WordPress の更新 – 詳細な手順

このページには、 WordPress のアップグレードより詳細なバージョンが含まれています。

詳細な手順 詳細な手順

アップグレード作業の流れ アップグレード作業の流れ

  1. データベースをバックアップ。
  2. サーバ上にある全ての WordPress ファイルをバックアップ。.htaccess ファイルをお忘れなく。
  3. 取得したバックアップファイルを検証。ファイルが存在するか、使える状態であるか。これは必須です。
  4. 全てのプラグインを無効化。
  5. 以上 4 ステップを確実に完了させる。完了するまでアップグレードしないでください。
  6. https://wordpress.org/download/ (日本語版は https://ja.wordpress.org/download/ ) から新バージョンの WordPress パッケージをダウンロード、展開。
  7. サーバ上の古い WordPress ファイルを削除。ただし、次のものは削除せずに残すこと。
    wp-config.php ファイル
    wp-content ディレクトリ ; この中の wp-content/cache ディレクトリと wp-content/plugins/widgets ディレクトリは削除。
    wp-images ディレクトリ(あれば)
    .htaccess ファイル ; カスタムルールを .htaccess に追加している場合は、削除しないでください。
    – robots.txt ファイル ; ブログがサイトのルートにある ( つまり、ブログがサイトである ) 場合、そのようなファイルを作成したあとは削除しないでください。
  8. 上記 6 で展開した新バージョンのファイルをサーバへアップロード。
  9. ブラウザで管理画面にアクセスし、画面の指示に従ってデータベースアップグレードプログラムを実行。
  10. パーマリンク設定画面でパーマリンク構造を更新。必要であれば手動で .htaccess ファイルのカスタムルールを差し替える。
  11. プラグインとテーマを新バージョン対応版に更新。
  12. プラグインを再有効化。
  13. WordPress の変更点を見直す。

以上がアップグレード作業の概要です。続けてアップグレード手順の詳細をお読みください。

もしもトラブルが生じたら、下記の説明をもう一度読み直して、手順どおり正しく行ったかどうか確認してください。また、トラブルシューティング: よくあるインストールトラブルも参照してください。

トップ ↑

複数のバージョン間でのアップグレード 複数のバージョン間でのアップグレード

以下に示す方法論は「安全な」アプローチですが、適切なバックアップがあれば、 WordPress の最初のバージョンから最新バージョンに直接簡単にアップグレードできます。 WordPress はこの手順をサポートしており、 WordPress はこの点で非常に下位互換性があります。ただし、大規模なサイトの場合、アップグレード処理に予想よりも時間がかかることがあります。その場合、段階的なアプローチが役立つかもしれません。常に作業環境を確保できるように、稼働中のサイトのバックアップを保持することを忘れないでください。

2つ以上のメジャーリリースをまたいでアップグレードとしている場合は、衝突の可能性を避けデータベースを損傷するリスクを最小限に抑えるため段階的にアップグレードすることを検討してください。古いバージョンの WordPress はリリースアーカイブからダウンロードすることができます。

WordPress 3.7 では、使いやすいワンボタンアップデーターが導入され、直接現在のバージョンにすることができます。この更新手順は安全で、 3.7 からそれ以降のバージョンにワンクリックで更新することができます。

手順 1 : データベースをバックアップ 手順 1 : データベースをバックアップ

データベースのバックアップを取得してください。WordPress の設定やユーザー、投稿・固定ページ・コメント・リンク・カテゴリーなどのデータは全て MySQLデータベースに保存されています。この手順についての詳細は「データベースのバックアップ」をお読みください。

アップグレードを始める前にデータベースをバックアップすることはとても大切です。もし何らかの理由で WordPress の「旧」バージョンに戻さなくてはならなくなったときに、このバックアップからデータベースの復元が必要になるかもしれないからです。

トップ ↑

手順 2 : 全ての WordPress ファイルをバックアップ 手順 2 : 全ての WordPress ファイルをバックアップ

WordPressディレクトリにある「全ての」ファイルと .htaccessファイルのバックアップを取得してください。サーバからローカルコンピュータ(あなたの PC)に全ての WordPressファイルをダウンロードするには、通常 FTP クライアントを使います。

詳しい説明は「WordPress サイトのバックアップ」をお読みください。

WordPress のコアファイルに何らかの変更を加えている場合や、カスタマイズしたプラグインやテーマを使用している場合は、これらのファイルを正しくバックアップしてください。アップグレードを始める前にこれらのファイルをバックアップすることはとても大切です。この後の作業でサーバ上のファイルを誤って消してしまったり、何らかの理由で WordPress の「旧」バージョンに戻さなくてはならなくなったときに、バックアップしたファイルの再アップロードが必要になるかもしれないからです。

トップ ↑

手順 3 : バックアップの検証 手順 3 : バックアップの検証

バックアップが正しく作成され、使用可能であるかどうか検証してください。アップグレード作業の中で一番大切な手順です!

