WP Discourse

説明

WP Discourse プラグインはあなたの WordPress サイトとあなたの Discourseコミュニティ間のインターフェースとして機能します。

コメントに Discourse を使用する:

  • 新しいブログ記事が公開されたときにディスカッションのためのフォーラムトピックを自動的に作成します。
  • WP 管理者アカウントをそれぞれの Discourse アカウントに関連付けます。 SSO は不要です。
  • フォーラムのディスカッションからの返信は、WP のブログ投稿に埋め込むことができます。
    投稿スコアとコメント投稿者の “信頼レベル”に基づいて表示する返信を選択します – ドキュメントを参照してください。

ライブで見る

WordPress から Discourse へのシングルサインオン

プラグインはまたあなたがあなたの Discourse フォーラムのためのシングルサインオンプロバイダーとしてあなたの WordPress サイトを使用することを可能にするオプションの SSO 機能を持っています。

これは、Discourse のネイティブな(そして強力な)ログインフローを上書きし、そのような設定を厳密に必要とする利用時にのみ推奨されます。 例 : 大規模なユーザー管理に既に WordPress を使用しているサイト

Discourse から WordPress への認証

プラグインを使用すると、WordPress サイトの認証プロバイダとして Discourse を使用できます。

備考

WP Discourse プラグインには、PHP バージョン5.4.0以降が必要です。もし>=PHP-5.4.0が利用できない場合、プラグインのインストールは失敗するでしょう。

Contact

スクリーンショット

  • Discourse への投稿を公開します。

  • WordPress がコメント付きの投稿を Discourse フォーラムで管理しています。

  • プラグインの設定:接続設定タブ

  • プラグインの設定:公開設定タブ

  • プラグインの設定:[コメント設定]タブ

  • プラグインの設定:テキストコンテンツ設定タブ

  • プラグインの設定:[SSO設定]タブ

  • プラグインの設定:SSOクライアント設定タブ

インストール

WordPress ダッシュボードから

  1. ‘プラグイン> 新しく追加する’ にアクセスしてください。
  2. 「WP Discourse」を検索
  3. プラグインページから WP Discourse を有効にする

wordpress.org から

  1. WP Discourse をダウンロード
  2. ‘wp-discourse’ディレクトリを’/wp-content/plugins/’ ディレクトリにアップロードしてください。
  3. プラグインページから WP Discourse を有効にする

詳しい手順については、 wp-discourse wiki 設定ページをご覧ください。

FAQ

WordPress のマルチサイト設定で動作しますか?

Discourse を WordPress の SSO プロバイダとして使用する以外のすべてのプラグインの機能は、マルチサイト構成で機能します。

Does this plugin install Discourse for me?

いいえ、このプラグインは Discourse と WordPress の間のインターフェースとして機能しません。
それが機能するためには、まず Discourse フォーラムを設定する必要があります。
あなたはこれらのガイドのどちらかに従ってあなた自身のために Discourse をインストールすることができます:

古い WordPress のコメントを Discourse のコメント(つまり「返信」)としてインポートできますか?

No.

WordPress と Discourse は同じサーバーにインストールする必要がありますか?

プラグインは Discourse API を使用しているので、あなたのフォーラムとブログは別々にホストすることができ、統合はまだうまくいきます。 実際には、2つのアプリケーションを別々にホスティングすることを強くお勧めします。それらのホスティング要件は大きく異なるためです。

コメントテンプレートをカスタマイズすることは可能ですか?

はい、Discourse への公開投稿や WordPress へのコメントの表示に使用される HTML テンプレートはあなたのテーマでカスタマイズすることができます。 これは各テンプレートに適用されるフィルタにフックすることによって行われます。

テンプレートのカスタマイズの詳細については、テンプレートのカスタマイズトピックをご覧ください。 Discourse Metaフォーラムにあります。

私の Discourse テーマは私の WordPress テーマのスタイルを継承することができますか?

