サポート » 使い方全般 » アップデートに伴うデータベースの問題

  • wordpress自動アップデート(WordPress 6.4 )後に、wordpressにログインを試みたところ、ログインできず、「使用できないテーブル」があると表示が出たので修復を試みました。

    修復方法は、wp-config.phpに
    define(‘WP_ALLOW_REPAIR’, true);を追加し、
    再読み込みをするというものでした。

    すると、「データベースを修復」or「データベースを修復、最適化」というリンクボタンが出てきたので「データベースを修復、最適化」をクリックしたところ、「修復できないデータベースの問題がありました。」と出てきて、フォーラムにヘルプを求めております。

    エラー文は以下になります。
    wp_options: The storage engine for the table doesn’t support repair
    wp_postmeta: The storage engine for the table doesn’t support repair

    ログインできずに困っているので、
    是非ともお力をいただけると助かります。
    よろしくお願いいたします。

3件の返信を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • こんにちは。
    まず、以下のアドレスにアクセスしてデータベースの修復ができないかお試しください。
    http://yourdomain.com/wp-admin/maint/repair.php

    yourdomain.com の部分はご自身のサイトURL(ドメイン)に置き換えてください。

    トピック投稿者 wey55

    (@wey55)

    こんにちは。
    ありがとうございます。

    アドレスにアクセスさせていただき、データベースの修復ができるか試させていただきました。

    「データベースの修復」を試みましたが、同じエラーが確認できました。
    エラーの詳細はこちらになります。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    wp_options テーブルが「InnoDB: Index option_name is marked as corrupted」エラーを返しています。WordPress はこのテーブルの修復を試みます…
        テーブル wp_options の修復に失敗しました。エラー: The storage engine for the table doesn't support repair

    wp_postmeta テーブルが「InnoDB: Index meta_key is marked as corrupted」エラーを返しています。WordPress はこのテーブルの修復を試みます…
        テーブル wp_postmeta の修復に失敗しました。エラー: The storage engine for the table doesn't support repair
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    エラー文言はこちらになりました。
    wp_options: The storage engine for the table doesn’t support repair
    wp_postmeta: The storage engine for the table doesn’t support repair
    エラー文言に関しては同じ内容でした。

    ここから改善できることを心から願っています。
    よろしくお願いいたします。

    • この返信は3ヶ月、 1週前にwey55が編集しました。

    MySQLは、データベースエンジンとして二つのシステムを内蔵しています。伝統的なMyISAMと後から加えられたInnoDBです。

    簡単に言うと、後発のInnoDBの方が高速かつ高機能なエンジンです。しかも、自動修復機能があるので、通常は壊れにくいエンジンです。WordPressがMySQLにアクセスする場合、いまはほとんどInnoDB形式で保存しているでしょう。

    さて、InnoDBの場合、MyISAMと違って、REPAIR TABLE が使えません。だから、そのまま、「The storage engine for the table doesn’t support repair」と言うエラーが出ているのです。

    本当にInnoDBが壊れたのなら、手動で対処しないといけません。手動でとは、phpMyAdminか、またはターミナルでサーバにログインして、コマンドを発行することになります。

    こちらが参考になります。

    https://dev.mysql.com/doc/refman/8.0/ja/rebuilding-tables.html

3件の返信を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。