WP Simple Booking Calendar

説明

あなたの休日の家の可用性を示すために予約カレンダーが必要ですか? 世界中の観光客にあなたの休日の家を貸している場合は、あなたのウェブサイトでこの無料のプラグインを使用する必要があります。 この予約カレンダーは、休日の家、部屋、ベッド、朝食、オフィス、または設備の一部の可用性を表示します。

あなたのページに予約カレンダーをインストールして埋め込むには数分かかります。

最新のアップデートのおかげで、この WP Simple Booking Calendar はこれまで以上に使いやすくなりました。WP Simple Booking Calendar は、あなたのウェブサイトの訪問者はわずか数回のクリックであなたの休日の家の可用性を確認することができ、 さらに完全な編集の自由を提供します。

無料版では、予約を追跡するのに必要なすべての基本機能にアクセスできます。 カスタムレジェンドアイテムや高度な編集/公開オプションなどの高度な機能については、いつでもプレミアムバージョンにアップグレードできます。 このカレンダーのプレミアム版にアップグレードすると、幅広いカスタマイズオプションと編集機能にアクセスすることができます。

WP Simple Booking Calendar はどのように便利ですか?

  • あなたの休日の家の利用可能日を表示する。
  • あなたの新しい休日の家が賃貸のために利用可能になったときに人々を見せることができ、電話、チャット、または電子メールでやりとりするのに費やす時間を減らします。
  • シフトカレンダーとして使用することもできますし、部屋、オフィス、機器の空き状況を表示することもできます。

無料版の特長

  • 1つのカレンダーを作成
  • カレンダーの近くに凡例を表示
  • シンプルでユーザーフレンドリーなインターフェース
  • 利用可能な表示形式
  • Responsive calendar layout
  • 各予約カレンダーの各日の予約情報を追加して保存する。
  • Legend items and month names translated in over 30 languages
  • PO ファイルを使用した言語翻訳オプション
  • カレンダーとデータのバックアップとリストア

プレミアム版の特長

  • 無制限の予約カレンダーを作成する。
  • Sync your calendars with Airbnb, Booking.com, HomeAway and other sites that support iCal
  • 複数の月を表示
  • Bulk editor: Edit multiple dates with one click
  • 独自の凡例を作成 (独自の色と言語を適用する)
  • Export dates as CSV file
  • ユーザー管理: 特定のユーザーを特定のカレンダーに割り当てる
  • 週の最初の曜日を変更
  • 開始月/年を変更する
  • 情報付きのツールチップを表示する (すべての日に情報を入力できます)
  • 週の番号を1から52で表示する
  • 訪問者に対して履歴を隠す。
  • 使いやすく表示が可能なさまざまな言語設定をお楽しみください。
  • ページまたは投稿に予約カレンダーを表示するためのショートコードを生成する。
  • 複数のカレンダーの概要
  • 現在の日を強調表示する
  • WordPress マルチサイト (ネットワーク) サポート
  • Professional support

プレミアム版をダウンロード

Syncing with Booking.com, Airbnb, FlipKey, HomeAway

Do you feature your holiday home on multiple websites and need to sync availability data from one website to the other? With WP Simple Booking Calendar you can easily export the data from your calendars to Airbnb, FlipKey, Google Calendar and other websites.

ダウンロード

Download the Premium version at wpsimplebookingcalendar.com to discover its unlimited advantages.

スクリーンショット

  • The booking calendar embedded in the website
  • Calendar Editor
  • Available Languages

ブロック

このプラグインは2個のブロックを提供します。

wp-simple-booking-calendar/single-calendar
WP Simple Booking Calendar
wp-simple-booking-calendar/sbc
WP Simple Booking Calendar

インストール

  1. wp-simple-booking-calendar ディレクトリを /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードします
  2. WordPress の「プラグイン」メニューからプラグインを有効化してください
  3. メニューエントリから ‘WP Simple Booking Calendar’ をクリックします
  4. カレンダーを作成するには、ページの上部にある「新規追加」をクリックします。
  5. カレンダーを保存するには「変更を保存」をクリックしてください。
  6. Embed the calendar on any page or post using the shortcode.

作成した予約カレンダーはウィジェットで利用することができます。

FAQ

予約カレンダーをページまたは投稿に埋め込むにはどうすればよいですか?

Use the ‘Add Calendar’ button above the editor, the Gutenberg block, the Widget or the shortcode. An example of a shortcode: [wpsbc id=”1″ title=”yes/no” legend=”yes/no” legend_position=”side/top/bottom” language=”auto/language-code”]. If you paste this shortcode in a page it will show your calendar.

