サポート » 使い方全般 » ページビルダーPage Builder by SiteOriginについて

  • toshi

    (@leafletweb)


    先日よりPage Builder by SiteOriginを試しに使っておりますが、編集モードを「ページビルダー」からWordPress標準の「テキスト」又は「ビジュアル」などに切り替えたりして再度「ページビルダー」のモードへ切り替えると挿入していたウィジェットが消えてしまいます。プラグインを「Page Builder by SiteOrigin」と「SiteOrigin Widgets Bundle」だけにしても同じことが起きます。
    そもそも編集モードをWordPress標準のものに変更してはいけないのでしょうか?
    ※編集をせずに編集モードを切り替えるだけでもその症状が起きます。
    ※モードを切り替える前に「更新」をクリックしていることも確認しております。
    ※確認テーマは3つあり3つとも同じことが起きます。「Twenty Seventeen」「Biz Vector」「他もう一つ忘れました」(Biz Vectorのテーマは別サイトです)

    原因の分かる方いらっしゃいましたらどうぞ宜しくご教示お願い致します。

4件の返信を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • CG

    (@du-bist-der-lenz)

    PHP情報等不足で動作が満たされているか判断基準をもてませんが、わたしの環境と同等として考えています。Page Builder by SiteOrigin はランディングページ、ショーケースとしての使用に留めましょう。
    さてPage Builder by SiteOriginで作成したあと、保存公開で確認できていますか。そもそも編集モードをTinyMCEに切り替えるのは、どういう動機でしょう。

    toshi

    (@leafletweb)

    CG様
    ありがとうございます。
    保存公開後の確認はできています。
    編集モードを切り替える目的は無いのですが、初期の操作練習の中でやってみたらそういう事象が起きたため、保存したにもかかわらずPage Builder by SiteOriginで入れたソースの一部が消えてしまうのか?
    と気になったので確認の為「クリックしてはいけない」箇所なのかの確認のつもりでした。

    ただ複数の人で更新するサイトにもかかわっているのでそこにプラグインを入れればと思ったのですが、パソコンに慣れていない方もいるのでやめた方が良いようですね。
    ありがとうございました。

    CG

    (@du-bist-der-lenz)

    TinyMCEのビジュアルモード、テキストモードに切り替えられないオプションがあったと記憶しています。エレメンターはより扱いやすいと思いますが、当然、プラグイン同士互換はありません。
    Page Builder by SiteOriginを使っていて、将来、サイト引っ越しにエクスポートして再利用できるかは保証はありませんね。恐らくその辺りも、懸念して試されたのでしょうが。
    バージョンアップで、以前の投稿が再編集できないことも自サイトで確認しています。
    パソコンに慣れていないユーザーがいるので、管理者レベルでの特定ページの作成に限るなどが良いでしょう。
    例えば、
    http://wp.me/P8xYR5-IN
    Page Builder by SiteOriginを使っては居ませんが、複数のページから本文部分をウィジェットで配置する感じでの利用がよろしいでしょう。

    toshi

    (@leafletweb)

    CG様
    ありがとうございます。

    Page Builder by SiteOriginの設定項目でそれらしい所にチェックを入れてみましたところ維持されるようになりました。右側の「Revert to Editor」をクリックして一旦通常の編集モードにしてみてすぐにページビルダーのモードにすると入れ込んだウィジェットは見えなくなるものの、サイト表示などをしてから再度編集も度にするとウィジェットがしっかりと表示されています。

    先ほどお返事いただくまでの間に「Page Builder by MotoPress」も使ってみました。こちらはそのような問題は無かったのですが細部にわたりいろいろ使ってみてどうなのかはまだわかりません。

    しかしながらサイト全体にかかわる事なのでこういったプラグインは
    やはり怖いですねCG様の仰るように今後長く使ってから移転や、他何らかの事情でプラグイン再インストールなどした際の事を考えると
    最初に仰られた「ランディングページ、ショーケースとしての使用に留めましょう。」という事がよくわかりました。

    楽しようと思えばその分又はそれ以上のリスクが伴うということですね。

    ありがとうございました。

4件の返信を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • トピック「ページビルダーPage Builder by SiteOriginについて」には新たに返信することはできません。