WordPress.org

Plugin Directory

All in One SEO – Powerful SEO Plugin to Boost SEO Rankings & Increase Traffic

All in One SEO – Powerful SEO Plugin to Boost SEO Rankings & Increase Traffic

説明

AIOSEO – ベスト WordPress SEOプラグイン & ツールキット

All in One SEO は、2007年にリリースされたオリジナルの WordPress SEO プラグインです。現在300万人以上のサイトオーナーや SEO の専門家が SEO のランキングを向上させるために AIOSEO を使用しています。

私たちのユーザーは一貫して、AIOSEO を最も包括的な WordPress SEO プラグインおよびマーケティングのツールキットとして高く評価しています。WordPress の SEO 設定の最適化、スキーママークアップの追加、XML サイトマップの作成、ローカル SEO の追加、SEO キーワードランキングのトラッキング、内部リンクの自動化、SEO 監査の実行、投稿者 SEO (EEAT) の追加、SEO リビジョンの監視、Google Search Console の接続など、基本的に SEO のプロが検索エンジンで上位にランク付けするために活用するあらゆることを最速で行うことができます。

ChatGPT (OpenAI) と人工知能を活用した SEO ランキング最適化を支援する AI SEO 機能を搭載しています。

AIOSEO Pro
これは、All in One WordPress SEO Pro プラグインの Lite 版です。All in One WordPress SEO Pro には検索エンジンで上位にランクするために必要なあらゆる強力な SEO 機能が揃っています。それには、スマート SEO スキーママークアップ、高度な SEO モジュール、強力な SEO サイトマップスイート、ローカル SEO モジュール、SEO キーワードランキングのトラッキング、自動内部リンク、WooCommerce SEO やその他さまざまな機能が含まれます。最高のプレミアム WordPress SEO プラグインを今すぐ購入する場合は、こちらをクリックしてください !

賢明なビジネスオーナー、SEO エキスパート、マーケティング担当者、開発者が AIOSEO を気に入る理由をこちらでご確認ください。皆様にもきっと気に入っていただけるはずです !

AIOSEO が他の WordPress SEO プラグインより優れている点

AIOSEO は WordPress の SEO 分野におけるイノベーションをリードし、その SEO 機能は競争上の優位性をもたらします。

  • 簡単 SEO セットアップウィザード
    当社の SEO セットアップウィザードは、お客様の業界独自のニーズに基づいて、サイトの SEO 設定を5分以内に最適化します。

  • スマートスキーマのマークアップ (別名リッチスニペット)
    カスタムスキーマジェネレータを使用すると、FAQ スキーマ、製品スキーマ、レシピスキーママークアップやその他多数の高度な SEO スキーママークアップを活用して、クリックスルー率 (CTR) と Google に特化したスニペットを取得できます。

  • AI タイトルとディスクリプションのジェネレータ
    OpenAI の ChatGPT を活用して SEO タイトルとメタディスクリプションを自動生成することで時間を節約できます。

  • 無制限の SEO キーワード
    SEO コンテンツアナライザを使用すると、無制限の SEO キーワードを最適化できます。TruSEO スコアがコンテンツや読みやすさを詳細に分析し、より高い SEO ランキングを獲得できます。

  • Google キーワードランクのトラッキング
    Googleの様々なキーワードでサイトがどのうようにランキングされているかを WordPress ダッシュボードで簡単に追跡できます。

  • 自動リンクアシスタント
    スマートな内部リンクアルゴリズムを使用してページ間の内部リンク設定を自動化し、オンページ SEO を改善します。

  • ローカルビジネス SEO
    ローカルビジネススキーマ、複数ローカルストアの所在地のサポート、営業時間、Google マップとの連携、連絡先情報 (業務用メールアドレス、業務用電話番号、事業者住所など)、および当社の ローカル SEO モジュールを使用して、ローカル SEO のプレゼンスを向上させます。

  • SEO リビジョン
    SEO 変更の履歴を保持し、変更の影響を監視して、ワンクリックで以前のバージョンを復元します。

  • コンテンツ劣化トラッキング
    競合他社にトラフィックを奪われることはありません。トラフィックや SEO ランキングが低下しているコンテンツを素早く検出できるので、検索統計モジュールを使用して、そのランキングを回復するよう最適化できます。