  • バックアップファイルがローカルコンピュータ (もしくは保存した他の場所) で見られるかどうか。
  • バックアップファイルのサブフォルダも開けるかどうか。
  • ファイルが zip ファイルの中にある場合は、解凍できるかどうか。
  • テキストエディタで .sql ファイルを開き、DB のテーブルとデータの中身を見られるか。

トップ ↑

手順 4 : 全てのプラグインを無効化 手順 4 : 全てのプラグインを無効化

管理画面プラグイン画面を開き、全てのプラグインを無効化してください。WordPress 本体が変わるので、プラグインによってはアップグレード処理と衝突する可能性があるからです。管理者メニューにアクセスできない場合は、プラグインフォルダをリセットすればすべてのプラグインを無効化できます。

トップ ↑

手順 5 : 上記 4 ステップを確実に完了させる 手順 5 : 上記 4 ステップを確実に完了させる

もし最初の 4 ステップがまだ終わっていなければ、ここでストップして、まず4ステップに従ってください。最初の 4 ステップが終わるまでアップグレードはしないで下さい。

アップグレード時の問題解決で頼りになるのは WordPressサポートフォーラムです。トラブルが起きてフォーラムで質問すると、フォーラムのボランティアの人達は、最初の4ステップを終わらせたかどうか尋ねてきますよ。

トップ ↑

手順 6 : WordPress パッケージをダウンロード・展開 手順 6 : WordPress パッケージをダウンロード・展開

https://wordpress.org/download/ (日本語版は https://ja.wordpress.org/ ) から新バージョンの WordPress パッケージをダウンロードし、解凍します。

  • この後 FTP でリモートウェブサーバへ WordPress をアップロードするのであれば、ウェブブラウザで自分のコンピュータに WordPressパッケージをダウンロードし、解凍してください。
  • webサーバへ Shell でアクセスできて、コンソールベースのツールを使うことに抵抗がない場合は、WordPress を直接あなたの web サーバへダウンロードすることも可能です。wget 、または lynx 等のコンソールベースの webブラウザが使用可能で、FTP を行ないたくない場合に利用できます。 パッケージを現在の WordPressディレクトリと同階層のディレクトリ(例えば “uploads” など)に置き、次に、 gunzip -c wordpress-5.3.tar.gz | tar -xf - または tar -xzvf latest.tar.gz で解凍します。

WordPressパッケージは wordpress というフォルダの中に展開されます。

トップ ↑

手順 7 : 古い WordPress ファイルを削除 手順 7 : 古い WordPress ファイルを削除

どうして削除するの? アップロード(または cPanel を使ったアップグレード)処理中に既存のファイルが正しく上書きされなかったり、不要な旧ファイルが残ったり、それが後で問題を生じさせたりすることがあるので、一般的に、可能なものは全て削除しておくほうが良いのです。

削除してはいけないファイル一覧 :

  • wp-config.php ファイル
  • wp-content/ ディレクトリ
  • wp-includes/languages/ ディレクトリ — あえてここに置きたい場合はこれだけ残す。wp-content/languages/ に切り替えてよければ削除 (次回のアップグレードから wp-includes/ ごと削除できるようになる)
  • .htaccess ファイル — .htaccess にカスタムルールを追加している場合は、削除しないでください。
  • コンテンツ、カスタマイズしたプラグイン・テーマ — 画像等のメディアファイル、ならびに、その他カスタマイズしたコンテンツやプラグイン等が wp-content ディレクトリ内にある場合は削除しないこと。

削除するファイル一覧 :

  • wp-* (上記のものを除く)、 readme.htmlwp.phpxmlrpc.phplicense.txt ファイル。通常はルートまたはWordPressフォルダ内のファイルです。繰り返しになりますが、wp-config.php ファイルは削除しないでください。
    注 : 後のバージョンでは一部のファイルは存在しないかもしれません。
  • wp-admin フォルダー。
  • wp-includes フォルダー。
  • wp-content/plugins/widgets フォルダー。このフォルダーは、Sidebar Widgets プラグインを以前インストールした場合にのみ表示されます。Sidebar Widgets のコードは、内蔵のウィジェット機能と競合します。

どうやって削除するの?
WordPress サイトからファイルを削除するには、いくつかの方法があります。 FTP クライアントを使用することもできますし、 SSH にアクセスできる場合はそれを使用することができます。また、一部のホストプロバイダーでは、ファイルやフォルダーを削除する機能を提供しています。

FTPによるファイル・フォルダーの削除

ファイルやフォルダーの削除は、アップロードに使用した FTP クライアントと同じものを使用できます。お使いの FTP クライアントで空でないフォルダーの削除ができない場合は、お使いの FTP クライアントのオプションをご確認ください。通常、空ではないフォルダーの削除を許可するオプションが見つかります。空ではないフォルダーを削除することで、WordPressの古いインストールを手早く完全に一掃することが出来ます。安全のため、削除が完了したら、元の設定に戻すことをおすすめします。

SSHを使って削除する場合

コマンドラインでログイン ( SSH ) が可能であれば、以下のコマンドを入力することで、必要なファイルのバックアップコピーを作成し、ディレクトリ内の WordPress ファイル (と .htaccess ファイル) のみを削除することが出来ます。もし、以下の cp コマンドに含まれない他のファイル ( index.php など) をカスタマイズしている場合は、それらもコピーしてください。

$ mkdir backup
cp wp-config.php .htaccess backup
cp -R wp-content backup
rm wp*.php .htaccess license.txt readme.html xmlrpc.php
rm -rf wp-admin wp-includes
cp backup/wp-config.php .

