Child Pages Card

説明

親ページの ID を指定し、カード形式で子ページのアーカイブを表示

  • ショートコードで生成
  • ブロックで生成
  • 昇順と降順でソートできます。
  • 本文から文字数を指定して、抜粋を表示します。
  • アイキャッチ画像を表示します。アイキャッチ画像がない場合はサイトアイコンが表示され、サイトアイコンがない場合は WordPress アイコンが表示されます。
  • アイキャッチ画像のサイズを指定できます。

使い方

スクリーンショット

  • 表示
  • ブロック
  • 設定

ブロック

このプラグインは1個のブロックを提供します。

  • Child Pages Card

インストール

  1. /wp-content/plugins/ディレクトリ以下にchild-pages-cardディレクトリをアップロードします。
  2. WordPress の「プラグイン」メニューからプラグインを有効化してください

FAQ

ありません

評価

2020年9月1日
This is a good start for a plugin. I know there is a method of using short codes and modifying the functions file but Child Pages Card plugin made it so easy, all i had to do is add it as a block on my page post and it worked. I have been using the plugin since about February 2020 and just recently made a donation. Good job to the dev of this plugin, there is lots of potential here. For a small update it would be cool to be able to list ascending /descending by a-z / z-a. And maybe a back to parent page button. Keep up the good work
1件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Child Pages Card はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Child Pages Card” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Child Pages Card” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.07

ブロックを再構築しました。

1.06

管理画面で CSS を変更する機能を追加しました。

1.05

ブロックを再構築しました。

1.04

投稿ステータスで表示できないことがあった問題を修正しました。
管理画面を修正しました。
データベースの接頭辞の問題を修正しました。

1.03

ブロックは ESNext に対応しました。

1.02

抜粋内のショートコードの削除をサポートしました。

1.01

親ページの ID の入力場所を追加しました。

1.00

初回リリース。