wp-sacloud-webaccel

説明

さくらのクラウド ウェブアクセラレータとの連携を行います。

ウェブアクセラレータを利用することにより、オリジンサーバーへの負荷を最小限にしつつ、アクセス急増時でも安定してサイトを表示することができます。

このプラグインを利用することで、ウェブアクセラレータとの連携に必要なレスポンスヘッダの出力や、データ更新時のキャッシュクリアなどが自動化されます。

サブドメイン方式での連携にも対応しており、
メディアファイルのURLのみをウェブアクセラレータのサブドメインURLに書き換えることができます。

Features

  • 以下のページ/ファイルへのリクエストをウェブアクセラレータでキャッシュできるようにします。

    • 投稿
    • 固定ページ
    • アーカイブ
    • タグ
    • カテゴリ
    • カスタムタクソノミー
    • 日付(年/年月/年月日)
      -メディアファイル

    メディアファイル以外はフィード(RSS/Atom/RDF)のキャッシュも行います。

なお、ログインユーザーによるリクエスト、ページング2ページ目以降、検索結果ページはキャッシュを行いません。

  • WordPress管理画面でのデータ更新時、ウェブアクセラレータでのキャッシュをクリアします。

  • サブドメインを利用するように設定した場合、メディアファイルの配信URLをウェブアクセラレータが提供するサブドメインに書き換えを行います。

  • WordPress管理画面、またはWP-CLIからキャッシュの全削除を行えます。

使い方とサポート

GitHubでは、プラグインのインストール方法や設定方法などを掲載しています。

Arbitrary section 1

スクリーンショット

  • screenshot-1.png

インストール

ダウンロードしたプラグインのZipファイルを、/wp-content/plugins/ディレクトリにアップロードします。

ワードプレスのダッシュボード内の「プラグインメニュー」からプラグインを有効にします。

ダッシュボードの『プラグイン新規追加』からの追加も可能です。

インストール後の設定についてはGitHub上のドキュメント「インストール/設定」を参照してください。

FAQ

お問い合わせはGitHubのIssueにてお願い致します。
https://github.com/yamamoto-febc/wp-sacloud-webaccel

貢献者と開発者

wp-sacloud-webaccel はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“wp-sacloud-webaccel” は1ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“wp-sacloud-webaccel” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。