WordPress のインストール

WordPress はインストールが簡単なことで有名です。ほとんどの環境でごく簡単な手順でインストールが済み、完了まで5分もかかりません。多くのホスティングサービスWordPress を自動的にインストールできるツールを提供していますが、 自分でインストールしたい場合は以下のガイドが参考になるでしょう。

WordPress をインストールする前に知っておくべきこと WordPress をインストールする前に知っておくべきこと

インストールを始める前に、いくつか必要なことがあります。インストールする前にを参照してください。
複数の WordPress インスタンスが必要な場合は、複数の WordPress をインストールするを参照してください。

トップ ↑

5分間インストール 5分間インストール

この作業手順はインストールに慣れた人向けの簡易版です。さらに詳しい手順は下にあります。

  1. WordPress パッケージをダウンロードして解凍。
  2. サーバー上に WordPress 用のデータベースと、そのデータベースへの全アクセス権・編集権を持つ MySQL (あるいは MariaDB) のユーザーを作成。
  3. (オプション) wp-config-sample.php のファイル名を wp-config.php に変更し、wp-config.php ファイルの編集に従ってデータベースの情報を追加。
    ヒント:WordPress のインストール時に自動的に wp-config.php ファイルが生成されるため、手順3はオプションです。ファイル名の変更に馴染みがない場合はこの手順をスキップすることができます。
  4. サーバー上の任意の場所に WordPress ファイルを設置。
    • ドメインルート (http://example.com/ など) に WordPress を置きたいときは、解凍した wordpress ディレクトリの中身 (wordpress ディレクトリ自体を除く全ファイル) をサーバーのルートディレクトリへアップロードします。
    • ウェブサイト上の WordPress 用のサブディレクトリ (http://example.com/blog/ など) に設置したいときは、サーバー上で blog ディレクトリを作成し、解凍した WordPress パッケージの中身をディレクトリにアップロードします。
    • 注意:お使いのFTPクライアントにファイル名を小文字に変換する機能がある場合は、それが無効になっていることを確認してください。
  5. ブラウザーで WordPress を設置したURLにアクセスし、インストールスクリプトを実行。
    • WordPress をルートディレクトリに設置した場合: http://example.com
    • blog というサブディレクトリに設置した場合: http://example.com/blog/

以上です!これで WordPress はインストールされたはずです。

トップ ↑

インストール手順の詳細 インストール手順の詳細

手順 1: ダウンロード・解凍 手順 1: ダウンロード・解凍

https://ja.wordpress.org/download/ から WordPress パッケージをダウンロードして解凍。

  • リモートウェブサーバーへ WordPress をアップロードする場合、ブラウザーで自分のコンピュータへ WordPress パッケージをダウンロードしてパッケージを解凍します。
  • FTP を使う場合は次のステップは無視します。後でファイルアップロードについて説明します。
  • shell でサーバーへアクセスできて、コンソールベースのツールに慣れている場合、FTP 作業を避けたいときは、wget (または lynx 等のコンソールベースのウェブブラウザー) を使ってサーバーへ直接 WordPress をダウンロードできます。
    • wget https://wordpress.org/latest.tar.gz
    • 次に、使用するパッケージを解凍:
      tar -xzvf latest.tar.gz

      WordPress パッケージは、latest.tar.gz をダウンロードしたのと同じディレクトリ内の wordpress というフォルダの中に展開されます。

トップ ↑

手順 2: データベースとユーザーの作成 手順 2: データベースとユーザーの作成

もしホスティング業者 (レンタルサーバー) を使っているなら、すでに WordPress 用に設定されたデータベースや簡単インストール用のツールが用意されているかもしれません。ホスティング業者のサポートページや管理画面で、手動でインストールする必要があるかどうかよく調べてみてください。

手動でインストールする必要があることが分かったら、以下の phpMyAdminの利用 に従って WordPress のユーザー名とデータベースを作成します。PleskやcPanelといった他のツールや、MySQLクライアントを利用する場合は WordPress 用のデータベースを作成を参照してください。

