All in One SEO – ベスト WordPress SEO プラグイン – 簡単に SEO ランキングを向上してトラフィックを増加

説明

AIOSEO – ベスト WordPress SEOプラグイン & ツールキット

All in One SEO for WordPress は、2007年にリリースされた WordPress SEO プラグインです。300万人以上のサイトオーナーがこのプラグイン使用して WordPress の SEO を適切に設定し、検索エンジンでサイトを上位にランクインさせています。

WordPress の SEO を適切に設定するために、SEO の専門家や開発者を雇う必要はないと考えています。そのため、最も包括的な WordPress SEOプラグインおよびマーケティングツールキットである AIOSEO を構築しました。AIOSEO を使うと、サイトの SEO ランキングを向上し、10 分以下で新たな SEO の成長機会を明らかにできます。

All in One SEO (AIOSEO) では、ユーザーエクスペリエンスを最優先しています。SEO のエキスパートチームが、サイトの SEO 設定や現行の SEO 最適化など、検索結果で競合を上回るために役立つ簡単な SEO ワークフローを作成しました。これこそ、AIOSEO が多くの業界リーダーから初心者に最も優しい簡単でパワフルな WordPress SEO プラグイン として評価される理由です。

AIOSEO の WordPress SEO プラグインの機能は、最新の SEO 規格と SEO のベストプラクティスに従っており、Google やその他の一般的な検索エンジンアルゴリズムのために高度に最適化されています。正直、AIOSEO は、世界で最高の WordPress SEOプラグインであると言えます。

AIOSEO Pro
このプラグインは、All in One WordPress SEO Pro プラグインのライト版です。All in One WordPress SEO Pro には検索エンジンで上位にランクするために必要なあらゆる SEO 機能が揃っています。これには、スマート SEO スキーママークアップ、高度な SEO モジュール、パワフルな SEO サイトマップスイート、ローカル SEO モジュール、Google AMP SEO、WooCommerce SEO やその他さまざまな機能が含まれます。最高のプレミアム WordPress SEO プラグインを今すぐ購入するには、こちらをクリックしてください !

WordPress の SEO を最適化する手間を省き、簡単にしました。賢明なビジネス オーナー、SEO エキスパート、マーケティング担当者、開発者が AIOSEO を気に入る理由をこちらで確認してください。あなたにも気に入ってもらえるはずです !

✨ WordPress SEO を適切に設定 (エキスパートを雇う必要はありません)

AIOSEO なら、WordPress SEO を今すぐ簡単に設定できます。スマートな WordPress SEO 設定ウィザードが、あなたの業界独自のニーズに基づいて、サイトの SEO 設定の最適化をお手伝いします。

10分以下で、XML サイトマップ、最適化された検索表示、SEO メタタイトル、SEO メタ説明、SEO キーワード、Open Graph SEO Knowledge Panel 情報、ソーシャルメディア連携、SEO 検索コンソール (Google Search Console) / ウェブマスターツールとの接続、ローカル SEO、SEO 用スキーママークアップなど、高度な WordPress SEO 機能をご利用いただけます。

もちろん、私たちの言葉を鵜呑みにせず、他のサイトオーナーがどのように言っているかをご覧ください。

迅速で信頼でき、完全にコントロール可能。この何年かで、ほぼすべての WP SEO プラグインを試しましたが、AIOSEO の充実した機能、シンプルさ、すばやいワークフローには驚きました❤️
@aaronbol

✨ TruSEO 分析で、SEO でより上位にランキングされるようにページを最適化

かつては、SEO 最適化コンテンツの作成は困難でしたが、それはなぜでしょうか?

なぜなら、大半のビジネス所有者は SEO エキスパートではないからです。

そのため、TruSEO スコアを作成しました。これにより、より詳細な SEO 最適化分析と実行可能な SEO チェックリストを得ることができ、あらゆるキーワードに対してサイトページを簡単に最適化し、SEO ランキングの上位と最大限のトラフィックを獲得することができます。

当社の SEO コンテンツ分析ツールは Gutenberg ブロックエディターと Classic Editor の両方でデフォルトで有効になっているため、ブログ投稿やページ (SEO メタタイトル、SEO メタ説明、SEO キーワードなど) の SEO キーワードをすばやく最適化し、SEO ランキングを向上できます。

SEO の読みやすさ分析では、SEO のメリットを最大限に引き出すためにコンテンツを改善する方法について、さらに詳しい洞察を得ることができます。

TruSEO 分析がすばらしいのは、無制限の SEO キーワードに対して投稿やページの最適化に使用できることです。

✨ ウェブマスターツールやソーシャルメディアとシームレスに SEO 連携

WordPress 用 の All in One SEO は、Facebook、Twitter、Pinterest、YouTube、LinkedIn、Instagram などの人気ソーシャルメディアプラットフォームとシームレスに統合しています。

これにより、ウェブサイトのプレビューが検索エンジン (SEO) とソーシャルメディアネットワークの両方に最適化されます (Open Graph プロトコルを使用して、SEO メタタイトル、SEO メタ説明や画像を最適化)。

AIOSEO では、Google Search Console (XML サイトマップと高度なレポートを WordPress ダッシュボードに直接表示)、Bing ウェブマスターツール、Yandex ウェブマスターツール、Baidu ウェブマスターツール、Google アナリティクス、Microsoft Clarity など、その他すべての SEO ウェブマスターツールとサイトを簡単に接続できます。

これにより、SEO の結果と進行状況を簡単に測定できます。

私はプロの SEO 業者であり、多くのツールや拡張機能を使用してきました。シンプルさ、個性、設定の可能性という点では、All in One SEO Pro は WordPress の SEO プラグインの中でダントツに優れていると思います。

Joel Steinmann

✨ スマート XML サイトマップとリッチスニペット (SEO スキーママークアップ)

適切なサイトの SEO マークアップは、SEO ランキングの向上に重要な役割を果たすため、賢明な SEO の専門家は、オンページ SEO 最適化に AIOSEO を使用しています。

XML サイトマップは、サイトのすべてのコンテンツのリストです。サイトマップは検索エンジンボットがサイトのすべてのコンテンツを1か所で簡単に確認するために役立ちます。XML サイトマップファイルは人間の訪問者の目にはつきませんが、Google のような検索エンジンは見ることができます。

Google Search Console 内に XML サイトマップが追加されていないと、一部のサイトのページが Google の検索結果に含まれない可能性があり、トラフィックを獲得できません。XML サイトマップは、検索結果に含めたくないページを Google に伝えるためにも役立ちます。

包括的な WordPress XML サイトマップ機能 (Google Search Console 内で簡単に設定可能) に加え、ニュース SEO サイトマップと動画 SEO サイトマップも利用でき、サイトの SEO ランキングの向上と、さらなるトラフィックの獲得に役立ちます。

AIOSEO には、SEO リッチスニペット、Google に特化したスニペット、SEO のパンくずリストサイトリンク、画像 SEO 検索結果により、より多くのトラフィックを獲得するために役立つスマート SEO スキーママークアップ機能が組み込まれています。

また、イベント、求人投稿、レシピ、ハウツー、ソフトウェアアプリケーション、製品向けのカスタムスキーマを大量に出力する、簡単に使うことができる次世代スキーマジェネレータやその他の機能も提供しています。

最高の SEO プラグイン。All in One SEO は最高の SEO プラグインです。個人的には、Yoast よりも優れていると思います。設定の自由度が高いプラグインです。
hanapupu

