サポート » 使い方全般 » 翻訳ファイルの更新について

  • 解決済 manbo

    (@manbo)


    現在、WordPressの自動更新を停止して管理画面の更新通知を見て本体やプラグインを手動で更新しています。
    その中で翻訳の更新もありますが、使用しているプラグインの翻訳ファイルを自前で用意して使用しているのですが
    うっかり『翻訳を更新』を押して更新してしまうとそちらのファイルを優先するようで
    未翻訳の部分が出来たり表現が異なったりする為困っています。
    また、更新の通知が表示されるのも紛らわしいです。
    どうにかこの通知自体を無効や非表示にできませんでしょうか?

15件の返信を表示中 - 1 - 15件目 (全19件中)
  • こんにちは、

    翻訳を更新のファイルは、wp-content/languages/に保存されているので、プラグインホルダーから、プラグインの翻訳ファイルを削除すればいいです。

    トピック投稿者 manbo

    (@manbo)

    ご返信ありがとうございます。
    /wp-content/languages/plugins内にファイルがあるのは知っています。
    /wp-content/languages/の中のpluginsフォルダを削除しても更新は表示されますし
    pluginsフォルダが無くても更新を押すと勝手に作られ元通りになってしまいます。

    wp-content/languages/pluginにある翻訳ファイルが優先して読み込まれるようになっているようなので、このファイルが存在しなければ、プラグインの翻訳ファイルが読み込まれるという事は、既にご存知なんですね。

    特定のプラグインの翻訳アップデートの時だけ、更新を停止するというような方法はコードを追っかけてみないと、何とも言えないですが、私的には、テーマのfunctions.php等で、そのディレクトリの特定のプラグインの翻訳ファイルが存在したら、削除するといったPHPを準備しておけばいいのかなぐらいに思いますが、、、

    このような自動アップデートが行われる翻訳ファイルは、

    https://translate.wordpress.org/

    で、翻訳済みのファイルだと思いますので、そこで、翻訳の提案などを行うといった事は、プラグインの助けにもなるでしょうし、どう翻訳ファイルを無視するかという事を検討するよりお勧めのように思います。

    CG

    (@du-bist-der-lenz)

    異訳をするなと言われそうですが、システムレベルで提供されている日本語訳は人の手を介しているのかなと思うような表現があるのが気になるところです。
    若い人たちが関わっているだけではないかと思うところもあり、追加CSS並みに、上書きできると良いのですが。

    Honda

    (@rocketmartue)

    翻訳ファイルはデフォルトでは、テーマやプラグインのアップデートの際に一緒に自動更新されてしまうと思うので、以下のコードを子テーマ等の functions.php に追記しておくといいです。

    //翻訳ファイルの自動更新を無効化
    add_filter( 'auto_update_translation', '__return_false' );

    参考までに、 WordPressで翻訳ファイルを修正せずにテキストを変更する方法 もあります。

    トピック投稿者 manbo

    (@manbo)

    皆様、レス頂いたのに返答がおそくなりましてすみませんでした。

    nobitaさんありがとうございます。
    例えばPost Expiratorと云うプラグインの場合プラグイン名はPost Expiratorですが
    投稿画面のメタボックスで公開期限と表示させたいのに、更新で適用されるファイルの翻訳を確認すると
    Post Expiratorとなっており自分の意図と異なります。
    自分の意図を他大多数の方に押し付けるのも無理な話ですので自分の用途に合った使い方が出来る方が良いのです。
    あと、自分でせっせと翻訳して使っていたのにある日ふと見ると英語になっていて何故かと見てみたら
    /wp-content/languages/pluginsの中のファイルが当該部分が未翻訳で…ってのが何度かありました。

    Du bist der Lenzさんありがとうございます。
    上書きは良い考えだと思います。
    使用者側の物が優先されればありがたいですが、現状では無理ですね。
    そんな仕組みにしてくれれば・・・

    RocketMartueさんありがとうございます
    全ての自動更新は止めていますので翻訳ファイルも自動更新されません。
    お教えいただきましたリンク先の内容ですが、正に上書きのような形ですが
    自分の場合ですとその都度追加していくことになるように思うので現実的ではないですね。

    今回色々調べている中で以下のプラグインを知りました。
    Easy Updates Manager
    https://wordpress.org/plugins/stops-core-theme-and-plugin-updates/
    かなり細かく設定できる代物で、目的である翻訳ファイルの更新通知を止めることもできるのですが
    たったそれだけの為にプラグインを使うのも…と使うのを躊躇しており
    もう少しあがいてみます

    CG

    (@du-bist-der-lenz)

    直訳レベルの翻訳でがっかりしたりしますね。テーマ名やプラグイン名にしても、海外の作者さんが日本語訳を知ったらがっかりしそうなものが増えました。

    こんにちは

    以下のトピックで紹介されているgettextフィルターフックを使えば翻訳を上書きできるんじゃないでしょうか。

    https://ja.wordpress.org/support/topic/hueman 英語表記が日本語表記に変わってしまいまし/

    こんにちは、

    @manbo さんの質問を見かけてから、翻訳のアップデートってどうなってたんだっけなんて思いながら、翻訳の更新に注意が向くようになりました。

    翻訳の場合、どのプラグインの翻訳を更新するかなど選択できないんですね。更新ボタンを押すと、必要な翻訳も、必要でない翻訳もだダーッと、一括更新になるんですね。困りますね。