自動的にはしません。 WordPress サイトのテーマに合わせるには、カスタム HTML & CSS を Discourse に適用する必要があります。
首尾一貫したトップメニューを作成するには、作成方法についてのチュートリアルを参照してください。
カスタムナビゲーションヘッダー

評価

4月 11, 2019
Trong bài tin tức này, Tri Thức Cộng Đồng sẽ chia sẻ có bạn mẫu luận văn quản trị logistic. Trong trường hợp bạn không thể tự làm hoặc không với thời gian làm, hãy tham khảo giá thuê viết luận văn cao học của Tri Thức Cộng Đồng. Theo Viện Quản Trị Chuỗi phân phối Hoa Kỳ trình bày quản trị chuỗi cung cấp là việc thiết kế và quản lý Một số tiến trình xuyên suốt, tạo giá trị cho Các group chức để đáp ứng nhu cầu thực thụ của khách hàng cuối cùng. Sự tăng trưởng và tích hợp nguồn lực con người là yếu tố then chốt cho việc tích hợp chuỗi cung ứng thành công. Theo Hội Đồng Chuỗi cung cấp thì quản trị chuỗi cung cấp là việc quản lý cung và cầu, xác định nguồn nguyên vật liệu và chi tiết, ra đời và lắp ráp, kiểm tra kho hàng và tồn kho, tiếp nhận đơn hàng và quản lý đơn hàng, phân phối qua Vài kênh và cung cấp đến khách hàng cuối cùng. Theo Hội Đồng Quản Trị Logistics thì quản trị chuỗi phân phối là “…..sự phối hợp chiến lược và hệ thống Các công năng kinh doanh truyền thống và Một vài sách lược xuyên suốt Một số chức năng này trong một công ty cụ thể và giữa Vài doanh nghiệp trong chuỗi phân phối với mục đích tăng thành tích dài hạn của Một vài công ty đơn lẻ và của cả chuỗi cung ứng” nếu như bạn không có thời gian làm luận văn, hãy tham khảo dịch vụ làm luận văn cao học của Tri Thức Cộng Đồng nhé. Từ Một số khái niệm trên có thể rút ra một định nghĩa chung nhất về quản trị chuỗi cung ứng: “Quản trị chuỗi cung ứng là sự phối hợp của có mặt trên thị trường, tồn kho, địa điểm và vận chuyển giữa Vài thành viên trong chuỗi sản xuất nhằm đáp ứng nhịp nhàng và hiệu quả Các nhu cầu của thị trường.” Xem thêm bài viết liên quan: + Tổng hợp 50 đề tài luận văn Marketing dễ làm + Cách viết lý do chọn đề tài cho luận văn ngành Kinh tế, Kế toán Điểm nhất quán giữa Vài khái niệm trên đó là sự phối hợp và hợp nhất lượng lớn Những hoạt động liên quan tới trang bị trong số Vài thành viên của chuỗi cung cấp nhằm tăng năng suất hoạt động, chất lượng, và dịch vụ khách hàng; nhằm đạt được lợi thế cạnh tranh bền vững cho tất cả Một số nhóm chức liên quan trong chuỗi cung ứng. bởi vậy để quản trị chuỗi cung cấp thành công, Một vài doanh nghiệp phải tích cực chia sẻ Một số thông tin với liên quan như: dự báo nhu cầu, kế hoạch ra đời, Một vài chiến lược marketing, việc cải tiến trang bị và dịch vụ, việc áp dụng công nghệ mới, kế hoạch thu mua, ngày giao hàng, và bất kỳ thông tin nào ảnh hưởng tới Một số kế hoạch cung cấp, ra đời, và thu mua. giả dụ bạn quá bận rộn và không với thời gian làm luận văn, hãy tham khảo dịch vụ làm luận văn cao học của Tri Thức Cộng Đồng. có kinh nghiệm hoạt động hơn 15 năm trong lĩnh vực này cùng có group ngũ chuyên viên trình độ cao, Tri Thức Cộng Đồng chắc chắn sẽ đem lại cho bạn sản phẩm hoàn hảo nhất. Giá làm luận văn thuê sẽ tùy thuộc vào ngành/chuyên ngành của bạn, độ khó của đề tài và deadline của bạn. Hãy liên hệ có chúng tôi để được báo giá chi tiết.
10月 20, 2017
I asked a question in the official forum over at https://meta.discourse.org/ and instead of getting an answer, or a reply, it was deleted without any notification. Shows how much you care about your users. I was expecting more.
10月 16, 2017
Suggested a feature and it was rolled out within weeks. Dev is incredibly responsive & helpful. There's also a ton of support & guides in the forum over at http://meta.discourse.org. Plugin is simple to use but VERY comprehensive, and SSO has worked seamlessly. If you're looking to integrate WP with Discourse, I can't recommend this enough!
9件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