✨ AIOSEO の最新のリンクアシスタントと OpenAI 連携で、サイトの SEO 対策を強化

AIOSEO が所有する AI テクノロジー「リンクアシスタント」は、ビジネス所有者やサイト所有者がサイトの内部リンク構造を改善できるように設計された強力なツールです。リンクアシスタントを使うと、サイト所有者はすばやく簡単に内部リンクを特定して作成することができ、サイトの検索エンジンランキングの改善に役立ちます。

リンクアシスタントは高度な機械学習アルゴリズムを活用しており、サイトのコンテンツを分析したり、内部リンクに最も関連したページを特定するために設計されています。この情報を使い、ツールはサイトコンテンツに追加できる内部リンクのおすすめリストを作成します。

内部リンク機能に加え、AIOSEO は OpenAI の自然言語処理テクノロジー (ChatGPT) とも連携しており、効果的な SEO タイトルやメタ説明の生成をサポートします。OpenAI の強力な言語モデルを活用することで、AIOSEO はサイト所有者が検索エンジンのユーザーからより多くのクリックを引き付ける、魅力的で最適化されたタイトルや説明の作成をサポートします。

つまり、AIOSEO のリンクアシスタントと OpenAI 連携の組み合わせは、サイト所有者がサイトコンテンツを最適化し、検索エンジンランキングを改善し、ウェブサイトにより多くのオーガニックトラフィックを引き付けるために役立つ強力なツールスイートなのです。

✨ ローカル SEO、WooCommerce SEO、Google AMP などに対応

All in One SEO は世界でも最も包括的な WordPress SEO プラグイン / マーケティングツールキットです。

ローカル企業向けに、Google ナレッジグラフと Schema.org のマークアップを完全サポートしています。Local SEO モジュールを使用して、複数の事業所、営業時間、連絡先情報 (ビジネスメール、勤務先、勤務先住所など) などを追加できます。

AIOSEO を使うと、WooCommerce SEO も簡単になります。当社の SEO プラグインなら、製品ページや製品カテゴリーを最適化して、わずか数クリックで SEO ランキングを向上できます。AIOSEO は Google Merchant Center も完全サポート。追加カスタマイズをすることなく、必要なスキーマを追加するだけです。

AIOSEO は、オリジナルの WordPress SEO プラグインで、メンバーシッププラグイン SEO、ランディングページプラグイン SEO、Semrush SEO など、人気のあるすべての WordPress プラグインとのSEO 連携しています。AIOSEO は Google AMP 連携も提供しており、人気のあるスピード / キャッシュプラグインすべてとシームレスに動作します。

WordPress 用の最高の SEO プラグイン。当社では、当社のすべての WordPress サイトとクライアントのサイトで All in One SEO を継続して使用しています。他のすべてのクライアントにもおすすめしています。
MySEOGuy

SEO は非常に重要な機能。AIOSEO はあらゆるサイトに必須のプラグインです !

✨ SEO リダイレクションマネージャーと 404 モニタリング

AIOSEO リダイレクションマネージャーでは、固有の301リダイレクトを設定して、SEO ランキングを改善できます。

その他、302リダイレクト、307リダイレクト、410リダイレクト、404リダイレクト、高度な SEO ニーズに対応した REGEX リダイレクトなど、高度な SEO リダイレクトに対応しています。

404エラーの追跡とリダイレクトを支援する自動404エラーモニターでは、SEO ランキングの低下を防ぐことができます。

リダイレクトの速度は SEO にとって重要であるため、Apache と NGINX の両方のサーバーレベルのリダイレクトを構築し、SEO の効果を最大限に引き出せるようにしました。

✨ All in One SEO の全機能のリスト

  • WordPress SEO セットアップウィザード – 10分未満で WordPress SEO を適切に設定できます。
  • オンページ SEO 最適化 – SEO コードマークアップを最適化します (開発者を雇う必要はありません)。
  • TruSEO スコア – 詳細なコンテンツと読みやすさ分析で、ページを最適化して SEO ランキングを向上できます。
  • スマートメタタイトルと説明 – 自動 SEO 生成、ダイナミック SEO スマートタグなど。
  • 無制限の SEO キーワード – SEO コンテンツアナライザにより、無制限の SEO キーワードに対してページを最適化できます。
  • XML サイトマップ – 高度な XML サイトマップで、SEO ランキングを向上できます (Google Search Console 内で簡単に設定)。
  • 動画 SEO サイトマップ – 動画サイトマップを使って、SEO ランキングを向上できます。
  • ニュース SEO サイトマップ – Google News サイトマップを使って、SEO ランキングを向上できます。
  • RSS SEO サイトマップ – RSS サイトマップを使って、SEO クロール頻度を向上できます。
  • 自動画像 SEO – 画像 SEO モジュールでは、画像のランキングを向上できます。
  • ローカルビジネス SEO – ローカル SEO モジュールを使って、ローカルビジネスの SEO におけるプレゼンスを向上できます。
  • 複数ロケーション SEO – ローカルストアロケーションが複数あるビジネスの SEO 最適化に適しています。
  • リッチスニペットスキーマ – リッチスニペットスキーマを使うと、クリックスルー率 (CTR) を向上し、SEO ランキングを改善できます。
  • SEO ナレッジグラフサポート – SEO ナレッジパネルを使って、検索結果でのサイトの表示を改善できます。
  • 高度な SEO スキーマ – スキーマジェネレータを使って、FAQ スキーマ、製品スキーマ、レシピスキーマ (フードブロガーの SEO)、ソフトウェアアプリケーションスキーママークアップ (SaaS SEO)、オンラインコーススキーマ (コース SEO) などの高度な SEO スキーママークアップを簡単に追加できます。
  • サイトリンク検索ボックス – Google SEO ランキングで、検索ボックスを表示できるようにします。
  • Google サイトリンク – SEO マークアップを使って、ブランドのサイトリンクを取得できるようにします。
  • Robots.txt エディター – 簡単に使える SEO robots.txt を使って、SEO ロボットに見える内容をコントロールできます。
  • SEO 監査チェックリスト – SEO 監査チェックリストを使って、サイトの SEO ランキングを向上できます。
  • Google Search Console – WordPress サイトを Google ウェブマスターツールや Google Search Console に接続して、WordPress ダッシュボードで追加の SEO 分析 (コンテンツランキング、キーワードランキング、キーワードトラッキング、ページスピード分析など) を直接確認し、XML サイトマップをすぐに送信できます。
  • 検索エンジン検証ツール – 人気の高い他の SEO ウェブマスターツールと簡単に連携して、検索結果での表示を改善できます。
  • Google AMP SEO – Google AMP SEO を使って、モバイル SEO ランキングを向上できます。
  • 高度な SEO 正規 URL – 自動の正規 URL を使って、SEO でコンテンツが複製されることを防ぎ、SEO ランキングを向上できます。
  • 高度なロボットメタ SEO 設定 – インデックスなし、フォローなし、アーカイブなし、スニペットなし、スニペット最大、動画最大など、細かくコントロールできます。
  • AI によるタイトル / ディスクリプションジェネレータ – OpenAI の ChatGPT を使用して、SEO タイトルやメタディスクリプションを生成し、ランキングを向上できます。
  • SEO リビジョン – SEO の変更履歴を記録し、その効果をモニタリング。ワンクリックで以前のバージョンを復元します。
  • SEO 用 RSS コンテンツ – 当社の RSS コンテンツツールを使って、コンテンツ盗用による SEO ランキングへの悪影響を防ぐことができます。
  • ユーザーアクセスコントロール – 高度な SEO アクセスコントロールを使って、SEO 設定を管理できる人をコントロールします。
  • 競合サイトの SEO 分析 – 競合 SEO 分析を使って自社のサイトの SEO 最適化を改善し、競合より上位にランクできます。
  • スマートパンくずリスト – パンくずリストナビゲーションを追加して、ユーザーエクスペリエンスを改善し、SEO ランキングを向上できます。SEO JSON+LD を完全サポートしています。
  • スマート SEO リダイレクト – 適切な301リダイレクトを設定し、SEO ランキングを改善します。
  • SEO 用404エラーモニター – サイトの404エラーをモニタリングし、適切な SEO リダイレクトを設定して、SEO ランキングの低下を防ぎます。
  • SEO 用タイトルと Nofollow – タイトルや nofollow を外部リンクに簡単に追加できるようにし、SEO ランキングを改善します。
  • リンクアシスタント – すべての内部リンク / 外部リンクのレポートを確認して、内部リンクの機会に関する質の高い提案を取得できます。
  • 見出し分析 – ページや投稿の見出しを分析し、SEO ランキングが改善するようにサイトを最適化します。
  • IndexNow 連携 – サイトのコンテンツに行われた SEO の変更を、Bing と Yandex に瞬時に通知します。
  • Microsoft Clarity 連携 – ヒートマップやセッションレコーディングを使って、ユーザーのサイトとのインタラクションに対する理解を深めます。
  • WordPress REST API 連携 – WordPress REST API を使って投稿やタームの SEO メタを管理し、ヘッドレス WordPress インストールとシームレスに連携します。
  • クロールクォータ管理 – クロールクリーンアップ機能を使って、検索エンジンのクロールクォータを管理し、重要なコンテンツをよりすばやくインデックス化できます。
  • Slack スタイルの絵文字ピッカー – メタタイトルや説明に絵文字 ❤️ を使って検索結果で注目を集め、ランキングを向上できます。🎉🚀

