サポート » インストール » ドメイン移管前に構築する方法

  • こんにちは。
    早速ですが、質問させて頂きます。
    現在のサーバ(レンタルサーバ)から違うサーバ(レンタルサーバ)へ変更すると共に、取得済みであったドメインをそのまま引き継いでいきたいと考えております。

    さて、現在のサーバはプロバイダが提供しているサーバで、静的なWebサイトを運営していますが、
    今回SIXCOREサーバにてWordPressをインストールして使用することに致しました。
    ただし、WordPressでのWebサイト構築中は現在のWebサイトは残しておき、構築が完了次第、DNSを変更したいと考えていました。

    そのため、SIXCOREサーバの管理画面にてドメインの認証を行い、SIXCOREサーバにて言う「動作確認URL」という、DNS変更前にWebサイトの確認が出来る方法を使ってWordPressを構築していこうと決めました。

    ここで現在のWebサイトが、 http://example.jp/ というドメインだったとすると、
    SIXCOREサーバの動作確認URLは http://sv1.sixcore.ne.jp/example.jp/ というURLになります。

    ドメイン認証は行った為、FTPにてexample.jp/public_html/ディレクトリにWordPressをアップロードし、各種DB関連のwp-config.phpの設定も完了しました。
    そして http://sv1.sixcore.ne.jp/example.jp/ にアクセスすると、私の予想であれば、
    http://sv1.sixcore.ne.jp/example.jp/wp-admin/install.php
    にアクセスするはずが・・・、
    http://example.jp/wp-admin/install.php
    にアクセスし、NOT FOUNDとなってしまいました。
    この時点で少しおかしいところなのですが、強制的に
    http://sv1.sixcore.ne.jp/example.jp/wp-admin/install.php
    へアクセスし、インストールを完了しました。
    ※この時点でSITE_URL?がおかしいのかもしれない。
    CSSなども反映されないので、DBの「WordPressのアドレス」を確認すると
    http://example.jp/
    となっていたので、DB上からこの値を
    http://sv1.sixcore.ne.jp/example.jp/
    に変更し、CSSなどの反映に努めました。

    いくつか問題があったものの、とりあえずインストールも終了し、デザインも進めることができました。
    しかしながら、管理画面の「ブログのアドレス」は http://example.jp/ のままとなっています。
    この状態で、<?php bloginfo(‘url’); ?>で表示すると、
    http://example.jp/を表示します(当たり前か)
    また、そのアドレスを http://sv1.sixcore.ne.jp/example.jp/ に変更しサイトを表示すると、
    http://sv1.sixcore.ne.jp/ に飛ばされてしまいます。

    長々となってしまいましたが、WordPressのシステム内部で置換?がかかっているのかなと考えられますが、そもそもDNS変更前に構築して動作確認したい場合は皆様はどのようにされていらっしゃるのでしょうか?
    また、この現象を直す為にはどうすればよいと考えられますか?
    何か思いつくことがありましたら、どうぞ後学のためにもご教示よろしくお願いいたします。

2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • モデレーター Naoko Takano

    (@nao)

    WordPress では設定としてインストール場所 URL が2カ所ほど指定されているので、両方変えないといけません。
    でも、DB データを触らずにこの指定を変えられる方法があるのでそちらの方がおすすめです。

    ルートにある wp-config.php の define (‘WPLANG’, ‘ja’); 下あたりに以下を書き込んで下さい。

    define('WP_HOME', 'http://sv1.sixcore.ne.jp/example.jp');
    define('WP_SITEURL', 'http://sv1.sixcore.ne.jp/example.jp');

    URL は、現在インストールされている位置の正しい URL を指定します。

    このあと、引っ越しをしたらまた新しい URL にすれば良いです。

    ただし、画像アップロードパスなど、投稿内などに埋め込まれたパスはもちろん変更が必要になります。それについては、最終的に本番ドメインへの引っ越しの前に MySQL データダンプを保存し、テキストエディタで開いて検索&置換を行うとよいと思います。

    また、テーマ head 要素内の CSS/JavaScript 指定を絶対パスで直書きしている時などもご注意下さい。

    good luck! 🙂

    Nao様。
    お返事遅くなり、申し訳御座いません。
    Nao様がおっしゃるとおりに設定させていただいたところ、
    URLは

    http://sv1.sixcore.ne.jp/

    となり、真っ白のページ上に

    sv1.sixcore.ne.jp

    と表示されるだけでした。

    ですので、WP_HOMEを以下のように設定すると、

    define(‘WP_HOME’, ‘http://example.jp’);

    一応ですが、CSS等は反映され、ほぼ見られる形となりました。

    ですが、画像アップロードパスなど、投稿内などに埋め込まれたパスはもちろん表示されません。

    <?php bloginfo(‘url’); ?>を指定しているため。

    よくわからない状態ですが、引き続き調査していきたいと思います。
    ありがとうございました。

2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • トピック「ドメイン移管前に構築する方法」には新たに返信することはできません。