一般設定画面


「一般設定」画面は、設定画面の中でも特に基本的な設定を行う画面です。サイトのタイトルと URL、サイトの利用者のアカウントの権限、表示される日付と時間のフォーマットを設定します。

「一般設定」画面

一般設定

トップ ↑

サイトタイトル

サイトの名前を入力します。ほとんどのテーマでは、すべてのページの階層の最上位とブラウザータイトルバーに、ここで設定した名前を表示します。また、WordPress の配信フィードでも、この名前がブログの名前として使用されます。

トップ ↑

キャッチフレーズ

サイトについて簡単に説明した文章を入力します。サイトの目的やキャッチフレーズ (うたい文句) が記載される場合もあります。キャッチフレーズは短いコピーや文章で、サイトの本質を表しつつ、ユーモアに溢れ、目を引くものがよいでしょう。

トップ ↑

WordPress のアドレス (URL)

WordPress のコアアプリケーションのファイル (たとえば wp-config.php、wp-admin、wp-content、wp-includes など)を含むディレクトリの正式な URL を入力します。たとえば、”blog” という名前のディレクトリに WordPress をインストールした場合は、WordPress のアドレスは https://example.net/blog となります (example.net は利用者のドメイン名)。もし、サイトのルートに WordPress をインストールした場合は、このアドレスは https://example.net となります。URL の最後にスラッシュ (/) を付けた場合は自動的に省かれます。wp-config.php ファイル内で WP_SITEURL 定数を定義すると、定義した値がこのフィールドに入り、管理画面から編集することはできません。

トップ ↑

サイトアドレス (URL)

WordPress サイトを呼び出す時に、ブラウザーに閲覧者が入力する URL を入力します。この URL は、WordPress のindex.php がインストールされているディレクトリです。 WordPress を専用ディレクトリに配置する場合以外は、ブログのアドレス (URL) と前述の WordPress のアドレス (URL) が同一です。URL の最後にスラッシュ (/) を付けた場合は自動的に省かれます。wp-config.php ファイル内で WP_HOME 定数を定義すると、定義した値がこのフィールドに入り、管理画面から編集することはできません。

トップ ↑

メールアドレス

WordPress サイトの管理とあなたのメンテナンスに関するメッセージの送信先となるメールアドレスを入力します。たとえば、メンバーシップの項目でで後述するように、新規ユーザーをサイトに登録した場合、そのお知らせのメールがこのメールアドレスに送られます。また、管理画面 > 設定 > ディスカッション内の「管理者の承認を常に必要とする」オプションが設定されている場合は、このアドレスにコメントがモデレートを待っている旨の通知が送られます。注意すべきことは、このメールアドレスは、管理者ユーザーアカウントに登録したメールアドレスとは異なるということです。管理者として登録したメールアドレスには、サイトにコメントを付けられた時だけメールが送られます。ここに入力したメールアドレスは、サイトには表示されません。複数の受信者に自動転送するメールアドレスを使用することで、複数の管理者にメッセージを送信できます。

トップ ↑

メンバーシップ

誰でもユーザー登録ができるようにする – 管理するサイトに誰でもユーザー登録できるようにするには、ここをチェックします。

トップ ↑

新規ユーザーのデフォルト権限

新規ユーザーに標準の設定として割り当てられるデフォルト権限グループです。標準の設定では、管理画面 > ユーザー > ユーザー一覧で、新しく登録されたメンバーまたはユーザーにデフォルト権限グループが割り当てられます。選択できる権限グループ管理者編集者投稿者寄稿者購読者があります。

トップ ↑

タイムゾーン

プルダウンボックスから、同じタイムゾーンの都市を選択します。例えば、アメリカに住んでいて、アメリカ東部標準時に従って生活している場合は、ニューヨークを選べばサマータイムが適用されます。もし自分の住んでいる都市が選択肢になければ、グリニッジ標準時との差異に相当するほかのタイムゾーンの設定の一つを選びます。変更を保存するボタンを押すと、正しいタイムゾーンが選択されたことを確認するために UTC (協定世界時)と現地時間が表示されます。

トップ ↑

日付フォーマット

サイトに日付を表示する時のフォーマットです。日付フォーマットの設定は、テーマデザイナーがサイトに表示する日付に利用するために用意されていますが、どのような書式で日付が表示されるかまでは、管理パネル (たとえば「投稿の管理」) では決められていません。日付フォーマットに設定したフォーマットで、どのような書式で日付が表示されるは、変更を保存をクリックすると、設定の下に表示される「表示例」で確認できます。利用できるフォーマットについては、日付と時刻の書式を参照してください。

トップ ↑

時刻フォーマット

サイトに時刻を表示する時のフォーマットです。時刻フォーマットの設定は、テーマデザイナーがサイトに表示する時刻に利用するために用意されていますが、どのような書式で時刻が表示されるかまでは、管理パネル (たとえば「投稿作成」の時刻) では決められていません。時刻フォーマットに設定したフォーマットで、どのような書式で時刻が表示されるは、変更を保存をクリックすると、設定の下に表示される「表示例」で確認できます。利用できるフォーマットについては、日付と時刻の書式を参照してください。

トップ ↑

週の始まり

WordPress カレンダーに設定したい週の始まりをドロップダウンボックスから選択します。標準の設定は「月曜日」で、毎月のカレンダーで週の最初に月曜日が表示されます。カレンダーで週が日曜日から始まるようにするには、ドロップダウンボックスから「日曜日」を選択します。

トップ ↑

サイトの言語

WordPress 管理画面の言語です。

トップ ↑

変更を保存

変更を保存」をクリックすると、設定にした内容がデータベースに保存されます。ボタンをクリックして保存されると、表示されているページに設定が保存されたことを通知するテキストボックスが表示され、確認できます。

この記事は役に立ちましたか ? どうすればさらに改善できますか ?