✨ WordPress SEO の連携

  • WooCommerce SEO – WooCommerce の製品ページを最適化して、WooCommerce ストアの SEO ランキングを向上できます。
  • MemberPress SEO – MemberPress コースページを最適化して、メンバーシップサイトの SEO ランキングを向上できます。
  • Elementor SEO – Elementor ランディングページに SEO 最適化を追加します。
  • Divi SEO – Divi ランディングページに SEO 最適化を追加します。
  • SeedProd SEO – SeedProd ランディングページに SEO 最適化を追加します。
  • LearnDash SEO – LearnDash コース用の SEO 最適化。
  • Facebook SEO – Facebook でのサイトプレビューを SEO に最適化します。
  • Twitter SEO – Twitter でのサイトプレビューを SEO に最適化します。
  • Pinterest SEO – Pinterest でのサイトプレビューを SEO に最適化します。
  • Open Graph をサポート – Open Graph メタデータを使って、SEO を改善します。
  • ナレッジパネル SEO – Facebook、Twitter、Wikipedia、Instagram、LinkedIn、Yelp、YouTube などのソーシャルメディアのプロフィールリンクを追加して、サイトの SEO 表示を改善します。
  • SEO ウェブマスターツールコネクト – WordPress サイトをさまざまなウェブマスターツールと接続して、SEO ランキングを向上します。
  • Semrush SEO 連携 – Semrush SEO 連携を使用して、追加の SEO キーワードや関連する SEO キーフレーズを確認できます。
  • OpenAI 連携 – 強力な ChatGPT を使用して魅力的な SEO タイトルやメタ説明を作成し、SEO ランキングを向上します。

✨ WordPress SEO プラグインインポーター

  • Yoast SEO インポーター – Yoast SEO から AIOSEO に簡単に切り替えることができます。SEO キーワード、SEO タイトル、メタ説明、XML サイトマップなどを含む、充実した SEO 移行ウィザードを使うことができます。
  • Yoast SEO プレミアムインポーター – SEO リダイレクトを含む Yoast SEO プレミアム設定を、充実した SEO 移行ウィザードを使って AIOSEO に簡単にインポートできます。
  • RankMath SEO インポーター – RankMath SEO から AIOSEO に簡単に切り替えることができます。SEO キーワード、SEO タイトル、メタ説明、XML サイトマップなどを含む、SEO 移行ウィザードを使うことができます。
  • SEOPress インポーター – SEOPress から AIOSEO に簡単に切り替えることができます。SEO キーワード、SEO タイトル、メタ説明、XML サイトマップなどを含む、SEO 移行ウィザードを使うことができます。
  • SEO 設定バックアップ – AIOSEO 設定のバックアップを作成します。
  • 高度な SEO インポート / エクスポート – あるサイトの AIOSEO 設定を別のサイトに簡単にインポート / エクスポートできます。
  • Redirection インポーター – SEO 移行ウィザードを使って、Redirection プラグインから SEO リダイレクトをインポートします。
  • Simple 301 Redirects インポーター – SEO 移行ウィザードを使って、Simple 301 Redirects から SEO リダイレクトをインポートします。
  • Safe Redirection Manager – SEO 移行ウィザードを使って、Safe Redirection Manager から SEO リダイレクトを簡単にインポートします。
  • 301 Redirects – SEO 移行ウィザードを使って、301 Redirects から SEO リダイレクトを簡単にインポートします。
  • CSV サイトマップインポート – CSV を使って、XML サイトマップに追加のページをインポートします。

✨ Gutenberg ブロック

  • 目次 – 投稿の目次を自動で生成します。カスタムヘッダー、カスタムアンカー、ヘッダーを非表示または並べ直す機能などの強力な機能があります。
  • FAQ (よくある質問) – よくある質問を投稿にすばやく追加します。追加された質問は、FAQPage スキーマとして自動的に出力され、ランキングを向上します。
  • HTML サイトマップ – ページと投稿の HTML サイトマップを自動生成します。
  • ローカルビジネス情報 – ビジネス名、住所、連絡先情報など、ビジネスに関連する情報を出力します。
  • ローカルビジネスのロケーション – ローカルビジネスの複数のロケーションのリストを表示します。
  • ローカルビジネスマップ – ロケーションページに道順やレビューのある地図を直接組み込み、顧客が簡単にロケーションを見つけられるようにします。
  • ローカルビジネス営業時間 – ローカルビジネスの営業時間を表示します。
  • パンくずリスト – 現在のページや投稿のパンくずリストの軌跡を出力します。

この機能リストをお読みいただくと、AIOSEO が市場で最高の WordPress SEO プラグインである理由をお分かりいただけるでしょう。

AIOSEO を試してみてください。

より多くの SEO 機能を利用したい場合、 AIOSEO Pro にアップグレードしてください。

謝辞

このプラグインは Benjamin RojasSyed Balkhi によって作成されました。

ブランディングガイドライン

AIOSEO® は、Semper Plugins LLC の登録商標です。AIOSEO による WordPress SEOプラグインについて書くときは、次の形式を使用してください。

  • AIOSEO (正確)
  • All in One SEO (正確)
  • AIO SEO (不正確)
  • All in 1 SEO (不正確)
  • AISEO (不正確)

