追加

すでにベータ 1 をインストール済みなら、メニューの「Tools」->「Update」からベータ 2 にアップデートできます。ベータ 1 の自動アップグレード機能には特定の環境で動かないバグがあるので、うまくアップグレードできないようであれば手動でダウンロードしてインストールして ください。

2.7 ベータ 2 をダウンロード。

2.7 ベータで一番お気に入りの点は?

以下は、2008 年 11 月 2 日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「What’s your favorite thing about the 2.7 Beta?」を訳したものです。以下のリンク先はすべて英語のページとなっています。


昨日の告知以来、2.7 ベータ版をテストしている皆さんのコメントをブログや Twitter でたくさん見かけます。今のところ一番お気に入りの点はどこですか?まだベータ版をお試しでない方は、どの機能を一番楽しみにしていますか?以下から投票してみてください。

» WordPress 2.7 ベータで一番お気に入りの機能は?

もう少しお時間がある方は、すべての新機能一覧からそれぞれの評価ができるアンケートも用意しましたので、ぜひご参加ください。ご希望の場合は、コメントも追加できるようになっています。

» 2.7 ベータお気に入り機能アンケート

WordPress 2.7 ベータ 1

以下は、2008 年 11 月 1 日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 2.7 Beta 1」を訳したものです。以下のリンク先はすべて英語のページとなっています。日本語版は現在作成中ですので、テストされたい方は英語版をダウンロードしてください。


WordPress 2.7 の公開ベータ版第一弾がやっと公開されました。2.7 ベータ 1 をダウンロードして、すでに 2.7 のテストを始めている数千人の皆さんの輪に加わりましょう。このブログですでに書いたように、2.7 では新しいビジュアル・デザインが採用されています。このデザインはほぼ完全に実装済みですが、Beta 1 ではまだちょっと完成していないところがいくつかあります。一部のブラウザーではいくつかの不具合もあります。Beta 1 を試すには、Firefox および Safari を使うのが一番良いでしょう。でもご心配なく。IE や Opera 対応への作業も続けていますし、最終リリースではこういったブラウザでもきちんと見えるように間に合わせるつもりです。

最終リリースのことに触れたついでに言うと、2.7 は元々のスケジュールどおりの11月10日にはリリースされない見込みです。現在のところ、2週間ほど元のスケジュールから遅れています。ビジュアル・デザインを完成させ、最終的なデザインに対する一連のユーザーテストを行い、そして適切なパブリックベータテストを行うためには、私たちにはもう少し時間が必要です。

計画としては、11月10日が 2.7 のリリース日であるかのような心構えで開発を続けるつもりです。しかし実際のところ、10日には最終リリース版の代わりにリリース候補版を公開する予定です。これは、幅広い利用をおすすめできる、高品質でほぼ完成に近いものとなるでしょう。10日以降は、リリース候補版に対する皆さんのテストから発見された影響力の大きいバグの修正に集中していくつもりです。予想では、2.7 は11月の終わり頃に最終リリースされると思います。日付の特定は、パブリックベータサイクルが進行し、このリリース版がどれほどしっかりしたものなのかがつかめてきた頃に改めて行いたいと思います。

では、WordPress 2.7 Beta 1 のダウンロードをどうぞ。

ショーケース

本日、WordPress ショーケースサイトを公開しました。このサイトでは、WordPress を十二分に活用して、単なるブログ以上の使い方をしている選び抜かれたユーザーの皆さんの一部をご紹介しています。

Duke Center for International Studies

WordPress MU、WordPress.com、WordPress.com VIP、そして WordPress.org という4つのタイプ (Flavors) からお好きなものを選び、これらを利用してどんなことができるのか、ぜひ見てみてください。

サイトのスクリーンショットは常時更新されていますので、話題のユーザーさんたちのサイトで今まさに何が起きているのかがリアルタイムでごらんいただけます。

「どうしてあのサイトが載っていないの?」と思った方は、追加サイトを推薦してください!こちらで確認して、合格ラインに達すると判断したら追加します。

ユーザビリティテストリポート: WordPress 2.5 と Crazyhorse

以下は、2008 年 10 月 29 日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「Usability Testing Report: 2.5 and Crazyhorse」を訳したものです。以下のリンク先はすべて英語のページとなっています。


