サポート » その他 » 日本語字下げをいつまで無視し続けるのか

  • 解決済 massan70

    (@massan70)


     私は印刷関連業界に従事していましたが現在はウェブ制作に携わっています。日本語環境では正式なスタイルとして「字下げ」が絶対に必要であり、新聞や書籍では字下げをしていない文章は品のない見栄えになってしまい、チラシ程度の扱いを受けることが多々あります。
     htmlの場合は p{indent:1em} で簡単に済むことがWordPressでは未だに対応出来ていませんねぇ。Wordや一太郎、Adobeのソフトは当然のように対応出来ているのにWordPressだけが字下げをさせない仕組みになっているようです。
     そのせいかと思いますが多くのWordPress日本語ブログではその殆ど全てが字下げのない大変見にくいサイトになってしまっています。
     私も従来使っていたブログでは(この投稿然り)段落の前に全角スペースを内職のように一々入力していました。
     WordPressは元々26しか文字数がなく、しかも横書きのみの1バイトコード文字しか使わない欧米人には日本語の字下げの重要性については理解できないのでしょうかねぇ。

6件の返信を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • Mako

    (@mako09)

    お気持ちお察しいたします。

    とは言え、1字下げをデフォルトとしてしまったら、今度はそれを望まない人たちから不満の声が噴出するでしょう。

    htmlの場合は p{indent:1em} で簡単に済むことがWordPressでは未だに対応出来ていませんねぇ。

    CSSで対応できるということをご存知なら、WordPressを利用されているご自分のサイトでは、それを適用されたらいいと思います。

    子テーマならその style.cssに、あるいは今どきのテーマなら「外観」→「カスタマイズ」→「追加CSS」あたりに、p{text-indent: 1em} を書けばいいと思います。

    実際、私はそのようにしています。

    Aki Hamano

    (@wildworks)

    こんにちは。

    WordPressのデフォルト言語は英語であり、グローバルでも英語をベースに開発されています。なので、そういった言語独自の問題は、多くの人の目に触れられ、客観的な理由があり、それに同意する人が多くない限り、改善されにくいものかと思います。「重要性が無視されている」というよりは、そのような問題がグローバルな場まで届いていないという事かと思います。

    理想的には、WordPressの開発を管理するツールやサイトで提起するのが良いと思います。例えば、WordPressコア開発で利用されているTrac、Gutenberg開発で使われているGitHubのissueなどです。英語で書く事が難しいなら、日本語Slackコミュニティで一度質問してみるのも良いかもしれません。

    実際に、そういった場での報告をきっかけに、日本語独自の不具合が解決されてきたケースもこれまでに多数あります。

    また、フロントエンドの段落を字下げするだけならCSSで簡単に調整できますが、WordPressに組み込まれる品質でとなるとそう簡単な事ではないと思います。

    エディターでの字下げ、アクセシビリティやキーボード操作の問題、後方互換性、他の言語への影響、あらゆることを考慮する必要があります。

    WordPress本体としては、段落をpタグで括る仕組みが実装されていますね。

    あとは、段落を示すときに、「段落間に余白を多くする」「インデント幅を設定する」などの方法のどれを選択するか、だと思われます。現在は多くのテーマが「段落間に余白を多くする」にしている、ということでしょう。

    段落を示す方法として、字下げしたいのであれば、「テーマでインデント幅を設定する」で良いのではと思います。

    テーマに「段落間に余白を多くする」「インデント幅を設定する」などを選択できるオプションがあればより良いかもしれませんね。

    WordPressは元々26しか文字数がなく、しかも横書きのみの1バイトコード文字しか使わない欧米人には日本語の字下げの重要性については理解できないのでしょうかねぇ。

    英語の書籍でインデントしてある本はありますね。手元にある本だと、THINK AGAIN(Adam Grant)はインデントしてありました。

    • この返信は8ヶ月前に水野史土が編集しました。理由: 不要なspanタグを削除
    Mayo Moriyama

    (@mayukojpn)

    こんにちは。興味深く読ませていただきました。

    おっしゃるとおり、日本のニュースメディアを見ると、字下げしているものが多いですね。ですが、日本語としてあるべき機能というよりは、業界の慣習的な傾向という印象を受けました。WordPress はメディアサイト以外にも、コーポレートサイト、広告ランディングページなど様々な用途やデザインで使われますので、字下げしないことが好まれる場合もありそうです。また、メディアサイトであっても特にグローバルなサイトだと字下げしていない例もあるようです (ELLE, ハフポストなど)。逆に英語圏でも字下げの需要がないわけではないようで、Google にて英語で「WordPress indent」と検索すると415万件ヒットし、一番上には WPBeginner という有名サイトの解説記事が出てきます。ですので、言語に応じて字下げするというよりは、ユーザーの好みで字下げが選択できる状態が望ましいように思います。