次のステップ

AIOSEO を気に入っていただけたようでしたら、当社の他のプロジェクトもぜひご覧ください。

  • OptinMonster – WordPress 向けの最も人気のあるコンバージョン最適化プラグインで、より多くのメール購読者を獲得しましょう。
  • WPForms – WordPress 用ナンバー1ドラッグ & ドロップオンラインフォームビルダー。
  • MonsterInsights – 重要な統計を確認して、自信を持ってビジネスを成長させましょう。WordPress に最適な Google Analytics プラグイン。
  • SeedProd – 美しいランディングページをパワフルなドラッグ & ドロップのビルダーで作成します。
  • WP Mail SMTP – 最も人気のある WordPress 用 SMTP プラグインを使用して、コンタクトフォームのメール配信性を向上させます。
  • RafflePress – トラフィックとソーシャル フォロワーを増やすための最高の WordPress 景品とコンテスト プラグイン。
  • Smash Balloon – WordPress のナンバー1ソーシャルフィードプラグイン。コードなしで WordPress にソーシャルメディアコンテンツを表示します。
  • Push Engage – 主要な Web プッシュ通知プラグインを使用して、Web サイトを離れた訪問者とつながります。
  • TrustPulse – リアルタイムの社会的証明通知を追加して、店舗のコンバージョンを最大 15% 向上させます。
  • SearchWP – WordPress の検索品質を向上させる最先端のカスタム WordPress 検索プラグイン。
  • AffiliateWP – WordPress のナンバー 1 アフィリエイト管理プラグイン。 紹介プログラムをオンライン ストアに追加します。
  • WP Simple Pay – WordPress の #1 Stripe 支払いプラグイン。 ショッピング カートを使用せずに、1 回限りまたは定期的な支払いの受け入れを開始します。
  • Easy Digital Downloads – デジタル製品 (電子書籍、ソフトウェア、音楽など) を販売するための最高の WordPress eコマース プラグイン。
  • Sugar Calendar – 簡単で強力な WordPress のシンプルなイベント カレンダー プラグイン。

WPBeginner にアクセスして、WordPress チュートリアルで学び、他の最高の WordPress プラグインをご覧ください。

スクリーンショット

  • SEO コンテンツ アナライザ (Gutenberg)
  • SEO コンテンツアナライザ (Classic Editor)
  • SEO セットアップウィザード
  • SEO サイト分析
  • ウェブマスターツールの接続
  • ソーシャルメディア連携
  • ローカル SEO
  • サイトマップ
  • 検索の外観設定
  • Robots.txt エディター
  • RSS コンテンツコントロール
  • 見出し分析
  • リダイレクトマネージャー
  • リンクアシスタント

ブロック

このプラグインは9個のブロックを提供します。

  • AIOSEO - Breadcrumbs
  • AIOSEO - HTML Sitemap
  • AIOSEO - FAQ with JSON Schema
  • AIOSEO - Table of Contents
  • AIOSEO - Local Business Info
  • AIOSEO - Local Business Location Categories
  • AIOSEO - Local Business Locations
  • AIOSEO - Local Business Google Map
  • AIOSEO - Local Business Opening Hours

FAQ

AIOSEO チームに SEO のサポートを依頼する前に、AIOSEOの完全なドキュメントをご覧ください。

誰が AIOSEO を使用する必要がありますか?

SEO 対策は、すべてのサイトに必要不可欠です。AIOSEO は、ビジネスオーナー、ブロガー、マーケティング担当者、デザイナー、開発者、写真家、そして基本的にすべての人に最適です。検索で上位にランクインしたい場合は、AIOSEO WordPress SEO プラグインを使用する必要があります。

AIOSEO はどのテーマをサポートしていますか?

AIOSEO は、すべての WordPress のテーマで動作します。AIOSEO を有効にするだけで、あなたの WordPress のテーマは SEO フレンドリーになります。

AIOSEO はサイトを遅くしませんか ?

いいえ、AIOSEO がサイトを遅くすることはありません。私たちは、スピードが SEO にとって重要であることを理解しています。だからこそ、私たちのコードは、最大のパフォーマンスを得るために適切に最適化されています。高速なサイトは、検索で上位にランクされることを覚えておいてください。AIOSEO で SEO 対策を行いましょう。

クライアントサイトで AIOSEO を使用できますか ?

はい、クライアントサイトで AIOSEO を使用することができます。

AIOSEO サイトマップは、デフォルトの WordPress サイトマップよりも優れていますか?

はい、AIOSEO スマートサイトマップは、デフォルトの WordPress サイトマップよりもはるかに最適化されています。AIOSEO を使用すると、AIOSEO の XML サイトマップがデフォルトの WordPress サイトマップを上書きするため、SEO ランキングを向上させることができます。

また、ニュースサイトマップ、動画サイトマップ、RSS サイトマップなどの高度な SEO サイトマップも提供しています。

AIOSEO の SEO サイトマップには、サイトマップごとのリンク、投稿タイプやタクソノミーの有効化 / 無効化、サイトマップに特定のリンクを含む / 除外、サイトマップに WordPress 以外のページを追加、サイトの各セクションでサイトマップの優先度と頻度をカスタマイズなど、細かなコントロールを行うことができます。

これが、専門家が AIOSEO を最高の WordPress SEO プラグインとして評価する理由です。

AIOSEO は SEO 検証に役立ちますか?

はい。AIOSEO は、さまざまなウェブマスターツール (Google Search Console、Bing ウェブマスターツール、Yandex、Baidu、Pinterest、必要なその他のサイト検証) と接続し、サイトの SEO 検証に役立ちます。

なぜ AIOSEO は他の SEO プラグインよりも優れているのですか ?

WordPress の SEO プラグインはたくさんありますが、 他のプラグインとは異なり、AIOSEO WordPress SEO プラグインは、常に信頼できます。当社の SEO 機能は結果重視であり (誇張ではありません)、優れたカスタマーサポートを提供します。

AIOSEO は元祖 WordPress SEO プラグインであり、300 万以上の Web サイト所有者から信頼されています。

XML サイトマップは本当に必要なのでしょうか ?

XML サイトマップは 、Google や他の検索エンジンがサイトのすべてのページを見つけることができるようにします。

XML サイトマップは、サイトのすべてのコンテンツのリストです。サイトマップは検索エンジンボットがサイトのすべてのコンテンツを1か所で簡単に確認するために役立ちます。XML サイトマップファイルは人間の訪問者の目にはつきませんが、Google のような検索エンジンは見ることができます。

XML サイトマップがないと、一部のサイトページは Google の検索結果に表示されることがなく、トラフィックを得ることもできません。

XML サイトマップは、検索結果に含めたくないページを Google に伝えるためにも役立ちます。これにより、SEO のキーワードカニバリゼーションや重複コンテンツの問題を防ぐことができます。

SEO 戦略の一環として、XML サイトマップはドメインオーソリティを向上し、Google、Bing やその他の検索エンジンからより多くのトラフィックを獲得するために役立ちます

AIOSEO を使うと Google Search Console 内に簡単にサイトマップリストを取得できるため、コンテンツを今日からすぐにインデックス化することができます。

AIOSEO は Google Search Console と直接連携できますか ?

もちろんです ! Google Search Console との連携により、Google でのサイトのプレゼンスをモニタリングして維持できます。直接の連携により、クリック数、インプレッション数、各キーワードでサイトのコンテンツが Google 検索結果に表示される平均ポジションなど、サイトの重要な情報を簡単に確認できます。また、Google の Page Speed Insights を使って、WordPress ダッシュボードで直接、コンテンツのページスピードを追跡することもできます。

また、AIOSEO は、最も頻繁に使用されているキーワード、サイトで最も人気があるページ、クロールエラーや発生する可能性があるセキュリティ上の問題などに関するデータも提供します。Google Search Console との連携により、AIOSEO は SEO を向上し、オンラインでの全般的な表示を高めるために役立つ、貴重な分析をサイト所有者に提供します。この連携により、経時的なサイトの変化を追跡し、データに基づいた決定をして、SEO の目標達成に役立てることができます。

評価

2023年12月3日
All in One SEO is our ultimate secret weapon. It saves us time with bulk optimization and client management, while helping local businesses dominate their markets. 💪🏆
2023年11月30日 1 reply
I am impressed with the usefulness of All-in-one-SEO. For a free add-on it works extremely well and helps to get my web site visited more frequently and also help to get visitors to return.
2023年11月30日 1 reply
Our website is very easy to discover thanks to this plug-in. It's so great there is also a free version, as those of us in non-profits often struggle just to have a website at all. Thank you so much!
3,828件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

All in One SEO – ベスト WordPress SEO プラグイン – 簡単に SEO ランキングを向上してトラフィックを増加 はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“All in One SEO – ベスト WordPress SEO プラグイン – 簡単に SEO ランキングを向上してトラフィックを増加” は56ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“All in One SEO – ベスト WordPress SEO プラグイン – 簡単に SEO ランキングを向上してトラフィックを増加” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

New in Version 4.5.1.1

  • Fixed: Plugin conflict with Jetpack.

