パーマリンク設定画面

設定 → パーマリンク 設定 → パーマリンク

パーマリンクとは、固定ページやブログ投稿、カテゴリー・タグアーカイブなどの永続的 (パーマネント) な URL のことです。パーマリンクは、コンテンツにリンクするための Web アドレスです。各投稿の URL は永続的で、変更されるべきではありません。このため「パーマリンク」という名称になっています。

この「パーマリンク設定」画面ではデフォルトのパーマリンク構造を選択できます。共通設定から選ぶか、独自の URL 構造を作成できます。

新しい設定を有効にするには、画面の下部の「変更を保存」ボタンをクリックする必要があります。

デフォルトでは、WordPressは日付とタイトルが含まれるWeb URLを使用します。しかし、WordPressはパーマリンクとアーカイブ用のカスタムURL構造を作成する機能を提供しています。 これにより、リンクの美しさ、使いやすさ、および前方互換性を改善できます。

パーマリンク構造の指定方法についての詳しい解説は、パーマリンクの使い方をご覧ください。様々なテクニックやトラブルシューティングなども載っています。パーマリンクとは何かを知るには、ブログ入門の「Pretty パーマリンク」セクションをお読みください。

設定 パーマリンク画面

トップ ↑

パーマリンク構造のカスタマイズ パーマリンク構造のカスタマイズ

使用できるタグはたくさんありますが、クリックするだけで使える見本もいくつか用意されています。

一般的な設定 一般的な設定

ブログのパーマリンク構造を変更するには、以下の中からラジオボタンを一つ選びます。

  • 基本 – 初期設定の構造 (例) http://www.example.com/?p=123
  • 日付と投稿名 – 投稿日付とタイトルを用いた構造 (例) http://www.example.com/2008/03/31/sample-post/
  • 月と投稿名 – 投稿月とタイトルを用いた構造 (例) http://www.example.com/2008/03/sample-post/
  • 数字ベース – 投稿ID を用いた構造 (例) http://www.example.com/archives/123
  • 投稿名 – 投稿名を用いた構造 (例) http://www.sample.com/sample-post
  • カスタム構造 – 上記以外の構造にしたい場合、このボックスに入力します。 (例) /archives/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/
    詳しくはパーマリンク構造タグを参照してください。

トップ ↑

オプション オプション

「オプション」では、カテゴリーおよびタグアーカイブページのカスタム URL ベースを設定できます。例えばカテゴリーベースとして /topics/ を指定すると、カテゴリーアーカイブの URL は http://example.org/topics/uncategorized/ のようになります。この欄を空のままにしておけば初期設定が使われます。パーマリンク構造タグも参照。

  • カテゴリーベース – カテゴリーアーカイブ URL のカスタム接頭辞を入力します。空欄のときは初期値 category (http://example.org/category/カテゴリスラッグ/
  • タグベース – タグアーカイブ URL のカスタム接頭辞を入力します。空欄のときは初期値 tag (http://example.org/tag/タグスラッグ/

トップ ↑

変更を保存 変更を保存

変更を保存」ボタンをクリックすると、この画面で行なった設定変更をデータベースに保存します。ボタンをクリックすると、設定が保存されたことを示すテキストメッセージがページ上部に表示されます。このメッセージは、.htaccess ファイルが書き込み可能かどうかにって次のどちらかになります。.htaccess ファイルを書き込み可能にする方法については「ファイルパーミッションの変更」を参照してください。

  • .htaccess が書き込み可能であれば、「パーマリンク構造を更新しました。」というメッセージが表示されます。これで作業はすべて完了です。WordPress はすべての処理を自動的にやってくれます。
  • .htaccess が書き込み可能でなければ、画面の先頭にメッセージ「.htaccess を更新する必要があります。」が表示されます。また画面の下部付近には次のメッセージが表示されます。
     .htaccess ファイルが書き込み可能ならこの操作は自動的に行われますが、そうでない場合は .htaccess ファイルに mod_rewrite ルールを書き込む必要があります。このフィールドをクリックし、CTRL+a を押してすべてのコードを選択してください。
    この場合、追加の手順を1つ、自分で行う必要があります。設定したパーマリンク構造を実現するための rewrite ルールが複数行、画面下のテキストボックスに表示されます。新しいパーマリンクを動作させるには、テキストボックス内のすべての行を、.htaccessに手動でコピーする必要があります。

注意: 「パーマリンク設定」画面を開くと、リライトルールはフラッシュされます。リライトルールをフラッシュするためだけに保存する必要はありません。

注意: ローカルコンピュータに.htaccessファイルを作成する場合、オペレーティングシステムによっては先頭のドット(「.」)のため、「.htaccess」という名前のファイルを作成できません。この場合も先頭のドットなし、通常の拡張子ありの名前であればファイルを作成できますので(例「htaccess.txt」)。このファイルをサイトにアップロードし、FTPソフトウエアで名前を変更してください。ほとんどのFTP クライアントには名前を変更する機能があります。

注意: 「.htaccess」のようにドット(「.」)で始まるファイルは、ほとんどのサーバーで隠しファイルとなりデフォルトでは表示されません。使用する FTP ソフトウエアのユーザーガイドまたは FAQ を参照して、隠しファイルの表示方法、ファイルパーミッションの変更方法、ファイル名を変更する方法等を調べてください。またこれらすべてについて「ファイルパーミッションの変更」を参照してください。