WP Remove Query Strings From Static Resources

説明

その名の通り、静的リソースからクエリー文字列を削除します。静的リソースとは、JavaScript や CSS ファイルのことです。これにより、WordPress サイトの速度が向上します。また、Pingdom、GTmetrix、PageSpeed、YSlow のサイトテストツールでのスピードスコアも向上します。

クエリ文字列について

クエリー文字列を削除する利点

これは、検索エンジンの最適化の一部です。だから、検索エンジンであなたのウェブサイトのランキングを向上させます。また、ウェブサイトのテストツールでの速度スコアを向上させます。それはあなたのウェブサイトのパフォーマンスを向上させ、より多くのウェブサイトの訪問者をもたらします。

スクリーンショット

  • コードビュー

インストール

WP Remove Query Strings From Static Resources を含む WordPress プラグインをインストールする方法は3種類あります。

最も簡単: WordPress ダッシュボードを使用

  1. WordPress ウェブサイトのダッシュボードを開き、新しいプラグインページをここに追加します: ダッシュボード > プラグイン > 新規追加。
  2. ここで、’WP Remove Query Strings From Static Resources’ を検索します。
  3. 「いますぐインストール」をクリック
  4. プラグインダッシュボードでプラグインを有効化します

ダッシュボードでのアップロード

  1. 以下からこのプラグインの最新バージョンをダウンロードしてください: https://wordpress.org/plugins/wp-remove-query-strings-from-static-resources/
  2. ダッシュボードを開き、ここに新しいプラグインページを追加します: ダッシュボード > プラグイン > 新規追加。
  3. 今すぐ「プラグインのアップロード」ボタンをクリックします。
  4. 「参照…」をクリックして、ダウンロードした ZIP ファイルを選択します。あとは、インストールして有効化するだけです。

FTP を使用したアップロード

  1. 以下からこのプラグインの最新バージョンをダウンロードしてください: https://wordpress.org/plugins/wp-remove-query-strings-from-static-resources/
  2. この zip ファイルを抽出して、フォルダー ‘wp-remove-query-string-from-static-resources’ を検索します
  3. ここで、プラグインディレクトリ内に ‘wp-remove-query-strings-from-static-resources’ フォルダをアップロードします: ‘–WP-ROOT–/wp-content/plugins/’
  4. ダッシュボードを開き、プラグインページを開きます。このプラグインを見つけて、有効化してください。

FAQ

プラグインのオプションはどこですか ?

このプラグインにはオプションがありません。プラグインの有効化後、すぐに動作する状態になります。無効化すると動作を停止します。

私のサイトで動作しますか ?

はい、すべての WordPress サイトで動作します。

サポートが必要です

こちらでサポート トピックを作成してください

評価

3件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

WP Remove Query Strings From Static Resources はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“WP Remove Query Strings From Static Resources” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“WP Remove Query Strings From Static Resources” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.5

  • Tested for WP 6.3

1.4

  • Compatibility WP 6.0

1.3

  • 2019年2月23日
  • テキストを改善
  • バージョンを増やす

1.2

  • 2017年7月3日
  • コードの改善

1.1

  • 2017年7月3日
  • 互換性の問題

1.0

  • 2017年6月29日
  • 初期リリース