New in Version 4.5.1

  • Updated: Added support for the Performant Translations plugin.
  • Updated: Added support for schema validation for AIOSEO’s schema supported blocks (FAQ block).
  • Updated: Added support for WooCommerce grouped products to Product schema.
  • Updated: Updated our icons for X (formely Twitter).
  • Updated: Removed support for Google Analytics V3 as it has been discontinued by Google.
  • Updated: We now hide the TruSEO score for static blog pages.
  • Updated: Added emoji picker to the 404 breadcrumb template.
  • Updated: Advanced 404 redirect can now use an external domain URL.
  • Fixed: Rare issue where site could use more memory due to circular cache reference.
  • Fixed: Conflict with Safe Redirect Manager.
  • Fixed: Conflict between AIOSEO and the Presto Player and Product Tabs Manager plugins by Sparks.
  • Fixed: Schema Generator custom schema and validator editors not rendered on smaller screens.
  • Fixed: Default date value for datepicker in Event schema graph settings.
  • Fixed: Default schema not added to new SeedProd landing pages.
  • Fixed: Post column makes the post title column too small on smaller screens.
  • Fixed: Spaces stripped when searching for a post in the source/target URL field in Redirects.
  • Fixed: Feature inside Feature Manager would sometimes appear as active even when it is disabled.
  • Fixed: Fixed a number of strings that weren’t localized before.
  • Fixed: PHP 8.2 deprecation warnings in Setup Wizard when using WP 6.4+
  • Fixed: PHP error when fetching WooCommerce Product Categories through REST API when AIOSEO REST API addon is active.
  • Fixed: PHP notice when using a custom multi-type JSON schema graph.
  • Fixed: Console error in Link Assistant when attempting to add a link through an Outbound Internal Suggestion.
  • Fixed: Redirects table footer height.
  • Fixed: Redirect source and target url no longer strip empty spaces when searching for posts/pages.

New in Version 4.5.0

  • New: Post Index Status – Check whether your posts have been indexed by Google inside our Search Statistics reports and revamped AIOSEO Details column.
  • New: AIOSEO Details Column Revamp – We’ve redesigned our post/term column to give it a fresh lick of paint. You can now add smart tags to the title & meta description inside the column and see your headline score.
  • Fixed: Search Statistics no longer considers URLs with query args or HTML anchors.

New in Version 4.4.9.2

  • Fixed: Widgets page not loading due to JavaScript error.

New in Version 4.4.9.1

  • Fixed: Metabox sometimes doesn’t load in post editor when post does not support featured images.

New in Version 4.4.9

  • Updated: Added support for our Divi page builder integration for the Extra theme.
  • Updated: Robots.txt Editor now also highlights conflicting crawl-delay directives
  • Fixed: Social snippet preview now re-renders when Featured Image is changed.
  • Fixed: SEO Overview widget throws PHP warning when all content on the site is noindexed.
  • Fixed: Schema Validator output could not be copied to clipboard on sites using HTTP.
  • Fixed: TruSEO sometimes highlighting single characters or words.
  • Fixed: TruSEO throws PHP warning when ACF Link field is used in post.
  • Fixed: REST API error when “All” language filter is selected in WPML.
  • Fixed: PHP notice when HTTP_USER_AGENT request header not set.

バージョン4.4.8の更新

  • 新規: 基礎となるコンテンツ – AIOSEO が内部リンクの提案を優先できるように、サイトの最も重要なページを基礎となるコンテンツとしてマークします。
  • 更新: Google の最新仕様に対応し、パンくずリストスキーマを更新しました。

バージョン4.4.7.1の更新

  • 修正: Diviとのプラグイン競合でビジュアルエディターが読み込まれません。

バージョン4.4.7の更新

  • 更新: 人気があるさまざまなテーマとの TruSEO Highlighter のスタイルの互換性を改善しました。
  • 更新: Elementor のダークモードとの一般的なスタイルの互換性を改善しました。
  • 更新: ソーシャルネットワークの設定で対応するソーシャルプロフィールに TikTok を追加しました。
  • 更新: アクセスコントロールメニューでメタボックスの SEO リビジョンタブにカスタム機能を追加しました。
  • 修正: ダウンロード URL の有効期限が切れている場合、AIOSEO Pro ユーザーの自動アップデートが失敗することがあります。
  • 修正: URL に追加のクエリ引数が追加された場合、誤った robots メタ値が検索ページに出力されます。
  • 修正: メタディスクリプションの自動生成時に do_blocks() の呼び出しが原因で、クエリーループブロックが正しくレンダリングされません。
  • 修正: ルートサイトマップインデックスの製品サイトマップインデックスの量を決定する際に、除外された投稿、除外された単語、および非表示の WooCommerce 製品が再び考慮されるようになりました。
  • 修正: サイトマップの投稿/単語の優先度が1.0または0.0の場合、優先度の値が欠落します。
  • 修正: 追加サイトマップページフックがルートと追加ページのサイトマップインデックスで一貫したデータを返すようになりました。
  • 修正: フォーカスキーフレーズに特殊文字が含まれている場合、TruSEO が正しくない結果を表示します。
  • 修正: 投稿エディターを読み込んだ後、ユーザーがタブを切り替えるまで TruSEO の結果が表示されません。
  • 修正: イベントスキーマで、開始日より前の終了日を選択できなくなりました。
  • 修正: 商品が在庫切れの場合、製品スキーマが WooCommerce の「Can’t add this product to cart (この製品をお買い物カゴに追加できません)」アラートをトリガーします。
  • 修正: Webpage スキーマの画像プロパティが、PrimaryImage プロパティの正しい ID を参照しません。
  • 修正: Lite でサイドバーから SEO リビジョンメニューを開くと、SEO リビジョンモーダルが自動的に開くようになりました。
  • 修正: Vimeography が robots.txt を壊してしまうプラグイン競合。
  • 修正: iOS 15で CSS アニメーションが原因で Safari ブラウザーがクラッシュする稀な問題。
  • 修正: 単語の編集時に無害な JavaScript コンソールエラーが発生します。

バージョン4.4.6の更新

  • 新規: TruSEO Highlighter – TruSEO コンテンツアルゴリズムが改良されました。改善が必要なフレーズをハイライトできるようになり、投稿コンテンツの SE👁️を簡単に最適化できるようになりました。
  • 修正: 投稿 SMTP メーラーや他のプラグインとの競合により、sanitize_file_name の呼び出しが機能を壊す問題を修正しました。

