Rich Table of Contents

説明

RTOCは、誰でも簡単に目次を作成できる日本発の目次生成プラグインです。従来の目次プラグインの機能を搭載し、デザイン性と使いやすさを徹底的に追求した設計となっています。
直感的なUI設計によるリアルタイムプレビューを導入し、ボタン一つで理想の目次を作成することができます。

インストール

【How to automatically install from the WordPress admin screen】
①Click “Plugins” → “Add New” from the WordPress administration screen.
②Type “Rich Table of Contents” in the new search box.
③Activate after installation

・FTPなどを使って手動でインストールする方法
①本プラグインを WordPress.org からダウンロードします(本ページのプラグインタイトルの右側に「Download」というボタンがありますので、そこからダウンロードしてください)。
②「rich-table-of-content」というzipファイルを解凍し、/ wp-content / plugins / ディレクトリにダウンロードします。
③WordPress の管理画面からプラグインをクリックし、「有効化」をクリックします。

基本設定

目次の基本的な設定を行います。

  • 目次のタイトル 目次のタイトルを自由に決めることができます。
  • 以下のコンテンツタイプに自動挿入します。投稿と固定ページで目次を表示するかどうかを決定できます。
  • 表示する見出し:どの見出し(h2、h3、h4)を表示させるかを設定します。
  • 表示条件:目次を表示する見出しの数を設定します。
  • フォント:フォントを設定します。

デザイン設定

目次のデザインは自由に設定できます。

  • タイトル表示:タイトル位置が左か中央かを設定します。
  • H2リストデザイン:H2リストのデザインを設定します。
  • H3リストデザイン:H3リストのデザインを設定します。
  • 枠のデザイン:目次の枠のデザインを設定します。
  • アニメーションを表示します。目次を表示するときのアニメーションを設定します。
  • Smooth scroll : 目次をクリック(タップ)したときに、見出しまでスクロールさせるかどうかを設定します。

プリセットカラー設定

RTOCカラープリセットをデフォルトで追加しました。あなたのサイトに合ったプリセットを選んで設定してください。

カラー設定(上級者向け)

プリセットカラーに加え、独自のカラーを設定することができます。独自の色を設定したい場合や、プリセットの色を部分的に変更したい場合は、こちらで色を変更してください。

  • タイトル色:タイトル色を設定します。
  • 文字色:文字色を設定します。
  • 背景色:背景色を設定します。
  • 枠線カラー:枠線カラーを設定します。
  • H2リストカラー:H2リストのカラーを設定します。
  • H3リストカラー:H3リストのカラーを設定します。
  • 目次へ戻るボタンの背景色:目次へ戻るボタンの背景色を設定します(目次へ戻るボタンが有効な場合のみ有効)。

応用設定

目次に戻るボタンやプラグインCSSの除外など、高度なカスタマイズを行いたい場合は、こちらに設定してください。

  • 目次に戻るためのボタン。(スマートフォンのみ)目次に戻るためのボタンを表示します。
  • 目次に戻るためのボタン位置。(スマートフォンのみ)目次に戻るボタンを左右に設定することができます。
  • 目次に戻るボタンの上下調整(例:-20,40)
  • 除外する投稿ID。目次を表示したくない投稿を設定することができます。カンマで区切って投稿記事IDを入力し、その記事に目次を表示しないように設定します(例2,3,75)。
  • 除外ページID:目次を表示したくないページを設定することができます。カンマで区切ってページIDを入力することで、記事に目次を表示しないように設定することができます。(例 4,6,91)
  • 目次のデフォルト設定。
    目次を開いた状態で表示するか、閉じた状態で表示するかを選択します。
  • プラグインのCSSを読み込まない。
    ここをチェックすると、RTOCのすべてのCSSが読み込まれず、すべてのデザイン設定が無効となります。CSSやJSなどを使って目次をカスタマイズしている場合は、ここをチェックして操作してください。

RTOCショートコード

このコードを記事中の任意の場所に貼り付けることで、目次を表示することができます。値を入力せず(title = “”など)、空白にすると、管理画面の設定が反映されます。
詳しくは、実際の設定画面にてご確認ください。

ヘルプ

If you have any problems, we will be glad to help you contact our support.
Also, basic issues are listed in the “Help section” of the plugin, so please look there first.

