サポート » インストール » アップグレードで所有者がapacheに

  • 解決済 Winger

    (@winger)


    初めての投稿です。

    最近なのですが、プラグインやシステム自体のアップグレードをしているうちに、いくつかのファイルやディレクトリの所有者が”apache”になってしまい、そのために削除や上書きができなくなり、プラグインやシステムのアップグレードができなくなっています。

    このように所有者が変わってしまった現象は昔に1度経験しましたが、その際にはレンタルサーバの管理者に連絡して変更してもらいました。
    ただ今回は複数あるので、自分で直したいと考えていますが、修復する方法はあるのでしょうか?
    ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授お願いします。

3件の返信を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • モデレーター IKEDA Yuriko

    (@lilyfan)

    最近なのですが、プラグインやシステム自体のアップグレードをしているうちに、いくつかのファイルやディレクトリの所有者が”apache”になってしまい、そのために削除や上書きができなくなり、プラグインやシステムのアップグレードができなくなっています。

    自動アップグレードをすると、Apache プロセス自体がファイル更新をするので、ファイル/ディレクトリーの所有者については apache になってしまいます。apache 以外のユーザー (すなわちあなた自身) が削除や上書きをできるようするには、アップグレード時に、パーミッションを 646 とか 757 とかにする必要があります。
    これは、アップグレードシステムの不備と言えますね。

    ただ今回は複数あるので、自分で直したいと考えていますが、修復する方法はあるのでしょうか?

    所有者を変更することはできません。これは root 権限が必要なので、サーバー管理者に相談してください。
    パーミッションの変更であれば、自身で PHP や perl で chmod() 命令を実行するような CGI を作成して、それをウェブ経由で実行すれば、apache ユーザーからみたパーミッション変更ができます。

    lilyfanさん>

    返信ありがとうございました。

    もしかすれば、今後のバージョンアップ時に解消される可能性もありますね。

    様子を見つつ、chmod命令のcgiの件も調べてみたいと思います。
    ありがとうございました。

    モデレーター IKEDA Yuriko

    (@lilyfan)

    様子を見つつ、chmod命令のcgiの件も調べてみたいと思います。

    単純に、以下のような感じで問題ありません。当然ながら、ファイルのパスはサーバーでの設置状況に応じて修正が必要です。PHP のコードを書いたことがなければ、管理者に依頼した方が確実と思います。

    <?php
        chmod ('/home/foo/public_html/wp-include/XXXXX.php', 0646);
        chmod ('/home/foo/public_html/wp-content/2008/12/', 0757);
    ?>
3件の返信を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • トピック「アップグレードで所有者がapacheに」には新たに返信することはできません。