バージョン4.4.5.1の更新

  • 新規: REST API アドンのエンドポイントがパンくずリストの軌跡を返すようになりました。
  • 新規: 投稿 ID をフィルターするフィルターフックを追加しました。
  • 更新: リダイレクションマネージャーアドオンでのリダイレクトのインポートが、リダイレクションプラグインからのパススルーステータスに対応しました。
  • 更新: /wp-admin/ のような保護されたパスにリダイレクトを追加すると、警告が表示されるようになりました。
  • 更新: TruSEO アルゴリズムに ACF リンクフィールドのサポートを追加しました。
  • 更新: 製品スキーマが可変 WooCommerce 商品に対して複数のオファーを出力するようになりました。
  • 更新: 画像サイトマップが Kadence Gallery ブロック内の画像を検出するようになりました。
  • 更新: ローカル SEO マップでは、地図の中央配置にジオコーディングを使用しなくなりました。
  • 修正: フロントエンドでパンくずリストプレフィックスがレンダリングされていませんでした。
  • 修正: ユーザーが1つ以上の数字を入力した場合、リダイレクトの検索が再び機能するようになりました。
  • 修正: 正規表現グループを使用した正規表現リダイレクトのテストが誤った除外を返さないようになりました。
  • 修正: リダイレクト先の URL に自動的に末尾のスラッシュが追加されないようになりました。
  • 修正: WooCommerce 商品でレビューが有効化されていない場合、製品スキーマからの PHP 警告。
  • 修正: EDD ダウンロードと WooCommerce 商品以外の投稿で一般製品スキーマが機能しません。
  • 修正: FAQ ブロックが他のブロックにネストされている場合、FAQ スキーマが欠落していました。
  • 修正: イベントスキーマが開始日と終了日を再び出力するようになりました。
  • 修正: WooCommerce 商品にレビューがない場合、スキーマが集計評価を出力しなくなりました。
  • 修正: EDD 製品でレビューに値がない場合、製品レビューの評価値とレビュー数が正しく表示されるようになりました。
  • 修正: WP Optimize が AIOSEO のカスタムテーブルを削除するプラグイン競合。
  • 修正: プラグインが商品の配送詳細スキーマと競合していました。
  • 修正: Jetpack WAF とのプラグイン競合により、ログイン失敗時に警告が表示される問題を修正しました。
  • 修正: JupitorXとのテーマの競合により、「lang」属性と「prefix」属性が組み合わされていました。
  • 修正: Avada テーマのフュージョンエレメントを AIOSEO オプションで利用できなくなりました。
  • 修正: ウィジェットエディターから目次ブロックを削除しました。
  • 修正: 通知センターの関連する通知を使った静的 robots.txt ファイルの削除が正しく機能するようになりました。
  • 修正: 検索統計の日付範囲ピッカーが管理バーで非表示になることがありました。
  • 修正: TruSEO アルゴリズムが、投稿タイトルの特殊文字を正しく解析するようになりました。
  • 修正: TruSEO の受動態チェックで、コンテンツの10% 以上に受動態が使用されている場合、ユーザーに正しく警告するようになりました。
  • 修正: 画像属性を追加する画像 SEO アドオンの一括操作で、PHP 通知を表示します。
  • 修正: Robots.txt エディターでの PHP 8の通知。
  • 修正: Wealthy Affiliate ユーザーのログインページでの PHP エラー。
  • 修正: WP 6.3がブロックエディターでリンクフォーマットのスタイル化に影響を与えていました。

バージョン4.4.4の更新

  • 更新: PHP の最小バージョンを7.0に引き上げました。
  • 更新: 一般サイトマップ設定の追加ページの日付ピッカーを改良し、ユーザーが時刻も入力できるようにしました。
  • 更新: AI タイトル / 説明ジェネレーターの提案の関連性を改善しました。
  • 更新: Yandex 検索エンジンをサポートするため、サイトリンクの古いスキーマを再び追加しました。
  • 更新: お客様レビューが無効化されている場合の WooCommerce 商品の手動レビューのサポートを追加しました。
  • 更新: マルチサイトインストールのネットワーク管理におけるライセンス有効化テーブルのパフォーマンスを改善しました。
  • 修正: デフォルトのブログ投稿とニュース記事のスキーマグラフに対し、カスタムデータが出力されないことがありました。
  • 修正: サブセットを持たないデータセットスキーマのグラフに対し、「hasPart」プロップが出力されなくなりました。
  • 修正: 投稿者サイトマップインデックスの初期設定に、通常の投稿を公開したユーザーのみが含まれるようになりました。
  • 修正: サイトマップのキーワードで、更新された最新の投稿が公開されていない場合、最終更新日が正しくないことがありました。

バージョン4.4.3の更新

  • 新規: TruSEO コンテンツ分析にキーワード出現率テストを追加しました。
  • 更新: TruSEO では、数字を有効なフォーカスキーワードとみなすようになりました。
  • 更新: 一般設定でパンくずリスト機能が無効化されている場合、パンくずブロックリストに警告が表示されるようになりました。
  • 更新: リダイレクトゴミ箱モニターが、削除された投稿もモニタリングするようになりました。
  • 更新: ClassicPress v2.0との互換性を改善しました。
  • 修正: サイトマップスタイルシートが白い画面を返す Bluehost プラグインとの競合。
  • 修正: WP コンテンツディレクトリがデフォルトの場所を使用しない場合のプラグインの競合。
  • 修正: カテゴリーで絞り込んだ場合、投稿リストですべての投稿に正しいタイトル / 説明が表示されるようになりました。
  • 修正: 投稿のない投稿アーカイブが、サイトマップルートインデックスに不正確に含まれないようになりました。
  • 修正: マルチサイトのサブサイトで、検索統計が正しく機能するようになりました。
  • 修正: ダッシュボードウィジェットが、フォーカスキーワードなしの投稿を正確にカウントするようになりました。
  • 修正: リダイレクトテーブルのフィルターを有効化しても、アクティブなカラムのソートがリセットされていませんでした。
  • 修正: 通知センターで通知のページ送りが正しく動作しないことがありました。
  • 修正: AIOSEO でショートコード解析が有効化されている場合、Divi 要素の接尾辞が正しく増加していませんでした。
  • 修正: Hello Elementor テーマから重複している説明タグを削除しました。
  • 修正: 親タームのスマートタグが正しく動作しない場合がありました。
  • 修正: AIOSEO、BuddyBoss Platform、User Role Editor の3つのプラグインが競合し、User Role Editor で AIOSEO の機能がカスタム権限から削除されていました。
  • 修正: ゴミ箱にある投稿が正しくモニタリングされるようになりました。ゴミ箱に入れると、リダイレクトが提案されます。

バージョン4.4.2の更新

  • 新規: Robots.txt エディターの刷新 – Robots.txt エディターを改善し、ルールディレクティブの追加、URL からのルールのインポート、エラーのハイライトなどをサポートするようになりました。
  • 新規: PHP 8.2 のサポートを追加しました。
  • 修正: robots.txt エディターが大文字と小文字を区別し、小文字に変換しなくなりました。