WP Discourse はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“WP Discourse” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“WP Discourse” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

注意: wp-discourseプラグインをあなたのサーバー上で実行するには>=PHP-5.4.0が必要です。

1.9.1 06/07/2019

  • Add ‘wpdc_load_comments_template_for_user’ filter to allow the comments template to be loaded conditionally

1.9.0 04/25/2019

  • Fix don’t enqueue Discourse sidebar script if no post types have been selected

1.8.9 04/02/2019

  • Fix don’t cache database call to GET_LOCK when retrieving comments from Discourse

1.8.8 03/19/2019

  • Fix don’t cache database call to GET_LOCK when publishing posts from WordPress to Discourse

1.8.7 02/12/2019

  • Don’t return Discourse comments from Rest Route for password protected posts

1.8.6 02/11/2019

  • Improve copy for plugin settings
  • Don’t allow comments to be viewed for drafts

1.8.4 01/24/2019

  • Fix unhandled publishing error types when the Classic Editor is being used
  • Pass the post_id to the wpdc_publish_format_title filter

1.8.3 01/18/2019

  • Fix encoding of SSO client redirect URL
  • Update wp_new_user_notification function to mirror latest WordPress version
  • Fix calling the ‘wp_login’ action with the wrong parameters
  • Fix listing unlisted topics for posts published with the Block Editor
  • Add ‘wpdc_discourse_username’ filter to allow publishing username to be overwritten before post is published
  • Add ‘wpdc_publish_unlisted’ filter to allow filtering which topics should be published as unlisted
  • Fix copy for Do Not Display Discourse Name Field option

1.8.2 01/10/2019

  • Add post_id parameter to publish_format_html template for use in custom templates

1.8.1 01/07/2019

  • Fix route name for custom post types

1.8.0 01/02/2019

  • Add wpdc_sso_client_query filter
  • Update SSO Client configuration instructions

1.7.9 12/09/2018

  • ブロックエディタサイドバーにPinトピックコンポーネントを追加
  • ブロックエディタサイドバーのallow-tagsおよびmax-tagsオプションを尊重する
  • ブロックエディタを使ってブロックエディタとクラシックエディタを切り替えることができるか確認します

1.7.8 12/08/2018

  • Gutenbergエディタのサポートを追加する
  • HTMLテンプレートをWordPressのtwentyninteenテーマ用に更新します。
  • Discourseに公開される全投稿コンテンツに ‘the_content’フィルタを適用する

1.7.7 10/12/2018

  • Discourseに公開されていない投稿に対してWordPressのコメントテンプレートを読み込まないようにするオプションを追加しました
  • コメント表示オプションを選択するためのUIを改善する
  • Discourse承認キューに追加されたトピックがWordPressで正しく処理されない問題を修正しました。
  • 下書き投稿に追加されたタグが保存されていないのを修正

1.7.6 09/13/2018

  • ログイン要求がDiscourseから発信されたときにsync_ssoを呼び出さないでください。

1.7.5 09/07/2018

  • wpdc_after_sync_ssoアクションフックを追加
  • wpdc_publish_private_postフィルタフックを追加

1.7.4 08/21/2018

  • 設定されていないときにアクセスされるmax-tagsオプションを修正しました

1.7.3 08/17/2018

  • カテゴリー名がforce-publishメッセージに含まれる前に必ず返されるように修正しました

1.7.2 08/17/2018

  • [新しいタブでリンクを開く]オプションを選択したときにターゲット属性が設定されない問題を修正しました。
  • WordPressにコメントが表示されていないときに開始ディスカッションテキストが設定されない問題を修正しました。
  • discourse_post_avatar_template_sizeフィルタを追加
  • discourse_participant_avatar_template_sizeフィルタを追加