「2.5 で管理パネルのデザインが変わったばかりなのに、どうしてまた変更するの?」という質問をかなりよく耳にします。数ヶ月前にサンフランシスコでの WordCamp に参加した皆さんはすでにその答えを知っていると思いますが、そうでない方のためにこの投稿を書きました。

2.5 で管理パネルのデザイン変更に対するコミュニティの反応が賛否両論だったのを受け、ユーザビリティテストをやってみるのがいいのではないか?と考えました。指摘された部分のうち、実際のインターフェース上の問題と、単に変更が気に入らないことからくる不満を見極めるためです。偏りを避けるため、テストは第三者機関 (ベル州立大学メディアデザインセンター・インサイト&リサーチ部門) に委託して行いました。長い名前ですよね!早口で3回言うことができますか?名刺にすべて収めるのもきっと難しいですね。時間を節約するため、ここでは一般的に使われている CMD という名称で呼ばせてもらいます。

私たちはまず、一連のテストセットを数回行い、しっかりしたプロトタイプを2つ作るという計画を立てました。この計画では、最初の段階で CMD が 2.5 のユーザビリティレビューを実施し、結果について主要開発者と話し合いを行うことにしました。その後、小規模な問題点のいくつかを解決するための簡単なプロトタイプを作成し、テスト参加者が 2.5 を自分のブログに使い、プロトタイプをテスト用サイトに使えるようにします。次の段階の改善提案を導き出すためにこの結果を分析・比較します。次に1〜2週間かけて2つめのプロトタイプを作り、同じ参加者にテストしてもらい、最終的なリポートを提出する、という流れでした。でもまあよく話に聞くと思いますが…デザイナーや開発者が立てた最高の計画というのは、うまくいかないことが多いものです。

最初のテストセットを終えてみると、1〜2週間でコーディングできるような修正を含めたプロトタイプを作っても、全体的に言ってほとんど意味がないことは明らかでした。全員が、もっと大掛かりなプロトタイプを作る方がふさわしいと決断したのです。このプロトタイプでは、画面上のエリアのまったく違った使い方の実験や、数週間の時間の中で可能な限りたくさんの問題を解決するための試みを含めることにしました。こうして、素早い設計過程と、さらに素早い開発サイクルの末、Crazyhorse というニックネームがつけられた2つ目のプロトタイプが誕生しました。

2回目のテストセットはみんなをびっくりさせました。リサーチチームも、これほど一貫性のあるテスト結果を目にしたことはなかったそうです。まだ動作が完成したアプリケーションではないにも関わらず、テスト参加者たちはタスクをより短い時間で完了し、新しいプロトタイプをより高く評価し、インターフェース要素の動作に対する理解度が高まりました。見た目が全然きれいでなかった (Crazyhorse の原型を覚えている人ならそう断言するでしょう) にも関わらず、参加者の一人残らず全員が現在の管理パネルよりもプロトタイプを選択すると答えました。

この過程の最初から最後までを説明したプレゼンが WordCamp 2008 (サンフランシスコ) にて行われましたし、スライドはオンラインで見ることができます。しかし、よくあることながら、ビデオやライブデモ、ナレーションを伴わないスライドのみでは伝えられることが限られています (Google を使えば観客の撮影したプレゼンのビデオを見つけることができるはずです)。

ということで、今回のユーザビリティテストプロジェクトの要点を少し掘り下げた手頃なサイズの PDF を、ダウンロードして時間のある時にじっくり読んでもらえるように用意しました。本当はアイトラッキング (視線追尾) のビデオも含めたかったのですが、ダウンロードするのがばかばかしいほどファイルサイズが大きくなりすぎてしまうので、ゲイズ・トレイルズ (訳注: gaze trails、凝視跡) と呼ばれるアイトラッキングの結果を図解したものを含めています。また、50時間以上のテストビデオからは尋常でないほどのデータが明らかになりましたが、比較的顕著な点以外の文章は削減するようにしました。さらに、Crazyhorse のデザインについてのセクションも、25ページ以下に抑えています。これがちょうどいいバランスだと受け取っていただければ幸いです。数週間したら、初期の Crazyhorse 関連の内容も含め、2.7 のデザインプロセスについても別の文書をまとめたいと思います。