    そういう動作を眺めていると @manbo さんの困りごとも理解できるようになりました。

    翻訳ファイルのオーバーライドをする方法があったのを思い出したので書いておきます。

    以下のコードは、自分がメンテしている raindropsというテーマで以前使っていたものです。

    プラグイン the_event_calendarの翻訳ファイルの読み込み場所を、テーマで作った日本語翻訳ファイルに変更するためのものでしたが(その頃は日本語翻訳がなかったためだったと記憶しています)、興味があれば、ご自身のプラグインのドメインなどに読み替えて試してみてください。

    
    add_filter( 'load_textdomain_mofile', 'raindrops_override_mo', 10, 2 );
    
    if ( !function_exists( 'raindrops_override_mo' ) ) {
    
    	function raindrops_override_mo( $mofile, $domain ) {
    
    		$raindrops_locale = get_locale();
    		if ( $domain == 'tribe-events-calendar' && 'ja' == $raindrops_locale ) {
    			return get_template_directory() . '/languages/plugins/the-events-calendar/tribe-events-calendar-' . $raindrops_locale . '.mo';
    		}
    		return $mofile;
    	}
    }
    
    • この返信は5年、 6ヶ月前にnobitaが編集しました。
    • この返信は5年、 6ヶ月前にnobitaが編集しました。

    @du-bist-der-lenz さん

    直訳レベルの翻訳でがっかりしたりしますね。テーマ名やプラグイン名にしても、海外の作者さんが日本語訳を知ったらがっかりしそうなものが増えました。

    私のテーマのユーザーの中では、「あいつの英語ひどすぎるぜ」という認識がだいぶ広まっているようで、
    何年か前だと、「翻訳ボタンティアを探せ」とまで言われましたが、今ではあきらめられているようです

    https://wordpress.org/support/topic/new-relate-posts-in-english-should-be-related/

    と、教えてくれる人がいることをとっても嬉しく思ったり、自分を情けなく思ったりしています。

    今の翻訳プロジェクトは、すごいと思います。ただ、内容についてはご指摘のようなことがあるのは容易に想像が出来ます。

    ユーザーの寛容さに依存している自分としては、「長い目で見てやってくださーい」的に思います。

    私のテーマだと、「こんな英語、どう訳せっていうんだよ!」という声が聞こえてきそうです。

    • この返信は5年、 6ヶ月前にnobitaが編集しました。
    トピック投稿者 manbo

    (@manbo)

    Du bistさん
    munyaguさん
    nobitaさん
    ありがとうございます。

    翻訳ファイルのオーバーライドをする方法

    試してみたのですが管理画面では効かないようですね?
    コードリファレンスのload_textdomain_mofileのページに記載されてましたが
    やり方が悪いのか思い通りにはなりませんでした。
    可能ならば目的は翻訳の更新通知の非表示ですので上記方法で上書きできたとしても
    通知は消えないのでしょうね…

    仰るように翻訳の更新はいくつあるのか不明、ボタンを押せばあるだけダウンロードするので
    要らなくても放り込まれてしまうような仕組みなんですよね。

    調べていたら以下のような面白いプラグインを書いてる方がいらっしゃいました。
    https://gist.github.com/deckerweb/1ad78d10603f01d437cf
    有効化すると更新可能な翻訳ファイルが見れるようになります。
    ただ見れるだけですが何があるのか見れるので良いですね。

    All in One SEO Packを例にすると管理画面の投稿一覧で表示される項目が
    いいえ title
    いいえ description
    いいえ keywords
    となっています。ここは本来 No のままにしておくのが良いのでしょうが
    その辺りを翻訳された方も確認してないのでしょうね…
    出しゃばった事を言うとコードの書き方でその辺りを入れ替え自由にできると思うのですが
    英語メインだから仕方ないか…と納得せざるを得ませんでした。

    CG

    (@du-bist-der-lenz)

    名前が呼び捨てされたような感じなので、翻訳の話題でもあるので、見過ごせなかった。
    翻訳の更新は何故、拒否できないのでしょうか。非常に頻繁に新しい翻訳があります。と通知されるタイミングがありますが、これが3年ぐらい前だと変な日本語も笑って見過ごせてましたが、日本語翻訳活動も活発そうで成果がこれほどではいかんばかりか。
    おかしいテーマ名だなと思ってたのが、英文に戻ったこともあり、人為的に戻されたのではなかったか。名称まで訳する必要があるのだろうか。
    表示オプションの項目でいいだろうに、ボックスと中途半端なカタカナにして、初心者のどのくらいが意図をつかめるのか。コーデックスと異なるものなど無きようなもの。英表記のままがニュアンスが通じる面もあると思えます。日本語は細かいところで表現が変化する言語です。それを、複数形も単数形も同じだからと指針を作ると、一括りにする傾向に走って行こうとしてそうに、観察していると思えています。

    管理者の方へ

    回答書いたんですけど、反映しないようなので チェックしていただけるとうれしいです。

    WordPress オリジナルの翻訳を使う – WordPress Snippetという記事を書きました。
    チャイルドテーマをダウンロードできます。

    以上で回答に代えさせて頂きますー 🙂

    Honda

    (@rocketmartue)

15件の返信を表示中 - 1 - 15件目 (全19件中)
  • トピック「翻訳ファイルの更新について」には新たに返信することはできません。