使用できるデータベースが1つしかなく、すでに別の用途で使用している場合でも、既存のテーブルを上書きしないように別のプレフィックスをつけることで、既存のデータベースに WordPress をインストールすることができます。

トップ ↑

phpMyAdmin の利用 phpMyAdmin の利用

Webサーバーに phpMyAdmin がインストールされていれば、以下の手順に沿って WordPress 用のデータベースとのユーザーを作成できます。

注意:この方法は phpMyAdmin 4.4 向けに書かれています。phpMyAdminの画面はバージョンによって微妙に異なることがあります。

  1. WordPress 用のデータベースが左側のデータベースドロップダウンリストになければ、作成します:
    1. WordPress データベースの名前を決めます ( 'wordpress''blog' など) 。多くのホスティング業者ではユーザー名とアンダースコアが必須になるため、自分のパソコンで作業する場合でもホスティング業者の要件を確認してそれに合わせることを推奨します。そうすれば、Webサーバーにデータを転送する際にファイルを編集する必要がありません。決めた名前を データベースを作成する フィールドに入力し、使用する言語に合った照合順序を選択します。多くの場合は “utf8_” から始まるものを、もし自分の言語のものがなければ “utf8mb4_general_ci” を選ぶといいでしょう。照合順序についての詳細はこちらの記事を参照ください。
      phpMyAdmin_create_database_4.4
  2. 左上の phpMyAdmin アイコンをクリックしてホーム画面に戻り、ユーザータブをクリックします。もし WordPress 用のユーザーがまだ存在しなければ作成します。
    users.jpg
    1. 新しいユーザーを追加するをクリック。
    1. 左上の phpMyAdmin アイコンをクリックしてメインページに戻り、[ユーザー]タブをクリックします。ユーザー一覧に WordPress に関連するユーザーがまだ存在しない場合は、作成します。
       
    1. 「ユーザーの追加」をクリックします。
    2. WordPress のユーザー名を選び (「wordpress」がよい) 、ユーザー名の欄に入力します。(ドロップダウンからUse text field:が選択されていることを確認してください)。
    3. 安全なパスワード (大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたものが理想的) を選び、「Password」フィールドに入力します (ドロップダウンから「Use text field:」が選択されていることを確認してください) 。再入力欄にパスワードを再入力してください。
    4. 選んだユーザー名とパスワードをメモする。
    5. Global privileges のオプションは、すべてデフォルトのままにしておきます。
    6. Go をクリックします。
    7. ユーザー画面に戻り、先ほど WordPress 用に作成したユーザーの「権限の編集」アイコンをクリックします。
    8. データベース固有の権限」セクションで、「Add privileges to the following database」ドロップダウンからWordPress用に作成したばかりのデータベースを選択し、「Go」をクリックします。
    9. ページが更新され、そのデータベースの権限が表示されます。すべての権限を選択するには「すべてをチェック」をクリックし、「Go」をクリックします。
    10. 表示されたページで、ページ上部の「Server:」の後に表示されているホスト名を確認します (これは通常、localhost になります)。
phpMyAdmin_server_info_4.4

トップ ↑

手順:3 wp-config.php のセットアップ 手順:3 wp-config.php のセットアップ

自分で wp-config.php ファイルを作成して編集することもできますが、このステップをスキップして、インストールスクリプトを実行したときに WordPress に任せてもかまいません (手順5) 。ただし、データベースの情報を WordPress に伝える必要があります) 。

(より広範な詳細と、設定ファイルとパスワードセキュリティのためのシークレットキーを作成するためのステップバイステップの手順については、wp-config.php の編集を参照してください)

手順1で WordPress のパッケージを解凍した場所に戻り、ファイル wp-config-sample.php を wp-config.php にリネームして、テキストエディターで開きます。

以下のコメントの下の部分にデータベース情報を入力します。

 // ** MySQL settings - You can get this info from your web host ** //
DB_NAME 
手順2 で WordPress 用に作成したデータベースの名前を入力します。
DB_USER 
手順2 で WordPress 用に作成したユーザー名を入力します。
DB_PASSWORD 
手順2 で WordPress のユーザ名に設定したパスワードを入力します。
DB_HOST 
The hostname you determined in Step 2 (usually localhost, but not always; see some possible DB_HOST values). If a port, socket, or pipe is necessary, append a colon (:) and then the relevant information to the hostname.
DB_CHARSET 
The database character set, normally should not be changed (see Editing wp-config.php).
DB_COLLATE 
The database collation should normally be left blank (see Editing wp-config.php).