では、2.7 の管理パネル開発のきっかけとなった、この夏のユーザービリティテストを通して私たちが学んだことを知りたい方は、どうぞリポートをご覧下さい。

WordPress 2.5/Crazyhorse Usability Testing Report (PDF)

WordCamp Tokyo 2008 アンケート結果公開のお知らせ

みなさん、大変お待たせしました!先月開催しました、WordCamp Tokyo 2008 にて皆さんから戴いたアンケートの結果を公開致しました。


WordCamp Japan » WordCamp Tokyo 2008 アンケート結果

WordPress ユーザの実態に迫る興味深い結果をぜひご覧ください。

WordPress が大好きなアイコンデザイナーのみなさんへ

以下は、2008 年 10 月 24 日に書かれた WordPress.org 公式ブログの記事、「Calling All WordPress-loving Icon Designers」を訳したものです。以下のリンク先はすべて英語のページとなっています。


2.7-almost-beta(2.7-もうすぐ-ベータ)の”日に日にきれいになっているメニュー”にお気づきですか?本当に日に日にきれいになってるんです。フォントを入れて角や色をもう少し磨き上げれば、メニューシステムは滑らかなものになります。最後に必要な作業は代替として使用しているアイコ ンを置き換えることです。いまのところ、メニューでは Crystal Project からのアイコンを使用していて、LGPL のもとでリリースされている(オープンソースばんざい!)ので申し分はないのですが、2.7 の新しいビジュアルスタイルには完全にはマッチしていないので、カスタムなアイコンの使用を考えています。

WordPress に何かお返しができればいいのにと思いながら、PHP 開発者ではないのでこのオープンソースプロジェクトに参加する機会がないと感じているとのお話を WordCamp でお会いした方たちやメールでよく聞きます。というわけで、これはすばらしい機会です。WordPress の新しいアイコンをデザインしませんか?

アイコン:
必要なアイコンはメインナビゲーションの各セクション、さらに投稿編集のような表形式画面用の一覧/抜粋表示アイコンの一そろいのペアです。全部で13個で、ナビゲーションアイコン用には画面ヘッダーに使用する大きいサイズのアイコンが必要です。自然な図像のあるセクションもありますが、その他のセクショ ンはかなり困難なものになるでしょう。セクションは、ダッシュボード、投稿、メディア、リンク、ページ、コメント、外観、設定、ユーザー、プラグイン、 ツールです。

スタイル:
アイコンは繊細で、標準的/意図的で、マンガっぽくない見た目でなくてはなりません。細い線で、おそらく少し昔風の見た目です。デフォルトではグレイスケールで、メニュー項目が有効なとき用のカラー版もできるだけ用意してください。

スケジュール:
早め、早め、早めに。2.7 のリリース予定は11月10日です。ということは、2週間前後以内にアイコンが用意できている必要があります。

必要な経験:
真剣に受け止めてもらうため、アイコンデザインの経歴を示してもらう必要があります。ウェブデザインやアプリケーションデザインとは別のスキルですし、 2.7 のリリースまであまり時間がないので、経験(そしてできるだけ利用できる既存の作品)をお持ちの方が一番の候補者になります。

興味をお持ちですか?なぜアイコンをデザインしたいのかをお書きになり、ご自分のポートフォリオへのリンクを入れたメールを私たちに送ってください。アイコ ンデザイナーの選択をどのように終わらせるかはどのくらいの人数の応募があるかによりますが、その過程はお知らせするようにします。とりあえずは、 2008年10月25日(訳注: 米国西海岸時間?)土曜日の夜までにポートフォリオのリンクを送ってください。今週末に検討して月曜日にご連絡いたします。できれば来週の前半にはデザイ ンを開始したいと考えてます。