インストール

【How to automatically install from the WordPress admin screen】
①Click “Plugins” → “Add New” from the WordPress administration screen.
②Type “Rich Table of Contents” in the new search box.
③Activate after installation

・FTPなどを使って手動でインストールする方法
①本プラグインを WordPress.org からダウンロードします(本ページのプラグインタイトルの右側に「Download」というボタンがありますので、そこからダウンロードしてください)。
②「rich-table-of-content」というzipファイルを解凍し、/ wp-content / plugins / ディレクトリにダウンロードします。
③WordPress の管理画面からプラグインをクリックし、「有効化」をクリックします。

評価

2021年7月3日
The creators use the plugin as a mere marketing tool, there is no intention to make it usable, as you can see when you look for support. They won't allow you to remove the main TOC and put it only where you want (by using the shortcode), even when they put checkboxes to make it happen. They are kidding us, and the promisse to change such an easy thing like this (checkboxes that doesn't work) has been running for years now, with no real action taken after various updates. Patetic.
2021年6月2日
The design is not reflected, and I had try 3 methods you suggested. This plug-in is very awsome, however. it can't work in my two wordpress. webs with Flatsome and Astra theme.
2020年11月24日
テーマやプラグインによるかもしれませんが、いたって普通のテーマ・プラグイン構成でダメでした。。。 TOC+が一番です。
13件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Rich Table of Contents はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Rich Table of Contents” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.0

リリースしました

1.0.1

微修正を施しバージョンアップしました。

1.0.2

微修正を施しバージョンアップしました。

1.0.3

『修正項目』
・【JIN専用】カテゴリーに記事を書いた文字が消えてしまう問題の修正
・見出しアイコンショートコードが表示されてしまう問題の修正
・SPACEが入っているとショートコードが表示されない問題の修正
・追尾ウィジェットにショートコードを貼り付けるとうまく反映されない問題の修正
・半角括弧’(’や'[‘だけだとうまく表示されない問題の修正
・IEやEDGEでの表示バグの修正

1.0.4

『修正項目』
・アフィンガーでフッターのコピーライト表示が崩れる問題の修正
・管理画面に$hookの文字列が露呈している問題の修正
・ID除外記事で、テキストエディター上で改行を行って保存しても、記事上で改行がなくなってしまう問題の修正
・見出しにidを設定している場合、設定したidが消される問題の修正
┗ショートコードで作成した目次において、IDが消されてしまう問題は継続しています。
・affinger5で「AFFINGER管理」>「トップページ」で固定トップページを設定した場合、RTOCが入っているとTOPの記事が消えてしまう問題の修正

1.0.5

『修正項目』
・目次のHTML構造が崩れてしまっている問題の修正
・固定ページに表示のチェックを外していても目次が表示されてしまう問題の修正
・ショートコードで目次生成した時、見出しにidを設定しているとidが消える(書き換えられる)問題の修正
・ヘルプ項目の追加
・プラグイン内の誤字脱字の修正

1.0.6

『修正項目』
・「目次へ戻るボタン」が目次がないところでも表示されてしまう問題の修正

1.0.9

『修正項目』
・WordPress5.4への対応確認

1.1.0

『修正項目』
・英語と日本語に対応するために翻訳ファイルを追加

1.1.2

『修正項目』
・管理画面の誤字の修正

1.1.4

『修正項目』
・目次をクリックすると、見出しのHTMLアンカーが他の見出しにジャンプする不具合を修正しました
・見出しのHTMLアンカーが、目次をクリックすると他の見出しにジャンプする不具合を修正しました。
・見出しのデザインをカスタマイズした場合、そのデザインが反映されない不具合を修正しました。(フォントサイズのみ対応)
・サイドバーのフォローウィジェットにRTOCを設置し、カテゴリページでクリックしても動作しない不具合を修正しました。
・カテゴリページでリンクがジャンプしない不具合を修正しました。
・RTOC使用時、目次を見出しの上に設定すると、JINの最初の見出しの上の広告が目次に表示される問題を修正 (JINのみ)