    では、どのように字下げを実装すべきかという点ですが、すでに Mako さんがコメントしている方法が最も効率的と感じます (上記の WPBeginner もこの方法を推奨しています)。ですが、試しに Google にて日本語で「WordPress 字下げ」と検索したところ、上位2件で行頭に全角スペースを裏技的に入れる方法を紹介していました。これは SEO 上望ましくないように見受けられます。また3〜4位のページでは、プラグイン (2件とも異なるもの) の追加したのち、エディターで一記事ずつ修正が必要な方法でした。これでは非常に手間がかかります。

    こうして調べているうち、日本語で WordPress を使っている方のうち、多くの方が字下げに苦労されているのかもしれない、ということに個人的に大変ショックを受けました。

    そこで、新しくプラグインを作ってみました。有効化するだけで、現在使われている WordPress サイトのすべての記事が字下げできるという、非常にシンプルで、技術的にも負荷が少ないものです。

    Easy Indents
    https://github.com/mayukojpn/easy-indents/blob/ja/README.md

    急いで作りましたので、テーマによってはうまく動かなかったり、マルチサイト対応がまだできていなかったりしますが、このようなプラグインが日本の方に知られることで、いろんな方の問題が解決するといいなと思いますので、少しずつ改良してみようと思います。もしよろしかったら試しに使ってみてください。

    ※ WordPress 管理画面から検索できるようになるまでに審査があり、3ヶ月程度かかるようです。それまでの間は、上記リンクからダウンロードし、手動でインストールが必要となります。

    Mako

    (@mako09)

    このようなプラグインが日本の方に知られることで、いろんな方の問題が解決するといいなと思いますので、少しずつ改良してみようと思います。もしよろしかったら試しに使ってみてください。

    プラグインは、手軽でいいかもしれませんね。

    そもそも「段落」を示すのに

    • 字下げせず、行間を開けて表す (ブロックスタイル)
    • 行間は開けず、行頭の字下げで表す (インデントスタイル)

    の流儀があります(実際、私は p {text-indent: 1em} としていると書きましたが、必ずセットで p {margin-bottom: 0.25em} のように段落間を狭く指定します)。また字下げの場合はその字下げ幅にも流儀があります。ですので、いまのところ決め打ちになっている「字下げ幅」「段落間のアキ」をユーザーが設定できるようにしたらいいかもしれません。

    さらには、字下げスタイルでも「最初の段落(見出し直後の段落)のみは字下げしない」という流儀もあります。
    https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/text-indent#skipping_indentation_on_the_first_paragraph

    けっこう奥が深いです。

    トピック投稿者 massan70

    (@massan70)

    サポートフォーラムへの参加も初めてのことで不慣れなため返信が遅れてしまいました。

    Mako 様
     私の書き方に不明瞭な箇所もあったかと思います。字下げを全てに適用しようというのではなく、本文の段落にのみ字下げをしたいということで、見出しや投稿・カテゴリー一覧のコピーの部分はスマホに表示できる文字数が限られるので字下げはしない。というデザインです。
     子テーマに追加CSSを記述するという方法はCocoonで試してみましたが、text-indent:1emは無視されてしまい効果がありませんでした。

    Aki Hamano 様
     的確なご指摘、ありがとうございます。
    >WordPressの開発を管理するツールやサイトで提起するのが良いと思います。例えば、WordPressコア開発で利用されているTrac、Gutenberg開発で使われているGitHubのissueなどです。英語で書く事が難しいなら、日本語Slackコミュニティで一度質問してみるのも良いかもしれません。
     日本語版有償テーマで字下げが出来そうなものをテスト開始していますのでうまくいったら日本語Slackコミュニティに登録して参加してみたいと思います。

    Mayo Moriyama 様
    >字下げしないことが好まれる場合もありそうです。
     こういったケースも当然あるはずなので、字下げをする箇所を選択できるようになっているのが理想的ですね。
    >新しくプラグインを作ってみました。有効化するだけで、現在使われている WordPress サイトのすべての記事が字下げできるという、非常にシンプルで、技術的にも負荷が少ないものです。Easy Indents
    https://github.com/mayukojpn/easy-indents/blob/ja/README.md
     すごいですね!このようなプラグインを簡単に作ってしまうなんて……今取りかかっているテーマで格好がついたら試させて頂きます。githubも導入はしてありますがまだ使ったことが無いので(^_^;

    皆様、本当にありがとうございました。


     

6件の返信を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • トピック「日本語字下げをいつまで無視し続けるのか」には新たに返信することはできません。