固定ページの新規追加画面

「固定ページの新規追加」画面では新しく固定ページを追加できます。

固定ページの新規追加画面

管理画面に戻る

表示オプション 表示オプション

表示オプションで、この画面内への各種モジュールの表示 / 非表示を選択できます。「表示オプション」タブをクリックすると、項目ごとにチェックボックスが付いた横並びのリストが表示されます。各チェックボックスをオンにするとそのモジュールは表示され、オフにすると隠れます。「表示オプション」タブを再度クリックすると、表示オプションが閉じます。 このオプションは保存され、編集画面の見え方を各自でカスタマイズできるようになっています。ですから、もし「カスタムフィールド」「ディスカッション」「スラッグ」「作成者」といったデフォルトで隠れているモジュールを使いたいときは、この「表示オプション」で選択して表示させてください。

トップ ↑

モジュールの展開・折り畳みと再配置 モジュールの展開・折り畳みと再配置

「公開」「ページ属性」「アイキャッチ画像」等のモジュールは、モジュールのタイトルバーをクリックすることで、展開したり折り畳んだりできます。

さらに、これらのモジュールはドラッグアンドドロップで移動できます。マウスカーソルをモジュールのタイトルバーの上に移動し、マウスカーソルの形状が4方向矢印になったときに、マウスの左ボタンを押し、押したままモジュールを好きな場所にドラッグし、マウスボタンを離してください。

トップ ↑

新しい固定ページの追加 新しい固定ページの追加

タイトル

固定ページのタイトルです。お好きな単語やフレーズを使えますが、同じタイトルをもう一度使うと問題が生じるので避けてください。「About My Site – Here’s Lookin’ at You, Kid.」というように、カンマ、アポストロフィー、引用符、ハイフン、ダッシュなどの記号を使うこともできます。こうした記号を含む場合、ページへのリンクに使われる「スラッグ」と呼ばれる文字列の自動生成にあたって変換処理されます。

固定ページ編集エリア

この空白ボックス内で、文章を書いたり、リンクを貼ったり、画像へリンクしたりして、サイトに表示したい情報を入力できます。固定ページを作成するにあたって、ビジュアルエディタと HTML 直接入力のいずれかを選べます。入力方法について詳しくは、記事を投稿するをご覧ください。

プレビューボタン

公開する前に、固定ページの表示を確かめることができます。

公開ボックス

固定ページの状態を制御するボタンがあります。
固定ページの主な状態の区別は「ステータス」と呼ばれ、「公開済み」「レビュー待ち」「下書き」という3つのステータスがあります。

  • 公開済み: 固定ページが誰でも見られるように公開された状態
  • レビュー待ち: 公開権限を持つ他の誰かがレビューしてくれるのを待っている保留中の状態
  • 下書き: 固定ページが公開されていない下書きのままの状態

いずれかのステータスを選んで保存ボタンまたは「更新」をクリックすると、固定ページに適用されます。たとえば “レビュー待ち” ステータスで固定ページを保存するには、「ステータス」の右の「編集」リンクをクリックし、ドロップダウンボックスから「レビュー待ち」を選択し、「OK」ボタンをクリックしてドロップダウンボックスを閉じ、「レビュー待ちとして保存」ボタンをクリックします (「固定ページ」>「固定ページ一覧」で、すべての固定ページをステータス別に一覧で見ることができます)。
未来の日時で公開を予約するには、「すぐに公開する」と書かれた右の「編集」リンクをクリックして日時を指定します。過去の日時を公開日時に指定して公開することもできます。日時を入力し「OK」ボタンをクリックしたら、「公開」ボタンをクリックしてください。これでご希望の日時での公開設定が完了です。

“公開状態” – 公開した固定ページをどう閲覧できるかを指定できます。「公開」ページは一度公開されるとすべての Web サイト訪問者が閲覧できます。「パスワード保護」ページは全員に公開されますが、ページの内容を読むにはパスワードを知っている必要があります。「非公開」ページは作成者 (と、他の編集者と、サイトの管理者) だけが閲覧できます。

パーマリンク

有効なパーマリンク設定がある限り、固定ページを保存すると、タイトル下の「パーマリンク」のところに、そのページの公開用に見込まれる URL が表示されます (パーマリンクを有効にするには、「設定」 > 「パーマリンク設定」 へアクセスしてください)。URL の生成には、ページのタイトルが元になります。WordPress の古いバージョンでは、これは「ページスラッグ」と呼ばれていました。コンマ、クォート、アポストロフィーなど HTML にとって不都合な記号は自動変換され、単語の間にダッシュが挿入されます。例えばタイトルが “My Site – Here’s Lookin’ at You, Kid” ならば、変換処理後は “my-site-heres-lookin-at-you-kid” となります。これは手作業で変更可能で、”my-site-lookin-at-you-kid” と短くすることもできます。

保存

固定ページをすぐに公開するかわりに、下書き、またはレビュー待ちとして保存できます。後から下書きの編集に戻るには、「固定ページ」 > 「固定ページ一覧」を開き、一覧表示の中からお探しのページのタイトルをクリックしてください。

公開

固定ページをサイトに公開します。「公開」ボタンの上にある「編集」リンクをクリックすることで、固定ページを公開したい日時を指定できます。デフォルトでは、最初に固定ページが自動保存されたとき、それがデータベース内での固定ページの日時になります。

「親」ページを指定することで、ページ階層構造のどこにある固定ページかを設定します。

テンプレート

テーマによっては、特定のページのために特別な機能やレイアウトを追加するカスタムテンプレートが用意されています。お使いのテーマにそれがあれば、このドロップダウンメニューに表示されます。

並び順

固定ページを一覧表示するときの各ページの順番です。

管理画面に戻る