  • Smart XML サイトマップ
    SEO ランキングを上げるための高度な XML サイトマップ (Google Search Console 内で簡単に設定可能) です。動画 SEO XML サイトマップ、ニュース SEO XML サイトマップ、RSS サイトマップ、HTML サイトマップも含まれています。

  • スマート SEO リダイレクト
    301リダイレクト、302、307、410、404のリダイレクト、REGEX リダイレクトなど、高度な SEO リダイレクトを設定できる最も強力な SEO リダイレクトマネージャーです。

  • 404エラーモニター
    自動404エラーモニターは、404エラーをトラッキングしてリダイレクトするのに役立ち、SEO ランキングの低下を防ぎます。

  • 投稿者 SEO
    Google のヘルプフルコンテンツアップデート (HCU) に対応できるように、カスタム投稿者プロフィールページ、投稿者の自己紹介ボックス、関連する投稿者スキーマを追加して Google EEAT スコアを上げます。

  • SEO 監査チェックリスト
    包括的な SEO 監査チェックリストで SEO ランキングを向上させることができます。

  • ナレッジグラフサポート
    SEO ナレッジパネルを使用して、サイトの検索結果の外観を改善できます。

  • Google サイトリンクと検索ボックス
    当社の SEO マークアップによって、ブランドのサイトリンクと検索ボックスを表示させることができます。

  • 目次
    コンテンツの目次を自動生成し、見出しやアンカーをカスタマイズします。見出しを非表示にしたり並び替えたりすることも可能です。

SEO プラグインの高度な機能

  • ユーザーアクセスコントロール
    高度な SEO アクセスコントロールを使用して、SEO 設定を管理できるユーザーをコントロールします。

  • WordPress REST API
    WordPress REST API を使用して SEO メタデータを管理します。ヘッドレス WordPress インストールに最適です。

  • 高度な Robots メタ SEO 設定
    no inde、no follow、no archive、no snippet、max snippet、max video などをきめ細かくコントロールできます。

  • SEO 用 RSS コンテンツ
    コンテンツスクレイピングによる SEO ランキングへの悪影響を防ぎます。

  • 完全サイトリダイレクト
    サイトの統合やドメインの切り替えを行う場合、完全サイトリダイレクトなら、SEO ランキングに悪影響を与えることなく、簡単にドメインを切り替えることができます。

  • スマートメタタイトルとディスクリプション
    自動 SEO 生成、動的 SEO スマートタグ、絵文字の追加、ショートコードの追加など、検索結果で目立つための機能を提供します。

  • スマートパンくずリスト
    パンくずリストナビゲーションを追加して、ユーザーエクスペリエンスを改善し、SEO ランキングを上げることができます。SEO JSON+LD を完全サポートしています。

  • 自動画像 SEO
    画像タイトル、クリーンな SEO 画像ファイル名などを自動生成することで、画像のランキング向上を後押しします。

  • 高度な SEO 正準 URL
    自動正準 URL を使用して、SEO における重複コンテンツを防ぎます。

  • SEO クリーンアップ / SEO 手動ペナルティの解除
    リンクアシスタントのドメインレポート機能は、ワンクリックで特定のドメインのリンクをすべて自動的に削除します。SEO のクリーンアップを行う際に大幅な時間の節約になります。

  • リンクの可能性レポート
    スマートなアルゴリズムで、より効果的な内部リンクの可能性を確認します。数回クリックするだけで簡単に内部リンクを追加できます。

  • Robots.txt エディター
    WordPress の SEO robots.txt ファイルを管理してカスタマイズします。

  • クロールクォータ管理
    クロールクリーンアップ機能は、検索エンジンのクロールクォータを管理し、重要なコンテンツをよりすばやくインデックスできます。

  • SEO のためのタイトルと nofollow
    外部リンクにタイトルと nofollow を簡単に追加できます。

  • 見出しアナライザ
    ページや投稿の見出しを分析し、CTR や SEO ランキングを向上させます。

  • 競合サイトの SEO 分析
    競合 SEO 分析を使って SEO 最適化を改善し、競合より上位にランクできます。

  • SEO コードスニペット
    SEO コードスニペット用 WPCode プラグインとの統合により、SEO のあらゆる側面をさらにカスタマイズできます。

WordPress SEO の連携

  • Google Search Console 連携
    Google ウェブマスターツールや Google Search Console に接続して、SEO 分析情報 (コンテンツランキング、キーワードランキング、ページスピード分析、投稿インデックスステータスなど) を WordPress ダッシュボードで直接確認できます。

