ファイルブロック

ブロック一覧へ戻る

ファイルブロックを使うと、現在のサイトにあるドキュメントファイルのダウンロードリンクを作成できます。

この動画はファイルブロックの使い方と、設定によって表示を変更する方法を紹介します。

ファイルブロックを投稿や固定ページへ追加する手順:

  1. ファイルブロックを追加するにはブロックを追加ボタンを使うか、/file (または /ファイル)と入力して Enter キーを押します。

ブロック追加の詳しい方法はこちらをご覧ください。

  1. ファイルを追加するには、アップロードボタンを使ってファイルをコンピューターから直接アップロードするか、メディアライブラリオプションを使ってメディアライブラリのファイルを追加します。

ファイルを追加した後、ファイル名を編集したりファイルの URL をコピーしたりできます。

ブロックツールバー ブロックツールバー

各ブロックにはそれ固有のツールバーアイコンとコントロールがあり、エディター内でブロックを操作できます。

ファイルブロックには標準で6個のボタンがあります:

  • 変換
  • 移動用ハンドル
  • 配置を変更
  • 置換
  • URL をコピー
  • 他のオプション

変換

変換ボタンをクリックすると、ファイルブロックをグループまたはカラムへ変換できます。グループにするとブロックの周囲の背景色を変更できます。

移動用ハンドル

上下の矢印を使って、ドキュメント内でブロックを上下に移動できます。

エディター内でブロックを移動する詳しい方法はこちらをご覧ください。

配置を変更

  • 左寄せ – ブロックを左に配置します。
  • 中央寄せ – ブロックを中央に配置します。
  • 右寄せ – ブロックを右に配置します。
  • 幅広 – ブロックの幅をコンテンツ幅に合わせます。
  • 全幅 – 画面の幅いっぱいまでブロックの幅を広げます。

置換

置換ボタンを使うと、ファイルブロックに入れる新しい(別の)ファイルを、コンピューターからアップロードしたり、メディアライブラリから選ぶことができます。

URL をコピー

URL をコピーボタンをクリックすると、ファイルの URL をクリップボードへコピーできます。

他のオプション

追加設定を表示(非表示)

追加設定を表示(非表示)オプションを使うと、エディターのサイドバーにある「ブロック設定」パネルを表示する(または隠す)ことができます。

コピー

コピーを使うと、選択したブロックをコピーしてエディター内の好きな位置へ貼り付けできます。

複製

複製を使うと、選択したブロックを複製できます。

前に挿入

新しいブロックを選択したブロックの前へ挿入します。

後に挿入

新しいブロックを選択したブロックの後へ挿入します。

移動

移動を選ぶと、コンテンツ内に青い線が現れます。その後、矢印を使って線を上下に移動し、選択したブロックの移動先を指定できます。最後にキーボードの Enter を押すとブロックがそこへ移動します。

HTML として編集

HTML として編集を使うと、選択したブロックの HTML コードを変更できます。

再利用ブロックに追加

再利用ブロックに追加オプションを使うと、選択したブロックを再利用ブロックのリストへ追加できます。すると他の投稿や固定ページでそのブロックを利用できます。

グループ化

ブロックをまとめて一つの単位として扱いたい場合、グループ化オプションを選択します。例えば共通の背景色や他のブロックをグループへ追加できます。

ブロックを削除

ブロックを削除オプションを使うと、選択したブロックをコンテンツから削除できます。

トップ ↑

ブロック設定 ブロック設定

どのブロックも、ブロックツールバーにあるオプションに加えて、固有のオプションがエディターのサイドバーにあります。もしサイドバーが見当たらなければ、公開(更新)ボタンの隣にある「歯車」ボタンをクリックしてください。

ファイルブロックには図のように、テキストリンク設定、ダウンロードボタン設定、高度な設定のオプションがあります。

テキストリンク設定

リンク先として、メディアファイルそのもの、または添付ファイルのページのどちらかを選べます。元のページから離れさせたくなければ、新しいページ(タブ)に表示することができます。

ダウンロードボタン設定

ファイルブロックにあるダウンロードボタンは、ブロック設定のオプションパネルでオンとオフを切り替えることができます。

オフの場合も、ファイル名はハイパーリンク付きでサイトに表示されます。

高度な設定

高度な設定パネルを使うと HTML アンカーと CSS クラスをブロックへ追加できます。

HTML アンカーは特定のファイルブロックユニークな Web アドレスを作ることができます。その後、ページ内のファイルブロックへ直接リンクできます。

追加 CSS クラスはブロックへ CSS クラスを追加できます。その後、カスタム CSS を書いてブロックに好みのスタイルを付けることができます。

変更履歴

  • 更新: 2020-09-19
    • ブロックツールバーの新機能を反映
    • ブロック設定の新機能を反映
    • WordPress 5.5のスクリーンショット
  • 更新: 2020-06-18
    • ページ先頭に「ブロック一覧へ戻る」を追加
    • 「高度な設定」再利用可能ブロックを通常ブロック化
    • 「変更履歴」を追加
  • 新規作成: 2019-03-07

この記事は役に立ちましたか ? どうすればさらに改善できますか ?