バージョン4.4.1の更新

  • 更新: パーマリンク構造にキーワードが含まれている場合、パーマリンクおよび 正規 URL に主要キーワードが優先されるようになりました。
  • 更新: 検索統計のコンテンツランキングレポートにフィルター / ソートオプションを追加しました。
  • 更新: サイトエディター内のパンくずプレビューを改善しました。
  • 更新: WPML を使った画像タイトル属性の翻訳のサポートを追加しました。
  • 更新: SEOPress からのインポート互換性。
  • 修正: パンくずブロックと HTML サイトマップブロックが、Elementor のビジュアルエディター内で再び機能するようになりました。
  • 修正: Divi Wireframe モードが有効な場合、TruSEO コンテンツ分析が実行されなくなりました。
  • 修正: WPML の非表示言語の投稿がサイトマップに含まれることがありました。
  • 修正: 動的なホームページのタイトル / 説明が WPML で翻訳されないことがありました。
  • 修正: SEO 分析結果が「結果を更新」ボタンをクリックしないと読み込まれていませんでした。
  • 修正: サイトマップ追加ページの CSV インポートで、すべての URL が正しくインポートされていませんでした。
  • 修正: 画面の幅が十分でない場合、ナビゲーションメニューのタブドロップダウンにキャレットが表示されていませんでした。
  • 修正: カスタムスキーマグラフを編集した場合、空のエディターではなく正しいコンテンツがロードされるようになりました。
  • 修正: サービススキーマが画像を出力しないことがありました。
  • 修正: レビューに評価値がない場合、製品スキーマに集計評価が含まれなくなりました。
  • 修正: ソフトウェアおよび映画スキーマのグラフで、レビュー評価値が保存されていませんでした。
  • 修正: スクロールバーがある場合でも、AI によるタイトル / ディスクリプションジェネレータモーダルのフッターアクションが表示されるようになりました。
  • 修正: Yoast SEO からメタキーワードをインポートする際の致命的なエラーを防止しました。

バージョン4.4.0.1の更新

  • 修正: 目次ブロックが特定の見出しを検出できないことがありました。

バージョン4.4.0の更新

  • 新規: SEO リビジョン – SEO 変更履歴を記録することで、SEO 対策の効果をモニタリングし、十分な情報に基づいて意思決定ができます。
  • 新規: Google の更新および検索統計のリビジョンマーカー – Google アルゴリズムの更新や SEO/ 投稿のリビジョンが検索トラフィックに与える影響を長期的に追跡します。📈

バージョン4.3.9の更新

  • 更新: サイトマップのパフォーマンスが全面的に向上し、読み込み時間が最大3倍速くなり、メモリ使用量が8倍少なくなりました。
  • 更新: UI をよりコンパクトにするため、デザインを微調整しました。
  • 修正: WooCommerce 商品の短い説明スマートタグで、プレビューのメタディスクリプションがリアルタイムで更新されるようになりました。
  • 修正: パンくずウィジェットのプレビューが WordPress コアの特定のバージョンで動作しません。
  • 修正: AI によるタイトル/ディスクリプションジェネレーターが使用ポリシー違反により空の提案を返した場合に、警告を追加しました。
  • 修正: AIOSEO FAQ ブロックをウィジェットとして正しく使用できるようになりました。
  • 修正: 商品ブランドと商品識別子スキーマプロパティが、旧バージョンから正しく移行されました。
  • 修正: スキーマのレーティングフィールドに浮動値を追加できるようになりました。
  • 修正: Google のドキュメントに従い、レシピスキーマの材料リストを文字列ではなく配列として表示するようになりました。
  • 修正: Google のガイドラインに従い、WooCommerce の商品バリエーションに対する AggregateOffer のサポートを削除しました。
  • 修正: Vue 3エラーのため、スキーマバリデータのコンテンツが欠落していました。
  • 修正: SEO アナライザで URL をスキャンしても、その URL の結果カードが折りたたまれないようになりました。
  • 修正: TruSEO スコアがローカル SEO ロケーションに表示されていませんでした。
  • 修正: 検索キーワードが空の場合のローカル SEO 拡張検索のエラー。
  • 修正: 添付ファイルページが画像サイトマップに正しくスキャンされ、添付画像が含まれるようになりました。
  • 修正: WordPress コアによって自動的に削除されるため、画像 SEO アドオンの画像ファイル名で特定の文字を保持するサポートを削除しました。
  • 修正: その他のテーマのホームページで、ロボットメタタグが出力されないプラグイン競合。
  • 修正: 出力バッファの競合のため、タイトルが正しく書き換えられない Timber とのプラグイン競合。

バージョン4.3.8の更新

  • 新規: WP Code 連携 – AIOSEO のコードスニペットをツールメニューで表示し、WP Code プ ラグインを使ってワンクリックで追加できるようになりました。
  • 更新: 主要キーワード機能に WooCommerce 商品カテゴリーと商品タグのサポートを追加しました。
  • 修正: 旧エディターで、投稿にキーワードが割り当てられていない場合のコンソールエラー。

バージョン4.3.7の更新

  • 更新: サードパーティのテーマやプラグインによってアクションフックが誤って呼び出された場合、PHP 8 で致命的なエラーが発生しないように、フィルター / アクションにデフォルトの引数値を追加しました。
  • 更新: ローカル SEO のマッププレビューを改善し、ビジネス情報に入力された住所が表示されるようになりました。
  • 修正: 管理者以外のユーザーでも、AI によるタイトル / ディスクリプションジェネレーターで SEO タイトルとメタディスクリプションを生成できるようになりました。
  • 修正: アンインストール時にすべてのプラグインデータを削除すると発生する PHP エラー。
  • 修正: 通知機能から RankMath を競合するSEOプラグインとして無効化しようとすると発生する PHP エラー。
  • 修正: AIOSEO ジェネレータからバージョン番号を非表示または削除するフィルターを追加しました。
  • 修正: 404リダイレクトのログで、「null」を含む URL やエンコードされた URL を削除できるようになりました。
  • 修正: リダイレクト元の URL が常に相対 URL になるように標準化されました。
  • 修正: Fiscomm PURS E-Fiscalisation プラグインとの競合。
  • 修正: Elementor と AIOSEO の検索キーワードタグの競合。
  • 修正: 見出しアナライザで、以前に分析した見出しを再分析した場合、以前の分析結果を検索結果の上部に正しくプッシュするようになりました。
  • 修正: 検索統計のコンテンツランキングレポートで、ページ送りで結果の順序が崩れなくなりました。
  • 修正: アドオンプラグインを有効化した場合の PHP 警告。
  • 修正: 目次ブロックでテキストを編集しても、コンソールにエラーが表示されず、正しく保存されるようになりました。
  • 修正: タブコンポーネントのリップルアニメーションの不具合を修正しました。

バージョン4.3.6.1の更新

  • 新規: コンテンツランキング – この新しい検索統計レポートでは、検索結果におけるコンテンツのパフォーマンスに関する貴重なインサイトを確認でき、投稿を最適化してより良い結果を得るために役立ちます。📊
  • 新規: 主要キーワード – 複数のキーワードが投稿に割り当てられている場合に、優先するキーワードを指定できるようになりました。この主要キーワードは、パンくずブロックとスキーマの追跡で使用されます。
  • 更新: プラグインの UI を少し小さ目に表示し、WordPress の初期設定に合うように一新しました。
  • 修正: 検索統計投稿の詳細ページで、フォーカスキーフレーズグラフが空になることがあります。
  • 修正: Vue バージョンの不一致により、タブメニューが機能しなくなる様々なプラグインの競合。
  • 修正: ローカル SEOアドオンの PHP 廃止警告。

