Confirm theme structure

説明

WordPressのテーマは複雑でカスタマイズでどのテンプレートを変更すべきか分からない場合があります。
「Confirm theme structure」はインストールするだけで、現在のページ表示に使用しているテンプレートの一覧を表示させることができます。
もちろん、インクルードされたテンプレートや子テーマ場合は親テーマも含めてすべて認識できます。
利用はインストールするだけ、何の設定も必要ありません。

Confirm theme structure は2013年ごろに公開したソースをプラグイン化したものです。
以降、メンテナンスを継続しており、最新のWordPressでも安心して使えます。
テーマのテンプレート情報のほかにも、メンテナンスや互換性の確認に役立つ以下の情報も得ることができます。

  1. WordPress バージョン
  2. PHP バージョン
  3. データベース情報

オリジナルのホームページの作成、テーマのカスタマイズはもちろん、たくさんのサイトを管理するためにも、便利なプラグインです。

2.0.2からはWooCommerceを使用している際にプラグインフォルダから読み込まれる構成テンプレートの抽出も可能になりました。

貢献

Confirm theme structure プラグインへの貢献はどなたでも可能です。
貢献できる方法はいくつかあります。

  1. 問題を報告
  2. Confirm theme structure を 異なる言語 に翻訳します。
  3. 拡張機能に関するフィードバックと提案を提供する

スクリーンショット

  • ツールバー(管理バー)の「テーマ情報を表示」をクリックして情報を表示させます。

インストール

これはプラグインをインストールしてアクティブ化するだけのシンプルなプラグインです。何も設定する必要はありません。

ログイン中に管理バーの[表示テンプレート情報]をクリックすると、現在表示されているページに使用されているテンプレートが表示されます。

これらの情報は管理者としてログインしている場合にのみ表示されます。

評価

2019年1月19日
This plugin displays the template you are using for the display you are using. Easy to understand.
1件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Confirm theme structure はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Confirm theme structure” は5ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Confirm theme structure” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

2.0.3

  • 子テーマではない場合の表示エラーを修正しました。

2.0.2

  • WooCommerce に対応

2.0.1

  • サポートバージョンの更新

2.0.0

  • 子テーマを含めた表示方法を調整。

1.9.7

  • 翻訳箇所の見直し
  • readmeファイルの刷新

1.9.6

  • WordPress 5.4.1に対応

1.9.5

  • データベース名の表示を追加しました。

1.9.4

  • いくつかの翻訳問題を修正

1.9.3

  • WordPress 5.3.2での動作確認

1.9.0

  • ディスプレイストレージエンジンの表示

1.8.0

  • MySQL バージョンの表示を追加

1.5.0

  • インターフェィスの見直し

1.4.0

  • WordPress5.0での動作検証

1.0.0

  • 初回リリース