サポート » バグ報告と提案 » プラグイン・テーマの説明文の国際化

  • モデレーター IKEDA Yuriko

    (@lilyfan)



    プラグインやテーマの説明文 (Description) は国際化対応になってなくて、多くのプラグインが英語文になっています。日本語で書くには、Description フィールド自体を日本語で書く必要があります。
    これを国際化したいのですが、どういう規格にすればいいでしょうか。こちらで案をまとめて trac に投げようかと思います。

    (1) Description-ja: とかのフィールドを新設して、プラグインファイルまたは style.css に書き込む。複数言語対応ならば、言語の数だけ Description が並ぶ。
    (2) 管理パネルで Description:の内容を表示させるとき、Description の内容を mo ファイルと照合させて国際化文字列を取り出すようにする。po ファイルには「msgid
    Desctiption: …”.」と書くようにする。

    (1) は po/mo ファイルを作らなくていい (特にテーマ!) なのですが、複数言語に対応するならば、説明文は UTF-8 しか使えなくなってしまいます。それ以外のエンコーディングだと不具合が出るでしょう。
    (2) は複数言語の対応も楽ですが、いちいち po/mo が必要になります。プラグインだと、たいてい mo ファイルがあるのでいいでしょうが、テーマだとめんどくさい。

2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • モデレーター JOTAKI Taisuke

    (@tai)

    ひと月ほど前にwp-hackersで同じような話題が出てました。
    これ
    http://comox.textdrive.com/pipermail/wp-hackers/2008-March/018391.html
    から続くスレッドです。

    もちろんここでまとめてtracに投げるのもいいと思いますが、このスレッドの最後を読むともしかしたら開発者側で何か進めているようにもとれるので、先に確認したほうがいいかもしれません。

    モデレーター IKEDA Yuriko

    (@lilyfan)

    おお、本家の開発MLでも話題になってたんですね。そちらはノーチェックでした。アイディアとしては似たようなものみたいなので、そちらの動静を確認してみます。

2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • トピック「プラグイン・テーマの説明文の国際化」には新たに返信することはできません。