  • WooCommerce SEO
    WooCommerce の SEO ランキングを向上させます。WooCommerce の商品ページ、商品カテゴリーなどを簡単に最適化し、最高の eコマース SEO 結果を実現します。

  • Knowledge Panel SEO
    Improve website SEO appearance by adding social media profile links for Facebook, Twitter, Wikipedia, Instagram, LinkedIn, Yelp, YouTube, and more.

  • ウェブマスターツール連携
    Google Search Console、Bing SEO、Yandex SEO、Baidu SEO、Google アナリティクス、Pinterest サイト検証など、すべてのウェブマスターツールと接続できます。

  • ソーシャルメディア連携
    Facebook SEO、Twitter SEO、Pinterest SEO と連携してより優れたサイトプレビューを実現します。

  • Google AMP SEO 連携
    Google AMP SEO を使用してモバイル SEO ランキングを向上させます。

  • Semrush SEO 連携
    Semrush SEO との連携により、追加の SEO キーワードを確認できます。

  • OpenAI 連携
    ChatGPT を使用して SEO タイトルとメタディスクリプションを作成し、SEO ランキングを向上させます。

  • Microsoft Clarity 連携
    ヒートマップとセッション記録で訪問者のインタラクションを確認できます。

  • IndexNow 連携
    Bing と Yandex に即座に通知し、SEO インデックスを高速化します。

  • Elementor SEO
    ランディングページの Elementor SEO を改善します。

  • Divi SEO
    ランディングページの Divi SEO を改善します。

  • SeedProd SEO
    SeedProd のランディングページを SEO に最適化します。

  • Open Graph をサポート
    Open Graph メタデータを使用して、SEO ランキングを向上させます。

WordPress SEO プラグインのインポーター

現在の SEO プラグインに満足していませんか ? ポイント & クリックの自動 SEO データ転送ツールで、簡単に SEO 移行を実行できます。現在、次の SEO ツールからの SEO 移行をサポートしています。

  • Yoast SEO インポーター
  • Yoast SEO Premium インポーター
  • Rank Math SEO インポーター
  • SEOPress

また、次のプラグインからの SEO リダイレクトのインポートもサポートしています。

  • Redirection プラグイン
  • Simple 301 Redirects インポーター
  • 安全なリダイレクトマネージャー
  • 301 Redirects インポーター

それ以外にも、当社の SEO 移行ツールは次にも役立ちます。

  • AIOSEO 設定をサイト間でインポート/エクスポート
  • SEO 設定のバックアップを作成
  • XML サイトマップに追加のページをインポートするための CSV サイトマップをインポート

AIOSEO が WordPress で最高の SEO プラグインと評価される理由をご理解いただけだことでしょう。

AIOSEO を試してみてください。

より多くの SEO 機能のロックを解除したい場合、AIOSEO Pro にアップグレードしてください。

クレジット

このプラグインは Benjamin RojasSyed Balkhi によって作成されました。

ブランディングガイドライン

AIOSEO® は、Semper Plugins LLC の登録商標です。AIOSEO による WordPress SEOプラグインについて書くときは、次の形式を使用してください。

  • AIOSEO (正確)
  • All in One SEO (正確)
  • AIO SEO (不正確)
  • All in 1 SEO (不正確)
  • AISEO (不正確)

スクリーンショット

  • SEO コンテンツ アナライザ (Gutenberg)
  • SEO コンテンツアナライザ (Classic Editor)
  • SEO セットアップウィザード
  • SEO サイト分析
  • ウェブマスターツールの接続
  • ソーシャルメディア連携
  • ローカル SEO
  • サイトマップ
  • 検索の外観設定
  • Robots.txt エディター
  • RSS コンテンツコントロール
  • 見出し分析
  • リダイレクトマネージャー
  • リンクアシスタント