1.7.1 08/13/2018

  • wpdc-link-to-topic CSSセレクター名のタイプミスを修正

1.7.0 08/09/2018

  • トピックがディスカッションに公開されたときにトピックにタグを付けるオプションを追加します。

1.6.9 07/27/2018

  • キャッシュされたコメントHTMLを消去するオプションを追加しました
  • wpdc_bypass_sync_ssoフィルタを追加

1.6.8 07/09/2018

  • Discourseのnameフィールドが存在することを確認して修正

1.6.7 06/30/2018

  • このオプションが有効になっている場合にのみコメントHTMLをキャッシュする
  • SSO設定が更新されたときにコメントのHTMLキャッシュを消去する

1.6.6 06/27/2018

  • コメント内の投票を投票へのリンクに置き換える
  • SSOクライアントのショートコードに「リダイレクト」パラメータを追加します。
  • プラグインによって生成されたキャッシュコメントHTML
  • SSOクライアントログインフォームリダイレクト設定の追加

1.6.5 05/25/2018

  • 既存のトピックにリンクするときにURLからクエリパラメータを削除する

1.6.4 05/25/2018

  • comment_htmlテンプレートでcomment_urlタグを使用できるようにする
  • 投稿を更新またはリンク解除する前に確認を要求する

1.6.3 05/08/2018

  • 公開日のDiscourseコメントの表示に使用されるタイムゾーンオフセットを修正しました

1.6.2 04/20/2018

  • 投稿の下にコメントを表示する代わりに、Discourseトピックへのリンクを表示するオプションを追加します。
  • ディスカッショントピックにコメントが存在するがWordPressにプルされていない場合のディスカッション参加テキストオプションを追加します。
  • ログインなしのリダイレクトオプションのエラーを修正
  • プラグインによって検証された後にDiscourse Webフックを処理するために使用できるwpdc_before_webhook_post_updateフィルタフックを追加します。
  • wp_discourse_excerptフィルターにexcerpt_lengthおよびuse_full_postオプションを追加してください。

1.6.1 04/04/2018

  • カスタムの抜粋が設定されている場合は、それをDiscourse投稿コンテンツとして使用する前に空かどうかを確認してください

1.6.0 02/04/2018

  • SSOクライアントのショートコードで、既にリンクされているアカウントの「アカウントをリンクする」というテキストが表示される原因となっていたバグを修正しました。

1.5.9 02/04/2018

  • 設定の検証にiconv_strlenを使用しない
  • すべてのパーマリンクスタイルに適切なWebフックURLを提供する
  • Discourseにコピーする必要があるオプションを選択しやすくする

1.5.8 01/03/2018

  • 非公開のDiscourseトピックとして投稿を公開するためのオプションを追加する
  • 固定トピックとして投稿を公開するためのオプションを追加する
  • APIスタティックメソッドの更新
  • フルコース名が[Discourse名]フィールドにある場合のSSOクライアントのニックネームエラーを修正しました
  • コメント内のワンボックスと引用符を修正するためのオプションのスタイルシートを追加する

1.5.7 15/02/2018

  • To Many Requestの問題を回避するようにadd_user_to_discourse_groupおよびremove_user_from_discourse_group関数を変更します。
  • add_user_to_discourse_groupおよびremove_user_from_discourse_group関数が複数のコンマ区切りのグループを取得することを許可します(グループ間にスペースを入れないでください)。
  • [ログイン時にDiscourseユーザーを作成または同期]オプションが有効になっている場合は、ログインごとにSSOレコードを同期します。
  • SSOクライアント設定に[ログアウトとDiscourseの同期]オプションを追加する

1.5.6 02/02/2018

  • 既存のWordPressトピックに投稿をリンクするオプションを追加します
  • トピック更新のWebフックが有効になっていて、ディスカッションで投稿が削除されたときのコメント数を修正しました。
  • 常にデフォルトのカテゴリに公開するようにforce-publishオプションを変更します。
  • コメントテンプレートに追加する前に、Discourseのコメントコンテンツにアクセスできるようにする ‘wpdc_comment_body’フィルタを追加します。