Enter your secret key values under the section labeled

  * Authentication Unique Keys and Salts.

wp-config.php ファイルを保存します。

トップ ↑

手順4: ファイルのアップロード 手順4: ファイルのアップロード

次に、ドメインのどこに WordPress を使ったサイトを表示させるかを決める必要があります。

  • Web サイトのルートディレクトリに (例えば、 http://example.com/)
  • Web サイトのサブディレクトリに (例えば、 http://example.com/blog/)

注意: Web サーバーのファイルシステムにおける Web のルートディレクトリの場所は、ホスティングサービスや OS によって異なります。この場所がわからない場合は、ホスティングサービスやシステムの管理者に確認してください。

ルートディレクトリ ルートディレクトリ

  • ファイルを Web サーバーにアップロードする必要がある場合は、FTP クライアントを使用して、wordpress ディレクトリのすべてのコンテンツ (ディレクトリ自体ではない) を、Web サイトのルートディレクトリにアップロードします。
  • ファイルがすでに Web サーバー上にあり、シェルアクセスを使用して WordPress をインストールする場合は、wordpress ディレクトリのすべてのコンテンツ (ディレクトリ自体ではない) を Web サイトのルートディレクトリに移動します。

トップ ↑

サブディレクトリ サブディレクトリ

  • ファイルを Web サーバーにアップロードする必要がある場合は、wordpress ディレクトリを任意の名前に変更し、FTPクライアントを使用して、Web サイトのルートディレクトリ内の任意の場所にディレクトリをアップロードします。
  • ファイルがすでに Web サーバー上にあり、シェルアクセスを使用して WordPress をインストールする場合は、wordpress ディレクトリを Web サイトのルートディレクトリ内の希望の場所に移動し、ディレクトリの名前を希望の名前に変更します。

トップ ↑

手順5: インストールスプリトの実行 手順5: インストールスプリトの実行

Web ブラウザを起動して、インストールスクリプトを起動します。

  • WordPress のファイルをルートディレクトリに配置した場合は: http://example.com/wp-admin/install.php
  • WordPress のファイルを blog というサブディレクトリに置いた場合は: http://example.com/blog/wp-admin/install.php

トップ ↑

設定ファイル 設定ファイル

WordPress が wp-config.php ファイルを見つけられなかった場合は、その旨が伝えられ、自分でファイルを作成・編集することを提案します。(ブラウザーで wp-admin/setup-config.php を読み込むことで、直接編集することもできます)。WordPress はデータベースの詳細を尋ね、それを新しい wp-config.php ファイルに書き込みます。うまくいった場合は、インストールを続行できます。そうでない場合は、戻って自分で wp-config.php ファイルを作成、編集、アップロードしてください (ステップ3)

install-step3_v47

トップ ↑

インストールの仕上げ インストールの仕上げ

次のスクリーンショットは、インストールの進捗状況を示しています。詳細画面では、サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード (2回)、メールアドレスを入力します。また、Google や Technorati などの検索エンジンに自分のブログを表示するかどうかを尋ねるチェックボックスが表示されています。検索エンジンを含むすべての人にブログを表示させたい場合はチェックを入れたままにし、検索エンジンはブロックするが、通常の訪問者は許可する場合はチェックを外します。なお、これらの情報は、後で管理画面で変更することができます。

install-step5_v47

WordPress のインストールが完了すると、ログイン画面が表示されます。

トップ ↑

インストールスクリプトのトラブルシューティング インストールスクリプトのトラブルシューティング

  • インストールスクリプトの実行時にデータベースに関するエラーが発生した場合は:
    • ステップ2ステップ3に戻って、wp-config.php に正しいデータベース情報がすべて入力されていることを確認してください。
    • ステップ3で WordPress で使用するユーザーにデータベースへのアクセス権限を与えたことを確認します。
    • データベースサーバーが稼働していることを確認します。