ブロック

このプラグインは9個のブロックを提供します。

  • AIOSEO – Breadcrumbs
  • AIOSEO – HTML Sitemap
  • AIOSEO – FAQ with JSON Schema
  • AIOSEO – Table of Contents
  • AIOSEO – Local Business Info
  • AIOSEO – Local Business Location Categories
  • AIOSEO – Local Business Locations
  • AIOSEO – Local Business Google Map
  • AIOSEO – Reviewer Name (E-E-A-T)

FAQ

AIOSEO チームに SEO のサポートを依頼する前に、AIOSEOの完全なドキュメントをご覧ください。

誰が AIOSEO を使用する必要がありますか?

SEO 対策は、すべてのサイトに必要不可欠です。AIOSEO は、ビジネスオーナー、ブロガー、マーケティング担当者、デザイナー、開発者、写真家、そして基本的にすべての人に最適です。検索で上位にランクインしたい場合は、AIOSEO WordPress SEO プラグインを使用する必要があります。

AIOSEO はどのテーマをサポートしていますか?

AIOSEO は、すべての WordPress のテーマで動作します。AIOSEO を有効にするだけで、あなたの WordPress のテーマは SEO フレンドリーになります。

AIOSEO はサイトを遅くしませんか ?

いいえ、AIOSEO はサイトを遅くすることはありません。私たちは、スピードが SEO にとって重要であることを理解しています。だからこそ、私たちのコードは、最大のパフォーマンスを得るために適切に最適化されているのです。高速なサイトは、検索で上位にランクされることを覚えておいてください。AIOSEO で SEO 対策を行いましょう。

クライアントサイトで AIOSEO を使用できますか?

はい、クライアントサイトで AIOSEO を使用することができます。

AIOSEO サイトマップは、デフォルトの WordPress サイトマップよりも優れていますか?

はい、AIOSEO スマートサイトマップは、デフォルトの WordPress サイトマップよりもはるかに最適化されています。AIOSEO を使用すると、AIOSEO の XML サイトマップがデフォルトの WordPress サイトマップを上書きするため、SEO ランキングを向上させることができます。

また、ニュース サイトマップ、ビデオ サイトマップ、RSS サイトマップなどの高度な SEO サイトマップも提供しています。

SEO サイトマップには、サイトマップごとのリンク、投稿タイプや分類法を有効/無効にする、サイトマップに特定のリンクを含める/除外する、サイトマップに WordPress 以外のページを追加する、サイトマップの優先度とカスタマイズなどの詳細な制御が付属しています サイトの各セクションの頻度など。

これが、専門家が AIOSEO を最高の WordPress SEO プラグインとして評価する理由です。

AIOSEO は SEO 検証に役立ちますか?

はい。AIOSEO は、さまざまなウェブマスターツール (Google Search Console、Bing ウェブマスターツール、Yandex、Baidu、Pinterest、必要なその他のサイト検証) と接続し、サイトの SEO 検証に役立ちます。

なぜ AIOSEO は他の SEO プラグインよりも優れているのですか?

WordPress の SEO プラグインはたくさんあります。 他のものとは異なり、AIOSEO WordPress SEO プラグインは常に信頼できます。 当社の SEO 機能は結果重視 (肥大化なし) であり、優れたカスタマー サポートを提供します。

AIOSEO は元祖 WordPress SEO プラグインであり、300 万以上の Web サイト所有者から信頼されています。

XML サイトマップは本当に必要なのでしょうか ?

