サポート » WordPress への貢献と参加 » 「Conditional Tags」の訳語: 条件分岐タグ or 条件タグ or その他

  • WordPress のテーマ内で使えるタグとして Conditional Tags というものがありますが、
    日本語Codex でこの文書のページ名を決めようとしています。

    ページ名にもなっていますが、WordPress 用語というか固有名詞のようなものなので、ドキュメンテーションメンバー以外の方からもご意見を伺いたいと思い、書き込みました。
    (今後、このタグのことをその名前で呼んでいくことになると思うので)

    今のところこのような意見が出ていて、多数決だと「条件分岐タグ」になります。

    ご意見がありましたらお願いします。

6件の返信を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • モデレーター jim912

    (@jim912)

    ノ 条件分岐タグ に1票追加

    今まで、なんの疑問もなく使ってましたし、なじみやすいと思います。

    モデレーター IKEDA Yuriko

    (@lilyfan)

    今まで、なんの疑問もなく使ってましたし、なじみやすいと思います。

    わたしは意見を表明ずみなので、一般論だけ書いておきますが、こういう技術用語の翻訳は、「わかりやすさ」だけでは決められない一面もあります。

    人によって意見が違うと思いますが、わたしが大事だと思っていることとして「原語が異なる場合は日本語も極力違う単語を使う」というのがあります。違う用語を使う場合は、意図的に使い分けている場合が多いため、日本語で同じ言葉にまとめてしまうと、それが通じなくなるからです。

    現在の WordPress 日本語版で、それが外れているものは、approve と moderate 関連です。approve は「承認する」、approved は「承認ずみ」というのはよいのですが、moderate (動詞) は「承認する」という訳になっていることがあります (WordPress 2.7 では「承認する」と「モデレートする」がまざっています)。moderated ならば「承認待ち」という状態を表わすので誤解は少ないのですが、approve は「肯定的に承認する」というニュアンスがあるのに対し、modearte は「中立的に承認・非承認を決める」という感じです (そもそも moderate は中庸という意味ですよね)。

    メーリングリストの業界では moderate を「審査」と訳している場合が多いので、この訳を提案していますが、ちょっと固いという意見があるようで、WordPress 日本語化チームには受け入れられていません。今のところ、分かりやすい (が少し固い) のを取るより、(分かりにくいかもしれないが) 平穏なニュアンスを優先されているようです。

    # わたし個人は「審査」をそんな固いものと感じていませんが、メーリングリスト用語に慣れすぎているだけかも??

    ということで、分かりやすさも大事ですが、正確さ、言葉の雰囲気、使われる文脈も重要ですね。

    今回の場合、「Conditional」単体で翻訳が必要かを確認し、それがあれば、整合性を取れるように訳する必要があります。逆に、「条件」とか「条件分岐」と意味する原語が他にないことも確認しなければなりません。「Conditional」に関しては、さほど問題とはならないと思いますが。

    私も条件分岐タグ に1票投じます。
    (条件分岐用タグと「用」を付けた方が初心者などにはピンとくるかもしれません)

    違う用語を使う場合は、意図的に使い分けている場合が多いため、日本語で同じ言葉にまとめてしまうと、それが通じなくなるからです。

    #悩みどころのmoderateについては「モデレート」に一本化したほうがいいと思います。

    lilyfanのおっしゃる通り、moderateはインターネット上では「(管理人などが)コメントなどから悪意あるものや不要な物などを取り除くこと」を意図して使われており、原義より主体やら対象やらに具体性が見受けられます。

    ただ、「審査」とすると客観的な基準が前提として存在していそうですよね?moderateの場合、調整役の恣意性によることも意図しているのではないでしょうか?「調整」や「振り分け」が近いとは思いますが、意図しているものがぼやけてしまいます。

    以上、枝葉の方(moderate)にぶらさがってしまって申し訳ありません。

    lilyfanさん、すみません。
    「さん」が抜けてました(汗)

    jim912さん、lilyfanさん、akihiroさん、コメントありがとうございます。 🙂

    今回の場合、「Conditional」単体で翻訳が必要かを確認し、それがあれば、整合性を取れるように訳する必要があります。逆に、「条件」とか「条件分岐」と意味する原語が他にないことも確認しなければなりません。

    「他にないこと」というのは「WordPress で」でしょうか。
    一般的(情報処理とか)には、条件分岐というと conditional branch が相当しそうですが…、まずいかな。。

    あと、参考情報として、英語版で命名したときの話が Talk:Template Tags に載ってるかもしれないんですけど、私は英語がダメダメなので解読に時間がかかります。(; ´Д`)
    おお、ここには全く載ってないぜ!とかさくっと分かる方がいらっしゃいましたら教えてやってください。。orz

    approve と moderate 関連

    そですね、moderate については意見が出そうなので別トピックがよいと思います。
    lilyfanさん、akihiroさん、せっかく書いてくださったのにすみません。ここに埋もれちゃうのはもったいないコメントなので、moderate のトピックからリンク張るとかしますねー。 🙂

    >lilyfanさん

    以前 moderate 関係で投稿されていた気がするんですが、どのトピックか分かりますか?
    誘導していただけたら私もそちらに書き込みますー。

    私個人の都合でとんでもなく間が空いてしまい申し訳ありません。

    本件は Codex の方で、Naoさんが「条件分岐タグ」に確定してくださっていました(2009年12月)。
    Codex‐ノート:ページ名対応表 – Conditional Tags

    多数決だけで決めるつもりはありませんでしたが、こちらでは異論が出ていなかったこともあり、ご了承いただけましたら幸いです。
    何かありましたら、改めて問題提起していただければと思います。

    ご意見くださったみなさん、ご協力ありがとうございました。とてもありがたかったです!
    この度は仕切人の私に問題アリで本当にすみませんでした。。。orz
    今後ともよろしくお願いいたします。

6件の返信を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • トピック「「Conditional Tags」の訳語: 条件分岐タグ or 条件タグ or その他」には新たに返信することはできません。