サポート » 使い方全般 » テーマの編集から修正したい

  • 過去に2つwordpressを設置し運営しています(さくらサーバ)が、ファイルのパーミッションの変更などはしていませんでした。

    ところが今回別サーバー(カゴヤサーバ)でwordpressをインストールし、テーマの編集からphpやcssを修正しようとしたところ、下記メッセージがでて、ファイルの更新ボタンがない状態です。

    「変更を保存するには事前にこのファイルを書き込み可能にする必要があります。詳しい情報は Codex を参照してください。」

    ネット検索し「.css」や「.php」等の各ファイルのパーミッションを606に変更すればいいというのを見つけましたが、過去の2つは何故パーミッションを変更せずに更新ができたのでしょうか?

    wordpressのバージョンによってセキュリティが強化されたのでしょうか?
    それともサーバによって違うのでしょうか。

    どのように対応すればいいでしょうか。

    ご教授宜しくお願い致します。

3件の返信を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 메텔

    (@digitmaetel)

    8月のロリポップ大規模改ざんを機に、レンタルサーバーそれぞれに事前対策を施すようになってきました。
    外部からのアクセス可能であることをユーザーに自覚させるためだと言えますが、
    わたしが使っているサーバーは時間が経過すると自動的にパーミッションが変更されます。

    家を開けっ放しにして、近所に出かけるのも怖い現代社会ですね。

    digit@maetelさん

    早速のご回答ありがとうございます。

    そういえば個人ではロリポップを使っていますが、そういうメールがきていたのを思い出しました。
    サーバ会社によって違ってくるのですね。

    ということは、テーマの編集からphpやcssを修正するより、FTPを使って修正したほうが安全ということなのでしょうか?
    サーバー会社に確認してみたいと思います。

    本当にありがとうございました!

    메텔

    (@digitmaetel)

    サーバー会社には、FTPS でアクセスするアドレスを確認するようにしてください。
    8月の事件は、FTPのパスワードが抜かれたユーザーから
    同じサーバーを共有している他のユーザーへと広がった疑いもあります。

    わたしは3社のサーバーを利用していますが、パーミッションの関してサーバーそれぞれの考え方が違っているようです。

    ローカルで作業して、動作を確認済みの上FTPSでアップロードを短時間で済ますほうが安全ですね。

3件の返信を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • トピック「テーマの編集から修正したい」には新たに返信することはできません。