XML サイトマップは 、Google や他の検索エンジンがサイトのすべてのページを見つけることができるようにします。

XML サイトマップは、サイトのすべてのコンテンツのリストです。サイトマップは検索エンジンボットがサイトのすべてのコンテンツを1か所で簡単に確認するために役立ちます。XML サイトマップファイルは人間の訪問者の目にはつきませんが、Google のような検索エンジンは見ることができます。

XML サイトマップがないと、一部のサイトページは Google の検索結果に表示されることがなく、トラフィックを得ることもできません。

XML サイトマップは、検索結果に含めたくないページを Google に伝えるためにも役立ちます。これにより、SEO のキーワードカニバリゼーションや重複コンテンツの問題を防ぐことができます。

SEO 戦略の一環として、XML サイトマップはドメインオーソリティを向上し、Google、Bing やその他の検索エンジンからより多くのトラフィックを獲得するために役立ちます

AIOSEO を使うと Google Search Console 内に簡単にサイトマップリストを取得できるため、コンテンツを今日からすぐにインデックス化することができます。

AIOSEO は Google Search Console と直接連携できますか ?

もちろんです ! Google Search Console との連携により、Google でのサイトのプレゼンスをモニタリングして維持できます。直接の連携により、クリック数、インプレッション数、各キーワードでサイトのコンテンツが Google 検索結果に表示される平均ポジションなど、サイトの重要な情報を簡単に確認できます。また、Google の Page Speed Insights を使って、WordPress ダッシュボードで直接、コンテンツのページスピードを追跡することもできます。

また、AIOSEO は、最も頻繁に使用されているキーワード、サイトで最も人気があるページ、クロールエラーや発生する可能性があるセキュリティ上の問題などに関するデータも提供します。Google Search Console との連携により、AIOSEO は SEO を向上し、オンラインでの全般的な表示を高めるために役立つ、貴重な分析をサイト所有者に提供します。この連携により、経時的なサイトの変化を追跡し、データに基づいた決定をして、SEO の目標達成に役立てることができます。

評価

2024年6月19日
I’ve installed AIOSEO today to my two websites, after a very long time, right after reading their comparison between other SEO plugins. It doesn’t take too long to be disappointed, though. When I saw the taxonomy settings, I was surprised to see a simple feature such as removing “Category” base requires PRO version. I am sorry, but you cannot milk money from us for everything you provide us with. I am not willing to pay you any money before trying out how strong or weak your plugin is. Besides, it’s not a PRO feature at all, why do you even require PRO for it? All other SEO plugins give away that feature with their free versions. I am certainly not willing to pay you any more for small features that I can have with small plugins in the repository.This was a small but a strong cue for me to stay away from AIOSEO and I instantly uninstalled it from both sites. The end of the story.
2024年6月19日
I just love how Aiseo helps me for my SEO ranking. Even if i am just using a free version yet, it helps me a lot. I am just started so i can not afford yet the pro verion with has the full access, I will soon.
2024年6月18日
I have finished the Korean translation for ‘All in One SEO – Powerful SEO Plugin to Boost SEO Rankings & Increase Traffic’I just want to say thank you for developing such a good plugin.And I hope it will be translated into more languages so that many WordPress users can use it conveniently. ‘All in One SEO – Powerful SEO Plugin to Boost SEO Rankings & Increase Traffic’ 의 한국어 번역을 모두 마쳤습니다.좋은 플러그인을 개발해주어서 고맙다는 인사를 전하고 싶습니다.그리고 All in One SEO – Powerful SEO Plugin to Boost SEO Rankings & Increase Traffic 플러그인이 보다 다양한 언어로 번역되어 많은 워드프레스 사용자들이 편리하게 사용할 수 있기를 바랍니다.
4,234件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

All in One SEO – Powerful SEO Plugin to Boost SEO Rankings & Increase Traffic はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“All in One SEO – Powerful SEO Plugin to Boost SEO Rankings & Increase Traffic” は56ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“All in One SEO – Powerful SEO Plugin to Boost SEO Rankings & Increase Traffic” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

New in Version 4.6.4

  • New: Added support for Course Info schema and integrated it with various membership plugins including MemberPress, MemberMouse and Wishlist Member.
  • Updated: Organization schema has been updated to Google’s latest specifications. Various new fields have been added, including Organization Description, E-mail Address, Address, Founding Date and Number of Employees.
  • Updated: Website Name, Organization Name and Organization Description fields now support smart tags.
  • Updated: Schema graphs from AIOSEO blocks are now visible in the graph overview and schema validator. Click the icon in their card to highlight them in the Block Editor.
  • Updated: Added support for the valueAddedTaxIncluded field to autogenerated WooCommerce Product schema.
  • Updated: Added support for delivery times to generic Product schema.
  • Updated: Schema validator now regenerates the schema preview more frequently to provide more accurate results.
  • Updated: Increased height of Schema Generator modal in Block Editor.
  • Fixed: SEO Preview no longer sends an absurd amount of requests to REST API to get the schema output.
  • Fixed: Saved templates not showing their graph subtype (if applicable) in the schema templates overview.
  • Fixed: Label of phone number input fields no longer turns green when phone number is valid.

