サポート » インストール » 3.4 アップグレードに伴う問題とその解決方法

  • モデレーター Naoko Takano

    (@nao)


    Happiness Engineer at Automattic

    エラーに遭遇したら、まず以下を試して原因の切り分けを行ってください。

    • 利用中のプラグイン、またはテーマに互換性の問題がある可能性があるので、プラグインをすべて無効化し、テーマをデフォルトの Twenty Eleven に戻してみる。
    • 管理画面に入れない場合は、FTP でプラグイン・テーマフォルダの名前を変えてみる。
    • mu-plugins フォルダのプラグインも全て無効化する。
    • サイトのファイルが破損している可能性があるので、すべてのファイルを手動で再アップロードしてみる。
    • 画面が真っ白になってしまう場合は、HTML ソースコードの出力有無確認、また、wp-config.php を編集し、エラー出力の有効化 (WP_DEBUG)
      PHP メモリ割当の増加 (WP_MEMORY_LIMIT) を行ってみる。
    • キャッシングプラグインを使っている場合、一度キャッシュを削除してみる。サーバー、ブラウザキャッシュもクリアする

    フォーラムに投稿する前に、必ずこのスレッドと 3.4 の新機能一覧をすべてお読みください。また、インストール先のこのページ http://example.com/wp-admin/about.php (ドメインは自分のものに変更してください)でアップグレードに伴う更新をチェックしてください。

    WordPress 3.4 の既知の問題【プラグイン編】
    必ず最新バージョンのプラグインを使ってください。多くのプラグインはすでに更新されており、3.4 に対応しています。
    クリーンインストールにひとつのプラグインだけを入れて問題が起こらない場合は 3.4 の問題ではなくプラグイン衝突のせいです。

    WordPress 3.4 の既知の問題【テーマ編】
    必ず最新バージョンのテーマを使ってください。例えば TwentyTen や TwentyEleven も今回アップグレードされています。

    Fatal error: Class ‘WP_Theme’ not found in
    Solution: Reinstall WP というエラーが出る場合、class-wp-theme.php ファイルがデフォルトでインクルードされています。
    これが起こるのは、wp-includes/theme.php ファイルが更新されていており wp-settings.php ファイルがそのままになっている場合です。wp-admin に入れなければ、手動アップグレードを行なってください。

    開発者向け情報

    3.4 のテーマに関しては、http://make.wordpress.org/themes をご覧ください。よくあるのは、カスタム背景・ヘッダーの処理に関する問題です。

    役に立つリンク

    開発者ではない方で、たくさんのエラーが表示される場合、wp-config.php ファイルで define(‘WP_DEBUG’, false); が設定されているかどうか確認してください。デバッグ中ではない場合、true にする必要はありません。

    この情報は、英語フォーラムの「Troubleshooting WordPress 3.4 – Master List」を訳したものです。更新されている場合もありますので、原文も参照してください。

  • トピック「3.4 アップグレードに伴う問題とその解決方法」には新たに返信することはできません。