I have another question

詳細については wpsimplebookingcalendar.com をご確認ください。

評価

2020年9月16日
We needed an easy-to-install mechanism for displaying availability of rooms for a booking request process. WP Simple Booking Calendar did just that. Easily installed and configured -- now I'm just working on the iCal import/export, but this really solved the problem we had. Thanks!
2020年9月11日
We used the WP Simple Booking Calendar (WPSBC) Premium Plugin, to help us migrate from our old, obsolete reservation system to a new reservation system. Prior to the migration, we were manually syncing bookings from the old system by entering the bookings for each facility onto the manual-entry calendars on the WPSBC Plugin. Our new reservation system supports iCalendar URL export feeds. We configured each of our calendars on WPSBC to import the iCalendar URLs. We use Google Calendars to create automatically-repeating "No Check In" dates for Sundays and Holidays when our staff is not available for checking-in guests (their days off), and successfully imported the Google Calendar URL into WPSBC for display on our website. The order in which you import the URLs matters. We imported the iCal URL from our booking system, then the iCal URL from our No Check-In Google Calendar. This works perfectly - the bookings override the No-Check In dates (We allow stay-through bookings on no-check-in dates, but not arrivals on no-check-in dates). After we cutover to our new reservation system and did all the iCal URL imports, so we no longer have to do manual edits of the WPSBC calendars, I noticed that, since I did not clear out all the manually-entered calendar entries, during the cutover, whenever we cancelled or moved a booking on our new booking system, the old manually-entered calendar entries would re-appear. Since we had a lot of calendars and iCal URLs already provisioned, I asked Roland Murg (WPSB plugin author) if he would be willing to develop a new feature: add an Enable/Disable button to the iCal import section, so I could temporarily disable the iCal import feeds, then use the Bulk Edit feature of WPSBC to clear-out all the old, manually-entered calendar entries, then re-enable the iCal URLs. Roland provided this new feature in record time (less than a day turnaround!!). This new feature saved me a ton of time, since I did not have to reconfigure all the iCal URLs that I had already entered into the WPSBC plugin. We are happily using our new booking system and saving a ton of time, and thanks to the WPSBC premium plugin, our website facility availability calendars now automatically sync with the bookings made in our reservation system -- even when we cancel bookings or move bookings to different dates or facilities. Roland Murg (plugin author) provides incredibly fast, awesome support. This plugin is rock-solid, bug-free. I highly recommend this plugin and the technical support provided.
2020年9月11日
After conducting lots of research I installed this plugin on a holiday rental site. The plugin is really simple to use, whilst having lots of powerful configuration options. The support is excellent - all queries were responded to quickly and concisely. I would certainly recommend this plugin.
2020年9月7日
Great, simple and very useful plugin. I am using it on a rental site for holiday homes. The free version then is not enough to cover the client's wishes, but at least every host can work easily with it. Support is wonderful too.
190件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

WP Simple Booking Calendar はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“WP Simple Booking Calendar” は3ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“WP Simple Booking Calendar” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

2.0.5

  • New: Added an option in the Settings page to change the starting day of the week.
  • Improved: Updated dutch translation.

2.0.4

  • Fixed: Backend calendar is now displayed in the correct language set in WordPress.

2.0.3

  • Improved: Compatibility changes for the new WordPress 5.4

2.0.2

  • Fixed: Language codes for Slovenian and Swedish
  • Fixed: Warning message on some servers when creating a calendar
  • Improved: Elementor Widget

2.0.1

  • Fixed: Legend no longer appears next to the calendar by default

2.0.0

  • Major Rebuild
  • New: Added translations in over 30 languages
  • New: Calendar dates description field
  • Improved: Calendar editor
  • Improved: Calendar front-end display

1.5.5

  • New: Added Gutenberg calendar block

1.5.4

  • Fixed: Removed PHP create_function deprecated function.

1.5.3

  • Misc: Small interface change.

1.5.2

  • その他: WP Simple Booking Calendar ポスト/ページメタボックスの仕組みを変更し、ユーザーにもっと明確にする。

1.5.1

  • 固定小文字の曜日の略語と月の名前

1.5

  • The admin panel is now fully responsive
  • プレミアム機能の一覧を更新しました。

1.4.1

  • ハッシュの微調整

1.4

  • セキュリティ強化 (すべてのURLに一意の識別子をハッシュ形式で追加)

1.3

  • WordPress 3.8 用の小さな CSS の調整

1.2

  • jQueryとの互換性を高めるための変更

1.1

  • Fixed Warning: array_key_exists() error some users experienced
  • enqueue_scripts を修正

1.0

  • 最初のリリース