New in Version 4.6.3

  • Updated: New filters have been added to adjust the number of posts per action during the import process from other SEO plugins.
  • Updated: Added a filter to whitelist user IDs for the Author SEO tab in user profile settings for users without post editing permissions.
  • Updated: OpenAI support for Project API keys.
  • Updated: Improved scanning for sitemaps to prevent race conditions.
  • Fixed: AIOSEO addons can now be activated on subsites even when the license key was activated on a network level.
  • Fixed: Local SEO information not showing up on Validate Schema feature.
  • Fixed: SERP Preview breadcrumbs were not displaying correctly if the trail was too large.
  • Fixed: “Free” label was missing for zero-priced products in rich snippets on SEO/SERP Preview.
  • Fixed: Primary term and SEO Preview conflict with the plugin Perfect Brands for WooCommerce.
  • Fixed: Redirect’s custom rule tooltip UI when testing a redirect.
  • Fixed: Redirects now allow importing 4xx and 5xx types via the JSON importer.
  • Fixed: Posts from the REST API posts were returning the same canonical URL due to internal caching.
  • Fixed: Sitemap URL count and Last updated date when the sitemap URL has a query string.
  • Fixed: Fixed Divi page builder conflict.
  • Fixed: Deleting a redirect now instantly clears the redirect cache.
  • Fixed: Link Assistant UI would sometimes not work with orphaned posts.
  • Fixed: Scheduled Posts now display the appropriate Published Date in the Sitemap instead of the Scheduled Date.
  • Fixed: Export Settings API route was missing.

バージョン4.6.2の更新

  • 新規: Google Search Console の自動サイト検証とサイトマップ送信 – サイトを自動的に検証し、数回クリックするだけでサイトを Google Search Console サイトマップと接続してサイトマップを送信できるようになりました !
  • 修正済み: Divi アドオンモジュールとのプラグイン競合によって、投稿の編集時に致命的なエラーが発生することがありました。

バージョン4.6.1.1の更新

  • 修正済み: MonsterInsights ディメンションアドオンとの競合がありました。

バージョン4.6.1の更新

  • 更新済み: パフォーマンスを改善するため、リダイレクトと404のログ記録を最適化しました。
  • 更新済み: WooCommerce のアカウント、お買い物カゴ、購入手続きなど対象外のページでは TruSeo スコアの算出を廃止しました。
  • 更新済み: SERP プレビューでは、サイトのホスト名ではなく、ナレッジグラフのサイト名を優先的に使用するようになりました。
  • 更新済み: ローカル SEO ビジネス情報ブロックの FAX アイコンを新規で追加しました。
  • 更新済み: ソーシャルネットワークとユーザープロフィールの設定のサポート対象ソーシャルプロフィールのリストに、新規オプションとして WordPress を追加しました。
  • 更新済み: すべてのスマートタグフィールドと HTML Sitemap ショートコードのセキュリティを強化しました。
  • 修正済み: サブサイトで競合するプラグイン通知の削除や、サイトネットワーク全体でのライセンスステータスの即時更新など、マルチサイトのライセンスに関するさまざまな問題を修正しました。
  • 修正済み: ページビルダーのソーシャル設定に「アイキャッチ画像」オプションがありませんでした。
  • 修正済み: 画像 URL が提供されていない場合、ソーシャル投稿のデフォルト画像が正しく表示されませんでした。
  • 修正済み: Yandex 向けに提供された「ロシア語」バージョンのページがキャッシュされた際に、Google がサイトリンクスキーマに関連するエラーをスローする稀な問題を修正しました。
  • 修正済み: 投稿に noindex が設定されるか、有効な結果がない場合、投稿インデックスのステータスは再検証されません。
  • 修正済み: Localization.php のパーマリンク生成をリファクタリングし、タームに get_term_link を使用するようにしました。
  • 修正済み: 未定義の WP 関数によるエラーを防ぐため、アクセスコントロールでは、すべてのプラグインが完全に読み込まれた後に、権限グループを正しく読み込むようになりました。
  • 修正済み: Mozilla Firefox 使用時にリダイレクト CSV サンプルファイルが正しくダウンロードされませんでした。
  • 修正済み: リダイレクトのソース URL またはターゲット URL に疑問符を追加した場合にコンソールエラーが発生していました。
  • 修正済み: AMP プラグインとの競合がありました。

