TypeSquare Webfonts さくらのレンタルサーバ

説明

さくらのレンタルサーバで株式会社モリサワ提供のWebフォント30書体が利用できるプラグインです。8つのプリセットされたフォントテーマを選ぶだけで、WordPressで構築されたサイトなら簡単に綺麗なフォントで表示することができます。また、カスタムフォントテーマを使えば30書体の中から好きなフォントを選んで、お好みのCSSクラスに適用することもできます。

利用できるお客様と利用制限

さくらのレンタルサーバのスタンダードプラン以上、さくらのマネージドサーバを契約している方が無料で利用可能です。コントロールパネルでの『利用ドメイン登録』が必要です。登録ドメイン以外、またさくらのレンタルサーバ以外でのご利用はできませんので、プラグインをインストールしても動作いたしません。

利用上限は月間2.5万ページビューを目安としています。利用状況により、上限が変動する場合があります。

利用できる書体

【明朝体】
リュウミン R-KL/リュウミン M-KL/見出しミンMA31/A1明朝

【ゴシック体】
新ゴ R/新ゴ M/ゴシックMB101 B/見出しゴMB31/ナウ-GM

【丸ゴシック体】
じゅん 201/じゅん 501/新丸ゴ

【デザイン書体】
フォーク R/フォーク M/丸フォーク R/丸フォーク M/カクミン R/解ミン 宙 B/シネマレター/トーキング/はるひ学園/すずむし/G2サンセリフ-B

【装飾書体】
新丸ゴ 太ライン

【筆書体】
正楷書CB101/隷書101

【UD書体】
UD新ゴ R/UD新ゴ M/UD新ゴ コンデンス90 L/UD新ゴ コンデンス90 M

使い方とサポート

サポートサイトでは、プラグインのインストールの仕方、登録の仕方、FAQなどを掲載しています。

備考

利用状況により、サービスを中止する場合がございます。ウェブフォントが表示されない場合でも、エンドユーザのローカルフォントで代替されるため、表示への影響はありません。ただし、意図したフォントで表示されないため、デザインが崩れる可能性があります。ご了承ください。

ウェブフォントの利用は無料ですが、さくらのレンタルサーバのサービス利用料、通信にかかる費用などはお客様の負担となります。

ウェブフォントはフォントデータをサーバーから配信するため、ウェブフォントを使用しない場合よりもページ容量が大きくなります。モバイルサイトなどを制作される場合はページ読み込み速度に影響が出る可能性がありますのでご注意ください。

本サービスは株式会社モリサワとさくらインターネット株式会社の協業で提供しております。TypeSquareは、株式会社モリサワの登録商標です。

Arbitrary section 1

スクリーンショット

  • screenshot-1.png

インストール

ダウンロードしたプラグインのZipファイルを、/wp-content/plugins/ディレクトリにアップロードします。

ワードプレスのダッシュボード内の「プラグインメニュー」からプラグインを有効にします。

ダッシュボードの『プラグイン新規追加』からの追加も可能です。

FAQ

よくある質問については、さくらのレンタルサーバのサポートサイトをご確認ください。

Installation Instructions

ダウンロードしたプラグインのZipファイルを、/wp-content/plugins/ディレクトリにアップロードします。

ワードプレスのダッシュボード内の「プラグインメニュー」からプラグインを有効にします。

ダッシュボードの『プラグイン新規追加』からの追加も可能です。

評価

font-family用フォント名一覧が欲しい

管理画面からの一括・個別変更も悪くないのですが、一部フォントでは数字フォントが数字によってサイズが違ったりするので、CSSで個別に設定して利用しています。
可能であれば、こういったケース用にフォント名一覧があると尚ありがたいです。
現在はスクリプトやソース内からフォント名を拾って利用させてもらっています。

1件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

TypeSquare Webfonts さくらのレンタルサーバ はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

変更履歴

0.9.0:テストリリース

1.0.0:正式リリース

1.0.1:軽微なバグ修正

1.0.2:style 挿入位置の修正

1.0.3:一覧ページで個別に設定されたテーマを解除できない場合がある不具合を修正

1.0.4:ニューステーマにおいて本来利用できない「カクミンM」が使われていたため、「カクミンR」に修正

1.0.5:PHPの設定によってカスタムフォントテーマ編集時にエラーが表示される場合がある不具合を修正

2.0.0:UIを改善しました。