バージョン4.3.5.1の更新

  • 修正: WP 4.9または5.0使用時の未定義関数エラー。

バージョン4.3.5の更新

  • 新規: Elementor のメインナビゲーションメニューで AIOSEO 用のタブを追加しました。
  • 修正済み: 投稿タイプ / タクソノミーのデフォルトのスキーマグラフへの変更が、デフォルトを使って投稿 / タームに再び適切に伝達されるようになりました。
  • 修正済み: Elementor のビジュアルエディターを開いた場合に稀に起こる致命的なエラー。
  • 修正済み: Auto SEO Meta Keywords プラグインとのプラグイン競合で AIOSEO のメニューページが正しく読み込みされません。
  • 修正済み: Facebook/Twitterで、個別のプロフィール URL が Facebook/Twitter 投稿者として一般 URL に優先されません。
  • 修正済み: 文字が SEO タイトルで非表示にならないように、TruSEO コンテンツ分析用のデバウンスタイマーを増やしました。
  • 修正済み: 動画サイトマップアドオンで動画のカスタムフィールドをスキャンする際に表示される稀な PHP 警告。
  • 修正済み: クエリー文字列がループをトリガーしていたために、ホームページへの特別なリダイレクトが機能しません。
  • 修正済み: ウィジェットメニューで AIOSEO のブロックに依存関係がないという警告。

バージョン4.3.4.1の更新

  • 修正済み: WordPress 6.2 で新しい絵文字の文字列との競合のために、Classic Editor がフリーズする場合があります。

バージョン4.3.4の更新

  • 更新: Yoast Duplicate Post プラグインを使って、編集または再公開のために投稿を複製した場合、AIOSEO の SEO データが持ち越されるようになりました。
  • 更新: ダッシュボードメニューの下に検索統計のメニューアイテムを追加しました。
  • 更新: PHP 8.1の互換性を改善しました。
  • 更新: IndexNow アドオンと WP Fastest Cache 間のキャッシュ競合をより良く防ぎます。
  • 修正済: RSS サイトマップのスタイルシートが公開日を表示しません。
  • 修正済み: 検索統計で、新しい統計ホームページを設定した後に静的ホームページを正しい日付にリンクできるようになりました。
  • 修正済み: 絵文字ピッカーが開いている場合に、害のない開発者コンソールエラーが時おり発生します。

バージョン4.3.3の更新

  • 更新: AI タイトル / 説明ジェネレータが、新しい ChatGPT 3.5 AI モデルをサポートするようになりました。
  • 更新: JSON スキーマのエンコードに使用されているフラグをユーザーがコントロールできるフィルターフックを追加しました。
  • 修正済み: 検索統計オブジェクトスキャンが複製されることがあり、非エリートユーザーに実行されています。
  • 修正済み: 画像 SEO ストリップ句読点ルールが、画像以外のファイルのファイル名に適用されています。
  • 修正済み: 検索統計カードフッターに余分な枠線が示されていた UI の問題。
  • 修正済み: 検索統計で比較データがない場合に違いが表示されなくなっています。
  • 修正済み: MySQL モードが NO_AUTO_VALUE_ON_ZERO に設定されている場合、投稿 / タームデータが正しく保存されません。
  • 修正済み: リダイレクトアドオンを有効化 / 更新した後、リダイレクト、ログ、404ログが適切に更新されるようになりました。
  • 修正済み: 投稿を編集する場合に、ローカルビジネスブロックスタイルがありません。

バージョン4.3.2の更新

  • 新規: AI タイトル / 説明ジェネレータ – OpenAI を使って、魅力的な SEO タイトルやメタ説明の提案を生成します。
  • 修正済み: AIOSEO 画面でナビゲーションメニューを崩していた多くのプラグイン / テーマの競合。
  • 修正済み: Gravity Forms と AIOSEO の両方のプラグインが同時に出力バッファリングをする際の Gravity Forms とのプラグイン競合。
  • 修正済み: Classic Editor リンクフォーマットの「リンクを追加」ボタンが小さい画面上で見えない場合があります。
  • 修正済み: WooCommerce の Product REST API エンドポイントおよび PHP 8.0またはそれ以上を使用した場合の PHP エラー。
  • 修正済み: AIOSEO を AJAX リクエストを使用して初めてインストール / 有効化した場合のデータベースエラー。
  • 修正済み: サイトマップスタイルシートに直接移動した場合の PHP 通知。
  • 修正済み: フロントエンドの SEO プレビューの翻訳が適切に読み込まれるようになりました。
  • 修正済み: 複数のソース URL を追加した場合に、リダイレクトオプションのアイコンが縮小しなくなりました。

バージョン4.3.1.1の更新

  • 修正済み: 他のプラグイン / テーマが the_title フィルターフックを適切に適用しない場合の競合に起因する PHP エラー。

バージョン4.3.1の更新

  • 新規: Rank Math からのリダイレクトのインポートへのサポートを追加しました。
  • 新規: LearnPress レッスンへのサポートを追加しました。
  • 新規: REST API アドオンへの JWT (Json Web Token) プラグインのサポートを追加しました。
  • 更新: フロントエンドの管理バーの SEO プレビューとさまざまなテーマ / プラグインとの互換性を改善しました。
  • 修正済み: AIOSEO がアクティブな場合、フルサイト編集が正しく読みこまれないことがありました。
  • 修正済み: ゴミ箱モニタリングが有効になっている場合、404ペアレントリダイレクトが適切に機能するようになりました。
  • 修正済み: サーバーリダイレクトを有効にしている場合、クエリー文字やカスタムルールのあるリダイレクトが適切に機能するようになりました。
  • 修正済み: リダイレクトが、西洋アルファベットを使用しない URL に完全に互換するようになりました。
  • 修正済み: リダイレクトと404のログの日付が正しいタイムゾーンを使用するようになりました。
  • 修正済み: リダイレクトモーダルが小さな画面でも適切に表示されるようになりました。
  • 修正済み: 絵文字ピッカーがモーダルウィンドウで正しく表示されるようになりました。
  • 修正済み: 追加ページ CSV のアップロードボタンが、ファイルを選択するようにユーザーを適切に促すようになりました。
  • 修正済み: Facebook プレビューの日付が正しく表示されるようになりました。
  • 修正済み: MonsterInsights eCommerce アドオンで製品スキーマが WooCommerce の add_to_cart イベントを不正確にトリガーします。
  • 修正済み: パンくずリストスキーマの軌跡で静的ホームページが重複しないようになりました。
  • 修正済み: 投稿タイプラベルがないため、SEO プレビューが機能しないことがあります。
  • 修正済み: ブロックエディターでリンクを編集した場合、すべての WP バージョンで AIOSEO オプションが正しく表示されるようになりました。
  • 修正済み: 特殊文字を含むフォーカスキーフレーズが適切に分析されるようになりました。
  • 修正済み: フォーカスキーフレーズを Divi ビジュアルビルダーに追加しても、モーダルが閉じなくなりました。
  • 修正済み: 目次ブロックがネストされたヘッダーの編集を適切にサポートするようになりました。
  • 修正済み: PrePublish Panel がタブを適切に開くようになり、関連する問題をもう一度修正することができます。
  • 修正済み: 「Facebook データを使用」設定を有効にした場合、ソーシャルプレビューを適切に更新します。
  • 修正済み: PHP 通知をトリガーしていた Site Kit by Google プラグインとの競合。
  • 修正済み: ローカルビジネスブロックがフロントエンドでスタイルを失う場合があります。

バージョン4.3.0の更新

  • 新規: Google Search Console との連携 – サイトを Google Search Console に接続して、検索結果でのサイトのパフォーマンスを追跡し、アクションにつながる分析を含むレポートを生成します。
  • 更新: PHP 8.1の互換性を改善しました。
  • 更新: 追加のセキュリティ強化。
  • 修正済み: リンクアシスタントがループで動作できなくなった場合に、リンクアシスタントの提案スキャンが自動でリセットされるようになりました。
  • 修正済み: スキーマジェネレータでコンテキストデータが設定されていない場合の稀な PHP 通知。

これまでのリリースの更新履歴は、aioseo.com でご覧ください。