Htaccess File Editor – Safely Edit Htaccess File

説明

WP Htaccess Editor は、WP 管理画面からサイトのhtaccess ファイルを編集、修正、テストするためのシンプルで安全かつ高速な方法を提供します。保存する前に、htaccess ファイルの構文エラーをテストすることもできます。また、htaccess ファイルを変更するたびに自動的にバックアップを作成します。Htaccess のバックアップは、プラグインから直接復元するか、htaccess ファイルのエラーによりWP が正常に動作しない場合はFTP を介して復元することができます。htaccess のエラー修正に非常に便利です。サポートを含むすべての質問については、公式のフォーラムをご利用ください。

WP Htaccess Editor には、WP 管理画面の「設定」メニューからアクセスできます。

もしSSL やHTTPS に関する問題がある場合は、無料のWP Force SSLプラグインを試してみてください。これはSSL を有効化し、SSL の問題を修正する最も簡単な方法です。

Htaccess の構文テスト

保存前に.htaccess ファイルの構文をテストするために、「保存前にテスト」ボタンを使用してください。ただし、このテストはhtaccess ファイルのロジック(リダイレクトが意図した通りに機能するかなど)を確認しません。構文エラーのみをチェックします。もし.htaccess ファイルを修正する必要がある場合は、デフォルトのバージョンに復元してからカスタムコードを1行ずつ追加することをおすすめします。

自動的なHtaccess のバックアップ

Htaccess エディターは、htaccess ファイルを変更するたびに自動的にバックアップを作成します。バックアップは/wp-content/htaccess-editor-backups/に保存され、タイムスタンプが付いているため、最新のhtaccess バックアップを簡単に見つけて復元することができます。

WordPress ネットワーク(WPMU)のサポート

WP Htaccess Editor はWP ネットワーク(WPMU)と完全に互換性があり、テストされています。ネットワーク管理者の設定メニューの下に表示されます。個々のサイトでは利用できません。なぜなら、ネットワークごとに1つのhtaccess ファイルしか存在しないためです。

このプラグインは元々2011年3月にLukenziによって開発されました。

GDPR対応性

私たちは弁護士ではありません。以下の内容を法的助言として解釈しないでください。
WP Htaccess Editor は、ユーザーデータを追跡、収集、処理しません。ログは取られず、第三者に提供されることもありません。また、第三者のサービスやCDN も使用していません。これに基づいて、GDPR に準拠していると考えていますが、再度申し上げますが、法的助言として受け取らないでください。

スクリーンショット

  • WP Htaccess Editor の管理ページ
  • アクションは二重確認が必要で、事故を防ぐために行われます。

インストール

通常の手順に従ってください。

  1. WordPress の管理画面を開き、プラグインに移動し、「新規追加」をクリックしてください。
  2. 「htaccess editor」と検索してEnter キーを押してください。
  3. プラグインはリストの最初に表示され、[今すぐインストール]をクリックしてください。
  4. プラグインをアクティブ化し、「設定」メニューの下にあるプラグインの設定ページを開いてください。

必要な場合は、手動でアップロードしてください。

  1. 最新の安定版をdownloads.wordpress.org/plugin/wp-htaccess-editor.latest-stable.zipからダウンロードしてください。
  2. ファイルを解凍し、/wp-content/plugins/にアップロードしてください。
  3. WordPressの管理画面にアクセスし、「プラグイン」をクリックし、「WP Htaccess Editor」の横にある「有効化」をクリックしてください。
  4. 「設定」メニューの下にあるプラグインの管理ページを開いてください。

FAQ

How to disable this plugin?

Just use standard Plugin overview page in WordPress admin section and deactivate it or rename plugin folder /wp-content/plugins/wp-htaccess-editor over FTP access.

How can I report security bugs?

You can report security bugs through the Patchstack Vulnerability Disclosure Program. The Patchstack team help validate, triage and handle any security vulnerabilities. Report a security vulnerability.= I’ve killed my site! Help!? =

何も失われたり削除されたりしません。サイトを簡単に元に戻すことができます。
おそらくエラー500や白い画面(デススクリーン)が表示されているでしょう。まず、FTP 経由でサイトに接続し、.htaccess ファイルを見つけてください。ファイルを削除するか、名前を変更します。再度サイトを試してみてください – サイトが表示されるはずです。もし表示された場合は、/wp-content/htaccess-editor-backups/内に以前の動作していた.htaccess ファイルのバックアップを見つけ、そのファイルをサイトのルートフォルダにコピーして元に戻せます。

「.htaccess」ファイルを編集または作成できないというエラーが表示されます。

申し訳ありませんが、サーバーによって設定されたファイルアクセス権限を変更することはできません。FTP を介してファイルを編集する必要があります。

以下のサポートフォーラムにアクセスしてください。喜んでお手伝いします。

どのようにサポートを受けることができますか ?

以下のサポートフォーラムに移動してください。お手伝いいたします。

WP-CLI をサポートしていますか?

まだではありませんが、計画しています。

評価

2023年12月17日
Ottimo, mi permette di mantenere blindato il mio sito privato
92件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Htaccess File Editor – Safely Edit Htaccess File はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Htaccess File Editor – Safely Edit Htaccess File” は3ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Htaccess File Editor – Safely Edit Htaccess File” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

v1.71

  • 2022/11/21
  • Minor security fixes

v1.70

  • 2021/03/04
  • PHP 8の修正点

v1.67

  • 2021/01/30
  • フライアウトメニューが追加されました。

v1.66

  • 2020/10/17
  • 軽微なバグ修正

v1.65

  • 2019/08/16
  • fixed a few bugs
  • 新機能:保存前にhtaccess ファイルの構文エラーをテストします。
  • 新機能:htaccess のバックアップ
  • 2019年8月10日には50,000のインストールがありました。

v1.60

  • 2019/03/12
  • fixed a few bugs
  • 新機能:エディターサイズは永続的であり、localStorage に保存されます。
  • メニューアイテムが「ツール」から「設定」に移動しました。
  • 完全なWordPress ネットワーク(WPMU)の互換性

v1.55

  • 2019/01/15
  • added code editor resize feature
  • fixed a few bugs
  • 2019年1月9日には40,000のインストールがあり、172,000回のダウンロードがありました。

v1.50

  • 2018/12/21
  • WebFactory took over development
  • complete plugin rewrite
  • 30,000 installations; 162,200 downloads

v1.3.0

  • Added Spanish translation (Thanks to Andrew Kurtis from WebHostingHub.com)
  • Updated design
  • Updated info links

v1.2.0

  • Improved code
  • Improved design
  • Improved security
  • Removed debug panel
  • Updated translations
  • Updated links
  • Updated screenshots
  • Adding plugin logo

v1.1.1

  • Fixed CHMOD

v1.1.0

  • Adding Czech and English language
  • Adding debug panel
  • Added information about the author and translators
  • Fixed vulnerability
  • Fixed bug loading translations files
  • Optimized for minimum memory requirements
  • Small code modifications

v1.0.1

  • Adding button for create .htaccess file if not exists
  • Fixed bug in the permissions to view the plugin
  • Optimized for smaller memory requirements

v1.0.0

  • 2011/03/24
  • First stable version
  • Adding to WordPress repository