このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。

Code Injection For WYSIWYG

説明

Whether it is an utub embedded code, html code, html or any other, the plugin will generate a shortcode which will set the place for your code to appear on the frontend of the site.

Arbitrary section

A brief Markdown Example

インストール

  1. After activation, the plugin meta box will appear at the bottom of the admin editor page (ex. “Admin”->”Posts”->”hello world”).
  2. “Plugin meta box”-> “1st text field”. Within the plugin meta box enter the shortcode on the upper text field.
  3. “Plugin meta box”-> “2nd t text field”. Enter the content that should replace the shortcode on the front-end.
  4. Next to the 1st input field a short code shpuld appear, copy paste the generated shortcode to the “wysiwyg” meta box.
  5. Finally, update the page. You should see the result on the front-end of the site.
  6. U can use the “Add Code Snippet” & “Remove” for adding or removing a shortcode.
    .

評価

このプラグインにはレビューがありません。

貢献者と開発者

Code Injection For WYSIWYG はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

“Code Injection For WYSIWYG” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

2.0

Upgrade for supporting “posts”.