1.5.5 27/12/2017

  • libxmlバージョンのコメント文字エンコードを修正しました < 2.8.0

1.5.4 10/12/2017

  • ajax呼び出しでDiscourseコメントを読み込むためのオプションを追加します。
  • SSOプロバイダ機能にアクションフックを追加する
  • 投稿の関連トピックがDiscourseで削除された場合に対処するためにunlink_from_discourseチェックボックスを追加
  • 投稿がDiscourseへの公開に失敗したときのエラーメッセージを改善
  • sso_client redirect_urlにフィルタを追加
  • sso_secretとwebhook_secretのサニタイズを修正

1.5.3 23/11/2017

  • APIを介して作成されたユーザーの必須アクテ​​ィベーションを修正

1.5.2 22/11/2017

  • 古いバージョンのDiscourseのget_discourse_user_by_email関数を修正しました

1.5.1 21/11/2017

  • admin/users/list/all.json?emailが使用可能であることを確認するためのDiscourseバージョンのチェックを修正しました。
  • get_discourse_stats API関数を追加しました

1.5.0 19/11/2017

  • 強制公開が有効になっているときは、Discourseに公開チェックボックスを表示しない
  • 強制公開が有効になっている場合は常に公開を更新する
  • 現在のユーザーのメールアドレスがDiscourseの管理者メールアドレスと一致しない場合に[SSOプロバイダ]タブに警告を追加する
  • 自動ログインオプションを削除
  • ユーザーの自動作成オプションを追加
  • get_discourse_user API関数を追加しました
  • get_discourse_user_by_email API関数を追加しました
  • create_discourse_user API関数を追加しました
  • add_user_to_discourse_groupおよびremove_user_from_discourse_group API関数を追加しました

1.4.9 10/11/2017

  • 強制公開オプションを追加

1.4.8 07/11/2017

  • DOMDocumentを使用して、Discourseから返された相対URLを絶対URLに変換します。

1.4.7 31/10/2017

  • urlencode SSOクライアントのリターンパス

1.4.6 29/10/2017

  • ドラフトおよび保留中の投稿に対してDiscourse 公開設定が尊重されていない問題を修正しました

1.4.5 12/10/2017

  • Discourseに再公開されずに、WordPressで投稿を更新できるようにする
  • 新しいタブでDiscourseへのリンクを開くためのオプションを追加します。

1.4.4 12/10/2017

  • WordPress必要最低限のバージョンを4.7に設定
  • wpds_sync_discourse_commentsアクションを追加

1.4.3 24/07/2017

  • enqueue network stylesのバグを修正

1.4.2 11/07/2017

  • SSOの自動ログインのバグを修正

1.4.1 09/07/2017

  • [Discourseユーザー名]と[Discourse]を同期するためのDiscourse Webフックエンドポイントを追加します。
  • マルチサイトインストールのネットワークオプションページを追加する
  • マルチサイトインストールでWordPressのSSOプロバイダとしてDiscourseを使用できるようにする
  • ユーザーデータを同期する機能を追加

1.4.0 27/06/2017

  • DiscourseトピックをWordPress投稿と同期させるためのDiscourse Webフックエンドポイントを追加
  • 単一のDiscourseフォーラムがWordPressサイトのネットワークに接続されているときに使用するマルチサイト設定オプションを追加します。
  • プラグインを介して公開された投稿に対して、Discourseにfeatured_linkを作成するためのオプションを追加します。
  • WordPressユーザーのプロフィールページに[Discourse名]フィールドを表示しないオプションを追加しました
  • wpdc_sso_before_login_redirectアクションフックを追加
  • debug_modeオプションを削除し、代わりに使用できるwpdc_comment_sync_periodフィルターを追加してください

1.3.85 13/06/2017

  • MemberPress登録が使用されているときのEメール検証を修正
  • [公開ユーザー名]および[自動ログインユーザー]設定フィールドの説明を改善しました