アップグレードが完了したら、カスタマイズしたテンプレートやプラグインを、バックアップディレクトリから復元することができます。例えば、 index.php を復元するには cp backup/index.php . を使います。

SSH を使った別のやり方としては、まず、新たに別名で wordpress ディレクトリを作り、 wp-config.php や、 .htaccess 、追加・変更したコンテンツファイルをその中にコピーします。その後、古いディレクトリの名前を変更し (アーカイブ化するため) 、新しいディレクトリをその場所に移動させます。

トップ ↑

Step 8: Upload the new files Step 8: Upload the new files

With the new upgrade on your local computer, and using FTP, upload the new files to your site server just as you did when you first installed WordPress. See Using FileZilla and Uploading WordPress to a remote host for detailed guidelines in using an FTP Client to upload.

NOTE: If you did not delete the wp-content folder, you will need to overwrite some files during the upload.

The wp-content folder holds your WordPress Themes and Plugins. These should remain. Upload everything else first, then upload only those WordPress files that are new or changed to your new wp-content folder. Overwrite any old versions of default plugins with the new ones.

The WordPress default theme has changed so you will want to upload the wp-content/themes/default folder. If you have custom changes to the default theme, those changes will need to be reviewed and installed after the upgrade.

トップ ↑

Step 9: Run the WordPress upgrade program Step 9: Run the WordPress upgrade program

Using a web browser, go to the WordPress admin pages at the normal /wp-admin location. WordPress will check to see if a database upgrade is necessary, and if it is, it will give you a new link to follow.

This link will lead you to run the WordPress upgrade script by accessing wp-admin/upgrade.php. Follow the instructions presented on your screen.

Note: Make sure the database user name registered to WordPress has permission to create, modify, and delete database tables before you do this step. If you installed WordPress in the standard way, and nothing has changed since then, you are fine.

If you want to run the upgrade script manually:

  • If WordPress is installed in the root directory, point your browser to: http://example.com/wp-admin/upgrade.php
  • If WordPress is installed in its own subdirectory called blog, for example, point your browser to: http://example.com/blog/wp-admin/upgrade.php

If you experience difficulties with login after your upgrade, it is worth clearing your browser’s cookies.

トップ ↑

In your Administration Screen > Settings > Permalinks screen update your Permalink Structure and, if necessary, place the rules in your .htaccess file. Also see Using Permalinks for details regarding Permalinks and the .htaccess file.

トップ ↑

Step 11: Install updated Plugins and Themes Step 11: Install updated Plugins and Themes

Please visit individual plugin and theme pages and look for the compatibility information with your new WordPress version. Install new versions of your Plugins and Themes, if necessary.

トップ ↑

Step 12: Reactivate Plugins Step 12: Reactivate Plugins

Use your Administration Screen, Plugins, to activate your Plugins. If you are not sure if they will work correctly with the new version, activate each plugin, one at a time, and test that there are no problems before continuing.

トップ ↑

Step 13: Review what has changed in WordPress Step 13: Review what has changed in WordPress

Please review these resources to see what’s new in WordPress:

トップ ↑

Troubleshooting Troubleshooting

Scrambled Layout or Errors

If your blog looks scrambled now or features line errors, an old plugin that doesn’t work with the new code may be the culprit. In your WordPress Administration Screen, deactivate all plugins that do not come with WordPress by default. Re-activate them one by one.

Made Custom Changes/Hacks?

If you have made changes to other WordPress files (“hacked” WordPress), you are supposed to keep track of your changes. You will have to transfer your edits into the new code. WordPress Versions lists the files that have changed in each release.

Resist Using Old Code

Upgrading gives you the newest and best code. Using your old code, no matter how much you have customised it, almost certainly will cause problems. The temptation just to use your old modified code will be great, but the chances of errors are much greater.

Can I Go Back to Old Versions

You can, but it is usually not recommended to rollback (revert) your current version to an older version. That is because newer versions often include security updates and a rollback may put your site at risk. Second, the change between the database structure between versions may cause complications in maintaining your site content, posts, comments, and plugins that are dependent upon the information stored in the database. If you are still intent on this, proceed at your own risk. Please note, that without a backup of your entire site and your database, made prior to your upgrade attempt, a successful rollback is near impossible. Delete all WordPress files except for wp-config. Upload the files from your backup to your server and restore your database backup. Remember, you must have good backups for the rollback to work. For older WordPress versions, a rollback might not work.

Get More Help

If you get any errors following an upgrade, check Troubleshooting: Common Installation Problems, Troubleshooting, and the Installation Category of Articles. If you can’t find an answer, post a clear question on the WordPress Suppport Forums. You will be asked if you have used any old code. You’ll be told to change it then, so you may as well change it now 🙂

この記事は役に立ちましたか ? どうすればさらに改善できますか ?