サポート » WordPress への貢献と参加 » 日本語Codex のデータベース・エラー、503エラー

  • 以前から「データベース・エラー」「Service Temporarily Unavailable」(503)などが発生し、ご不便をおかけしています。
    なかなか効果的な対策がとれず申し訳ありません。

    最近は、水曜日・木曜日にエラーが頻発しています。
    (ちょうど今のタイミングです。。ごめんなさい)
    リロードで表示できることもありますが、それでもページが表示されない場合は、時間帯を変えてアクセスしてみてください。

    すぐに見たいページがあるときは、日本語Codex右上の「ドキュメント横断検索」(または このページ: http://www.google.com/coop/cse?cx=004119287544314637300%3A40aiiok0jrs&hl=ja)から、ページ名などで検索してみてください。Google の「キャッシュ」で見られる場合があります。

    キャッシュでも見られなくてお困りのページがありましたら、こちらのトピックで教えてください。対処いたします。

4件の返信を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • モデレーター IKEDA Yuriko

    (@lilyfan)

    なかなか効果的な対策がとれず申し訳ありません。

    Sourceforge.JP に置けばいいと提案したのはわたしなので、うまく使えないのは残念です。OSDN に相談してみるか、設置場所を変更するかの対策が必要かもしれません。

    # 素の MediaWiki なんですよね??

    lilyfanさん、コメントありがとうございます。レス遅くてすみません。

    # 素の MediaWiki なんですよね??

    MediaWiki 本体は触っていませんが、Extention は 3つ入れています(ps*wiki と同じ)。
    http://wpdocs.sourceforge.jp/%E7%89%B9%E5%88%A5:Version

    —–
    以下、詳細を書いてみます。。お気づきのことがあれば教えてください。

    サーバ環境は以前書いたとおりで、セーフモードなのも、MySQL の InnoDB に関する設定値も、ps*wiki と同じでした。

    ただ、sourceforge.jp は MySQL が 4.0.24 なので、インストール時の選択が一部異なります。
    ・ps*wiki: 「Experimental MySQL 4.1/5.0 UTF-8」
    ・wpdocs: 「Backwards-compatible UTF-8」
    その結果、テーブル内にバイナリタイプのフィールド(blob など)があちこちにあります。

    phpMyAdmin で「ランタイム情報」を見ると、ps*wiki よりも赤字の数値が高いです。
    また、「プロセス」表示すると、エラーが多いときはキャッシュテーブル関係のクエリが見えます。(誰も編集してないのになぜデッドロック?と思ったのですが、これがらみなのかもしれません)

    今までに試したのは、
    ・503 向けに robots.txt の設置(本コンテンツ以外)
    (履歴ページなどはデフォルトで meta に noindex,nofollow も入っています)
    ・MediaWiki のオプション設定値調整
    ・エラー発生時に、溜まっているプロセスを kill

    InnoDB の設定調整は、共用サーバなのでできるか未確認で、
    今は、試しに MyISAM に切り替えてみようかと考えています。

    この関係で、今夜 7月25日(金)深夜24:00~3:00(土曜日の 0:00~3:00)(日本時間)頃まで、システムメンテンスを行ないます。

    • そのうち 10分間ほど閲覧ができなくなります。
    • 編集作業は行なえません。

    作業が終了しましたら、日本語Codex サイト上でお知らせします。
    ご不便をおかけしますが、ご協力お願いいたします。

    作業完了しました。ご協力ありがとうございました。

    管理者側でもチェックしておりますが、引き続きエラーが出たり、気になる表示や動作が見られましたらお知らせください。
    よろしくお願いいたします。

4件の返信を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • トピック「日本語Codex のデータベース・エラー、503エラー」には新たに返信することはできません。