『項目追加』
・目次に戻るボタンのテキストを変更できる項目を追加した。
・開閉ボタンのテキストを変更できる項目を追加しました。

1.1.6

『修正項目』
・最初の見出しの不具合を修正しました。
・ショートコードの見出しがジャンプしない不具合を修正。

1.1.7

『修正項目』
・カテゴリページに見出しを追加した際に、count()エラーが発生する不具合を修正しました。
・最初の見出しにIDが付与されず、目次からジャンプできない不具合を修正しました。

1.1.9

『修正項目』
・Gutenberg で作成した記事を Classic Editor で編集した場合、記事を確認するためにクリックしてもスクロールしない不具合を修正しました。
・目次に数字を使用した場合、連番が正しくスクロールしない不具合を修正しました。

1.1.97

『修正項目』
・他のテーマやプラグインで counter-increment が使われている場合に、重複を防ぐために counter で使われる名前に “rtoc-” を追加しました。
・H2が「1.」でH3が「01|」の場合、連番が崩れる不具合を修正しました。
・RTOCの設定 > Shortcodes > Table of Contentsのショートコードで、
・heading=”h3 “をheading=””に変更しました。
・Noto Sans JPのearlyaccessを正式版に修正しました。
・出力される目次の段落構造を修正しました。
・ID名で日本語を扱えるように修正しました。

1.1.98

『修正項目』
・アプリケーション設定の除外IDの設定にプレースホルダーを追加しました。
・目次に太字や斜体の要素を含む見出し、imgタグなどの要素を含む見出しも反映される不具合を修正しました
・WordPress 5.8 で Gutenberg Widget を使用するとエラーが発生する問題を修正しました。
・JINを使用する際に、JINカラー以外の色を設定してもポップアップが表示される不具合を修正しました。

1.2.1

『新機能』
目次の利用率を 7 日間計測する機能を追加しました。目次のある記事のみ対応し、記事編集画面で値を確認することができます。(この数値は弊社独自の方法で算出しています)
既存デザインの調整
コードのリファクタリング

1.2.2

『修正項目』
Ver1.2.1で見つかったPHP7.2以下の構文エラーを修正しました。

1.2.5

『修正項目』
-WordPress 5.9への対応について
見出しが正しくジャンプしない不具合を修正。

1.2.6

『修正項目』
-WordPress 5.9への対応について
全角数字や特定の特殊文字を使用した場合に、正しく見出しにジャンプしない不具合を修正しました。
サイドバーのデザインが崩れていたのを修正。

1.3.0

Fixed issue with display of TOP page table of contents
Fixed issue with RTOC not being detected as table of contents in Rank Math SEO

Addition of a setting to hide the open/close button of the table of contents.
Addition of a setting to display the Back to Table of Contents button on PCs.
Addition of a function to display the Back to Table of Contents button with a fade-in.
Unify and brush up the table of contents design in the sidebar.

Adjustment of design in other themes.
Adjustment of the design of the sidebar.
Load fonts only for selected fonts.

1.3.1

Fixed an issue that prevented viewing media and editing articles.
Fixed an issue where a margin would open under an article on the TOP page.

1.3.2

Fixed an issue that caused an error when activating the plugin.
Fixed an issue that caused margins to appear when the top page is a fixed page.

1.3.4

Fixed an issue with a margin opening under the footer when viewing the article on a mobile phone.
Fixed an issue where the sidebar would be covered when viewing an article on a mobile phone.
Fixed an issue where the design of the sidebar would be corrupted when a specific design is selected.