Simple Calendar for Google

説明

Google 公開カレンダーをリスト表示

カレンダー

  • 現在以降のスケジュールを表示します。
  • ID を個別に指定して表示することができます。
  • ID の異なるカレンダーを時系列に並べてまとめて表示できます。
  • スケジュール重複の場合、重複の上限を設定し、それを超えると背景色を変更することができます。

編集

  • ブロックを使用します。
  • ショートコードを使用します。
  • ユーザーごとに指定できます。

使い方

スクリーンショット

  • カレンダー
  • ブロック
  • ショートコード
  • 管理画面

ブロック

このプラグインは1個のブロックを提供します。

simple-calendar-for-google/scgcalendar-block
Simple Calendar for Google

インストール

  1. /wp-content/plugins/ディレクトリ以下にsimple-calendar-for-googleディレクトリをアップロードします。
  2. WordPress の「プラグイン」メニューからプラグインを有効化してください
  3. 固定ページを新規に追加します。
  4. 本文欄に以下のショートコードを書きます。[scalg]

FAQ

ありません

評価

このプラグインにはレビューがありません。

貢献者と開発者

Simple Calendar for Google はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Simple Calendar for Google” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Simple Calendar for Google” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

2.12

ユーザー設定が取得できない環境では、管理者の設定が取得されます。

2.11

カレンダー ID 削除時の問題を修正しました。
カレンダー ID 追加時のエラーハンドラを追加しました。

2.10

ID とカレンダー名を表示します。

2.09

重複するスケジュールの問題を修正しました。

2.08

重複するスケジュールの代替テキストを追加しました。

2.07

スケジュール重複とその設定を追加しました。

2.06

カレンダーの内容が非公開の場合、カレンダー名を表示します。

2.05

管理者通知を修正しました。

2.04

ブロック ID の入力方法をセレクトボックスに変更しました。

2.03

日付をまたぐときの時間取得の問題を修正しました。

2.02

テキスト色と背景色を変更できるようになりました。

2.01

翻訳を修正しました。

2.00

ユーザーごとにカレンダーを指定できるようになりました。
ブロックをサポートしました。

1.03

タイムゾーンの問題を修正しました。

1.02

WordPress 5.3 に対応しました。

1.01

ショートコードの説明を追加しました。

1.00

初回リリース。