このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。

WPExifView

説明

This plugin, the uploaded image file specified by the short code to embed EXIF information in the post text.

Available tags

  • File Name
  • File Size
  • Image Height
  • Image Width
  • MimeType
  • Date Time
  • Taken Date
  • Camera Maker
  • Camera Model
  • Lens Name
  • ISO
  • Exposure
  • FNumber
  • CCDWidth
  • Focal Length
  • User Comment
  • Software
  • Artist
  • Copyright
  • Firmware Version

スクリーンショット

  • Setting template
  • Setting template for post

インストール

  1. After extract, the folder “wp-exif-view/” directory to “/wp-content/plugins/” to upload.
  2. plugins from admin “WPExifView” to activate.
  3. in the post text [exif img=”[path to image file]”] embedded. img to the path below to upload the image.

FAQ

None

貢献者と開発者

WPExifView はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“WPExifView” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

1.4.1

  • Add available tag to “Focal Length”

1.4.0

  • Change format date DateTime and TakenDate.

1.3.2

  • Fixed Canon EOS 70D Lens Name

1.3.1

  • As the latest version v1.3.0, but it had not been reflected in changes only version

1.3.0

  • Documents Japanese to English
  • Support multisite
  • Add TakenDate
  • fixed FNumber and EsposureTime

1.2.2

  • Add available tag to “Maker”

1.2.1

  • Add available tag to “Lens”

1.2.0

  • Add available tags
  • Set the template so that you can change each article

1.1.0

  • Internationalization Admin

1.0.0

  • This version is first release.