Twenty Twenty

Twenty Twenty は WordPress バージョン5.3用の新しいデフォルトテーマです。ブロックエディターの柔軟性を中心にデザインされています。団体や企業のサイトではカラム、グループ、メディアを組み合わせて動的なレイアウトを作成し、サービスや製品を美しく表示できます。通常のブログで使用する場合も、中央に配置したコンテンツカラムと細かく調整されたタイポグラフィにより完璧なデザインを提供します。

The Twenty Twenty screenshot

仕様の概要 仕様の概要

  • 1440pxのラップトップ画面では、メインカラムの幅は最大580pxです。 「ワイド」ブロック幅は最大1200px幅で、「フル」ブロック幅は画面の幅全体に広がります。
  • フッターに2つのウィジェットエリアがあり、最大カラム幅は570pxです。
  • アイキャッチ画像の推奨サイズは幅1980px、高さ1485pxです。

トップ ↑

スターターコンテンツ スターターコンテンツ

Twenty Twenty には、セットアップを助けるためにテーマのデモページと同じ内容のスターターコンテンツが含まれています。スターターコンテンツはまだページも投稿も作成していない新規のサイトへインストールした場合のみ有効化できます。有効化するには、カスタマイザーへ移動し「公開」をクリックしてください。

トップ ↑

完全なブロックエディター対応 完全なブロックエディター対応

Twenty Twenty は、ブロックエディターが可能にする創造的な自由度を最大限活用できるように設計および開発されています。カラムブロックとグループブロックには特に注意が払われており、これらは複雑なブロックレイアウトで印象的なランディングページに組み合わせることができます。Twenty Twenty にはブロックエディターの完全なエディタースタイルが含まれているため、エディターに表示されるものはブログページで表示されるスタイルとほぼ一致します。

The block editor in Twenty Twenty

トップ ↑

サイトロゴ サイトロゴ

Twenty Twenty にはビジネス用のロゴや顔写真を表示できるサイトロゴ設定があります。「カスタマイザー」→「サイト基本情報」でサイトロゴを設定できます。ロゴの推奨サイズは幅240px、高さ180px です。

トップ ↑

カスタムカラー カスタムカラー

Twenty Twenty では3つの色設定が可能で、サイト全体の雰囲気を簡単に変更できます。色設定を変更するには「カスタマイザー」→「色」を選択してください。

Twenty Twenty に含まれる色設定は以下のとおりです。

  • 背景色 (デフォルト: ライトベージュ)
  • ヘッダーとフッターの背景色 (デフォルト: 白)
  • メインカラー (デフォルト: ピンク)

サイト上にある要素の色は、選択した背景色に基づいて自動的に計算されます。これにより、すべての訪問者がアクセスできるよう色のコントラストを常に高く保つことができます。

トップ ↑

カバーテンプレート カバーテンプレート

Twenty Twenty にはアイキャッチ画像上に投稿のタイトルを表示する「カバーテンプレート」と呼ばれるページテンプレートが含まれています。

The Cover Template in Twenty Twenty
Twenty Twenty のカバーテンプレート

編集している投稿やページにおいて、右のサイドバーの「文書」タブを選択し「投稿/ページの属性」タブを開いて、「テンプレート」のドロップダウンから「カバーテンプレート」を選択すると、投稿やページにカバーテンプレートを設定できます。

Twenty Twenty ではカスタマイザーの「カバーテンプレート」タブにカバーテンプレートの様々なオプションが含まれています。ここで画像のオーバーレイとしての背景色や透過率、オーバーレイの上に表示するテキストの色を設定することができます。また、訪問者がスクロールするときに背景画像の位置を固定するかどうかを選択できます。これにより、ゆるやかな視差効果が作成されます。

トップ ↑

言語サポート 言語サポート

Twenty Twenty には、 WordPress コミュニティからのフィードバックにより多くの言語で最適なスタイルが含まれています。テーマはデフォルトでローカルシステムフォントを使用し、次の文字においてタイポグラフィの調節を行います。

  • アラビア文字
  • 中国文字
  • キリル文字
  • デーヴァナーガリー文字
  • ギリシャ文字
  • グジャラート文字
  • ヘブライ文字
  • 日本文字
  • 韓国文字
  • タイ文字
  • ベトナム文字

トップ ↑

メニュー メニュー

Twenty Twenty では、2つの異なるデスクトップ向けメニューを選べます。

  • 常に表示されている、伝統的な横並びのメニュー
  • メニューボタンに隠れている拡張可能なメニュー

「外観」→「メニュー」から「デスクトップ水平メニュー」か「デスクトップ展開メニュー」を割り当てて、どちらのメニューを使うか選択できます。必要に応じて、両方のメニューを組み合わせて使うこともできます。

Twenty Twentyには、サイトコンテンツの下に表示されるフッターメニューも含まれています。また、デスクトップ水平メニューまたはデスクトップ展開メニューのいずれかに設定されたメニューをデフォルトとするモバイルメニューも含まれています。

トップ ↑

Widgets Widgets

Twenty Twenty にはサイトコンテンツの下、フッターの上に2つのウィジェットエリアが含まれます。

幅700px 以上の画面では、このエリアのウィジェットは自動的に2カラムに配置されます。

トップ ↑

ソーシャルアイコンの追加 ソーシャルアイコンの追加

Twenty Twenty にはソーシャルアイコンメニューがあり、フッターにロゴとして表示されるソーシャルメディアプロフィールへのリンクを追加できます。この機能に詳しくない場合は、Twenty Fifteen のドキュメンテーションを参照してください。

次のサービスは Twenty Twenty のソーシャルアイコンメニューでサポートされています。

  • 500px
  • Amazon
  • Angel
  • audible
  • Behance
  • Codepen
  • Creative Commons
  • DeviantArt
  • Digg
  • Discord
  • Dribbble
  • eBay
  • Etsy
  • Facebook
  • Flickr
  • GitHub
  • GitLab
  • Goodreads
  • Houzz
  • IMDb
  • Instagram
  • Kickstarter
  • JSFiddle
  • LinkedIn
  • Last.fm
  • Medium
  • Meetup
  • Mixcloud
  • Patreon
  • Periscope
  • Pinterest
  • Google Play
  • Google+
  • Product Hunt
  • Quora
  • Reddit
  • Slack
  • SoundCloud
  • Spotify
  • Tumblr
  • Twitch
  • Twitter
  • Vimeo
  • WordPress
  • YouTube

トップ ↑

サポートとリソース サポートとリソース

Twenty Twenty についてのコミュニティからのヘルプを得るには、フォーラムへアクセスしてください。https://wordpress.org/support/theme/twentytwenty

また、Twenty Twentyの変更履歴も参照してください。

この記事は役に立ちましたか ? どうすればさらに改善できますか ?