バージョン4.6.0の更新

  • 新規: リンク切れチェッカーとリダイレクトの統合 – AIOSEO リダイレクトとリンク切れチェッカーの両方を使用している場合、リンクレポート内に (リンク切れ) リンクがある際には簡単にリダイレクトを追加できるようになりました。
  • 更新済み: Broken Link Checker (リンク切れチェッカー) 1.2.0および AIOSEO Redirects 1.3.9との互換性を確保しました。
  • 修正済み: 以前は適切に翻訳できなかったいくつかの文字列をローカライズしました。

バージョン4.5.9.2の更新

  • 更新済み: WordPress 6.5との互換性を修正しました。

バージョン4.5.9.1の更新

  • 修正済み: マルチサイトにおいて、WordPress プラグインの読み込みが早すぎるために SECURE_AUTH_COOKIE 定数が設定されず、PHP エラーが発生することがありました。
  • 修正済み: 古い無効なオプションデータのために、更新移行時に PHP エラーが発生することがありました。

バージョン4.5.9の更新

  • 更新: SEO アナライザのさまざまな改善と背後で行われたバグ修正により、結果の精度が向上しました。
  • 更新済み: リダイレクトと404の URL のログ記録をスキップするためのフィルターを追加しました。
  • 更新済み: 新規ユーザーに対して「カノニカル URL をページ送りしない」設定を非推奨にしました。
  • 修正済み: WooCommerce のバーチャル商品、ダウンロード可能商品、無料の商品について、商品スキーマが正しく出力されるようになりました。
  • 修正済み: 組織イメージのタイプが指定されていないと、スキーマ検証ツールでエラーが発生していました。
  • 修正済み: max-video-previewrobots メタ値を 0 に設定すると出力されませんでした。
  • 修正: パーマリンクの末尾にスラッシュがない場合でも、検索統計は、適合する正しい投稿を見つけられるようになりました。
  • 修正済み: Avada ビルダーのスタイルが投稿者 SEO (E-E-A-T) ブロックに適用されなくなりました。
  • 修正済み: SeedProd ビルダーのスタイルが AIOSEO メタボックスに適用されないようになりました。
  • 修正済み: ページが有効な AMP ページでない場合でも、正準 URL で “/amp” スラッグが削除されなくなりました。
  • 修正済み: WPBakery プラグインが有効化されていない場合に PHP エラーが発生していました。
  • 修正済み: wp_get_current_user 関数が未宣言の場合、PHP エラーが稀に発生していました。
  • 修正済み: capability 変数が文字列ではなく配列であるために、PHP エラーが稀に引き起こされていました。
  • 修正済み: 画像 SEO アドオンのオブジェクトプロパティに対する PHP 警告を修正しました。
  • 修正済み: リダイレクト CSV インポートで、インポートに失敗した一部の URL が表示されていませんでした。

バージョン4.5.8の更新

  • 新規: クエリー引数モニター – サイトで使用されているクエリー引数をモニターし、ブロックします。これにより、検索エンジンが、認識できないクエリー引数を持つページのすべてのバリエーションをクロールするのを防ぎ、クロールクォータを節約することができます。
  • 更新済み: 新しい ACF 画像データ形式との互換性が確保されました。
  • 修正済み: 特定の言語の使用時に TruSEO がフリーズすることがありました。

これまでのリリースの更新履歴は、aioseo.com でご覧ください。