1.3.8 08/06/2017

  • プライベートフォーラムのSSOログアウトバグを修正

1.3.7 06/06/2017

  • SSOプロバイダのオプションにforce-avatar-updateオプションを追加
  • SSOプロバイダのオプションに “実際のディスカッション名として使用”オプションを追加
  • アーカイブページのコメント番号を同期するためにどの投稿とページが長い ‘discourse_archive_page_sync_period’を使用するかを設定するために使用する ‘wpdc_single_page_comment_number_sync’フィルタを追加します。

1.3.6 22/05/2017

  • WordPress 4.7.5に対するテスト
  • SSOパラメータにフィルタを追加
  • Travis CI設定ファイルを修正
  • Discourseカテゴリを一時的なものとしてではなく、オプションとして保存する
  • [カテゴリを強制的に更新する]オプションが選択されている場合にのみ、Discourseカテゴリリストを更新します(1回のリクエストで自動的に選択解除されます)
  • Discourseからカテゴリを取得するときにエラーが返された場合は正しいカテゴリに公開する
  • Discourse投稿を公開した後に投稿編集ページに成功/失敗の通知を追加する
  • 投稿がDiscourseへの公開に失敗した場合の電子メール通知オプションを追加する

1.3.5 12/04/2017

  • 単体テストと統合テストを追加する

1.3.4 25/03/2017

  • 以前のバージョンからのSSOオプションの転送を修正しました

1.3.3 24/03/2017

  • ユーザーがWordPressにログインしたときにDiscourseユーザーを自動的に作成してログインするためのSSOプロバイダオプションを追加
  • SSOクライアントとSSOプロバイダのオプションを別々のオプションタブに移動します。
  • プラグインオプションのインラインドキュメントを追加する
  • 最低要件phpバージョンのテストを修正

1.3.2 21/03/2017

  • 常にwp_safe_redirectを使用してください。 DiscourseフォーラムのURLを ‘allowed_redirect_hosts’配列に追加してください。
  • プラグインのアクティブ化時にデフォルトオプションと保存されているオプションをマージする

1.3.0 13/03/2017

  • SSOアバターの問題を修正
  • SSOプロバイダーとしてDiscourseが使用されている場合に既存のユーザーをEメールで同期するためのオプションを追加します。
  • SSOプロバイダとしてDiscourseが使用されている場合、Discourseログアウトと同時に同期できるようにする
  • 外部SSO用の構成可能テキスト設定を追加する
  • 「システム」としてDiscourseに公開する前に警告を追加する
  • 外部SSOを介してユーザーを作成した後にアクションを追加します(「ようこそ」Eメールを送信するのに便利です)。

1.2.5 01/03/2017

  • オプション入力値を0に設定できるようにする

1.2.4 28/02/2017

  • リファクタ管理コード
  • プラグインでオプションページを拡張するためのフックを追加する
  • phpとWordPressの最小要件のテストを修正

1.2.3 24/02/2017

  • オートローダを削除

1.2.2 19/02/2017

  • SSOプロバイダとしてDiscourseを使用する場合は、[Discourseユーザー名]フィールドに入力します

1.2.1 18/02/2017

  • マルチサイトインストールの削除オプション
  • コピーを改善する

1.2.0 16/02/2017

  • DiscourseをWordPressのSSOプロバイダとして使用することを許可する

1.1.3 22/01/2017

  • スケジュール投稿とドラフト投稿の保存済みメタボックス値を表示する

1.1.2 12/12/2016

  • WordPressバージョン4.7に対してテストする

1.1.0 16/11/2016

  • >= PHP-5.4.0が利用できない場合、プラグインのインストールを中止します
  • プラグインのインストールを中止するWordPressのバージョンは< 4.4.0 です
  • SSOが有効になっていないときにWordPressの新規ユーザー通知Eメールを上書きしない
  • データベースに残っている場合は、プラグインのアンインストール時に古いdiscourseオプションを削除します

1.0.2 12/10/2016

  • Discourseから返されたdatetimeget_date_from_gmtを呼び出さないでください。
  • WordPressのcomments_numberをDiscourseのcomments_numberに追加する
  • スクリーンリーダーテキストに '.screen-reader-text' クラスを追加します。
  • Discourseコメント領域に '.discourse-comments-area' クラスを追加
  • [Discourseに公開]メタボックスに表示する前に、Discourseカテゴリにフィルタを追加する

