サポート » 使い方全般 » ギャラリーのリンク先URLの画像ファイル名が変わる

  • 解決済 omakihan

    (@omakihan)


    よろしくお願いします。

    ギャラリーを使用して画像一覧をつくりクリックで拡大表示するようにしたい、
    というのはjQuery Colorboxとギャラリーの組み合わせで実現できたのですが、
    画像編集でトリミングしている場合に問題が発生しました。
    元画像を拡大表示させたいのですがトリミングされた状態で拡大表示してしまいます。

    調べてみるとアップロード画面のギャラリーのリンク先urlの画像ファイル名に「-e0000000」
    (-e数字の羅列)が自動的に入ります。

    例えば「aaa.jpg」をアップロードした場合。
    http://sample.com/news/wp-content/uploads/aaa.jpg
    となるはずなのですが、

    http://sample.com/news/wp-content/uploads/aaa-e1352786193623.jpg

    となってしまいます。

    アップロード直後はいいのですが保存すると
    ファイル名に『-e1352786193623』がついてしまいます。
    この現象が原因で元画像が拡大表示しないということまではわかりましたが
    この先がどうしたらいいのわからず困っております。

    どうかよろしくお願いいたします。

2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • [画像を編集]でトリミングする時に、[サムネイル設定]で’すべての画像サイズあるいは’サムネイル以外の全サイズ’を選択している為、トリミングが適用されているのだと思います。
    [元の画像を復元]で元の画像を復元してから、[サムネイル設定]で’サムネイル’を選択して変更を適用する対象の画像をサムネイルに限定するといいです。
    画像を復元後、リンクURLに変更が適用されるには、一旦別のタブを表示する必要があります。
     
    表示する画像(サムネイル)が150×150では小さいという場合、[メディア設定]で変更出来ます。

    トピック投稿者 omakihan

    (@omakihan)

    popup様

    ありがとうございます!
    書いていただいた手順通りに行うとすんなり解決いたしました!!
    感謝いたします!!!

2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • トピック「ギャラリーのリンク先URLの画像ファイル名が変わる」には新たに返信することはできません。