トップ ↑

よくあるインストール時のトラブル よくあるインストール時のトラブル

以下は、最も一般的なインストール時の問題点です。WordPress のインストールに関する問題の詳細とトラブルシューティングについては、「FAQ インストール」「FAQ トラブルシューティング」をご覧ください。

Web ページではなく、ディレクトリのリストが表示されています

Web サーバには、デフォルトで index.php を表示するように指示する必要があります。Apache では、DirectoryIndex index.php ディレクティブを使用します。最も簡単な方法は、インストールしたディレクトリに .htaccess というファイルを作成し、そこにディレクティブを設定することです。また、Web サーバの設定ファイルにディレクティブを追加する方法もあります。

Headers already sent (ヘッダー出力済み) のエラーが多発しています。これを修正するにはどうしたらいいですか?

おそらく、wp-config.php の編集時に構文エラーが発生したものと思われます。

  1. wp-config.php をダウンロードする (シェルにアクセスしていない場合)。
  2. テキストエディタで開く。
  3. 1行目に <?php 以外の文字がなく、その前にテキスト (空白も) がないことを確認します。
  4. 最後の行には ?> だけが含まれていて、その後にはテキストがない (空白も) ことを確認します。
  5. テキストエディタで Unicode として保存する場合、BOM (byte order mark) が付加されていないことを確認してください。Unicode 対応のテキストエディタの多くは、ファイルに BOM を追加するかどうかをユーザーに通知しません。その場合は、別のテキストエディタを使用してみてください。
  6. ファイルを保存し、必要に応じて再度アップロードし、ブラウザーでページを再読み込みしてください。

私のページは不可解なものになります。ソースを見てみると、「<?php ?>」タグがたくさんあります。

<?php ?> タグがブラウザに送信されている場合は、PHP が正しく動作していないことを意味します。すべての PHP コードは、サーバーがブラウザーに HTML を送信する前に実行されることになっています。(これがプリプロセッサと呼ばれる理由です。) Web サーバーが WordPress を動作させるための要件を満たしているか、PHP が正しくインストールされ設定されているかを確認するか、ホスティングサービスやシステム管理者に問い合わせてください。

データベースへの接続エラーメッセージがずっと表示されていますが、設定は正しいと思います。

MySQL のパスワードを手動でリセットしてみてください。シェルで MySQL にアクセスできる場合はやってみてください:

SET PASSWORD FOR 'wordpressusername'@'hostname' = OLD_PASSWORD('password');

シェルにアクセスできない場合は、phpMyAdmin の SQL クエリに上記の内容を入力するだけでよいでしょう。それができない場合は、ホストのコントロールパネルを使用して、データベースユーザーのパスワードをリセットする必要があるかもしれません。

Your PHP installation appears to be missing the MySQL extension which is required by WordPress (インストールされている PHP には、WordPress が必要とする MySQL エクステンションが含まれていないようです。)」というメッセージが何度も表示されますが、私の設定は正しいはずです。

Web サーバーの設定が正しく、Web サーバープログラムによって MySQL プラグインが正しくロードされているかどうかを確認します。この問題では、Web サーバーから MySQL のインストールまでのすべてのパスをチェックし、完全に動作することを確認する必要がある場合があります。誤った構成ファイルまたは設定がこの問題の原因であることがよくあります。

画像や MP3 のアップロードがうまくいかないのですが

サブディレクトリにインストールされているブログでリッチテキストエディタを使用し、新しくアップロードされた画像をエディタフィールドにドラッグすると、数秒後に画像が消えてしまうことがあります。これは、TinyMCE (リッチテキストエディタ) がドラッグ操作時に十分な情報を得られず、画像やその他のファイルへのパスを正しく構築できないことが原因です。この問題を解決するには、アップロードされた画像をエディタにドラッグしないことです。代わりに、画像をクリックしてホールドし、「エディタに送信」を選択してください。

この記事は役に立ちましたか ? どうすればさらに改善できますか ?