1.0.1 10/10/2016

  • 修正:nullでarray_key_existsを呼び出さない
  • 修正:SSOが有効になっていないときにDiscoursからログアウトしない

1.0.0 26/09/16

  • WooCommerceのサポートを別のプラグインに移動する
  • 設定ページをタブ付きセクションに分割
  • すべてのユーザー向けテキストをカスタマイズするための設定セクションを追加する
  • デフォルトのコメントテンプレートで、フルネームの代わりにDiscourseのユーザ名を表示する
  • 「参加者」という見出しを追加する
  • 既にDiscourseに公開されている投稿にはカテゴリー選択オプションを表示しない
  • ディスカッションとWordPressの両方のコメントが投稿に使用されている場合にのみ、WordPressのcomments_numberフックにフックする
  • 変更した投稿のタイトルをDiscourseと同期する
  • より効率的にオプションを入手
  • アーカイブページのコメントの同期期間を長くする
  • [Discourseリンクテキスト]オプションを追加する
  • バージョンCopy ‘discourse’ options to the new option_groups when upgrading from versions < からアップグレードする場合は、 ‘discourse’オプションを新しいoption_groupsにコピーしてください。 1.0.0
  • バージョンからアップグレードするときは、[discourseオプションを削除してください。< 1.0.0
  • オプションの説明を改善する

0.9.9 13/09/16

  • WordPressのコメントが使用されていない場合、WordPressのget_comments_number関数から ‘discourse_comments_count’を返します
  • XML-RPCを通じてWordPress投稿が公開されたときにDiscourseへの公開を無効にする
  • Discourseに送信する前に、WordPressのタイトルからHTMLタグを削除します。

0.9.8 09/09/16

  • 修正:カテゴリリストのプライベートカテゴリを取得する

0.9.7.5 04/09/16

  • セキュリティ更新

0.9.7 27/08/16

  • sync_to_discourseおよびsync_commentsロックトランジェントに有効期限を設定します

0.9.6 18/08/16

  • WordPressでEメールアドレスを変更した後のSSOリクエストに対して require_activation => 'true' を設定します
  • WordPressからのログアウトとDiscourseの同期

0.9.5 16/08/16

  • 電子メールアドレスがWordPressで確認できない場合は、Discourseでのアクティブ化を要求する
  • WordPress 4.6までテスト済み

0.9.4 16/08/10

  • 修正:WordPressのコメントがない場合に表示されるWordPressのコメントボックス

0.9.3 16/07/21

  • 修正:既存のWordPressのコメントが常に表示される
  • 修正:YouTubeデータ属性がwp_kses_postによってエスケープされる
  • comment_urlタグの代わりにコメントURLを使用
  • comments_number関数を国際化する

0.9.2 16/07/20

  • 絵文字相対パスの部分修正

0.9.1 16/07/19

  • ログインせずにDiscourseにリダイレクトするオプションを追加
  • 検証フィルタがない場合はエラーをログに記録します
  • アクセスする前にpost_types配列を確認してください

0.9.0 16/07/18

  • Discourseにログインする前にEメールを確認する

0.7.0 16/05/16

  • 再構成コード
  • テンプレートをオプションから移動する
  • 設定を検証する
  • 接続状況を示す通知を追加する
  • 管理オプションのサニタイズページ
  • コメントテンプレートの出力をサニタイズする
  • テキスト入力メソッドにtype引数を追加
  • 設定エラーがある場合はキャッシュされたカテゴリを使用する
  • 参加者配列で使用できない名前の修正プロパティ
  • wp_get_current_userを使用
  • add_query_arg未定義のオフセット通知を修正
  • WP上の投稿を更新後Discourse投稿を更新しました
  • コメントスクリプトを含めるためのより良い方法
  • 投稿ごとのDiscourseカテゴリの選択を許可
  • アバターURLの置き換え機能
  • カスタムタイムスタンプのタイムゾーンを修正