BASE商品リスト

説明

BASE商品情報をリスト表示するショートコード:[BASE_ITEM] を使用可能にします。

ショートコードパラメータ

  • q: 検索キーワード
  • order: 並び替え項目。list_order、modifiedのいずれか(未指定時: キーワードマッチ度順)
  • sort: 並び順。asc か desc のいずれか(未指定時: desc)
  • limit: 表示する商品数。 (MAX: 100)(未指定時:10)
  • cache: APIの結果をキャッシュする時間(秒)です。(未指定時:60)
  • name: 複数エリアに設置する場合に指定します。この名前をキーにキャッシュが作成されます。(未指定時:base_item_list)

出力テンプレート

デフォルトのテンプレートはプラグインディレクトリ内にある「base_items.php」です。

有効化しているテーマフォルダ内にこのファイルをコピーすることでオリジナルの表示をさせることができます。

設定

管理画面 -> BASE Item Listより、BASE APIのアプリ情報を設定して下さい。

※ BASE APIは事前に申請が必要です。https://developers.thebase.in/

インストール

  1. Upload base-item-list.zip to the /wp-content/plugins/ directory
  2. WordPress の「プラグイン」メニューからプラグインを有効化してください

FAQ

Not yet.

評価

2021年3月10日 3 replies
たぶん、簡単なのでしょうが。。。 BASEのDeveloper申請して、検索込みでもろもろ取得して設定、 ショップIDやスペースとか入ってないかもろもろ確認しても表示されず。 リストが表示されそうなHTML要素は吐き出されているので、 動いてるのかな?とは思いつつ、 どこがつまずいているのかLogとか見れたらいいのにな~
2020年8月17日
BASEでショップを作っておけば、ショートコードひとつでショップが表示できます。 WordPress側で商品を管理しなくて済むので、ショップ運営が楽です。 デフォルトのテンプレートもわかりやすいので、CSSを少し書いてあげるだけで綺麗に表示できました。
2件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

BASE商品リスト はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“BASE商品リスト” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.0.0

  • 初版リリース

1.0.1

  • readme.txt修正

1.0.2

  • バグ修正

1.0.3

  • 4.8でのテスト
  • shop_idについて記載

1.0.4

  • 5.2でのテスト
  • バグ修正
  • 管理画面の説明を変更

1.1.1

  • デフォルトCSS機能の実装

1.1.2

  • 5.6での動作確認

1.1.3

  • sortパラメータ追加
  • API呼び出し失敗時にエラーログ出力する
  • 5.7での動作確認

1.1.4

  • list_orderでのソート追加

1.1.5

  • GitHub Actions でのCD/CI 対応

1.1.6

  • 未使用ファイルを削除

1.1.7

  • 未使用ファイルを削除

1.1.8

  • コード整理

1.2

  • API認証のベータ機能公開

1.2.2

  • ベター機能のアップデート

2.0.0

  • 検索APIの廃止

2.0.1

  • BASE認証時のセキュリティチェック